2004年09月

2004年09月29日

知床を描く

fc8ac4a8.JPG 第11回目のルネッサンスセミナーは、画家で道展会員・一水会会友の高橋康夫氏を講師にお迎えし「世界自然遺産候補 知床を描く」のテーマで開催しました。同氏は、中学校の英語教師の傍ら(その後、定年退職まで2年を残して退職)冬の知床を描き続け30年。
 絵描きを奨めてくれた同僚や水彩画家の佐竹泰二郎氏との交流のエピソードを交えながら、30年間の人との出会いの素晴らしさ、縁の不思議さなどを語っていただきました。
 また、ご自身の絵(やっぱり冬の知床ばかり)をスライドで紹介しながら、知床を見続けてきた立場での知床の変化についても言及。知床との接し方を間違ってはいけないと強く訴えかけられました。30年の重みが深く響いてきました。

2004年09月12日

コア大空まつり

6a930fd2.jpg 興津小・桜が丘小の両PTAが実行委員会に参画していることから、地域コミュ二ティセンターであるコア大空の第11回まつりに参加。興津PTA執行部のお母さん達と賑やかにドリンク販売係りを務めましたが、お天気もよく大勢の人出で盛り上がりました。
 石炭技術海外移転事業を継続中の釧路コールマイン社で研修しているベトナムの青年達も多く参加していて、コア大空らしい国際交流の貴重な場にもなりました。ベトナム人は焼き鳥が好きなのか、ガンガン食べてましたね。

2004年09月04日

道本部夏季議員研修会

0a77698f.JPG 今年は洞爺湖畔で開催された恒例の夏季研修会。統一選・衆院選・参院選と一つ一つ勝利を重ねての集いだっただけに、晴れがましい研修会となりました。
 だからと言って、浮かれ気分などは全くなく、介護保険制度の見直しや憲法改正などの重要政策について勉強したほか、党勢拡大の方針についても真摯に意見を交換したりしました。充分に有意義な研修になったと思います。
 だけど、洞爺は遠いです。根室管内からの参加者は都合3泊になります。3分割開催とか常時札幌開催とか、ご検討いただきたいものです。

2004年09月03日

大滝村の有機質資源化施設

24cb7c54.JPG 本年春から稼動した大滝村の生ごみ資源化施設を視察。北湯沢のホテル群のほか、全ての事業系の生ごみを回収し牛糞を混合して堆肥化を行っています。
 3年間にわたる慎重な準備期間、研究期間を経た取組みを物語るように、収集・コスト・利活用・施設運営のそれぞれに練り上げた知恵と工夫がありました。
 が、しかしです。何故に、嫌気性菌なのでしょうか? 確かに、一時はEM菌が脚光を浴びていたのは事実ですが、今の流れは違います。最初の取っ掛かりを早まった?