2011年05月31日

グッズの納品と昔話

公演まであと数日という時にチラシが出来上がりました。僕がいつもの印刷所へ行ってチラシを受け取りに行ってきました。

チラシはいつもどおりいい仕上がりでしたが、僕が心配していたのは缶バッジの方でした。今回初めて作るし、初めての
缶バッジ作成業者だしどんなふうに出来上がるのか興味津々な反面心配していました。チラシを受け取りに行って2日経った時に僕のアパートに缶バッジが届いていました。

アパートの大家さんが配送業者から預かって取っておいてくれていました。缶バッジは大家さんのところに行って受け取りに行ったけど僕は箱を開けずにそのまま先輩の所へ持っていくつもりでした。そして翌日にバイト先まで缶バッジを持っていって先輩に手渡しました。

先輩は会社の昼休みに箱を開けて缶バッジを取り出しました。僕はたいへん満足そうな顔していたので安心しました。バイトが終わった後は演劇の練習はなかったので先輩が僕を飲みに連れていってくれました。お互い役者を志す貧乏劇団なので駅前の屋台で飲んでいました。

コップ酒を飲みおでんをつまみながら学生時代の懐かしい話で花が咲きました。

学生の頃から勢いは変わっていないけど先輩は何か大人になったような感じがしました。先輩は劇団の主宰者だし責任ある立場だから、僕以上に劇団のことを考えているし劇団を動かしていくからお金のことも考えなくちゃならないということなんでしょうね。

僕にはそんな立場は務まらないと思いました。昔話とともに将来のデッカイ夢を語り合いました。僕の10年後はどうなっているのか楽しみです。


gekigekidadan at 21:58
ギャラリー