『2019年・劇団員からの挨拶。』

  • author: gekitong
  • 2019年12月31日


激富制作部です。
2019年、激富は飛躍の年でした。
本当に皆様のおかげです。
感謝してもしきれません。

いんでび本番写真_191231_0290


我々は演劇で返します。
以下、劇団員より。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『中尾周統』

皆様。
激富の中尾です。
いつも応援してくれてありがとうございます。
どこまでも走り続けます。いつまでも走り続けます!!
激富は、頑張る人を応援するような劇団でありたい。
背中を押してあげられるような劇団でありたい。
不況やら、暗いニュースを忘れられるような
人の心に光を差せるような、そんな劇団でありたい。
とにかく笑っていられたらいいなぁと思います。
客席で観ている皆さんが笑っているような作品を作り続けたい。
これからも、まだまだ高みを目指します。

応援、よろしくお願いします!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『中聡一朗』

2019年も激動でございました。
去年は少し出演を抑えて落ち着いて進もうと思っていたのに………
2月の地球戦士ゼロス〜END of JUSTICE〜を皮切りに怒涛の1年でした。
G-SPACEも含めると多分10本は平気で越えていますが昔に比べたらどこに行ってもそんなに慌てる事はなくなりました。
多分昨年の鬼のイベントラッシュのおかげでしょう。笑
個人的には2020年に向けて既に新しいスタートを切っています!!
今まで来てくれている皆さん、新しく出会う皆さんにも楽しんでもらえる場所を作っていける様に日々精進していきたいと思います。
改めまして、2019年は本当にありがとうございました!!
2020年もどこまでもエンターテイメントを追求して激富は走り続けます!!
劇場でお会い出来る事を心より楽しみにしています!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『和泉有真』

2019年が終わりますね。
今年は例年以上たくさんの方に支えられた気がします。

激富は来年もエンターテイメントを突き詰めながら、仲間と結託して突き進んでいくでしょう。
そこに僕は「自分らしく」全力で挑戦していきたいと思います。
余談ですが、僕が関わり出した頃の昔の激富には
「日本人を熱く応援するエンターテイメント集団」というキャッチコピーがありました。
僕はこの言葉がすごく好きで。
作品を通して人生を応援していく、というのが激富の、そして役者としての僕の一つの指針なんだと今年実感しました。
来年35歳。
いつまで、どこまでいけるかは分かりませんが、
皆様の応援を支えに、返せるように頑張っていきます!
元気にまた、2020年でお会いしましょう!!!
2019年本当にありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『小川惇貴』

2019年も後わずかですね。

どうも、じゅんきです。

今年1年もたくさん見に来てくださってありがとうございました。
そして、いつもたくさんの応援をありがとうございます。
皆さんの存在が、どれほど僕の"力"になってるか。
どんな事があっても、どんな状態だとしても、皆さんの存在を感じると、グッと背中を押してもらってる感覚です。
例え、これから激富が大きくなったとしても、"今"を応援してくださる皆さんは絶対忘れませんし、これからもずっと応援してもらえるように頑張ります。

来年の激富は、皆さんの思ってる以上に動きまくると思います。
付いてきてくださいね!笑
今年は、大変お世話になりました。
来年も変わらずの応援をよろしくお願いします。

小川惇貴

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『荒田未来』

2019年ももう終わりますね。

今日で激富に入って丸4年が経ちました。
明日から5年目なんです。え、ほんとに?早い。
今までは父や兄のような先輩方に甘えてたのですが、
もうそんなこと言えないぐらい大人な年齢になってしまいました。
来年は先輩方の熱量に負けないように
食らいついていきたいと思っています。
既に来年に向けて色々進んでいて、
今年を振り返ってる暇もないぐらいなのですが笑
激富は来年も信じられないスピードで走り続けるでしょう。
舞台上から見える皆さんが活力になっています。
2020年も皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。
2019年たくさん支えて頂きありがとうございました!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そして、最後に

『フランキー仲村』

激富2019年 フランキー想う…

『VaporTrail -想いの真ん中-』
4月後半から5月前半の大阪•東京公演
再演ではありますが、新作のつもりでみんな挑んでくれました!
稽古は2月頃から始まっているので
激富の始まりはこの『V•T』ですね…
今想えば遠い昔の話しのような気がします(笑)…
戦争モノはつらいですね…
誰の為に生きるのか…どんな想いで戦闘機に乗っていったのか?
待つ者はどんな想いで送り出したのか?
演じたみんなは気づいたはずです…
「戦争と言う辛い時代であっても若者達は精一杯生き、
溢れるエネルギーを仲間達と分かち合った事を…
そんな時代であっても青春は存在した事を!」
そうあってほしいと思います。

そして夏のチャレンジ!『IN THE DEVIL CASTLE』
激富メンバーそろい踏み!!
はだや小野木はやっぱり激富主演を張っていたただけあって
少ない稽古日数でも一発で飲み込み表現してくれる!やり易かったな!(笑)
ゲストのママは本当に凄い!存在感や華は芝居を越えますね!
現場で鍛え上げられた度胸も逸品!
ジェラシーが入るぐらいに!!!
ダンスチームもまるで主演なぐらいに華やかだったな!
体現出来るのは尊敬する!!
また第二弾三弾と発展していく気配満載なチャレンジだったと想います!!

そして12月の『VITAL MAX~ZEROの始まり~』
たくさんの方々に観て頂き「追いチケ」と呼ばれるチケットで満席にして頂き
感謝でしかないです!東京を控えているので内容は深くは言えませんが…
激富的には新たな形へのチャレンジでした。
『どこまでも熱くどこまでもスピーディー』はいつも通りです!
新作に課した使命は『新しい題材』
ヤッタ事のないモノ…それが激富では刑事モノだったのです。
映画を観ているような芝居を意識しました…
それ故に照明と音響で見せるシーンを上手く説明出来ず、
それでも付き合ってくれたキャストには感謝しかないです!
『ありがとう!!』
第二弾で太一がどんな問題に直面し解決していくか…
私も楽しみです!!

たくさんの出逢いと変わらぬ愛を頂きました!
それに報いるように
『ワクワク』を作り出す劇団になるよう頑張ります!!
2020年も宜しくお願い致します!

フランキー仲村

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上です。
他の劇団員からは、続報を待ちましょう!!

とにかく…、2019年、本当にありがとうございました。
2020年も、よろしくお願いします!!

いんでび本番写真_191231_0032


GEKITONG制作部

ページトップに戻る▲