2004年01月

2004年01月28日

ルネッサンスセミナー 和商

27d16840.JPG 新年度初のセミナーは、和商協同組合理事長の宮部理喜男氏が講師でした。テーマは「市民の台所・観光客の憧れ 和商の将来性と戦略」で、大型店の出店攻勢にもひるまずに、市商連のリーダーとして奮闘している心意気がビンビン伝わってくる素晴らしい講演になりました。崚たりの売り上げが大型店Pの3.6倍、Jの5.8倍という和商。参加者は大きくどよめくとともに、和商がいかに釧路の財産であるかの認識を新たにしました。
 さらに、勝手丼が一日3千食売れていること、最近は本州方面からの買い物ツアー客が増えてきていることなどのお話しには、釧路の行く末に明るい希望を感じさせていただいたと思います。
 アンケートでは「和商をもっと応援していきたい。」との回答が数多く寄せられました。

2004年01月24日

釧路総支部新年交礼会

49ebd99b.jpg 今夏執行予定の参議院選挙の1千万勝利に向けた新年交礼会を開催しました。北村直人代議士、伊東良孝釧路市長のほか管内首長やその他多くのご来賓にもご出席いただきました。
 約300人の出席者から盛大な拍手で迎えられた比例区候補予定者の風間ひさし参議院議員は、日頃の支援に感謝の言葉を述べながら、次代の北海道ビジョン「北海道宝島論」の概要を披瀝し、地域貢献の決意を力強く語りました。

2004年01月11日

イラン大地震救援募金

05e06be2.jpg 昨年暮れにイランを襲った大地震は、現地の情報が入るごとにその被害の甚大さが、想像を絶するものだということがわかります。すでに、死者は3万人を超え復旧の見通しは全く立っていません。
 公明党は、これまでも国や地域の如何にかかわらず、大きな災害が発生すると様々な救援活動を行ってきました。今回も「イラン大地震被災者を救援する道民の会」を応援する形で街頭募金に参加。途中から吹雪になって凍える寒さでしたが、多くの市民の皆さまの善意に心の中は熱い感謝の炎がたぎりました。
 全道で70万円の募金に達し、全額を日赤に寄託したそうです。