2004年04月

2004年04月25日

チャレンジウォーク vol.4

0d70cd45.JPG 冬季間休んでいたチャレンジウォークの会を再開。1〜3周コースからのリスタートでしたが、28人の参加者のうち3周コースに挑戦する方が多いのには驚きました。勿論、主催者たるボクも、そしてスタッフの川畑君も3周です。
 ところで、去年はほとんどオンブされていた4歳の娘が、今回1周4.7キロを完歩しまして、その成長の早さを実感しました。
 さてさて、次回は4周でまたその次は5周ということになるでしょうか。イベントとしての形にひと工夫が必要になってきていると感じています。

2004年04月21日

ルネッサンスセミナー「伊東市長」

4917cf14.JPG 第9回ルネッサンスセミナーの講師は、伊東良孝市長。テーマは「市長が構想する釧路地域の明日」です。いつもの如く弁舌さわやかに、多方面にわたって釧路のもつ可能性と活性化の萌芽について語っていただきました。確かに伊東市長は記憶力もいいし、話術のセンスにも優れたものをもっています。まず、聞いてて飽きません。市議・道議時代の鋭い切り込みは、今でも語り草になっています。そういう意味では言うことありませんが、逆に部下が育ち辛い面もあるかなあとは感じます。項羽のように・・・
 いずれにしても、トップリーダーの重責を背負いながら、誤り無き釧路の舵取りにその卓越した手腕が今必要なことは間違いありません。

2004年04月17日

春採湖クリーン

7a940ac5.bmp 春採湖の周遊路を中心に、湖畔の一斉清掃を行う「春採湖クリーン」が今年も実施されました。ボクは、エバーグリーンプロジェクトの青年達40数名とともに、科学館下の急斜面のごみを拾いました。ここは、これまで数年にわたって植栽を続けている場所であり、その後の成育状況を確認するというもう一つの目的もあったからです。ざっと見ですが、斜地の下面は順調に育っていたものの上面の活着率は良くなかったです。
 ごみは、ビン・缶・プラ容器のほかライターや雑誌の類いまで捨てられていて、本当に心が痛む光景でした。小学生の息子と幼稚園の娘も参加させましたが、根気よく公衆道徳を教えていかねばと感じた次第です。

2004年04月13日

水森かおりさんを応援する会

74465195.jpg 「釧路湿原」の大ヒットと年末の紅白歌合戦出場をめざす水森かおりさんを応援する集いが、釧路市民文化会館大ホールに1500人の市民の参加のもと盛大に開催されました。鳥取市の「鳥取砂丘」が成功した以上、姉妹都市釧路が失敗することは許されません。
 詳しくは、北海道クラブ(第4話)(←クリック)に投稿していますので是非ご覧ください。何とか、この歌もマスターしました。
 宣伝マンに徹して、1年間歌い続けていくつもりです。

2004年04月05日

釧路つるの子会(里親の会)へ賛助会費

f0f91b99.JPG 釧路まりもライオンズクラブの社会福祉活動の一つとして、5年前から「釧路つるの子会」へチャイルドシートの贈呈及び同会の運営補助のための賛助会費寄付を行っています。
 最近は、養育を拒否したり、または様々な理由でできなかったりする親が増えていて、施設(釧路は、まりも学園)や里親の役割が高まってきているのです。長年、里親として多くの子ども達を育てられたベテランの方にお話を聞きましたが、本当に聖職・聖業以外の何物でもありません。まだまだ、公的な支援も不十分だと感じています。
 同会の佐竹会長から、5年間に及んだまりもクラブの支援に感謝の言葉が述べられました。