2016年05月24日

第3493回 石炭火発稼働までの支援を

82e8d8df.jpg 北海道石炭対策連絡会議による中央特別要請行動。
 道議会石特の小畑委員長他副委員長・理事、道庁からは経済部長などの幹部。

 市からは、蝦名市長、産業経済部長他、議会からはボクと続木石特委員長。
 さらに、KCM、太平洋興発の両社長や役員も同席しました。

 朝から、鈴木貴子、武部新、吉川貴盛各衆議院議員。
 午後には、伊東良孝衆議院議員に始まって二階俊博自民党総務会長、北川知克同副幹事長、資源エネルギー庁覺道石炭課長、林幹雄農水大臣、高木陽介同副大臣(佐藤英道衆議院議員同席)。

 錚々たるメンバーです。
 これだけのアポが取れるのは、まずは幸先がいいと言えるのかも知れません。

 平成29年度予算の概算要求について要請。
 「平成27年度と同額規模でお願いしたい」と。

 ポイントは、坑道使用料。
 今年平成28年度の2億では、到底安定した経営の下に研修事業を継続することは困難。

 何としても同27年度と同額の4億、そして石炭火発が稼働するまでの3年間継続してご支援をいただきたい。
 その先は、確実に経営自立化の道を進みます、と。

 面談の中で、何点かのご指摘がありました。
 ◎道の然るべき負担
 ◎経営努力に関する新しい要素等々

 8月と予想される概算要求の公表。
 それまで、様々なレベルにおける攻防戦が尚も続きます。

 さらに油断なく、しっかり戦っていきたいと思います。

2016年05月23日

第3492回 事業の継続性を重視

09c8fc63.jpg 朝から、議員団の会議。
 当面の活動について種々打ち合わせ。

 その後は、総会が2ヶ所。
 まずは、釧路市民憲章推進協議会(西村毅会長代行)

 昨年秋に急逝された春日井茂前会長の遺徳を偲びながら、さらなる前進を確認。
 平成27年度モデル町内会・モデル職域への感謝状贈呈、また平成28年度育成費の交付も行われました。

 引き続き、北海道横断自動車道 釧路ー根室間建設促進期成会の総会。

 \鞍優先区間「厚岸町 尾幌ー糸魚沢間」の早期着手
 一般国道自動車専用道路「釧路市ー釧路町間(釧路外環状道路)」の建設促進
 F韻犬「根室市 温根沼ー穂香間(根室道路)」の建設促進

 今年度は、以上3路線の早期整備を求める積極的な活動を展開します。
 他にも、促進キャンペーン、シンポジウムの開催を予定。

 ともあれ、阿寒IC開通から空白を作らず、継続的な事業推進を図ることが極めて重要です。
 長谷川俊輔会長(根室市長)の決意、危機感に心を合わせ、しっかり役割を果たしていきたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2016年05月22日

第3491回 程永華大使の釧路日程2日目

c3f8f228.jpg 程永華駐日大使の釧路日程2日目。
 まずは、阿寒湖・まりも。

 若菜勇さん(まりも研究の第一人者)のガイドでチュウルイ湾、まりも観察センター。
 まさに、生命の誕生を連想させる奇跡的なまりもの生成。

 世界で唯一、ここ阿寒湖の絶妙な自然環境の中でしか発現しません。
 程大使も、強い関心を示しながら観察されていました。
 
 続いて、釧路湿原美術館。
 故佐々木栄松画伯の作品をご鑑賞。

 高野範子副館長も、今日は特別に和装でお出迎え。
 短時間ではありましたが、独特な色使いと佐々木画伯の魂魄を留める大作をご堪能いただきました。

 その後は、釧路湿原温根内ビジターセンター。
 実は、同センターは明日から建て替え工事が始まります。

 お疲れの中にも拘わらず、木道を散策。
 ウグイスのさえずりを聞きながら、マイナスイオンを全身に浴びて『気持ちいいですね』

 ウエットランドセンター菊地事務局長の説明も的確。
 時間があれば、もっと先の絶景展望ポイントまでご案内したかったところです。

 昼食をはさんで、いよいよ空港でお見送り。
 出張から戻った蝦名市長、栗林会議所会頭も駆けつけ歓談。

 KCMの研修事業、中国観光客の誘致、熊本大地震等の話題に花が咲きました。
 駐日大使として、早くも6年目を迎えた程大使。

 益々お元気で、日中友好発展のためにご活躍されますよう祈ってやみません。
 随行の景春海参事官他大使館職員の皆様にも大変にお世話になりました。

 謝謝。

2016年05月21日

第3490回 程永華駐日大使がご来釧

7bebbceb.jpg 中華人民共和国駐日本国特命全権大使の程永華氏。
 遂に、釧路市にお迎えすることができました。

 ここに至る背景には、3代にわたる駐札幌総領事との深い親交があります。
 許金平氏、滕安軍氏、そして孫振勇氏。

 折に触れて、3氏それぞれが大使に対し、KCMによる研修事業の意義や置かれている課題等について報告されていた。
 その積み重ねが、大使の心を動かしたということだと思います。

 空港ビルでの歓迎セレモニーの後、早速KCMを表敬訪問。
 研修事業の実績やその成果に関する説明を聞いていただき、引き続き研修関連施設のご視察。

 気さくに、また熱心に耳を傾ける程大使。
 誠実なお人柄、お振る舞いは終始一貫変わりません。

 『研修事業の成果は顕著です。今後の事業継続を支持します』(趣意)

 議長、そして日中議連会長の立場から、ワタクシも発言。
 「財務省の査定は厳しい。これ以上の補助金減額は会社の存廃に直結する。3年後の石炭火発稼働までが正念場。是非、研修事業の拡充についてお力添えを賜りたい」と。
 
 来週には、早くも来年度予算の獲得に向けた中央要請活動が始まります。
 何としても、国の理解を得て平成27年度レベルの予算規模に戻さなくてはなりません。

 このたびの程大使ご訪問は、何よりの追い風になります。
 しっかり粘り強く、且つ強気で交渉をしてまいります。

2016年05月20日

第3489回 社会に蔓延る悪と対峙

b79bbbc9.jpg 午前は、釧路消費者協会(畠山京子会長)創立50周年。
 記念式典、記念講演会、祝賀会が開催されました。

 さて、消費生活相談を始めとして、消費者の権利擁護のための活動は多岐にわたります。
 同協会は、歴代の会長の優れたリーダーシップのもと、積極果敢に課題解決のために有益な行動を貫いてきました。

 特に、近年は善良な消費者を騙す悪徳商法や特殊詐欺が後を絶たず、それらの犯罪を未然に防止するには多大な労力を要します。
 同協会は、悪を悪と見抜き、嘘を嘘と見破っていく幅広い知識と賢い知恵の普及・啓発に地道に取り組んでこられました。

 自分たちで脚本を書き、また演者になり、様々な場所で披露してきたのです。
 全力を尽くして、市民生活を守ろうと戦ってきたその軌跡は、どんな賛辞をもってしても十分ではありません。

 改めて深く敬意と感謝を申し上げます。
 今後においても、社会に蔓延る悪と対峙し、決然と戦い切っていただけますよう期待して止みません。

 午後は、釧路市老人クラブ連合会(楢館猛会長)の定期総会。
 多くの役員や地区老連、単位クラブの会長たちが集って盛大に開催されました。

 さて、急速な高齢化は釧路市も例外ではなく、遂に65歳以上の市民が全人口の3割を超えました。
 しかし、我が国におけるこうした長寿社会は決して予想外のことではなく、それこそ先人が渾身の努力と工夫をもって医療体制を整え、また保健を整備し、長生きできる社会制度を作って来た成果に他なりません。

 その意味で、堂々と世界一の長寿社会を誇りとし、大いに満喫すべきであると思います。
 心身ともに健康で、また適度の好奇心を持ちながらワクワク・ドキドキする毎日を送っていただきたいと願うところです。

 残念ながら、平成9年頃に比べて、会員数は半減したとのこと。
 しかし、そうした問題で深刻になる必要はありません。

 愉快に笑い飛ばしながら、前向きに進むことが肝要です。
 同連合会の益々のご発展を心から期待しています。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月19日

第3488回 財源の確保に努める

 釧路地方総合開発促進期成会(蝦名大也会長)
 平成28年度第1回常任理事会が開かれました。

 釧路市議会議長は、同会の副会長。
 管内の町村議会議長は、理事であったり監事であったり。

 さて、今日の常任理事会では、当面の日程や今月23日に開催予定の定期総会に提案する議案等について協議。
 事務局がまとめた案を了承しました。

 今年上半期の要望日程は、

  地元要望 7月13日 釧路総合振興局・釧路建設管理部・釧路教育局
             釧路開発建設部・釧路自然環境事務所

  札幌要望 7月20日 北海道庁・北海道議会・北海道開発局

  東京要望 7月21日 地元選出国会議員・国土交通省・農林水産省・環境省他

 重点要望事項は、実に多岐にわたります。
 重点要望169項目(内、新規事業は28項目)
 制度要望は20項目

 新規事業には、

 ◎「観光立国ショーケース釧路市観光立国戦略」に基づく取り組みへの関係省庁施策の創設や集中投入等による支援
 ◎愛国浄水場更新事業第2期工事の浄水施設建設に係る国庫補助金の確保
 ◎市立釧路総合病院の新棟建設を含む増改築事業に係る過疎対策事業債の要望総額の確保

 等々が盛り込まれています。

 市の負担をできるだけ軽減しながら、必要な事業・施策を前に進める。
 良い悪いではなく、国や道に喰らい付いてでも、財源の確保に努めなくてはならないのです。

 しっかり役目を果たしたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2016年05月18日

第3487回 「当たり前」に流されない

9ffcc390.jpg 市民相談を受けて現場に直行。
 まずは、すばやく動くことが大事です。

 『ここの道路が、ああでこうで・・』
 「なるほど、そうなんですか」

 ということで、取り敢えず所管課で経過を確認し、その上で必要な対策を考える。
 勿論、優先度を慎重に見極めながら事を進めます。

 決して、条件反射のような行動は取らない。
 軽率に政治力を使ってはいけません^^

 以下、公明新聞からの転載。
 思考停止に陥ることへの警鐘です。



 国のハンセン病隔離政策を憲法違反と断じた熊本地裁の判決から5月11日で15年がたった。1931年成立の旧「らい予防法」によって患者の強制隔離が法制化。40年代に特効薬が開発され、治癒可能になっていたのに53年の新法でも変わることなく、96年の法廃止まで患者や家族を苦しめ続けた◆深く傷つけられた名誉の回復は、2001年の違憲判決に続く、政府の控訴断念と首相の謝罪、そして衆参両院での国会決議でようやく緒についた。控訴断念に至る過程での坂口力・厚労相(当時=公明党)の奮闘は、今も記憶に新しい◆5月2日、最高裁の寺田逸郎長官が記者会見で、ハンセン病患者の裁判を事実上、隔離された「特別法廷」で開いていた問題について初めて公式に謝罪した。1948年〜72年に療養所や、刑務所、拘置所などで95件行われた裁判だ◆災害によって裁判所が使用できない場合を想定した規定を、違法に拡大解釈したと認め、長官は「差別の助長につながる姿勢があったことは痛恨の出来事だ」と述べた。行政、立法、司法の三権が、差別に覆われていたことを認めたことになる◆ある新聞のコラムは、この謝罪を受けて「次はマスコミの番だと考える」と深い自戒の念を表した。その時その時の「当たり前」に流されてはならない。改めて、そう思う。(繁)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年05月17日

第3486回 物流の拠点性を高める

81b90465.jpg 釧路貿易振興会の通常総会。
 お招きをいただきましたので、出席してきました。

 同会は、釧路食料基地構想協議会に参画したり、釧路港湾振興会、海上保安協会等々に関わりながら、特にポートセールス活動に協力しています。
 昨年は、市議会としても、会派・市議有志で構成した実行委員会主催による「釧路港フェリー誘致シンポジウム」において、随分お世話になりました。

 さて、釧路港の貿易。
 来賓の一人として出席された税関支署長によると、輸出・輸入ともに近年は著しい伸びを示しているとのこと。

 輸出においては、クラフト紙を中心に倍々に近い急増が続いている。
 また、輸入では化学肥料が数倍増の急伸で、合わせて釧路港全体が活況である、と。

 一方で、不正薬物の摘発も増加中。
 昨年度は全道で24件、そのうち釧路が5件を占めたということです。

 このままでは、薬物汚染地域になり兼ねず、関係機関が連携して十分な警戒を強めなくてはなりません。

 ともあれ、釧路の経済は、今後物流の拠点性を一層高めながら、成長を図ることが何より重要です。
 海路だけでなく、陸路・空路ともに新たな貿易ルートの開拓に挑戦していく必要があります。

 同会の益々の活躍に期待したいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月16日

第3485回 秘であり、また妙

506f9ed9.jpg 隣家のチシマザクラが咲きました。
 ちなみに、手前のレンギョウは我が家のものです^^

 両方とも、実は枝が道路にはみ出るため、数年に1度は剪定します。
 なのに、毎年立派な花びらをつけ、周囲を楽しませてくれます。

 その生命力の偉大さに感動すると同時に、生命の不可思議さを思います。
 秘であり、また妙である、と。

 さて、朝から党の会議。
 出張中の2名を除いて、当面の課題について協議しました。

 その後、市役所で打合せなど。
 相変わらず、室内は寒いままですが・・。

 午後は、企業・団体回り。
 夕刻からは阿寒、鶴居方面まで足を延ばしました。

 夜は、某所での会合。
 平和安全法制と共産主義についてミニ講演。

 40分余、ノー原稿で話しました。
 重くならず、できるだけシンプルに、そして時に笑いを取る^^

 貴重なお時間を頂戴し、有難い限りです。
 春の花々のように薫風香るが如き講演というわけにはいきませんでしたが・・
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月15日

第3484回 崇高な使命を担う

099e747a.jpg 午前は、春季消防演習・観閲式。
 愛国にある消防訓練場に、消防職員や18分団453名団員の代表が集結。

 旺盛な士気を漲らせながらの行進を頼もしく拝見しました。
 「火災や災害から市民の生命と財産を守る」という崇高な使命を担う消防組織。

 日頃の鍛錬・研鑽があればこそ、優れた対応力が維持できます。
 改めて深く敬意と感謝を申し上げたいと思います。

 昨年の救助出動は61件
 救助人員は59人
 救急出動は9,274件
 輸送人員は8,435人
 火災は64件

 昼夜違わぬ対処によって、市民の安心が守られています。
 今年度もお世話になります。

 午後は、桜ヶ岡高陽台町内会の定期総会。
 小さな町内会ですが、奉仕の心を持った会員が集い議案の審議をしました。

 いよいよ、これで今シーズンの町内会総会は終了。
 しかし、各種団体の定期総会は、まだまだ続きます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2016年05月14日

第3483回 率先垂範の生き方

a642d21a.jpg 午前は、特別支援教育を語る会釧路(月田光明代表)の定期総会。
 少人数ながら、新年度の活動展開などについて熱く協議しました。

 開会前、来賓の林義則教育長に「すぐ終わりますから」と予告していたのに・・。
 何と終了時刻は11時30分過ぎ。

 「予想通りにはいかないもんです^^」
 『いえいえ、有益な語らいができましたよ』

 午後は、市連合町内会(西村毅会長)の定期総会。
 冒頭、功労者表彰があり、春採夕陽ヶ丘町内会の杉本靖会長が受賞。

 永年の会長職に対する顕彰でした。
 心からお祝いを申し上げます。

 会場には、現職市議の姿があちこちに。
 数えてみれば、現在10名の市議が町内会長を務めています。

 そのうち3名は、地区連町の会長。
 率先垂範の姿勢には頭が下がります。

 さらに、市議OBも4名ご出席。
 退いて尚、地域活動の先頭に立つ生き方は、後輩たちの良き模範です。

 夜は、釧路の教育を考える会(角田憲治会長)の総会。
 YEGから2名の新会員を迎え、清新な息吹を感じながらの開催となりました。

 新年度は、YEGと協力して市民啓発の事業を実施する予定。
 タイミングを計りながら、有意義な催し物を企画したいと思います。

 終了後は、恒例の懇親会。
 遅くまで、熱心な討議で盛り上がりました。

2016年05月13日

第3482回 自治体病院の改革

0f308727.jpg 全国自治体病院経営都市議会協議会。
 第74回理事会、第44回定期総会が開催されました。

 自治体病院議員連盟会長の細田博之衆議院議員が来賓挨拶。
 また、総務省大臣官房審議官の亀水晋氏が講演。
 
 演題は「公立病院改革の推進について」
 新公立病院改革ガイドライン(平成27年3月)に基づいた方向性と、その必要性・重要性・緊急性について言及。

 さらなる経営効率化、再編・ネットワーク化、経営形態の見直しへの期待を述べられました。
 時代や社会の変化に乗り遅れてはだめですよ、と。

 同協議会としては、改革の意義を十分に理解しつつも、国における各種施策の拡充を求める決議を採択。
 10項目にわたって、国に要望することとしました。

 ◎地域医療の中核を担う自治体病院の経営安定のために財政措置の拡充強化を
 ◎自治体病院における医師・看護職員等の不足解消のために万全の措置を
 ◎医師の診療科偏在の是正と医師育成方策の確立を
 ◎各種救急医療機関の受入能力の拡大など救急医療体制の確保・充実を 等々

 言うまでもなく、自治体病院は公的医療機関でなければ対応することが困難な多くの不採算医療を担うなど、社会的使命を果たしています。
 そのことを十分に踏まえて、国には適切な配慮と支援をお願いしたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月12日

第3481回 真昼間にやる?

cb513df5.jpg 毎日のように通行する「はるとり橋」
 沼尻の春採川に架かる小さな橋です。

 この橋の耐震度に問題があって、今、架け替え工事が行われています。
 まずは、仮橋整備。

 しばらくは、角度の強いS字ルートになりますが、地形上止むを得ません。
 沼尻会館の駐車場の一部閉鎖、沼尻公園のトイレの撤去等苦肉の策で暫定道路用地を確保したご苦労が偲ばれます。

 その仮橋が完成し、今日がその切り替え日でした。
 交通量の多い道道です。

 信号機の位置も変わります。
 てっきり深夜に行うものと思っていました。

 が、しかし。
 何と昼、真昼間に断行したではありませんか。

 これにはビックリです。
 確かに、朝から多くの交通警備員も配置されていました。

 その瞬間には立ち会えませんでしたが、どうやら何事もなかった・・。
 周到なシュミレーションをしていたのでしょう、きっと。

 それにしても、昼の交通量の多い時間帯にねえ・・^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月11日

第3480回 政治の安定と信頼

 朝から表敬訪問を受けたり、市長部局から説明を聞いたり。
 その後、11時から企業訪問。

 地元企業としては規模の大きい某社の社長と懇談。
 50分余にわたり、様々な話題について対話しました。

 その中で、政治の安定感がテーマになり、来るべき参院選の重要な判断材料になるとの指摘。
 経済や外交、社会保障に至るまで、政治の安定こそがその基盤になる、と。

 『仮にも、革命勢力のこれ以上の伸張を許してはならない』
 「ご懸念は、ごもっともだと思います」

 ということで、以下公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」です。


 8年ぶりの国内開催となる伊勢志摩サミットまで2週間余り。国内でも有数の風光明媚な場所を舞台に日、米、英、仏、独、伊、加の7カ国首脳が集う。今年で42回目。主要国間で、これほど長く続く枠組みはない◆会議は、首脳のほかにシェルパと呼ばれる補佐役が1人ずつ入るだけで進められる。首脳同士の食事にはシェルパも除外。シナリオが存在する多くの国際会議とは異なり、時にファーストネームで呼び合う濃密な空間で、いかに協調したメッセージを発信できるか◆首脳の参加回数はその在任期間を示す。これまでの最長不倒は、独のコール元首相で16回。今回の顔ぶれをみると、最多は同じく独のメルケル首相で11回。安倍首相は5回目だが、これまで日本は代理も含めると20人もの首相が出席。これほど多くの首脳が代わった国はない◆サミット発足当初、日本は観葉植物と対話しているなどと揶揄されるほど存在感は薄かったが、それも今は昔。混とんとする世界経済、多発するテロに難民問題など、今回は議長国日本のリーダーシップが問われる◆いつ首脳が交代するか分からない国と、互いの信頼関係を深めることは無理な話。世界からも相手にされない。外交に限らず、国内政治を前に進めるには、安定した政権が不可欠なのは言うまでもない。(広)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年05月10日

第3479回 私道の整備が進む

 このたび、市の私道整備補助要項が改訂されました。
 地域柄、私道だらけの橋南地区の多くの町内会にとって朗報です。

 これまでは、町内会等地域住民が50%の市補助を受けて舗装や補修を実施。
 大変な思いで合意を形成し、事業化に漕ぎ着けてきました。

 しかし、高齢化が進んだ町内会では、もはや手も足も出なくなってきた。
 50%の拠出も、合意の形成もできる状況にないのです。

 なので、ここ数年は同制度の活用実績は僅か。
 まさしく、実態にそぐわなくなってきたということです。

 そこで、昨年から所管の都市整備部に要項の見直しを求めてきました。
 「使えない制度の放置は怠慢だ」と。

 改訂の内容は以下の通りです。

 町内会の申請で、通り抜け可能な道路への補助率は80%。
         行き止まり道路は70%。

 期成会等が申請する場合は、通り抜け可能な道路が60%。
              行き止まり道路は50%。

 取り敢えずは、一定の前進だと受け止めています。
 これで、何とか私道の整備が多少は進むのではないか、と。

 しばらくは、事態の推移を見たいと思います。            

2016年05月09日

第3478回 経験を生かす

 GWが終わって、平常が戻りました。
 とは言うものの、GWらしい日は1日もなかったような・・。

 帰省中の次男も、昨日のうちに帰札。
 5月病にならず、気合を入れて頑張ってほしいと思います。

 さて、今日は朝から会議。
 午後からは挨拶回り。

 夕方には、鶴居村まで足を延ばしました。
 有意義な懇談ができ、満足・満足^^

 一方、中国大使館関係者から電話。
 近々、大物が来釧されるかも知れない。

 有難いことですが、何せ日程が急。
 十分な準備ができるかどうか。

 でも、肚を決めて受けるしかありません。
 これまでの経験を生かし、知恵を絞るだけです。

 KCMのために、そして釧路のために有益な日程となるよう努力します。
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月08日

第3477回 久しぶりの一曲

562a7ed0.jpg 益浦地区連合町内会(澤山 勲会長)の定期総会。
 加盟町内会の役員が集って、にぎやかに開催されました。

 新役員体制(案)には、相当に苦慮されたようです。
 会長が、事務局長と会計を兼任。

 また、婦人部長が空席で、一人の次長が婦人部を背負う。
 役員の成りテがいないことによる苦肉の策。

 いいも悪いもありません。
 現状で採り得る最善の結論だったということです。

 さて、今日は「母の日」
 懇親会で『是非、議長も一曲』とリクエストされたので「おふくろさん」

 本当に久しぶりに歌いました。
 でも、やっぱり声が出ない。

 (こんなはずじゃ・・・)
 錆び付いた刀は切れません。

 使わない武器は役立たず。
 どうしたものか・・^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2016年05月07日

第3476回 争点になる段階ではない

7e62d8a4.jpg 憲法が参院選の争点になるか?
 レフト寄りの新聞、評論家は「なる」との態度です。

 平和安全法制に絡めて「立憲主義の危機」だとか云々・・。
 民進党の岡田代表に至っては「与党が3分の2を超えれば9条の改正を行う」と。

 随分と乱暴な物言いです。
 何がなんでも憲法や9条を争点にしたいらしい。

 はたして多くの国民の意識は、本当にそこにあるのでしょうか?
 ちょっとムリがあるように思うのですが・・。

 以下、公明新聞からの転載。
 劇場型ではなく、冷静な対応が重要であるということです。



           冷静な憲法論議が重要

       国民の理解へ まず政党間の合意に努力

 公明党の北側一雄副代表は、3日放送のNHK番組「憲法記念日特集『憲法70年 9党代表に問う』」に出演し、大要、次のような見解を述べた。

【憲法改正への姿勢】

一、公明党は、日本国憲法は優れた憲法だと評価している。この憲法の下、戦後の民主主義が発展し、戦後秩序が形成されたという意味で高く評価している。ただ、戦後70年たち、新しい時代の下でしっかり議論し、改正すべきものはしていくということだ。

一、2014年に国民投票法が改正され、具体的に憲法改正ができる環境になってきた。大事なことは、何を守り、何を変えようとするかであり、改正の必要性や具体的なテーマについて、しっかり議論していくことだ。変えてはならないのは憲法の3原理だ。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義は堅持する。その前提の下で論議を進めたい。

一、憲法改正と言っても、憲法を丸ごと変えるなんてできない。具体的に何をどう変えていくかをきちんと議論し、それを国民投票にかけていく前提で、冷静に議論を積み重ねる必要があり、政党間の合意形成に努めていくことがまず大事だ。そんなに簡単に憲法改正はできない。

一、(民進党が安倍政権での憲法改正は認めないと主張していることに関して)あくまでも憲法改正の発議は立法権にあり、衆参各院でともに3分の2(の賛成)が必要だ。誰々が首相だから、その下ではやらないというのはおかしい。冷静に議論し、国民の理解を得ていくという手法が大事だ。

【憲法9条】

一、9条の第1項、第2項は、平和主義を体した規定と考えており、堅持しなければならない。一方で、自衛隊の存在や役割を憲法上、明記した方がいいという議論はあってもいい。昨年、平和安全法制を整備し(9条の下で許容される)自衛権の(行使の)限界を明確にした。それを超えてまで(自衛権行使を)やろうとすれば改正は必要だが、当面、9条改正は必要ない。

【緊急事態条項など】

一、(大規模災害時など)緊急事態の問題は、衆参憲法審査会でも、政党間でも議論を深めたい。緊急事態における首相の権限強化や国民の権利制限の根拠にする(条項の)必要性はない。衆院が解散されていたような場合に、議員の任期延長の特例を設けるべきかどうかは議論すべきだ。ただ、緊急事態とは何か、それを誰が判断するかという非常に重要な問題がある。そういうことについて、具体的に議論を進めたい。

一、(参院選で憲法改正が争点になるかについて)争点にならないだろう。まだ抽象的な(議論の)段階で、具体的なテーマを争点にして選挙をやる段階に至っていない。

gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年05月06日

第3475回 悪と嘘

ペテロの否認 旅のお供は、何と言っても「小説」
 今回は、「ペテロの葬列」(宮部みゆき著)

 間違いなく、彼女の代表作の一つと言えるでしょう。
 初期の「火車」は多重債務でしたが、本作品はいわゆる悪質マルチ商法がテーマ。

 とは言うものの、宮部さんはただ単に社会問題化した悲劇を書くにとどまらない。
 なぜ「悪」は伝播するのか、人間はなぜに「嘘」と無縁でいられないのか・・。

 見事なまでの筆力で人間の弱さに寄り添い、そして冷静に警鐘を鳴らす。

 題名のペテロは、アムステルダム国立美術館所蔵の「ペテロの否認」(レンブラント作)のペテロ。
 12使徒の一人でイエスの一番弟子。

 過酷な弾圧と迫害の中、変わらぬ信仰心を示しイエスへの忠誠を誓うが、イエスは弟子たちの心に潜む迷いを見抜いていた。
 役人たちと群衆に捕らえられたイエスのもとに、一人最後まで留まったペテロも、厳しい追及に負け、遂に『自分はイエスの弟子ではない』と。

 しかし、自らの嘘と、それをイエスに見抜かれていたことを激しく恥じたペテロは真実を述べ、最後は殉教する。
 一度は生き延びるために嘘をつき、でも、嘘を背負って生きることはできない、と。

 過酷な弾圧や迫害、何も特別なことではありません。
 欲望であったり、また貧しさ、恐怖、嫉妬等々常に身近にある苦悩と考えれば、決して過去の問題ではないのです。

 そうした苦悩に抗えずに「悪」を受け入れる。

 『悪は伝染する。いや、すべての人間が心のうちに深く隠し持っている悪、いわば潜伏している悪を表面化させ、悪事として発症させる〈負の力〉は伝染する・・。』(本文より)

 息をも吐かせぬ展開で、物語は進行します。
 飛行機が、釧路空港に到着するタイミングで読み終えるのが一番なのですが、そうは上手くいきません。

 一部、読み残したまま帰宅。
 夕食を取りながら、何かに憑かれたようにページを括ります。

 『何読んでるの?』
 「最後まで読み終えないと、どうにも寝付けないからね」

 『消化には悪いと思うけどね』
 「消化には悪いかも知れないけど、今日読了しないと気分が消化できない」

 『・・・・』
 「名作の魅力には抗えないのさ」
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)趣味 

2016年05月05日

第3474回 こどもの日の情景

 こどもの日。
 とは言っても、今や全員高校生以上ですから、我が家。

 そのうちの一人、在京の長男から電話。
 『携帯を替えるので・・』

 彼の携帯が故障中なので、かろうじて使えるライン電話で会話。
 「クーポンやキャンペーンで、使えるものは云々」と。

 その説明と共通認識に立つのに、ややしばらく時間が経過。
 と、間もなく断線。

 全く繋がらない。
 (はたして、この局面で彼は機転を利かせることができるか?)

 ややあって『今、A◎ショップの電話を借りた』
 「なるほど」

 『ということで、どうする?』
 「どうするじゃなくて、どうしたらいい」

 そんな応酬が続いて、結局は最終的に彼の希望通りに決着。
 (この場合、「こどもの日だし」とは全く考えない^^)

 『じゃあ』
 「ああ。しっかりやれよ」

 『わかった』
 「またな」

 だんだん交わす言葉も少なくなっていく父子です。
 考えてみれば、自分もそうでしたから・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月04日

第3473回 60肩が治っている

2f583e51.jpg 1年半前頃から悩まされてきた60肩。
 何故か、右肩だけ。

 最も酷い時には、その右手が肩以上には上がりませんでした。
 ちょっとでも無理をすると、鈍痛が走る。

 また、背中に右腕を回す際にも、同じような痛みを感じました。
 上げることも、回すことも肩の動作的には変わらないということなのでしょう。

 なので、洋服の腕を抜く際、結構ぎこちなく時間もかかる。
 横で見ている家族にすれば『ちょっと大袈裟じゃないの?』

 その60肩が、どうやら治りかけている感じなのです。
 完治と言うには早計かも知れません。

 しかし、上げる分には全く違和感なし。
 タオルで背中を洗うのに両手のバランスがとれる^^

 日本一涼しいまちから日本一暑いまちに来たことによる異変なのか?
 熊谷市の午後、何と33℃を表示しました。

 この時期でこの気温。
 7月、8月にはどうなっちゃうの?

 釧路人には、とても耐えられません。
 25℃あれば、ボクたちは十分ですから・・^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年05月03日

第3472回 人類普遍の原理は守る

 憲法記念日。
 しかし、憲法をめぐる議論は難しい。

 例えば、自衛隊。
 多くの憲法学者は違憲(もしくは、その疑い)、しかし国民世論はその存在を支持。

 はたまた、教条主義か現実主義か・・。
 そして、護憲か改憲か・・。

 もっと厳密に言えば、当面の護憲とそうでない護憲。
 而して、現状はキャンペーンはあっても、国民的な真の議論は不在と言ってもいい。

 以下、公明新聞からの転載。
 難しいからと言って、思考停止はよくありません。



              公明党が憲法記念日アピール

        憲法3原理に基づき、「人間の復興」「核のない世界」進める


 日本国憲法は本日、施行から69回目の憲法記念日を迎えました。憲法に基づき日本は、民主主義を定着させ、平和を守り、国際社会からの信頼も確実に広げてきました。

 公明党は「人類普遍の原理」というべき、国民主権主義、基本的人権の尊重、恒久平和主義の3原理を骨格とする憲法を、優れた憲法であると積極的に評価しています。3原理は将来とも変えるべきではありません。この憲法の精神を具体化するため、公明党は真剣に努力を続けてまいります。

 公明党は、5年が経過した東日本大震災の復興について「一人として置き去りにはしない」との決意で被災者に寄り添い、「人間の復興」へ全力で取り組んでいます。この姿勢は、この度の熊本地震の復旧復興でも変わりません。

 また、国民主役の政治の実現では、公明党の長年の主張であった18歳選挙権が今夏の参議院選挙からいよいよ実施されます。若者の声を政治にしっかり反映させてまいります。

 核廃絶でも、公明党がかねてから提案してきた世界の政治リーダーによる被爆地訪問が、4月に広島市で開催されたG7外相会合によって一歩前進しました。核保有国と非核保有国の外相が共に平和記念資料館を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、原爆ドームを視察した意義は大きく、公明党は「核のない世界」に向けてさらに努力をしてまいります。

 3月には平和安全法制が施行されました。平和安全法制の目的は、憲法9条の下、専守防衛の基本理念に則り、厳しい安全保障環境の下で国民の生命と平和な暮らしを守ることです。もっぱら他国防衛のための集団的自衛権の行使は、公明党が訴え、法律に明記された「自衛の措置の新3要件」があるため許されません。また、国際平和への貢献に関しても、人道復興支援や後方支援の分野で協力を進めます。

 非核三原則、他国に脅威を与えるような軍事大国にはならないとする戦後日本の平和主義の理念も変わっておらず、しっかり堅持されています。平和安全法制は日本の抑止力を高め、日本らしい国際平和貢献のあり方を明示しました。その上でさらに、他国との外交・対話を一層促し、紛争を平和的に解決できるように取り組んでまいります。いわば平和外交の推進力の裏付けとなる法整備です。

 公明党は、憲法も法規範である以上、新しい時代に対応した改正があってしかるべきとの立場です。憲法の施行時には想定できず、憲法改正しか解決方法がないような課題が明らかになる可能性もあります。公明党は改正について、現行憲法を維持した上で、改正が必要になった場合に新たな条文を“付け加える”形の加憲という方法を主張しています。

 公明党は加憲のテーマとして、環境権などの新しい人権、地方自治の拡大などを党内で議論してきました。今後、何を加憲の対象にすべきかについてさらに党内論議を深めるとともに、衆参両院に設置されている憲法審査会を中心に政党間の合意形成に努め、国民の理解を深めてまいります。

2016年5月3日
公明党
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年05月02日

第3471回 希望がゆきわたる

df79e3ed.jpg GWとは言え、気になる参院選。
 来月には公示、翌7月10日は投票日(予定)です。

 なので、後援会活動や政治活動にも拍車がかかります。
 早くも時間が足りない感覚。

 手応えはあります。
 やはり候補予定者の行動力と実績。

 山口代表も、連日のように街頭から訴えかけています。
 ということで、以下公明新聞からの転載。


           希望が、ゆきわたる国へ。

 30日、公明党の山口那津男代表が兵庫県と大阪府で行った演説要旨は次の通り。

 この参院選は、連立与党・公明党が勝利して、政治をさらに安定させ、政策をもっと力強く実行していくことが大事だと訴えたい。公明党は積極果敢に戦う。全国で過去最多の7選挙区に挑戦。比例区で6以上、計13以上の議席獲得をめざす。

 野党では、民進党と共産党などが“統一候補”を出す動きもある。しかし、政策が一致しているのかと言えば決してそうでなく、平和安全法制に反対という一点だけだ。だが、民・共の両党は自衛隊について、民進党は認めて生かす考えなのに対し、共産党は憲法違反だという政党だ。その一点でさえ基本姿勢が違う。ましてや、消費税、TPP(環太平洋連携協定)をどうするか、みんなバラバラだ。そんな野党の統一候補は、野合と言わざるを得ない。民・共に政治を任せたら混乱するのは目に見えているではないか。

 この3年余、公明党は連立政権の中で、経済再生や東日本大震災の復興加速など、政策を前へ前へと進めてきた。

 内閣府が4月9日に発表した「社会意識に関する世論調査」で注目すべきは、今の社会に対して「満足している」「やや満足している」と答えた人が、過去最高の62%になったことだ。われわれが政権を取り戻してから、何と20%以上も増えた。この結果は、われわれの取り組みに対する国民の評価だと思う。

 一方、「満足していない点」で多かったのは、経済的なゆとりや見通しが持てないことや、若者が自立しにくいこと、家庭で子育てがしにくいことなどだった。こうした声が今の課題であり、公明党が取り組むべき政策のポイントだ。

 そこで、公明党は大きく四つの政策の柱を立てた。これまでの取り組みで、見え始めた希望を全国に広げていきたい。今回のスローガンは「希望が、ゆきわたる国へ。」―だ。

 まず、景気を力強くしていく。企業収益が伸び、給料が増えたところもあるが、その実感を一人一人の家計、個人へ広げていかなければならない。

 次に、若者や女性が活躍できる「希望社会」をつくるため、働き方改革を断行していく。

 三つ目は、保育や介護で安心できる社会をつくることだ。保育や介護の施設や環境を整備し、その現場で働く人に対しても、給料を上げるなど、しっかり応援していきたい。

 四つ目は、東日本大震災、熊本地震からの復旧・復興に力を入れるとともに、「防災・減災」対策をさらに強化していくことだ。

 参院選から公明党が一貫して訴えてきた「18歳選挙権」が始まる。公明党は今、「VOICE ACTION(ボイス・アクション)」を全国で展開し、若者の率直な声を謙虚に受け止めている。若い世代の声に応えられるのは公明党だと強調したい。

 また、今、連立政権に公明党がいるから、政権が安定しているという声もよく聞く。日中、日韓関係が昨年大きく改善したのは、長年交流を続け信頼関係を築いてきた公明党が、与党の立場でリードしてきたからこそだ。

公明党のように、地方議員と国会議員が連携して、ネットワークの力で政策を実現することは、なかなか他党ではできない。公明党のネットワークによる政策実現力をさらに磨き上げるため、どうか公明党を押し上げていただきたい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年05月01日

第3470回 地域活動原点の地

39b3dbd6.jpg 春興町内会(中田欽一郎会長)、春興悠遊クラブ(小山静男会長)の定期総会。
 構成メンバーが基本的に同じなので、連続して開催。

 30分弱で第一部の悠遊クラブの総会が終了。
 後半の春興町内会も、30分余で無事原案可決で閉会。

 ボクの会長時代から続く伝統は全く変わっていません^^
 周到な準備と深い信頼関係の証です。

 懇親会では、中心市街地の再生や観光戦略について矢継ぎ早の質問。
 この時とばかりに『どうなるの?』『どうするの?』

 できるだけ丁寧にお答えしました。
 議会人として、説明の場は極めて貴重。

 しかも、報道の枠を超えた情報やモノの見方を元に解説しなくては重さがない。
 やはり、何がしかの『そうだったんですか』が必要なのです。

 人間誰しも、ここだけの話が大好き^^
 そして、最後は『なるほど。よく分かった』

 春興町内会は、ボクにとって地域活動原点の地です。
 生涯忘れ得ぬ幾多の思い出が詰まっています。

 しかし、例外に漏れず着実に進む高齢化。
 今後とも末永く、仲良く町内会の絆を強めていってほしいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2016年04月30日

第3469回 なかなか育たない

88da975a.jpg 今日で、4月も終わり。
 ということは、今年の3分の1が過ぎたということ。

 月並みな感想で申し訳ありませんが、早い、早過ぎる^^
 実に早過ぎて困ったもんです。

 さて、ハマナスのポット苗。
 種を植えて2年。

 なかなか育ちません。
 (ほったらかしなので、偉そうなことは言えませんが・・)

 これでは、ズリ山に持っていくわけにはいかないかな、と。
 小さ過ぎて、あまりに可哀そうです。

 時間と違って、ハマナスの成長は早くない。
 人間の都合通りにはいきません。

 話題は変わって、今日は総支部の議員会やら何やら。
 参院選まで、残り2ヶ月余となりました。

 年が明けて「今年の夏は参院選!」と話し合っていたのが、もう来月には公示。
 あッと言う間に本番を迎えてしまいます。

 時の経過を嘆く暇があったら、為すべきことを成す。
 改めて、肝に銘じました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年04月29日

第3468回 やっぱり降りやがった

b228ed40.jpg 天気予報は降雪。
 しかも、大雪+吹雪?

 GWの初日ですよ。
 幸先が悪過ぎます。

 行楽地の嘆きが聞こえてくるようです。
 でも、本当に降るのだろうか・・?

 半分は疑っていました(期待と言ってもいい)
 タイヤは、とっくに夏タイヤ。

 仮に積雪なら外出はできない。
 本当に降るのか、それとも雨に変わるか・・。

 朝、カーテンを開けると雪。
 やっぱり降りやがった。

 でも、昼過ぎには降り止み、道路に積雪はなし。
 これなら、車は大丈夫。

 タイミングを見計らってケーキ屋さん。
 今日は、妻の誕生日でした。

 何歳になったかは、敢えて書きません^^
 健康に感謝しつつ、ハッピバースディ トュ ユー。
 
 JRで帰釧した次男も加わって、ささやかにお祝いしました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年04月28日

第3467回 友の早逝を悼む

 古い友人が逝きました。
 昭和31年生まれ。

 しかし、還暦の誕生日を迎えることなく旅立ちました。
 あまりに早過ぎて、とても実感が沸きません。

 20〜30代にかけて、ともに青春を駆け抜けた同志。
 行動力があって、突破力に秀でていて、同世代のリーダーの一人でした。

 別海の葬儀会場を往復する道すがら、幾多の思い出が脳裏をよぎる。
 個性が強く、まさに乱世の英雄タイプ。

 太く、そして短く生きた人生。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 会葬者の対応にあたっていたご子息。
 凛とした青年でした。

 父の遺志を継ぎ、別海の地で使命の道を邁進してほしい。
 君の心の中に、父はいつまでも生き続けている。

 合掌
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年04月27日

第3466回 市議会議長会2日目

e41c1761.jpg 北海道市議会議長会定期総会(会長 鈴木健雄札幌市議会議長)。
 2日目は、視察研修。

 まず最初に向かったのは、王子コンテナー釧路工場。
 隣接する王子マテリア釧路工場で作られた段ボールで、様々な箱を生産している会社です。

 同工場では、地域貢献を目的に災害時の避難者用段ボールベッドを開発。
 釧路市が監修したもので、釧路市でも計画的に備蓄しています。

 全道正副議長の皆様には、実際に組み立て体験をしていただきました。
 『簡単だね』『確かに頑丈だ』『1セットいくらで買えるの?』

 ついでに、段ボール箱の技術革新についてもPR。
 表面の特殊加工で傾けても滑り落ちない箱や濡れない魚箱、お酒やワインなどガラス製品でも安心して詰め込める多機能箱などなど・・。

 たかが段ボール、されど段ボールです。

 次は、阿寒丹頂の里。
 釧路湿原美術館と阿寒マルシェをご覧いただきました。

 佐々木榮松画伯をご存じでない方々ばかりでしたが、その作品群に驚嘆の声が続出。
 案内をつとめた高野副館長の舌も、いつも以上に軽やかだったように思います。

 阿寒マルシェでは、見学というよりお買い物。
 レジ前には長い行列ができて、有難い限りでした。

 午後1時前にすべての行程が無事終了。
 何とかかんとか大役を果たすことができました。

 秋には、全国民間空港所在地都市議会議長会の総会を予定しています。
 長く印象に残る総会とすべく、しっかり準備万端を整えたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2016年04月26日

第3465回 市議会議長会1日目

a6183f8c.jpg 第79回(平成28年度)北海道市議会議長会定期総会。
 100名余の参加者を迎えて開催しました。

 総会では、開催市が議長を務めるルール。
 歓迎挨拶の後、議長席で議事進行に当たりました。

 午前の部(各委員会の報告と承認議決)を終えて、昼食は蕎麦。
 釧路そば商組合青年部の協力で、かしわヌキと天ざる。

 会場の国際交流センターには厨房施設がないため、コンロ、茹で釜等々は全て持ち込み。
 時間の制約もある中で、何とか釧路名物のクロレラ入り蕎麦を提供できました。

 午後は、決算・予算・人事等の議案審議。
 予定通りに議事は進み、無事定刻に終了しました。

 そして、この時間を利用して釧路市議会の各派代表者会議を開催。
 釧路市議会議員会として、熊本大地震の義援金として10万円の拠出を決定したところです。

 15時からは議長会の研修会。
 JA浜中町の石橋榮紀組合長を講師に講演会を開催しました。

 北海道農業のこれからを考える上で、示唆に富んだ素晴らしい講演でした。
 全道の議長・副議長には、大いなる刺激になったのではないでしょうか。

 夜は、意見交換会。
 地酒やご当地ハイボールなどを潤滑油にしながら、歓談の輪が広がりました。

 ハイボールの氷は、昭和冷凍プラントが開発した窒素氷。
 デザートは、JA浜中町の「タカナシ4.0プレミアム牛乳」とそれで作ったソフトクリーム。

 釧路地域のモノづくりと産品をしっかりアピールさせていただきました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2016年04月25日

第3464回 ちぎっては投げ状態

 朝から、党の会議。
 種々、当面の活動について協議しました。

 その後、上下水道部から地域課題の途中経過について報告を受けました。
 困難な壁が多く、簡単には進みそうもありません。

 しかし、粘り強く解決の可能性を探っていきたいと思います。
 いつものように「活路を拓く」心意気で。

 午後は、都市整備部からの報告。
 これは、一歩前進が図られそうです。

 詳細は、後日に譲りますが先が見えてきました。
 同じような課題を抱える地域から喜ばれることでしょう。

 その後は、溜まった雑用の処理。
 ちぎっては投げ、ちぎっては投げ状態。

 さて、明日は北海道市議会議長会定期総会。
 あッと言う間に当日を迎えることとなりました。

 予行練習なしの本番。
 開催市が議長を務めることになりますが、何とかなるでしょう。

 天気予報は、そこそこ。
 降雨がないことを祈ります。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年04月24日

第3463回 定期総会を渡り歩く

fedf9f43.jpg 陸路、帰釧。
 11時に間に合わせて、まずは桜ヶ岡新生町内会(高野貢一会長)の定期総会。

 審議に入る前に挨拶をさせていただきました。
 そして、お詫びを申し上げて中座。

 次は、春採夕陽ヶ丘町内会(杉本靖会長)の定期総会。
 審議を中断して、時間を頂戴し挨拶。

 『新物のアイヌネギがあるのに・・』
 「残念です。後ろ髪を引かれる思いです^^」

 3ヶ所目は、観月園町内会(澤口光夫会長)の定期総会。
 活発な質疑応答が行われていました。

 予定時刻を多少オーバーして原案可決。
 役員の皆様のご苦労が忍ばれる審議でした。

 懇親会の準備作業に入ったところで、時間を拝借し挨拶。
 お招きをいただいた御礼と、地域課題解決への決意を披歴しました。

 そして、益浦高台町内会(杉森光雄会長)の定期総会。
 駆けつけた時には懇親会も佳境を過ぎ、『何人も帰っちゃったよ』

 「お待たせして申し訳ありません」
 平身低頭しながら挨拶。

 『来てくれただけでも嬉しいよ』
 「いえいえ、本当に申し訳ございません」

 最後は、若干の間をおいて望洋見晴台町内会(清野明会長)
 定期総会と創立50周年記念祝賀会に出席しました。

 配布された50周年記念誌はフルカラーの豪華版。
 同席の市長ともども「こんなのは見たことないね」と。

 同町内会は、市長が生まれ育った家に隣接する地域。
 50年前の周辺環境を振り返りつつ、しばしの思い出話で盛り上がりました。

 夜は、叔父の葬儀。
 
 ・・・目まぐるしい一日でした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会