2011年06月11日

劇団の打ち上げ

先日の公演は大成功を収めて裏方の僕としても嬉しかったです。

先輩やそのほかの劇団員の人たちも喜んでいました。公演当日は終わった後に片付けがありましので打ち上げはやらずに帰っていきました。でもそれでは物足りないということで別の日に打ち上げをやりました。

僕たちは貧乏劇団なので行きつけの安い居酒屋さんにみんなで行ってきました。団長である先輩がみんなを囲んでいます。先輩は一人立ってみんなにお疲れ様でしたとねぎらいの言葉をかけています。

その後は乾杯してそれぞれ今回の公演について反省会となりました。先輩は僕の所にきて「裏方の仕事、ご苦労さんだったな。助かったよ。」といってくれました。

僕もそんなふうに行ってくれたので嬉しかったです。ところで公演が終わった後に観客の人が僕達の缶バッジが欲しいと言ってたので、ちょうどいい機会と思って先輩に相談してみることにしました。先輩にそのことを話すとそんなに人気ならまた作ろうかという話になりました。

これだけ観客のみなさんが僕たちの劇団の缶バッジを欲しがっているのだから100個作っても大丈夫そうです。だから今度は100個カンバッジを注文しようと考えています。

デザインはどうしようかと先輩と劇団員でデザインを作ってもらった人に相談して前に作ったものと同じデザインで注文することに決めました。

それだったらメールで注文するだけで済みそうです。


gekigekidadan at 18:56|Permalink

2011年06月02日

公演は無事に終わりました

でき上がった缶バッジは劇団員みんなに配りました。みんな大喜びで自分のTシャツに缶バッジをつけていました。

翌日僕達の劇団の初公演です。今回僕は裏方として働きますがそれでも妙に緊張してきてしまいました。どうか無事に初公演が終わってくれるようにと思わず祈っていました。そしていよいよ公演当日になりました。

劇団員はみな緊張しているようでしたがそれでも初舞台にワクワクもしている様子でした。観客はというと学生劇団時代からの数十人が来てくれました。小さい劇場なのでそれ位の人数で満員御礼となりました。

僕は裏方の役をこなしながら舞台の進行を見守っていましたが観客のリアクションを見守っていました。僕は裏方の役をこなしながら舞台の進行を見守っていましたが観客のリアクションを見守っていました。1時間弱ほどの劇で笑いあり涙ありの喜劇風のストーリーに観客は狙い通りのリアクションをしてくれました。

ここまで笑わせてなかせれば大成功といってもいいかと思います。劇が終わって幕が下りると団員のみんなは汗だくでした。僕はみんなにミネラルウオーターとタオルを持っていきました。

しばらくして団員のみんなが舞台に並んで幕が再びあがり一人一人挨拶して観客に紹介していました。その時は団員のみんは胸に缶バッジをつけていました。

小さい劇場でしかも観客も学生時代から知っている人たちばかりだったので、団員は舞台から降りて顔見知りの観客と挨拶していました。観客の何人かは団員の人がTシャツにつけていた缶バッジに興味を持って、「これいいね。どこで作ったの?」とか「これ俺も欲しいな。」と言ってたようです。

そんな話を聞いたらまた追加で
缶バッジ製作しないといけないかなと思ったので先輩に相談してみることにしました。

gekigekidadan at 22:19|Permalink

2011年05月31日

グッズの納品と昔話

公演まであと数日という時にチラシが出来上がりました。僕がいつもの印刷所へ行ってチラシを受け取りに行ってきました。

チラシはいつもどおりいい仕上がりでしたが、僕が心配していたのは缶バッジの方でした。今回初めて作るし、初めての
缶バッジ作成業者だしどんなふうに出来上がるのか興味津々な反面心配していました。チラシを受け取りに行って2日経った時に僕のアパートに缶バッジが届いていました。

アパートの大家さんが配送業者から預かって取っておいてくれていました。缶バッジは大家さんのところに行って受け取りに行ったけど僕は箱を開けずにそのまま先輩の所へ持っていくつもりでした。そして翌日にバイト先まで缶バッジを持っていって先輩に手渡しました。

先輩は会社の昼休みに箱を開けて缶バッジを取り出しました。僕はたいへん満足そうな顔していたので安心しました。バイトが終わった後は演劇の練習はなかったので先輩が僕を飲みに連れていってくれました。お互い役者を志す貧乏劇団なので駅前の屋台で飲んでいました。

コップ酒を飲みおでんをつまみながら学生時代の懐かしい話で花が咲きました。

学生の頃から勢いは変わっていないけど先輩は何か大人になったような感じがしました。先輩は劇団の主宰者だし責任ある立場だから、僕以上に劇団のことを考えているし劇団を動かしていくからお金のことも考えなくちゃならないということなんでしょうね。

僕にはそんな立場は務まらないと思いました。昔話とともに将来のデッカイ夢を語り合いました。僕の10年後はどうなっているのか楽しみです。


gekigekidadan at 21:58|Permalink
ギャラリー