2007年04月

2007年04月30日

第426回 千代の浦マリンパーク

50cfc43f.JPG 海岸脇の道道を通るたびに、いつも「そろそろだなー」と感じていた千代の浦マリンパーク。好天だったのと、ある市民から擬岩山の安全対策についてご指摘いただいたこともあって、二人の子を連れて見てきました。多くの釣り人で賑わっていたし、早くもバーベキューコーナーで焼肉していたカップルもいたりで、休日の行楽スポットとして市民に認知を受けていることを感じた次第です。
 さて、問題の擬岩山。未完成の段階であれこれ推測しても仕方ないので農林水産部に問合せたところ、正面にはちょっとした滝と小川を配置して幼児の水遊びコーナーを作ること、山の上り下りは階段を設置しサル山のようには使わないこと、さらに砂を回して万が一の転落にも対応することが分かりました。
 工事開始から10年以上経過(地震で歩道ブロックが崩壊するなどの被害を受けた)し、ようやくの思いがいたしますが、何とか今年9〜10月には晴れのオープンを迎えられそうです。
gekko946 at 22:40|この記事のURLComments(0)地域課題 

2007年04月29日

第425回 8つ目の顧問

fab69232.JPG 益浦高台町内会(杉森光雄会長)の総会が開催され、顧問就任の議決をいただきました。平成5年、市議選初挑戦の夏に防風フェンス設置の相談を受けて以来のお付き合いですから、早14年になろうとしています。この間、簡易舗装による町内の道路整備や、放置廃自動車の撤去問題についての要望から、北海道初の「釧路市自動車放置防止条例」の制定が実現したりもしました。今はまた、興洋団地跡の開発や商業施設の誘致等に取り組んでいます。
 これで、顧問になった町内会は8つ目。限界に近い状態とは思いますが、事情をご理解の上で要請されれば、勿論まだまだお受けする気持ちは満々です。ともあれ、顧問として期待を裏切らないよう、誠心誠意貢献していく決意に偽りはありません。
gekko946 at 16:42|この記事のURLComments(0)町内会 

2007年04月28日

第424回 終わりじゃない区切り

31eb5ea8.JPG 関係者が集まって「釧路の活路を拓く」懇談会。改めて、多くの人達の期待や願いを託される議員という立場は、ポジティブな人間でなければならないんだということを感じました。実は、ボクは子どもの頃「引っ込み思案」。親が他人様にボクを紹介する時は、いつも「引っ込み思案な子で・・」と一言付け加えていました。確かにその通りだったんですが、わざわざ気にしていることをはっきり言わなくても、と面白くなく思っていたのも事実。さらに、2回も極度のドモリになった経験があります。あの頃は辛かった、というよりネガティブ人間そのもの。
 そんなボクが、今こうして議員となり「頑張って!」「期待している!」と声を掛けられるようになっているのです。決して、無理をしているとは思っていませんが、気合を入れて「前進!前進!また前進!」と心を励まし、この4年間戦い続けてまいります。建設は死闘、破壊は一瞬。
gekko946 at 23:10|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年04月27日

第423回 1階は1階じゃない

c694e5d0.JPG 最近の市営住宅は、新設であれ建替え・改良であれ1階には車椅子対応仕様の住宅が配置されています。玄関が引き戸だったり、スロープによる段差解消が施されていたり、チャイムもインターホンが標準装備。
 がしかし、対象者増による絶対数の不足から、エレベーターの設置基準の緩和で障がい者・高齢者への配慮が進んでいます。以前は「5階建て以上」でなければエレベーターは設置されませんでしたが、今は「3階建て以上」に緩和されました。
 ところが、エレベーターの乗り口までに大きなバリアーがあって「何でこうなるの?」と言わざるを得ないケースも見受けられます。言うなれば中途半端。写真は、新川団地のある玄関。この4段を上がらなければエレベーターの1階にたどり着けません。この団地の建設年次は古く、当時はバリアフリーの理念も未熟だったろうと推測しますが、この地域の同僚議員にもアドバイスして、早急に解決を図りたいと思っています。
gekko946 at 23:16|この記事のURLComments(0)地域課題 

2007年04月26日

第422回 祝い酒

c488d03a.JPG 当選祝いのお酒。オリジナルののし紙にコメント付きです。S’zさんの夫人(tk)aちゃんがわざわざ届けてくれました。「越後桜」・・あまり馴染みのないお酒ですが、大吟醸。利き酒大会に参加する(氏のブログ情報ですが)ほど味覚にも秀でた彼の見立てですから絶対旨いに違いありません。
 さて、これをいつ飲むか。誰と飲むか。肴は何がいいか。是非、句読点になるような戴き方を考えてみたいと思っています。
gekko946 at 22:51|この記事のURLComments(0)フレンド 

2007年04月25日

第421回 当選証書

a11e83c0.JPG 議場で当選証書の授与式。開票結果というのは、あくまで選挙の集計であって、当選証書の授与をもってはじめて市議会議員となるわけです。但し、任期はまた別で、5月1日から4年後の4月31日までとなります。ですから、今月中は新人さんも議員バッジを付けることはできません。ボクは、もうかれこれ5年以上はノーバッジ。バッジに対する何の思い入れもありません。
 さて、同僚議員の中には「バッジ依存症」というのか「バッジ症候群」というのか、どこに行くにもバッジを付けている議員がいます。顔よりもバッジを見てくれと言わんばかり。水戸黄門の印籠よろしく「これが目に入らぬかーっ!」てな具合。世界中で議員がバッジを付けるのは、どうやら日本だけらしいという話しも聞きました。海外に出かけたある国会議員が、訪問先で「それは、高感度マイクですか?」と問われたとか。どうしても必要な場があるのなら、ネームプレートだけで充分だと思うのですがね・・・
gekko946 at 22:39|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年04月24日

第420回 放送の緊張感

90d0c11d.JPG 開票作業中、当落が決まる前のタイミングで地元ラジオ局FMくしろの取材。幸いなことに、選挙運動後のかすれ声のため緊張感は隠せたと思いますが、本番に入った瞬間はやはり気持ちが上ずっていました。「アトピっ子の会」のお母さん達がやっているのを聴いて「何で緊張する?普通にしゃべればいいのに・・」と高をくくっていたことが、今は恥ずかしいわけで・・・。
 それにしても、機材の小ささと簡易さには少々驚きました。放送と言えば、技術さんがいてディレクターがいてアナがいるとばかり思い込んでいた自分には、少々肩透かし。それでも、KアナのONと同時の声変わりにはプロの仕事を感じました。響きとか迫力とか、素人とは明確に一線を画す技量がそこにあるのです。
 あの時間帯ですから「別に何万人も何千人も聴いているわけじゃない」と鷹揚に構えていたはずなのに、公共電波のマイクを向けられた途端に涌いた緊張感。ボクも、まだまだ修行が足りません。
gekko946 at 22:49|この記事のURLComments(2)今の話題 

2007年04月23日

第419回 戦いのアト

8d4eefbb.JPG 夜中、日付が変わっての確定票。国政選挙や知事・道議選のように、開票作業の途中に「当確」が打たれることもなく、いきなり94余%の開票率で万歳。呆気ないと言えば、ちょっと呆気ないわけです。しかし、ともかく、終わりました。
 数字についての感想は別にして、会心の戦いはできました。大勢のスタッフ全員の温かい人柄とモチベーションの高さ、そして伝えたいメッセージの具体性。限界を行くハードな日々ながらも、楽しさと感激と感謝の連続でした。自分で言うのも何ですが、質・量ともに前回を凌駕する戦いができたと確信しています。
 深い満足感に浸りつつ、今は向こう4年間の活動に思いを馳せていて、軽く武者震い。2,774票に込められた期待は、決して小さくはないと。
gekko946 at 16:41|この記事のURLComments(3)今の話題 

2007年04月14日

第418回 それでも春になる

b88f19ad.JPG 結構当たらない日もある天気予報。が、今日だけは見事に的中し大雪。明日はどうなっちゃうんだろう? 何とか雨、雪だけは避けてほしい。
 さて、昨日の記事で公選法の改正問題に触れましたが、統一地方選挙の日程についても、日本を6ブロック程度に分けて行う必要がありそうです。4月というのは、東京以西には適当な時期かも知れませんが、北海道・東北地方は気候的に2ヶ月は遅らせなければなりません。南北に長い日本列島、なんでも一律にしなくてもいいでしょうに・・・。
 明日から一週間、このブログは更新できません。これも、公選法の規定によるものであり、今いくら異を唱えてもどうにもならずです。23日に再開する予定ですが、果たして本当に春が来るかどうか?
gekko946 at 23:41|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年04月13日

第417回 連呼はしない

7ebff032.JPG 今回も、連呼はしません。前回の市議選で、初めて遊説カーなるものを「移動用選挙カー」に変えたのですが、予想以上に好評でした。冷静に考えてみると、いくら声を嗄らして名前を連呼しようが、それで支持が広がるとは到底考えられません。有権者が、遊説カーの絶叫からにじみ出る真剣さ、緊迫感などにより投票行動が左右されることなんてない筈です。
 また、それ以上に、今の時代昼間寝ている人々は決して少なくありません。炭鉱・製紙工場・ホテル・ハイタク・コンビ二・病院関係者はもとより、入院患者、要介護者、保育園等々かなりの人数になることでしょう。旧釧路市で32台(見込み)の遊説カーが、入れ替わり立ち代り大音響で「○○です。」「宜しくお願いいたします。」「勝たせてください。」と連呼する騒音は、一種の公害となっているかも知れないのです。抜本的には、公選法を見直し(選挙期間の拡大、個別訪問の解禁とか文書配布の自由化など)することに行き着くとは思いますが、ボク達の試みが小さい規模ながらもその一石になることを心から願っています。
gekko946 at 23:21|この記事のURLComments(4)公明党 

2007年04月12日

第416回 でも春は来る

5dc5e8fb.JPG 「フクジュソウの春」で書いた通り、たとえ雪がちらついたとしても今の季節は春。絶対に、春に違いない・。春しか考えられない・・。春の他に何がある・・・。
 さて、「三寒四温」と言うが如く、温と寒が日ごと交互に繰り返されて、わが日本は春になるのです。なるらしい。がしかし、今年に限っては日ごとではな〜〜い!!朝から、雪。それも吹雪かと思わせる荒れ模様。が、そのうち陽が差し、あっと思ったらもう雪は消え失せています。そして、コートもいらないような気温に・・。「○心と秋の空」というのが変わりやすい代名詞でしたが、今年の春もそんなところです。
 今、「なごり雪」を口ずさむ余裕もないほどの日々を送っていますが、気になるのは来週のお天気。でき得れば、雪や氷雨に見舞われない温暖な一週間でありますように・・。寒さを気にせず、大勢の人に街頭で演説を聴いていただきたいのです。
gekko946 at 22:55|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年04月11日

第415回 「ちがう」のが自然

PTA新聞 卒業生を送る3月に発行するPTA新聞。色々な思いを込めてコメントを載せています。今年は、以下のようなものでした。

 卒業生のみなさん、また進級するお友達も本当におめでとう。
 人生の区切りには、必ずつらい別れもまた新しい出会いもあります。いつまでも、ずーっと同じ人とばかり付き合うことは、この世にはありえません。つねに変わっていくことが普通のすがたなのです。そして、新しく出会う人もだれ一人同じ人はいません。人それぞれみんなちがいます。背の高い人低い人、声の大きい人小さい人、さわがしい人おとなしい人、太っている人やせている人、みんなちがうし、ちがっていることが自然のすがたなのです。
 だから、ちがっていることをお互いにみとめ合うことが大事です。そのちがいをりかいし合えると、だれとでも友達になることができます。おこつ小のみなさんには、そういう友達づくりの達人になってほしいと思います。
 みんな、新しいステージでもガンバレ!!
gekko946 at 22:10|この記事のURLComments(0)学校 

2007年04月09日

第414回 第4コーナーの事務所開き

29471f0f.JPG 前半戦を終えて、今日からいよいよ後半戦に突入。残り、後援会活動期間が1週間に、選挙本番が1週間。まさに、第4コーナーから最後の直線にかかったような段階で、後援会事務所開きを開催しました。今回の事務所は、広々として150名強の参加者を得ても余裕です。伊東市長をはじめ来賓の皆様、企業後援会、地域後援会「満月会」、お友達、そして多くの同志の皆様にお集まりいただきました。
 さらに、釧路アトピっ子の会の蟻緝修硲塢代表も駆けつけて下さり、ボクの挨拶の内容も急遽これまでのアレルギー問題の取組みに変更。小児アレルギー専門外来の開設見通しを報告すると、場内に大きな拍手が沸きました。まだまだ、話し足りないところではありましたが、あとは本番に入って街頭や集会などで訴えるしかありません。会心の戦いを最後までやり遂げたいと肝に銘じています。
gekko946 at 23:02|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年04月08日

第413回 激戦 プラス1

c7f7bde9.JPG 激戦でした。戦況を読むにも、なかなか読みきれない戦いでもありました。勿論、全力を尽くして挑んだ結果です。一言、ホッとしています。とともに、多くの支持者、関係者の皆様に深く感謝を申し上げたいと存じます。候補者本人、そして奥様、ご家族もご苦労さまでした。まさに、死力を尽くした選挙。1票1票の重みを受け止め、そのご期待にお応えすべく新たな前進を期したいと思います。
 わが党の道議候補は7名(プラス1)全員当選。全国の道府県議選、政令市議選の候補者も全員当選。結果は完勝ですが、その陰に、どれほどの筆舌に尽くし難い熱闘があったことか・・・。頭を垂れるのみです。
 さあ、後半戦。本当に、選挙の戦いは甘くありません。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)公明党 

2007年04月07日

第412回 新生町内会

26dcb684.JPG 桜ヶ岡新生町内会(畠山忠士会長)の総会。この場で、顧問に就任いたしました。時期が時期だけに、ゆっくり会員の皆さんと懇談することもできず、とても残念。就任の挨拶だけで席を辞し、すぐさまラストスパートの戦いに戻りました。次の機会には時間を気にせず、懇親をさせていただきたいと思います。
 これで、顧問として関わる町内会が7つ目。今月29日には、もうひとつ増えることになるかも知れません。益々、ダブルやトリプルのブッキングが起きる状態になってしまいましたが、これからも各町内会の期待に誠心誠意お応えしていく所存です。それにしても、豪勢な食卓でした。見るだけでしたが、さすがは東堂婦人部長です。
gekko946 at 22:41|この記事のURLComments(0)町内会 

2007年04月06日

第411回 完全ユニット

40cd6e60.JPG この4月から供用を始めた社会福祉法人 釧路創生会の特別養護老人ホーム「さくらの里」。この法人とは色々な関係もあり、祝意も込めて訪問・視察をしてきました。現在の介護保険法では居室は完全ユニットで、ここの施設も入居者のプライバシーがしっかり守られています。その広さは、約10畳間ほどでしょうか。液晶テレビに洗面台も冷蔵庫も完備。以前は当たり前だった4人部屋、6人部屋とは隔世の感と言うしかありません。
 要介護度は3〜5度が対象になり、自己負担額は食事代などを含めて約13万円強。1対2(介護士1で要介護者2)でケアを受けることができます。50床の定員はすでに予約で満員となっており、順次入居が進んでいきます。こういう施設であれば、まずは安心。とともに、介護保険料が上がるのも仕方がないように思いました。
gekko946 at 22:20|この記事のURLComments(1)今の話題 

2007年04月05日

第410回 こども達の幸せのために

d19aa416.JPG 平成19年度興津小学校の入学式。かろうじて、ぎりぎりの2クラスでした。お世話係りを担当している6年生は長男のクラスメイトで、随分大人びて見えます。この5年間の月日の流れを思わずにはおれません。「ああ、こどもは宝だなー」と深く実感しながら参列していました。
 さて、PTA会長の祝辞。去年から、趣向を変えました。新1年生には大きな声を出させるのが大事だと考え、挨拶の練習「こんにちは」と返事の練習「はーーい!」を繰り返し何度も行います。みんなが大きな声でできるまでやって、最後に保護者にお願いです。PTAの活動は、ただ一点、こども達全員を幸せにすること。孤立しないで連携を取り合えることが肝心なので、どうぞPTAに参画してください、と。多少、型破りかも知れませんが、印象に残るのではないかと思っています。果たして、どのように受け止めていただいているのか・・・
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)学校 

2007年04月04日

第409回 発達相談室

d1a172b1.JPG この4月に、療育センター「こども発達相談室」が旭小学校から旧春洋保育園跡に移転。そのうちに、一度様子を見ておきたいと思っていたところ、某関係者から「是非、お立ち寄り下さい」と請われたので、早速お邪魔してきました。さすがに建物は古く、建築後30数年は右に過ぎていると思われ、寒いのと暗いのとで気が滅入るのは否めません。そもそも場所が分かりにくく、近所に住んでいなければとても簡単に来られるような立地ではないのです。
 誘導看板も必要だし、また施設内をもう少し明るくするような手立てもやらなくてはなりません。聞けば、お客へのコーヒー、お茶すら職員自前とか。さらに、相談や指導を受けに来所した利用者に対しても、お茶を出すことすらないとのことです。
 障がいの子を抱え、日々大きな悩みや不安を持ちながら暮らしている方達には、まずは温かい励ましが必要なのに、いくら財政が厳しいとは言え、これではあまりに酷すぎます。何とかしようと強く決意しました。
gekko946 at 23:40|この記事のURLComments(0)地域課題 

2007年04月02日

第408回 活路を拓く07

 活路を拓く 
 友人のHV伊藤君が応援歌を作ってくれました。前回に続いての第2作目です。楽曲的には、前回より数段仕上がりがよく、伊藤君の労苦と真心に感謝してます。歌詞は以下の通りです。歌そのものをアップロードしようと試みましたが、容量オーバーでできません、残念。


      たとえどんなに 険しい山があっても 
      たとえどんなに 深い谷があっても
      そして 渡れそうにない川があっても
      勇気を 夢を 力を   勇気を 夢を 力を
      月は見つめる 月はほほえむ 
      さあ行こう 夜空の向こうへ 活路を拓いて はるかな旅へ 
      さあ進もう 新しい時代へ  活路を拓いて 新しい世界へ
gekko946 at 23:02|この記事のURLComments(0)フレンド 

2007年04月01日

第407回 聴衆(の真心)が胸を打つ

783a4c05.JPG 2回連続で同じような写真。だって、連日公選法で許される限られた運動を展開している最中なので致し方ありません。それにしても、わが党の候補者は幸せです。街頭演説をやるとなれば、このように大勢の皆さんが参集して下さいます。今日も、夜半からの雪で体の芯から冷え込む日でした。にもかかわらず、厚着してじっと耳を傾けておられました。わが子を見るような眼差しで・・・。
 そんな神々しい姿に、こちらが胸を打たれました。この方達を悲しませるような結果には、断固としてしないと改めて決意。演説の途中に、また車に乗り込み集票活動に出ました。あと一週間。激しい攻防戦は続きます。
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)今の話題