2017年01月20日

第3733回 春から縁起がいい

3321546e.jpg 午前は、特別支援教育を語る会釧路の例会。
 今回で第15回目となりました。

 テーマは「就労支援」
 制度や釧路地域の実態について研修。

 12時ギリギリまで熱心に語り合いました。
 次回は、3月の開催を予定しています。

 午後は、正副議長の打合せ。
 報告を受けたり、懸案事項を協議したり、決裁などなど。

 夜は、釧路市連合町内会(西村毅会長)平成29年新年交礼会。
 地区連や単位町内会などの役員が多数出席し、賑やかに開催されました。

 昨年秋、12年ぶりに新しい地区連(文苑)が誕生。
 初代会長には、前市議会議長の黒木満さんが就任。

 困難な壁を乗り越えて、合意を形成されたご努力に敬意を表します。
 同地区連のご発展を心よりご祈念申し上げます。

 さて、祝宴の開始にあたり、指名を受けて乾杯の発声。
 議会報告会に対する協力にお礼を述べながら、さらなる連携強化のお願いを申し上げました。

 恒例の抽選会では、いち早く当選。
 『えーーッ』とか『おいおい』とかの声を頂戴しましたが、幸先良し^^

 こいつは春から縁起がいいわい、てなところでしょうか。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月19日

第3732回 100年企業をめざせ

78659c46.jpg 釧路市建設事業協会(阿部信之会長)平成29年新年交礼会。
 多くの会員企業が集って盛大に開催されました。

 議長として乾杯の発声。
 その前に、一言新年の挨拶を申し上げました。

 ◎建設業を取り巻く環境は常に課題を抱えている。
  景気の動向であったり、また政治の方向性であったり・・。

 ◎さらに、昨今は技能士等人材の確保が深刻な懸念となっている。
  加えて、社長の後継者問題もクローズアップされてきた。

 ◎日商の会頭が年頭に述べている。
  『60歳以上の社長のうち、自分の代で廃業もしくはそのつもりと答えた会員企業
   が52%。後継者問題を解決できるかどうか、日本の行末に暗雲が立ち込めてい
   る』(趣意)と。

 ◎是非、今から後継者問題を念頭に持続可能な態勢を強化してほしい。
  そうでなければ、中長期の展望も持てないし新たな投資への意欲も生まれない。

 祝宴に入ってから、何人もの社長がご来席。
 『わが社は大丈夫です。お陰様で息子が戻ってきました』

 『実は、私は4代目。創業100年を超えました』
 『わが社は、あと◎年で100周年を迎えます』

 また一方で、『そこが頭の痛いところでして・・』という企業が何社も・・。
 各社それぞれに様々なご事情があると思います。

 でも、何とか全社がこの問題を乗り越えていただきたい。
 100年企業をめざして、強気でご奮闘をお願いしたいものです。
gekko946 at 22:27|この記事のURLComments(0)

2017年01月18日

第3731回 何の始まりになるか

bc86134c.jpg アメリカ大統領就任式。
 いよいよ、2日後に迫ってきました。

 それにしても、現オバマ大統領の時とは大違い。
 高揚感というか、期待感が沸いて来ません。

 人間性が、あまりにも野卑。
 言葉や態度が政治指導者として全く相応しくない。

 しかし、それでもトランプ氏が選ばれた。
 いくら「嫌いだ」と言ってみたところで、その現実は確実にやってくる。

 2017年1月20日。
 果たして、どのような状況の始まりになるのか・・。

 以下、公明新聞からの転載。
 いつものコラム「北斗七星」です。


 上品なディナー・パーティーに現われ、なりふり構わず叫ぶ泥酔客。居並ぶ人々の多くは、困ったような表情を浮かべつつも、内心ではこの客の指摘に密かにうなずいているのではないか。千葉大学の水島治郎教授は、近著「ポピュリズムとは何か」(中央公論新社)で、ポピュリズム(大衆迎合主義)をデモクラシーというパーティーに顔を出した厄介な客になぞらえ、例説している◆昨年は、英米の両国で、不安や怒りが政治を突き動かした。ポピュリズム側の弁護席に座るつもりは毛頭ないが、社会に対して疎外感を持つ人々の異議申し立てと受け止めたい◆民主主義は、出来上がった仕組みによってではなく、その理念や価値観を理解し、大切にする人々によって守られ、機能するという。それならば、穏健で民主的な価値観の担い手になってきた、かつての中間層が希望を持てる社会を取り戻さねばならない◆泥酔客を門の外へ締め出したとしても、今度はむりやり窓を割って入ってくれば、パーティーは台無しになるだろう。水島教授の警告である。日本も対岸の火事ではあるまい◆政治に何が求められているのか。どう解決すべきか。各党が20日召集の通常国会で議論を掘り下げてほしい。パーティーの成否は、パーティー(政党)の踏ん張りにかかっている。(明)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2017年01月17日

第3730回 アフリカ系釧路人

94642733.jpg セネガル出身のバ君。
 ニックネームは「デビ」

 今月の16日、釧路市に住民登録。
 晴れて釧路市民となりました。

 彼は、ボクの古い友人の娘婿。
 その友人が経営する会社で働いています。

 昨年の9月には、ジュニアが誕生。
 母国語のフランス語と日本語で話しかけているそうです。

 将来は、日本で学んだ技術や知識を生かしてセネガルの発展に貢献したい、と。
 年齢は41歳。

 是非、その夢を叶えてほしいと思います。
 (友達になると、遠いアフリカでさえ身近に感じてしまう^^)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2017年01月16日

第3729回 活躍する自衛隊

3015abc8.jpg 釧路地方自衛隊協力団体連絡協議会(栗林定徳会長)
 平成29年新年交礼会が盛大に開かれました。

 陸上自衛隊第27普通科連隊(釧路駐屯地)は、昨年も大活躍。
 自然災害に見舞われた各地に駆けつけ、困難なミッションを遂行しました。

 熊本地震。
 北海道を直撃した大型台風。
 
 そして、清水町で発生した鳥インフルエンザ。
 30万羽を処分しました。

 今年は、南スーダンへの派遣が予定されているとのこと。
 また、北朝鮮のミサイル開発による脅威も格段に増しています。

 もとより、自衛隊の活動がニュースにならないような平穏が一番。
 しかし、自衛隊に頼らざるを得ない状況が続発しているのも現実です。

 庁から省に昇格してから、丁度10年。
 今年も、何かとお世話になります。

 くれぐれも宜しくお願い申し上げます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月15日

第3728回 ペッパー君に会った

7847a2b3.jpg 桜ヶ岡新生町内会(高野 貢会長)
 山花リフレで新年会が開かれました。

 顧問として、年頭の挨拶。
 健康に留意し前向きで溌剌とした1年を過ごしましょう、と。

 隣室には、石炭事業のベトナム人研修生。
 市内見学の一環で動物園、温泉・食事のコースを回っているとのこと。

 今回の班は21人。
 是非、有意義な釧路滞在にしていただきたいと思います。

 さて、ロビーには「ペッパー君」
 寂しそうだったので、ほんのちょっとだけ会話してみました。

 ロボットと分かっているのに、会話が成立すると最早人間と同じ。
 情感が通い合う(つい、そんな感覚になる)

 そして、結構楽しい^^
 将来的には「家族の中に1台(1人)のロボット」という時代が来るかも知れない。

 科学の急速な進歩は、十分にそれを可能にするでしょう。
 と言うか、IoTの時代はもうすでに始まっています。

 技術の後戻りはあり得ません。
 どのように付き合うかという段階なのです。

ペッパー君
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2017年01月14日

第3727回 学習支援を強化

07ed820e.jpg 釧路市では「鳥取てらこや」や「こども未来塾」が定着。
 学習支援を含む、幅広い体験活動が行われています。

 改めて運営に携わる皆様の献身的なご努力に敬意を申し上げたいと思います。
 まさに始めるは易く、継続は難し。

 さて、国においても中高生に対する学習支援が本格化。
 貧困等家庭の事情でハンディキャップを背負わせてはならない、と。

 以下、公明新聞からの転載。



        地域での学習支援  “貧困の連鎖” 断ち切りたい

 「勉強するのが楽しくなり、念願の進学もかなった」―。そんな喜びの声を広げていくため、地域での学習支援の場を整備していきたい。

 経済的な事情で学習塾に通えない、自宅で勉強する習慣が身に付かないといった子どもたちのために、地域のボランティアが原則無償で勉強を教える取り組みが前進する。

 これは、2015年度から始まった国の「地域未来塾」事業のことで、17年度予算案には、全国に約2600ある未来塾を約3700カ所まで増やすことが盛り込まれた。

 経済的な理由による教育格差は、次世代に貧困を引き継ぐ大きな要因の一つである。実際、生活保護世帯の高校進学率は一般世帯より低い。こうした“貧困の連鎖”をどう断ち切るのか。わが国が抱える課題の解決に未来塾が果たす役割は大きいと言えよう。

 事業は、子どもの貧困対策推進法(13年6月成立)を受けたもの。対象は中学・高校生。大学生や元教師、NPO団体などが学校の空き教室などを活用して、放課後に勉強を教える。子どもたちに学習習慣を身に付けさせるのが狙いで、高校・大学などへの進学率の向上や、高校中退の防止なども期待されている。

 国に先立って、こうした学習支援を独自に行う自治体はあるが、未来塾の全国展開は、国を挙げて学習支援に取り組む姿勢を明確にしたものだ。運営は都道府県や市区町村が担うだけに、公明党の地方議員には、未来塾が地域に定着し、成果を挙げられるよう力強く後押ししてほしい。

 普及に向けては課題もある。一例としてボランティア人材の確保が挙げられる。人口の少ない地域では深刻だ。

 解決策の一つとして、情報通信技術(ICT)の活用が考えられる。例えば、高知県の村立中学校内で実施されている未来塾では、タブレット端末やプロジェクターを積極的に導入。生徒の学習意欲が高まったほか、板書の手間が省けるなど指導者の負担軽減にも効果が現れている。こうした事例を広く紹介していく試みも重要となろう。

 奨学金の拡充などと合わせて、「子どもの未来が、生まれ育った環境に左右されることのない社会」をめざしていきたい。
gekko946 at 23:26|この記事のURLComments(0)公明党 | 学校

2017年01月13日

第3726回 しばれる寒気の中で

6befafc9.jpg 朝一で某企業を訪問し、ルネサンス連続セミナーの講演依頼。
 快くご承諾いただきました。

 詳細は、来週にも詰めの打合せを行い、開催は2月1日の予定。
 本セミナーは、次回で第97回目となります。

 午前11時、釧路地方総合開発促進期成会の第2回常任理事会。
 「JR北海道の鉄道事業見直しに関する要望活動について」協議しました。

 まずは、北海道に対して釧路地方の要望を明確に申し上げる。
 ◎根室本線(釧路ー根室)、釧網本線(東釧路ー網走)の路線維持

 その後は、国に対して抜本的な支援を求めることになります。
 このままでは、いずれ新幹線以外の鉄道が北海道から消滅する。

 夜は、新年会。
 まずは、社会福祉法人釧路創生会のボランティア交流会。

 日頃から、同法人の特養や老健等の施設を支えるボランティア団体から75人が参加して開催されました。
 釧路で初めて地域との連携モデルを作った功績は、極めて大きいものがあります。

 中座して移動。
 次は、釧路市商店街振興組合連合会新年懇談会。

 各商店街から代表が16人、来賓が14人出席。
 市議会を代表して、新年の挨拶を申し上げました。

 懇談の中で、個別の課題についても種々お聞きしました。
 機会を作りながら、意見交換を継続していくことを確認したところです。

 さて、今日は記録的な低気温。
 まさに「しばれる」一日でしたが、とても風邪などひいている暇はありません^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月12日

第3725回 未納を解消するために

535646ea.jpg 長野県塩尻市。
 学校給食費を児童手当から徴収できるようにしています。

 制度導入の主たる動機は、学校給食費徴収事務の負担軽減。
 決して、未納率が高かったからというわけではありません(以前から徴収率は99%台)

 何と同市では、担任教諭だけでなくPTA役員が徴収に当たっていた、と。
 学校によっては、給食費徴収担当副会長まで決めていたとか(未納世帯訪問までやっていた)

 そこで、まずは平成23年から児童手当からの引き落としをスタート。
 (児童手当法第21条、給食だけでなく保育料、学用品費用まで徴収できる)

 勿論、強制ではなく、あくまで保護者の申し出(選択制)によります。
 なので、今でも同市では口座振替、児童手当(約3割)、現金による納付選択が可能。

 全国的には、「児童手当引き落とし」を原則として保護者に呼びかけている例もあるらしい。
 釧路市が導入するとしたら、原則「児童手当」が望ましいでしょう。
 (口座振替分を増やしても、1回で落ちず再振替・督促の件数が多い)

 ちなみに、釧路市の徴収率は小学校98.5%、中学校98.0%。
 (平成27年度現年度実績)

 塩尻市では、さらに平成25年度から学校毎の私会計から市の一般会計(公会計)に移行。
 学校給食費における学校の事務負担軽減と不透明性の解消に着手しました。

 加えて、徴収の責任は最終的に市が負うので、未納分が給食の質低下につながらない。
 児童・生徒数×給食単価は、市が一括して契約業者に支払う。

 釧路市の場合は、学校給食会という任意団体が運営。
 全責任を背負いながら、健全運営に四苦八苦しています。

 言うまでもなく、給食に係る公平性確保と質の維持は教育上も極めて重要な課題。
 釧路市にとっても、塩尻市の取り組みは大いに参考とすべき好事例だと感じました。 

2017年01月11日

第3724回 魚津市民バスの模索

c2627342.jpg 富山県魚津市。
 平成13年、市内唯一の民間バス会社が不採算路線の休廃止を決断。

 全11路線のうち9路線をその対象としました。
 平成14年から、2路線のみ運行を継続する、と。

 そこで、市は庁内検討会議と市民会議を同時に設置。
 新たな公共交通体系のあり方を模索しました。

 ◎市内全域対象にアンケート調査実施
 ◎コミュニティバスの実験運行
 ◎コミュニティタクシーの実験運行
 ◎平成18年10月道路運送法改正にともない「魚津市民バス」の本格運行開始
  
 しかし、これ以降も懸命な模索が続きます。

 当初は、市街地巡回バス2路線はタクシー会社に委託。
 市街地と郊外を結ぶ6路線は、地域ごとに立ち上げたNPO法人に委託する方法でスタートさせました。

 必要経費の3分の2を市が支援。
 残りを地域NPO法人が運賃収入で確保するというもの。

 ところが、この方式は平成26年度で見直し。
 最大の要因は、ボランティアで運営にあたっていたNPO法人役員の後継者問題です。

 さらには、3分の1収入を確保するために運賃だけでは足りず、何と住民や町内会から寄付を集めていたものの、遂にそれも限界を迎えたということです。
 そんな綱渡り状態で、よくぞ8年間も頑張ったと思います。

 平成27年度からは、全路線をタクシー会社及びタクシー協会に委託。
 地域NPO法人は、全て解散となりました。

 以後、運行経費の赤字分は市が単費で負担(3分の2ルールは廃止)。
 収支率は、平成27年度で41.5%、市の持ち出しは約3千5百万円。

 運転手は年金世代で、時給950円(契約社員・社保付き)で働いています。
 涙ぐましい必死の努力で、公共交通を守っている。

 率直に言って、明日は我が身だと感じました。
 例外なく地方都市の公共交通は、今まさに大胆な見直しを迫られています。

 釧路市においても、すでに検討が始まりましたが、名答を導き出すのはそんな簡単なことではありません。
 行政も市民も、ともに深い覚悟が問われる難題です。

2017年01月10日

第3723回 機敏な対応力、復元力

e12ad14d.jpg 東京都台東区谷中防災コミュニティセンター。
 防災拠点としての機能を持った区内唯一のコミセンです。

 隣接する防災広場「初音の森」
 大災害後の復旧時にテント等仮設の宿泊施設が設置できます。

 マンホールトイレが24基、かまど型ベンチ5基、非常照明灯、深井戸、防火水槽、貯水槽、水飲み場などが完備。
 同センターには中規模の備蓄倉庫もあり、いざという時の備えは万全です。

 また、そもそも多目的な施設なので、乳幼児や障害者、高齢者を含めて様々な世代が安心して滞在することが可能。
 立派な調理室、トレーニング室、児童館・遊戯室、和室、図書館、立派なコンサートまで催せる多目的ホール等々。

 が、しかし・・。
 実は、一時避難場所にも、長期避難所にも指定されていません。

 避難所は学校等の公共施設となっていて、ここはあくまで拠点だ、と。
 区役所が浸水区域内にあり、仮に荒川が氾濫した場合は、このセンターが臨時の災害対策本部になるとのこと。

 精々、帰宅困難者の一時待機所として開放することはある、と。
 
 「ですが、区民が避難して来たら受け入れますよね?」
 『それはそうだと思います。』

 「あっちに行けとは言えない」
 『言えませんね。ですが、落ち着いたら正規の避難施設に移動していただくことになると想定しています』

 「整然と従っていただけるでしょうか?」
 『それはその時です。どんな災害規模になるか、起こってみなくては分かりませんし、やはりコミセンの機能は、早期に回復させなくてはならないと考えています』

 台東区の被害想定。
  ◎首都直下型地震(震度6強、建物全壊8〜9千棟)
  ◎荒川の氾濫(谷中地域以外は標高2〜4mの平坦地)
  ◎都内有数の木造住宅密集地で発生する大火

 確かに、どのような災害が、どれほどの規模で発生するか予測は困難です。
 大事なのは、機敏な対応力であり多面的な復元力の準備。

 そういう意味では、同センターのようにフレキシブルな活用が可能な施設を用意しておくという視点は頷けます。
 改めて、防災力の向上にゴールはないのだと感じました。

2017年01月09日

第3722回 努力の人に

af82ed46.jpg 昨日は長男が帰京。
 相次いで、今日は次男が札幌に帰りました。

 人口密度が下がって、静かになった我が家。
 すっかり慣れた筈なのに、やっぱり寂しい気持ちが込み上げてきます。

 子どもの自立は、自然な流れ。
 家族が辿るべき必然と言ってもいい。

 「家の中がスカスカになったね」
 『・・・・・』

 「もう着いたかな」
 『・・・たぶん』

 「疲れた?」
 『そんなことない』

 こうして、また日常が再開しました。
 子ども達には、それぞれの課題に向かって努力してほしい。

 結果も大事だけど、若い時代はプロセスが何より大きな意味を持つ。
 親は、子どもを信頼して静かに見守ることに尽きます。

 というわけで、以下公明新聞からの転載です。
 コラム「北斗七星」から。


 成人の日。冬の殺風景な街を華やかなものに変える若者の姿は見ていて好ましい。いるだけで周囲が明るくなるから不思議だ。20歳の人に限らず次世代を担う若者たちに心からエールを送りたい◆1968年のきょう、東京五輪で日本陸上界に唯一メダルをもたらした27歳の若者が自ら命を絶った。マラソンランナーの円谷幸吉さん。「もうすっかり疲れ切ってしまって走れません」などとしたためた遺書を残して◆彼の無二の親友でマラソンランナーの君原健二さんは同年10月のメキシコ五輪で「日の丸を掲げることを誓う」という弔文を送り、銀メダルに輝いた。その君原さんが公明党の出版物である点字「こうめい」にかつて随筆を寄せた◆そこで君原さんは「紙を何十枚も積み重ねたならば、その厚みが次第に目に見えてくるように、何十回も努力を積み重ねたならば、その努力の成果をはっきりと見ることができるようになる」と◆だから「グラウンドを走る時、ゆとりのあるような場合、1メートルでも2メートルでも、他人よりもアウトコースを走る努力を、惜しむことなく取り組むことができた(1メートルアウトコースを走ると、1周で6メートル28センチも多く走っていることになる)」と◆「努力は人間に与えられた最大の力」(君原さん)。月日をへても輝きを失わない言葉だ。(六)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月08日

第3721回 チャンスは等しく到来

02112838.jpg 2017くしろ20歳のつどい。
 お招きをいただき、釧路会場(釧路市は、阿寒会場・音別会場と合わせ3会場で開催)の式典に出席しました。

 今年の新成人は、男性877人、女性751人で合計1,628人。
 昨年よりも若干の増加となりました。

 彼らが誕生した平成8年(1996年)
 バブル経済の破綻により、国会では住専処理法が成立しました。

 釧路市では、山花リフレを始めいくつかの新たな施設がオープン。
 ◎釧路空港新旅客ターミナルビル
 ◎釧路アイスアリーナ
 ◎マリモ展示観察センターリニューアル
 ◎国際ツルセンター  等々

 また、釧路公立大学では経営学科が増設されました。
 ボクが市議会議員1期目の頃(初当選は平成5年)

 あれから、もう20年。
 益々、昭和は遠くになりにけり、です^^

 ともあれ、新成人の皆さんおめでとう。
 今は、若いというだけで大事にされる時代。

 チャンスは、等しく到来します。
 それを掴むかどうかは、皆さん次第。

 是非、地道な努力で力を蓄えてほしいと思います。
 皆さんの成長に地域の未来がかかっていることは間違いありません。

 さて、今年も入口前で公明党青年局が新成人アンケート。
 今回の設問は「釧路の観光活性化に必要なことは?」

 多くの若者が答えてくれたようです。
 集計結果に基づき、しっかり政策展開に反映させていただきます。

成人アンケート

2017年01月07日

第3720回 極寒の観閲式

2925400c.jpg 午前10時、消防新年観閲式。
 例年同様、市民文化会館駐車場を会場に行われました。

 外気温は、−10℃。
 寒いなんてものじゃありません^^

 重装備で臨みましたが、カラダの芯から冷え切った感じです。
 しかし、その中職員・団員は凛々しく分列行進。

 規律正しく、指揮者の指示で機敏に行動する姿。
 心から頼もしく拝見させていただきました。

 終了後は、引き続き表彰式。
 多くの団員が、各賞を受賞しました。

 ◎北海道知事表彰 永年勤労章   30年 10名
          勤労章     20年 23名
          表彰状     10年 14名

 ◎釧路市長表彰  永年勤続    30年  5名
                  20年  8名
                  10年 13名

 ◎北海道消防協会長表彰 功績章      12名
             特別功績章     4名
             永年勤続 30年  7名
                  20年 18名
                  10年 29名 他

 来賓として挨拶。
 心からの敬意と感謝を申し述べながら、さらなる消防力の向上に尽力してほしい、と。

 また、消防としても次の世代の育成と継承が大きな課題であり、組織の総力を挙げて取り組みを強化してほしいと訴えました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月06日

第3719回 仕事始め

28097627.jpg 市役所は、今日から新年のスタート。
 午前9時から、議会事務局の仕事始め式。

 議長として訓示。

  ◎特に観光や長期滞在などでチャンスを迎えている。
   行政と議会は車の両輪であり、与えられた権能を最大限に発揮しながら課題解決
   のために尚一層精進しなくてはならない。
   議会議論の活性化や円滑な運営のために尽力してほしい。

  ◎議会改革は不断の努力と積み重ねで着実に進めていく必要がある。
   職員の立場からも積極的に提案を上げてほしい。

 その後は、2件の報告について説明があり了承。
 直後に、商工会議所会頭の表敬訪問を受けました。

 午前10時からは、釧根自動車協会・交通安全協会の新年交礼会。
 一言挨拶を加えて、乾杯の発声。

 昨年は、昭和29年の統計開始以来、交通事故死亡者数で過去最低(釧路管内)を記録。
 今年も、さらなる記録更新に向かって全力を上げましょう、と。

 午後0時、道新グループの新年交礼会。
 今年は、創業130周年、創刊75周年を迎えるそうです。

 そこで、新たな決意の下に「スポーツ応援宣言」
 「スポーツ!北海道」を掲げて、社を挙げて支援していく、と。

 大いに期待したいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月05日

第3718回 盛大に新年交礼会

139af9d6.jpg 早朝から、初セリ式。
 副港市場、新富士市場、そして中央卸売市場。

 その後は、道新釧路支社、釧路新聞社を表敬し年始の挨拶。
 新年を展望し、しばし懇談しました。
 
 午前11時、平成29年釧路市新年交礼会。
 各界各層から大勢の出席者を得て盛大に開催されました。

 新年を祝し、まずは花柳寿芳貴師匠の日舞。
 次に、釧路湖陵高校合唱部。

 これが実に新鮮で、見事なコーラス。
 さすがに昨年、全道優勝し全国大会に出場しただけのことはあります。

 卓上には、オール釧路産。
 福司、くしろ阿寒百年水、ポカリスウェット、オロナミンⅭ、MATCH、根釧牛乳。

 おつまみは、釧路ザンタレ、Mrししゃも、さんま昆布巻、フィッシュ&チップス、音別蕗と阿寒ポークの炒め物、わかさぎ唐揚げ佃煮、阿寒もみじ大和煮。
 昨年に引き続き、蝦名市長の発案です。

 ボクは昨年同様、乾杯の発声。
 現状維持は後退と同じだ、との気概で挑戦と飛躍の1年に!!と呼びかけました。

 祝宴では、入院のため年末の訪問が叶わなかった方々と年賀の挨拶。
 本年も何とぞ宜しくお願いいたします、と。

 さあ、新年の開幕です。
 怒涛の前進を開始します。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月04日

第3717回 10年ぶりの再会

cf9e5f78.jpg 還暦を迎えた節目にクラス会。
 昭和47年卒業の共栄中3年1組。

 札幌、中標津、別海からの級友を含めて12名の参加でした。
 実に、10年ぶりの再会。

 第1部はボウリング大会。
 ペアマッチで2ゲーム。

 つまり、実質1人1ゲームしか投げていないのに、途中から足が攣る直前。
 「年には勝てないねえ」

 それでも、わが月田組は断トツの優勝。
 何をやってもセンスがモノを言う^^

 第2部はイタリアンで懇親会。
 話題の中心は、不参加メンバーの消息や孫のこと。

 そして、退職後の生活について・・。
 さすがに還暦を実感します。
 
 『次は、いつやる?』
 「また10年後でいいんじゃないか」

 『えーーーッ、オレ死んじゃっているかも』
 「だったら5年後かな」

 『介護保険のお世話になってたらどうしよう・・』
 「よし、じゃあ3年後に」

 『さんせーーー!!』

 だんだん弱気になりかける60歳。
 もっと強気で、前向きに生きていこうぜ!!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2017年01月03日

第3716回 来年こそシード権

af7e4b93.jpg 第93回箱根駅伝「復路」
 創大は、いきなりの山下り6区で苦戦。

 明らかに、走るフォームが他校の選手とは違いました。
 胸が反って何と言ったらいいか、まるでブレーキを踏んでいるかのような・・。

 順位は9位から、一気に15位にまで後退。
 やはり、シード権を勝ち取るには、まだまだ力不足か、と。

 しかし、その後踏ん張りました。
 特に、8区の米満君(1年生)が3人抜き。

 区間3位の力走でタスキを繋ぎました。
 この時点で12位。

 もしかしたら・・。
 期待が高まりました。

 ところが、放送に入ってこない^^
 かろうじて中継点を通過する一瞬だけ。

 上位3校、そして激しいシード権争いを繰り広げる6〜11位に集中。
 12位以下は映らない。

 最後、ゴール直前。
 11位の帝京を追い詰めるアンカーの彦坂君がちょこっと。

 結果、総合12位。
 大健闘です。

 10人で11時間以上走って、優勝した青学から16分27秒。
 あの東洋からは、9分6秒。

 シード権は、また来年のお楽しみ。
 お疲れ様でした!!
gekko946 at 18:22|この記事のURLComments(0)

2017年01月02日

第3715回 期待を繋ぐ往路9位

箱根駅伝 >第93回箱根駅伝。
 創価大学が2年ぶり2回目の出場。

 予選会を3位で通過したので、そこそこ期待を持って観戦。
 いやいや期待以上でした。
 
 4区では5位に浮上。
 (往路10位以内は確実か?)

 しかし、山登りの5区。
 さすがに実力者揃いで、徐々に順位を下げる。

 結果的には、9位でゴールイン。
 トップの青山学院との差は5分40秒、上々でしょう。

 創大生の長男は、今日も爆睡。
 全出場校がゴールするまで、結局起きませんでした。

 「母校の挑戦が気にならないのか?」
 『結果だけ分かればいいよ』

 どうにもこうにも・・^^
 ちなみに、専修大からは学生連合の1区に出場。

 歯を食いしばって必死に力走する後輩に声援を送りました。
 来年は、何とか予選会を突破して欲しい。

 さあ、明日は復路。
 優勝争いもシード権をめぐる攻防戦も目が離せません。

 大混戦の、まさに団子レース。
 創大には、悲願のシード権を獲得していただきたい。

 是非、新たな歴史を!!
 全国のファンが固唾を飲んで見守っています。
gekko946 at 16:34|この記事のURLComments(2)趣味 

2017年01月01日

第3714回 健やかな新年

0818de92.jpg 新年明けましておめでとうございます。
 釧路地方は、気温は低いものの朝から穏やかな陽が射し好天のお正月となりました。

 しかし、わが家では大声が飛び交う修羅場が展開。
 カウントダウンまで起きていた子どもたちは、遅くまで爆睡中なのです。

 『ひー、早く起きなさいッ!』
 『お姉さんも、早く起きて準備しなさいッ!』

 『まーちゃん、早く髭を剃って着替えてッ!』
 『父さんッ!』

 「はあ?」
 『えーと、あのー何だっけ、そうそう起こすの手伝ってよ!』

 「ホイホイ」
 「早く起きなはれ」

 というわけで、何とかかんとか体裁を整えて出発。
 家族揃って新年の集いに参加しました。

 「記念撮影しようか?」
 『えーーッ、何で?』

 『今まで記念撮影なんてしたことないのに』
 『いいよ、面倒くさい』

 父の威厳が、年々弱くなっていく・・。
 スタートが肝心なのに・・。

 ともあれ、皆様本年も何とぞ宜しくお願い申し上げます。 
gekko946 at 16:16|この記事のURLComments(0)

2016年12月31日

第3713回 まさかのダウン

ボクシング 午前中は、それなりに大掃除のお手伝い。
 妻の判断で掃き出されたゴミを高山の最終処分場に自己搬入。

 どれだけ混んでいるかと覚悟して行ったところ、全くの拍子抜け。
 ガラガラでした。

 帰宅後は、仏壇。
 これだけは結婚以来、一貫してボクの担当です。

 今年も、ピッカピカになりました。
 いよいよお正月を迎える態勢が整い、あとは家族揃っての晩餐。

 グラスを挙げて「今年1年間お疲れ様でしたッ」『かんぱ〜〜い!!』
 食後は、紅白。

 しかし、ボクだけはボクシングのタイトルマッチ。
 大晦日恒例の一人熱狂応援。

 今夜は、何と言っても内山高志のリベンジ戦。
 加えて井岡一翔の王座統一戦。

 さらには、田口良一の防衛戦、小国の世界タイトル挑戦。
 HBCとTVHを目まぐるしく追い掛けなくてはなりません。

 そして、夜9時。
 間もなくゴングです。

 ところが、急に両目の瞼が重くなってきた。
 そうなんです、入院中の消灯時刻が9時。

 完全にカラダがそういうリズムになっている。
 しかも、少々お酒も入っている。

 まさか、まさか、ま・さ・か・・・。
 敢え無くダウン。

 気が付いたら年が変わっていました。
 ノックアウトで大晦日の夜は終了^^

 皆様、今年も大変にお世話になりました。
 本当にありがとうございました。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2016年12月30日

第3712回 仕事納めです

仕事納め 午前中は、精力的に挨拶回り。
 30数軒を訪問しました。

 この間、家では妻と青年たちが大掃除。
 と思いきや、長男は爆睡で全く戦力になっていないとか。

 これまでも彼は、ともかく帰省中はただひたすら睡眠。
 寝過ぎて、脳が発酵しちゃうんじゃないかと思うほどです^^
 
 それに対して大活躍なのは長女。
 普段の姿は別にして、いざという時には俄然やる気と根性を見せます。

 まして、今年の気合いは例年以上。
 普段からこうなら何の心配もないのですが・・^^

 さて、夕刻には仕事納め式。
 議会事務局職員の労をねぎらうとともに、来年の一層の精進を誓い合いました。

 今年は、2度の大きな総会を釧路市で開催。
 さぞかし、気苦労も多かっただろうと思います。

 こうした経験が、彼らの今後に是非役立ってほしいと願って止みません。
 改めて見事な奮闘に心からの感謝を申し上げたいと思います。
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月29日

第3711回 無事、帰還

4bdd61be.jpg 無事、帰還。
 人生初めての入院。

 どれだけ辛い日々かと思いきや、それがそれが結構楽しめました。
 (詳細の公表は避けますが・・^^)

 本も読めました。
 ブログも毎日、遅れることなく更新。

 食事も、ちょっと味を足すために塩辛、海苔佃煮、辛子明太子、韓国海苔を用意。
 フルーツに自家製ヨーグルトも持ち込みました。

 勿論、期間中は禁酒。
 さぞ、肝機能も向上したことでしょう。

 ナースの皆さんも、優しいナイチンゲールばかり^^
 昨日は、シャンプーまでしていただきました。

 なので、別れが辛かった・・。
 「また来るよ」『いえ、来なくていいです。健康が一番です!』

 さあ、明日からまたエンジン全開で職務に復帰します。
 まずは、残っている挨拶回りを続行。

 道路事情が悪く、悪戦苦闘しそうな予感はありますが・・。
 そして、夕方には今年の仕事納め式。
 
 『大掃除は?』
 「・・・今年は、青年を全面に立ててやろうじゃないかッ!!」

 『ということね。』
 「申し訳ないっす」
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月28日

第3710回 災難はいつでもやってくる

9cc1aaf6.jpg お正月は自宅で過ごす。
 何気ないことですが、これが何よりの幸せだと思う今日この頃。

 たとえ特別な料理がなくても、みかんとお餅さえあればいいのです。
 (個人的には、ちょっと上等なお酒と美味しいお魚があれば・・^^)

 今朝、東京から長男が帰省。
 また明日の夕刻には、次男が札幌から帰宅予定。

 何とか、家族が全員元気に揃ってのお正月を迎えられそうです。
 本当に健康が何より有難い。

 一方で、国内には相次ぐ災害により避難所生活を余儀なくされておられる方々がいます。
 いくら災難によるとは言え、心からの同情を禁じ得ません。

 以下、公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」です。


 いわゆる液状化現象なのだろう。「土裂けて水湧き出で、巖割れて谷にまろび入る」。元暦の大地震を活写した方丈記の一節である。その描写力は、時が移ろっても色あせることなく、災厄の惨劇を克明に伝える◆東日本大震災の発生した翌2012年は、この随筆の誕生800星霜とも重なり、新しい現代語訳や関連書物が何冊も刊行された。著者の鴨長明が没して800春秋を刻んだ今年は、熊本と鳥取が大きな地震に見舞われた。新潟県糸魚川市では大火が街を焼き尽くした。災害に対する都市の脆さ、人々の記憶の風化現象を今一度伝えるため、鎌倉時代初期の文人が蘇ってきたという気がしないでもない◆「それ、三界は、ただ心一つなり」と綴った彼を、作家の中野孝次氏は「心の達人」と呼ぶ(「すらすら読める方丈記」 講談社)。たしかに、この随筆には「心」という言葉が頻出する。<憂、愁、愛、悲、慰>など、心を含む字形に造形された文字も至る所に顔を出す◆「忘」も、その一つである。天変地異がもたらす惨禍や教訓、そして被災者の存在を放念しないよう戒めているのかもしれない◆自宅で新しい年を迎えられない人たちの心情は、いかばかりか。生活再建への道のりも平坦ではあるまい。「心の復興」を遂げる日まで、来年も寄り添い続けねば。(明)
gekko946 at 23:27|この記事のURLComments(0)公明党 

2016年12月27日

第3709回 今年の重大ニュース

d9c2a5f2.jpg 今年平成28年もいよいよ大詰め。
 あと5日で新しい年を迎えます。

 ということで、簡単に今年を振り返ってみました。
 
 ◎4回の定例市議会が無事終了
 ◎釧路ルネサンス連続セミナーは第96回まで終了
 ◎特別支援教育を語る会釧路は、年6回の例会を実施
 ◎朝暘小の雨漏り対策や武佐の森周遊路修繕、子ども・子育て支援新制度に係る保護者
  負担の軽減等々、相談を受けた課題の対応 などなど

 他に、今年のハイライトを列記すると・・・

 ◎市議会アイヌ議連の発足と会長就任
 ◎阿寒ICの開通
 ◎第79回北海道市議会議長会総会の釧路市開催
 ◎駐日中華人民共和国 程永華全権大使のご来釧
 ◎参院選の勝利(比例区 横山信一)
 ◎首相官邸に菅義偉官房長官を表敬訪問し石炭事業に係る要請
 ◎中標津町議選で1議席増の大勝利
 ◎釧路江南高校の還暦同期会の開催
 ◎専修大学校友会釧路支部の再スタート総会を開催
 ◎弟子屈町議選で12年ぶりに議席を奪還
 ◎釧路市長選挙で蝦名大也候補選対の顧問就任と3選勝利
 ◎全国民間空港所在都市議会議長会臨時総会の釧路市開催
 ◎左目の手術

 今年も色々とありました。
 相変わらず目まぐるしい日々が続いています。

 しかし、これが自分の人生。
 来年もまた、誠実と挑戦と勝利の1年を送りたいと思います。

 お世話になった皆様に改めて心から深く感謝と御礼を申し上げます。
 (と言っても、これが今年最後のブログ記事ではありませんよ^^)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月26日

第3708回 高い就職内定率

e7e6dd74.jpg 釧路公立大学事務組合議会。
 平成28年度第2回12月定例会が開かれました。

 冒頭、蝦名大也管理者から経過報告。
 以下の項目について説明があったところです。

 ◎平成28年度第29期生は経済学科236名、経営学科109名の計345名の入学
 ◎8月6日のオープンキャンパスには、釧路管内・道内外から426名が参加

 ◎学生募集活動として道内・東北地方を中心に164校の高校訪問
 ◎公開講座は計6回開催し、延べ214名が受講した

 ◎留学生の派遣は、カナダのキャピラノ大学へ3名
 ◎受入れは牧園大学から1名、明道大学から2名
 ◎招聘教員は、カナダのキャピラノ大学から「基礎英語」担当で1名

 ◎平成29年度推薦及び特別選抜試験では、2学科合計で120名が合格した
  内訳は、釧路管内38名、他道内52名、道外30名

 ◎就職状況は10月1日現在の内定率が73.0%で、前年同月比5.9ポイント増
  北海道・東北地区の平均68.5を大きく上回っている
 ◎尚、直近12月1日現在では、78.5%の内定率となっている
 ◎内訳は管内15名、他道内132名、道外76名

 
 議案は4件。
 ・平成27年度決算認定
 ・平成28年度補正予算
 ・大学教員の給与に関する条例の一部改正
 ・公平委員会委員の選任

 採決の結果、すべての議案を全会一致で可決・承認。
 眼帯をしながらの議事進行でしたが、何とか無事に議長の職務を完遂しました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2016年12月25日

第3707回 比類なき伝説

浅田真央 女子フィギュアSの全日本選手権。
 注目は、浅田真央さん。

 結果は・・・。
 トリプルアクセルは、何とか成功してほしいと願っていたのですが残念です。

 だけど、誰が何と言おうと史上最高のスケーター。
 14年前の全日本初出場以来、常に新しい道を切り開いてきた孤高の選手。

 そのトップアスリートとしての軌跡は、間違いなくソチ五輪で頂点を迎えました。
 SP大失敗の後の壮絶なフリー。

 世界中が泣きました。
 日本もアメリカもロシアも中国もフランスもイタリアも・・。

 演技が素晴らしい=高得点だけでは決して泣きません。
 人間としての生き様が、技術と美が極限にまで昇華した演技に醸し出されている。

 ともかく、胸を打つんです。
 限界に挑んでいることが、ビンビン伝わって来るんです。

 きっとこの先も、彼女以上の選手は出てこないでしょう。
 得点とか順位とか、そんな相対的な次元を超越しているのです。

 実は今尚、ソチのフリー映像(録画)で泣けます。
 何度見ても、全く色褪せない感動が込み上げてくるのです。
 
 忘れもしないソチ五輪の本番。
 深夜のライブ中継でした。

 途中から涙で霞んで、極上の滑走がぼやけてしまった記憶は何年経っても鮮烈。
 涙腺が壊れたかと思いました^^

 真央ちゃん、もういいんじゃないかな、これ以上の挑戦は。
 確か、以前の記事でも同じような思いを書いた気がします。

 立派に伝説を作りました。
 それも比類なき史上最高の伝説を!!

 ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番。
 思い出すだけで、もうダメです。

 「白鳥の湖」「鐘」も秀逸。
 特に、白鳥の湖のステップはゾクゾクします^^

 👇をクリック!!

 ここです⇒https://www.youtube.com/watch?v=febN7_mQhFI
 
gekko946 at 20:40|この記事のURLComments(0)

2016年12月24日

第3706回 「クリぼっち」な夜

イブ 世間はXmasイブ。
 クリスチャンであろうとなかろうと、今や日本の国民的年中行事。

 主題は「愛」
 (愛の表現方法や形は、人それぞれですが・・^^)

 なので、パートナーのいない青年男女は何となく寂しい思いに追いやられる夜。
 (つい、クリスマスの本当の意味を分かってるんだろうか?と呟いてみたくなるよね^^)

 婚活パーティーやるなら、まさにイブの夜にやるといいんじゃないか、と。
 案外、参加者も増え、成立率が高くなるかも知れない。

 さて、僕も今夜は「クリぼっち」
 シャンパンもチキンも、ケーキも何もありません。

 ということで、以下、公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」でも「クリぼっち」について語っています。


 クリスマスを一人ぼっちで過ごす人を「クリぼっち」という。専用のクリスマスケーキを用意した百貨店や、一人でも寂しくないようカップルの入店を断る飲食店など関連する話題は尽きない。それだけ「クリぼっち」は多いのだろう◆一人で食事をする「ぼっち飯」やライブに単身参加する「ぼっち参戦」など、「ぼっち」のスタイルはさまざま。中には、あえて一人ぼっちを楽しむケースも少なくないようで、「一人カラオケ」や「一人焼き肉」の店も増えている◆とはいえ、やはり一人では心細い面があろう。50代半ばの友人は、経済的には恵まれているが一人暮らし。広い自宅で倒れてしまい、救急車を呼ぶこともできずに最期を迎えることが一番の不安とこぼしていた◆日本では、自宅で「孤独死」する人が年間3万人に上る。2015年に600万人だった一人暮らしの65歳以上の高齢者は、35年には762万人に達する見込みだ。孤独死の増加が予想される中、見守り・声掛けなど地域の取り組みへの期待は大きい◆先日、実名を伏せてランドセルを寄贈する「タイガーマスク運動」の先駆けとなった人が素顔を明かした。再び善意の輪を広げたいとの思いから決断したそうだ。子どもからお年寄りまで、寂しさを募らせる人に温かな真心が届くような年の瀬にしたい。(幸)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月23日

第3705回 予算案を閣議決定

7fd8139e.jpg 平成29年度国家予算案。
 過去最大規模で閣議決定しました。

 釧路地域にとっては、高速道路や港湾、空港などの公共事業、また観光施策に係る新たな支援枠がどうなったかに関心が向きます。
 また、石炭火発稼働までの3年間、KCMの経営を支える研修事業関連予算。

 現段階で、詳細な内訳は不明ですが、総額としてはほぼ要求通りになったようです。
 懸案だった「坑道使用料」についても、満額が計上されているものと確信しています。

 改めて、ご尽力いただいた関係者の皆様に感謝申し上げたいと思います。
 ということで、予算案に関して以下、公明新聞からの転載。

 道内紙だけの情報では、偏見と誤解を生み兼ねませんから^^



              教育、総活躍に重点

             17年度政府予算案の概要

             17年度政府予算案が決定
            公明が推進給付型奨学金を創設
            保育士賃上げ、働き方改革推進


○返済する必要のない給付型奨学金を創設
○保育士賃上げ。自公政権下で10%増
○財政健全化計画の目安を2年連続達成
○長時間労働是正や正社員化を後押し
○公共事業は防災・減災などに重点化

 政府は22日午前の閣議で、返済の必要がない給付型奨学金の創設などを盛り込んだ2017年度予算案を決定した。国の基本的な予算規模を示す一般会計の総額は97兆4547億円。歳入は税収を26年ぶりの高水準と見込み、新規国債発行を前年度に比べて622億円減らし、7年連続のマイナスとなった。政府は来年の通常国会に予算案を提出し、今年度末までの成立をめざす。

 歳出は、国の政策的経費である一般歳出が5305億円増の58兆3591億円で、最大の歳出項目である社会保障関係費は、過去最大の32兆4735億円。政府の財政健全化計画は、一般歳出の伸びを16年度からの3年間で1兆6000億円程度(年平均5300億円程度)に抑える目安を掲げており、2年連続で達成している。

 具体策では、給付型奨学金など教育分野を中心に、公明党の主張を随所に反映。無利子奨学金については、低所得世帯の子どもの成績基準を実質的に撤廃する。さらに、発達障がいのある子どもを別室で教える通級指導の教員を拡充するほか、大学授業料の免除枠も拡大する。

 1億総活躍社会の実現に向け、子育て支援では、人手不足が指摘される保育士の賃金を約2%引き上げた上で、7年以上の経験があることなどを条件に月4万円をさらに上乗せ。保育士給与は自公政権下で合計10%の上昇となる。介護士の処遇改善では、昇級の仕組みのある事業所に1人当たり月額1万円程度加算する。

 働き方改革の一環として、退社から次の出社まで一定時間を空ける「勤務間インターバル制度」を自発的に導入した中小企業を支援。また、非正規社員を正社員に登用した企業への助成も拡充するほか、労使折半の雇用保険料は0.8%から0.6%に下がり、会社員の手取り収入の増加が見込まれている。

 公共事業費は、5兆9763億円を計上。今夏の記録的な大雨被害などを受け、防災・減災対策や日本の成長力を高める事業などへの重点化を進める。

 観光庁の予算案は前年度比5.1%増の約210億円で過去最高。訪日外国人旅行者数を20年に年4000万人に増やす目標の達成に向け、受け入れ環境の整備を進める。

 消費量減少が続く主食用米から飼料用米などへの転作を促す水田活用の直接支払い交付金は、72億円増の3150億円となった。

             16年度補正予算案 災害対策など計上

 政府は22日午前の閣議で、災害対策費など計6225億円の歳出追加を盛り込んだ2016年度第3次補正予算案を決定した。

 歳出全体のうち、災害対策費は1955億円。夏から秋にかけて北海道・東北などを襲った台風や豪雨に伴う災害復旧費のほか、熊本地震関連でも災害廃棄物の処理費用を追加した。

 また、北朝鮮の相次ぐミサイル発射などに対応する1706億円の防衛関連経費を計上。国際機関への分担金や拠出金なども1685億円追加した。

2016年12月22日

第3704回 王者の風格 2連覇

b62ae6d2.jpg 高校アイスホッケーの全道大会。
 決勝は、地元釧路の武修館VS強豪の駒大苫小牧。

 白熱した試合でしたが、結果は2:0で武修館の勝利。
 昨年に引き続いての優勝で、これで2連覇。

 今大会の全3試合、武修館は零封です。
 盤石なディフェンス。

 王者の風格すら漂っていました。
 やはり守りに安定感があると、試合が落ちついて見えます。

 是非、全国大会でも頂点を極めてほしいと思います。
 (そうなると、また市スポーツ賞の対象になるかな?)

 さて、武修館は全校応援。
 娘もスタンドから熱い声援を送ったことでしょう。

 ライブのテレビ中継、何度かスタンドにもカメラが・・。
 ☟のアングルでは、分かり辛いかも知れませんが、親なら判別がつく^^

 おめでとう 武修館。
 釧路スポーツ界の誇りです。

昌美スタンド
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2016年12月21日

第3703回 冬至から反転攻勢

03e2b7f8.jpg 今日は冬至。
 1年で日が最も短い。

 明日からは、徐々に日暮れが遅くなっていきます。
 徐々に、あくまで徐々に・・^^

 「朝7時過ぎないと明るくならず、午後3時過ぎには暗くなる」状態から、3月の春分の日に向かって反転する。
 待ち遠しい限りです。 


 さて、冬至には「悪い事ばかりあったのがようやく回復して善い方に向いてくること」との謂いもあるとか。
 1日も早い全快をめざす、今の状況にピッタリと言えなくもない。

 というわけで、以下、公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」から。


 きょうは冬至。一年中で最も夜が長く、この日を境に日照時間が少しずつ長くなることから、冬が去り春の訪れを告げる日。「一陽来復」とも称される。転じて「悪い事ばかりあったのがようやく回復して善い方に向いてくること」(広辞苑)を言うそうだ◆だからだろうか。「雪の降りたるはいふべきにもあらず、霜のいとしろきも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし」。清少納言が『枕草子』に綴った冬の情景は美しい◆ただ、当分の間は北日本を中心に日本の上空は厚い雲に覆われる日が多いし、太陽の恵みを十分に享受することは難しい。遠出する時は寒さ対策を万全にし、風邪をひかないよう注意したい◆今年の年末年始(23〜1月3日)、JTBの調査によると、海外旅行者数は昨年比3・3%増の64万6000人と3年ぶりのプラスを予測。国内旅行者数は昨年比2・2%減とはいえ2930万人を見込んでいる◆旅行プランのないサラリーマンも嘆くなかれ。28日仕事納め、4日仕事始めでも23〜25日は3連休。29日から大みそかを挟んで1月3日まで6連休だし、年が明けると7〜9日の3連休が待っている。「火などいそぎおこし」て友人と鍋を食すといった楽しい冬を堪能してほしい。(流)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)