2002年09月

2002年09月30日

米町コミュ二ティ集会所の改修

0ec3f077.jpg 外断熱工法の失敗もあって壁が崩れ落ち、見るも無残な姿をさらしていた米町コミュ二ティ集会所。建築後、まだ10年にも満たないのにどういうことか。室内に雨水が染み込み、内装の壁クロスも剥がれているだけでなく、コンクリート壁はいつも濡れている状態でカビ臭くなっていました。
 米町団地自治会の会長ほか住民の皆さんからの強い要請を受けまして、現地の状況をつぶさに調査。さらに、カメラに収めて建設常任委員会において厳しく追及です。自治会の皆さんも、署名活動に取り組んで多くの声を集めて下さいました。
米町集会施設新

 理事者には弁解の余地もなく、翌平成13年度予算に改修費が計上され、ご覧のように新設会館のように生まれ変わりました。

2002年09月29日

市営住宅の解体

 老朽化した市営住宅の立替再生計画が進んでいます。望洋団地はほぼ終息に近づき、その後に興津団地・白樺台団地が続きます。
 さて、この立替に付随するのが用途廃止になる住宅の解体。現地立替の場合は、国の補助対象になるので問題ないのですが、移転立替は何故か補助制度の枠外になっているため、市が単独予算で措置しなくてはなりません。そこで、予算不足という理由から「玄関・窓の板張り並びにそのまま放置」状態が起こるわけです。今、春採の鳩ヶ丘と益浦の第2興洋・第3興洋の3団地がこれに当てはまります。
 9月議会において、綿貫市長とこの問題を議論しました。「ここ数年の間に、春採・興津方面で不審火による火災が相次いでいる。防犯上に問題があるとともに、景観上も好ましくない。用途廃止後の住宅は速やかに解体すべきである。」との質問に対し、綿貫市長は「ご指摘はその通りであると思う。財源確保に努力し、できるだけ早期に解体するようにしたい。」と積極的な姿勢を示しました。

2002年09月27日

釧路市の下水道料金は高い

 今月の建設常任委員会審議で、綿貫市長と下水道料金の問題を議論しました。
 市の下水道料金は道内で2番目に高く、隣の釧路町との比較でも驚くほどの差があります。担当者からは、昭和50年代以降急速なテンポで整備してきたこと、街中に3本の河川があること、市内東部には坂が多くポンプの数も比例して多くならざるを得ないことなどが原因であると聞いてはいます。
 しかし、業務用に限ってみても、大量に使えば使うほど他市と格差が出てくる料金体系は看過できません。合併の雰囲気作りにも悪影響が出るのではないかと心配になります。また、観光都市を指向するわりには、宿泊施設や飲食施設に過度の負担をかけているわけで、これが観光産業の重荷になっているのではないかと危惧します。勿論、不振にあえぐ水産業界も同様です。
 「大口の需要先について、他市との格差是正を急ぐべきではないか。」との指摘に対し、綿貫市長は「下水道会計は苦しいやり繰りを続けている。しかし、現状に問題があることも事実であり、事務方に調査・研究をさせたい。」との考え方を表明しました。

2002年09月12日

旧炭鉱住宅の入居延長問題

 昨年の12月7日は、忘れもしない太平洋炭鉱蠅組合に対し閉山提案を行った日です。わが公明党議員団は直ちに炭労、太平洋工業会(協力会社)、従業員の方々とそれぞれ懇談会をもち、生活不安解消のための誠意ある補償や円満な清算、そして再就職の斡旋問題などの課題について要望をお聞きしました。
 そして、12月19日には池田隆之社長に会い3項目にわたる申入れを、同25日には綿貫市長と会談をし23項目に及ぶ緊急申入れを行いました。
 そのうち、社員住宅の市による借り上げ案は、会社側債権者の同意が得られないとしてその後も具体的な進展は見られません。どんな方法であれ、少なくとも当面の入居継続を希望している150戸分だけは、何としても確保するよう引き続き強く求めていきたいと考えています。

2002年09月03日

つつじヶ丘の野外レク

つつじヶ丘
つつじヶ丘町内会(興津3丁目)の野外レクリエーションに招待を受け参加しました。生憎どんよりした天気ではありましたが、工夫を凝らした各種競技にさわやかな汗をかきながら会員相互の親睦を深めました。
 この町内会は、子ども達の参加が多く未来性に富んでいますが、その秘訣は何と言っても景品の量でしょう。終了後は、全参加者が両手に余る景品を持ち帰ります。林弘茂会長ほか役員の皆さんの知恵というか気風(きっぷ)というか、感心するばかりです。バーベキューでは、松原さんがわざわざ標茶から買ってきた生ラムが極上。美味この上なしでしたね。
 顧問として今以上に貢献していかねば、と決意を新たにした一日でした。

2002年09月02日

春採六四町内会のレクリエーション

春採六四
顧問をしている春採六四町内会(杉山伸一会長)。野外バーべキューで秋の味覚を堪能しました。ここの町内会は、高岡さん、蛯子さん、佐藤さん、奥村さん等々馴染みの方が多くいつもリラックスしてます。この日も、焼肉やイカ焼きなどを頂戴しながら、杉山会長から地域の課題を数点お聞かせいただくなど有意義な懇談ができました。しっかりお応えしていくつもりです。
 ここは、パークゴルフ同好会の活動が非常に活発で、毎週のように例会を行っています。お誘いを受けてもなかなか参加できないでいます。