2007年06月

2007年06月29日

第479回 大臣との会見

fe9c0811.JPG菅総務大臣 延長国会の熾烈(?)な攻防戦の真っ只中、風間昶参議院議員のご尽力により「道東地域にドクターヘリの早期配備を求める要望書」(署名簿)を関係大臣に提出することができました。陳情先は、塩崎恭久官房長官、菅義偉総務大臣、柳沢伯夫厚生労働大臣です。冬柴鉄三国交大臣はどうしても都合がつかず、風間事務所に託しました。斉藤孝次医師会副会長は、各大臣官房(秘書)に要望書を置いて「どうぞよろしく」とお願いする程度と予想していたらしく、それぞれの大臣室でしばしの懇談があったことに深く感銘。「公明党も政権与党として随分力がついたんですね。」とコメントしておりました。
 さて、各大臣の反応は優れて良好で、特に菅大臣からは「厚労省から上がってきたら、間違いなく予算をつけます。応援しますから安心して下さい。」と、大変に力強いお答えをいただきました。渡辺孝男参議からは「まずは、次回の臨時国会で北海道4ヶ所以上の配備について方向性を出させます。道内の調整については、現場でしっかりお願いします。」との温かい激励とアドバイスが・・。滴る汗を流しながらクールビズの実感を抱きつつ、北海道に対する要請活動の強化を決意した次第です。

2007年06月28日

第478回 爾霊山

5c042e2f.JPG爾霊山会見所





 昼食会のあと、バスに揺られて旅順へ。そして、あの203高地に登って頂上に立ちました。あいにくの靄で旅順港は眺望できませんでしたが、日露戦争の関が原、日本兵2万人、ロシア兵5千人が死んだ大攻防戦の舞台に触れることができたのです。
 感心するくらいに何でも知っている現地の女性ガイドさんに聞いてみました。「愚かな突撃作戦を繰り返し、死屍累々を続ける乃木将軍を何故更迭できなかったと思う?」「乃木さんて、愚将だったんですか?日本の英雄って聞いてますけど?」「愚昧の象徴だよ。長州閥が支配する帝国陸軍は、長州出身の乃木さんを切れなかったのさ。兵の命より派閥の名誉の方が重かったということかな。」「私達は、歴史の事実を追うだけで、その事実の背景にある真相までは・・」「ここを爾霊山(にれいさん−203)と命名(あなた方兵隊の霊を日本の方角に向けて鎮魂したということらしい)して、砲弾の残骸で記念碑を建立するというセンスは抜群だったかも知れないけど、所詮は乃木希典将軍という愚かな指導者に率いられた軍隊の悲劇。」「聞いてみなくてはわかりませんね。」
gekko946 at 17:58|この記事のURLComments(4)今の話題 

2007年06月27日

第477回  崑膰⇔呂旅顱廖´ 「大臣も体力なしでは・・」

4fb9e86c.JPG 大連市内のシャングリラホテルで盛大に開催された昼食会。昨年の阿寒湖会議ではラーメンを食べたそうですが、ここは大中国。大会場に500人前後を集めて大宴会です。12時に着席して、まずは前菜をつつきながら大連ビールに大連赤ワイン。40分後に開会宣言して、それからスピーチが1時間。2ヶ国語に訳するので時間がかかるのは致し方ありません。飲みながら酔いながらのリッスン、13時40分にようやく乾杯です。それから、中華料理が11品。大中国とのお付き合いは体力勝負とハラを括って、注がれるままに飲みましたよ。
 ところで、冬柴大臣はここ大連が生まれ故郷。しかし、ゆったり郷愁に浸るどころではなく、メインゲストとして「カンペイ!」の洗礼をたっぷりと受けておられました。ただただ、ご同情するばかりです。ご苦労さまです。昼食会の途中で、延長国会の対応があって慌しくご帰国の途につかれました。
gekko946 at 23:58|この記事のURLComments(2)今の話題 

第477回 大権力の国



大連空港 青島から空路大連へ。やはり、出発が遅れたんですね、当たり前のように。そして、大連着陸後に遭遇した大歓迎はとても当たり前の風景ではありませんでした。エプロンにモデルさんのような(身長174cm以上が条件らしい)チャイナドレス嬢が通路を作り、その背後にはおじさん、おばさん達の打楽器演奏。どう贔屓目に聴いてもど素人さん。さらに、警官が広くガードを固め、同じくエプロンに大型バスが待機です。無邪気に「凄い大歓迎だ。感動した。」と思わないわけでもないのですが、ここまで権力が集中するのは果たして?との感想が心をかすめます。
 大連でも、公安パトカーの先導で基本的に赤信号もノンストップ。日本の日常から言えば、あまりに特別過ぎて異国・異文化・異制度が身に沁みました。
gekko946 at 01:17|この記事のURLComments(3)今の話題 

2007年06月26日

第476回 観光業界交流会

交流会 午前中、政府間公式行事と平行して開催された観光業界交流会。なかなかいい内容のスピーチを聴くことができました。韓国ホテル観光協会会長や日本旅行業協会の会長など日中韓3ヶ国の業界代表2名づつが登壇。「観光は世界の平和と調和を生み出し、多国間の相互理解を進めるもの」との共通認識をベースに、3ヶ国が競争の時代から、新たに共存共栄の道を歩むことが大事であるとの視点が印象的でした。そして、このたび3ヶ国による観光業界実務者委員会の立ち上げを確認。様々な制度上の障壁を取り除くことは勿論、それぞれの情報や知識、経験、資源等々を共用するシステムを構築し、飛躍的な観光産業の発展を志向することになったというわけです。
 残念ながら、紙面の関係であまり詳細は書き切れませんが、中国市場の爆発的拡大予測は2020年に海外旅行者1億人とのことです。昨年1年間で、訪日した中国人観光客は僅か81万人。どうなるか、というよりどうするかが問題ですが、地方空港間の定期便就航の他、戦略的に急がねばならない課題が山積していることは論を待ちません。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(2)今の話題 

2007年06月25日

第475回 4千年分の1日

c9740ac3.JPG 人生にアクシデントは付きものだとは認めるものの、時にその想定外をなかなか受け入れられないこともあります。成田発北京行きが45分遅れたことに加え、北京空港でも預けた荷物がさっぱり出て来ない。で、結局青島行きの搭乗に間に合わず、空港に足止め。北京着がおよそ12時半。現地のエージェントは何故か笑顔です。色々手配したんでしょう。「みなさん、良かったです。8時発の便が取れました。」一同「えーーーーッ!!」エージェントの彼は満面の笑顔。訪問団は、時間の経過とともに不機嫌者が増えていきます。「この際、北京市内観光でも?」との期待も叶わず、とりあえず地下の喫茶店で休憩。「おいおい、このまま夜まで休憩か?」「空港は広いですから、探検するといい時間潰しになりますよ。」
 何ともやるせない気分を紛らすのに、迷いはありません。青島ビールをグイッとあおって、その次にはワインです。それでも、ダラダラとした時間の流れは遅く、全く疲労困憊。で、結局北京空港発青島行きに添乗し、ようやく目的地に向かうかと思いきや、ここでも1時間遅れ。機内の1時間はまた長いのなんのって・・。青島のホテルに着いたのは夜中の12時前。開幕式と歓迎レセプション、そしてオーケストラと花火の夕べはとっくに終わってしまっています。中国4千年分の1日に過ぎないのかも知れませんが、普通の日本人にはズッシリ重い一日でした。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(2)今の話題 

2007年06月23日

第474回 マンパワーに感激

464ad700.JPG 「10年かけて紫雲台墓地を緑の景観にしよう」と今年から動き始めた緑の紫雲台の会(杉山伸一代表)。その第1回植樹を実施しました。何人集まるか、「まあ少なければ少ないなりにハラを決めて、一人が数十本植えれば何とかなるし・・」と思って集合場所で待っていると、予想を大きく超えて続々と集まって来たではありませんか。エバーグリーンプロジェクトの青年達や公明党女性局の応援もありましたが、圧倒的に近隣町内会の皆さんです。その数、約55名。
 植樹の説明や挨拶を終えて、おもむろに作業を開始したら僅か30分弱で終了。あまりの速さに唖然としました。60代を中心とした熟年世代の「経験からくる手際の良さ」には脱帽です。市の環境部も事前の雑草刈りと当日の給水作業に、しっかりした存在感を発揮。官民協働のいい形ができました。来年からは、墓石の所有者がもっと集まれるように丁寧な案内をしなくてはなりませんね。

2007年06月22日

第473回 何と10万を超えた

7db95c82.JPG 「道東地域にドクターヘリの早期配備を求める要望書」(署名簿)の第1次集計は20日でしたが、その署名数は何と103、769名。 誰もが予想し得なかった爆発的な数値となりました。医師会の関係者も驚嘆していました。並べられた署名簿の壮観さは、道東住民の切なる願いを物語って余りあります。よくぞ10日余りの短期間でここまで・・・ただただ絶句です。
 今夜、研究会の西池彰会長・斉藤孝次事務局長、道東ネットの会伊藤武一代表とボクとで記者会見。集まった記者達も度肝を抜かれたような表情をしていました。28日には高橋はるみ知事、29日には冬柴鉄三国交大臣の他、菅義偉総務・柳沢伯夫厚労・塩崎恭久官房長官あての要望活動を行う予定です。
 なんて言うか、山が動くって感じになってきました。

2007年06月21日

第472回 青島と大連へ

4320daa5.JPG 第二回日中韓観光担当大臣会合が中国の青島市・大連市で開催されます。北側一雄国交大臣(当時)の提案で昨年から始まった(第一回会合は釧路市阿寒湖で開催)この会議。各国の制度上の障壁一つ一つを取り除き、飛躍的な東アジア大交流時代を開くためのトップ会談です。
 今年の日本側代表は冬柴鉄三国交大臣(公明党)。
 さて、中国から、昨年の開催地北海道へ正式な派遣要請がありました。そこで、坂本眞一道経連副会長を団長、伊東良孝釧路市長を副団長とする北海道訪問団を結成し、参加することになったわけです。市長から声がかかりました、一緒にどうですかと。公明党人脈の世界なので、同行していただければ有難いと。
 上口智也議員と二人で行くことにしました。しっかり期待された役割を果たしてまいりたいと思います。
gekko946 at 22:03|この記事のURLComments(0)今の話題 

2007年06月20日

第471回 続々と署名簿

897140d1.JPG 20日の締め切りということで「道東地域にドクターヘリの早期配備を求める要望書」(署名簿)が続々と集まってきています。印刷時に比べて、何人もの手をくぐった用紙は真平らではなくなり相当な厚みを帯びます。途中経過ですが、すでに6万5千人分(紙数にして6千5百枚以上)を超えたので、これからの製本作業も結構大変。まさしく、嬉しい悲鳴と言うのはこういう場合のことなんですね。
 さて、昨19日にドクターヘリに関する特別措置法が衆議院で可決成立(参議院は4月27日に通過済み)しました。これで、全国配備を進める財源の確保に根拠を得たことになり、来年度から早いテンポで普及拡大が図られることになると思います。しかし、北海道の2機目は特例になりますし、一部要綱の見直しも必要です。まして、道東配備を決めるには国・道の判断をいただかなくてはなりません。その意味で、今回の署名運動はこの地域が採るべき対策として時宜を得たものと確信します。ともあれ、運動開始から僅か10日ほど、本当に各関係団体が全身全霊をあげた取り組みをきちんと結実させなくてはと決意を新たにしています。

2007年06月18日

第470回 塩漬けが動き出す

b2c3f1b6.JPG 「塩漬け用地」と言われていた未利用公有地。釧路市の場合、市土地開発公社と市振興公社が公共利用を前提に先行取得したもの、道路整備で取得した民有地の事業残地等々があります。その取得にかかった財源は、両公社ともに借り入れでまかなっているために市への売却が遅れた土地は、金利がかさみ隠れ負債となって公社の帳簿上に眠っていました。
 綿貫市長の時代にボクはこの問題に切り込み、「一口に未利用地と言ってもその経過や形態、利用価値などが多様である。キチッと分類して処分の方向を見極めるべきだ。」と訴えたわけです。その結果、5分類に仕分けされ解決の処方箋は見えました。しかし、市の財源不足によって先送りになり、今ようやく伊東市長の時代になって動き出す(まずは、土地開発公社分から5年計画)ことになったわけです。今議会にも、6ヶ所23筆の処分議案(市が公社から買い取る)が提案されています。そして、随時、新設された私有財産対策室が可能な限り民間に売却をすることになります。
 さて、取得(帳簿)価格と売却(実勢)価格の違いは、差損として市が負担することになります。ボクは、一般会計で飲み込むのではなく、旭小などの公有地の売却益を充てるよう求めました。本川企画財政部長は、指摘に沿った整理の仕方で対応したいと表明しました。
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)議会報告 

2007年06月17日

第469回 運動会の人間模様

c74ec992.JPG 前々日の雨と前日の風、そして当日の晴天で絶好のグランドコンデションとなった大運動会。穏やかな日差しの下、子ども達の伸びやかなプレーに歓声が沸きあがった一日でした。我が家の三人もそれぞれに成長した姿を見せてくれ、長男は最上級生らしく落ち着いた動きで下級生のお世話を、次男はかけっこでゴールまで全力疾走を、娘は親の遺伝子に反逆するかのようにリレー選手となって大活躍(出場した競技のすべてで第一位)をしました。やはり、節目としての運動会は有意義です。節目節目で、子ども達はグ・グ・グィーっと伸びるものなんだと実感。
 さて、敷地内全面禁煙となっている今、うちの学校は運動会の日だけ駐車場の一角に喫煙コーナーを設けています。しかし、この特別な配慮を無視するかのように座席で喫煙する悪い保護者も散見。マイクでも、そして個々にも注意したのですが、何とも悲しくて残念でなりません。虐待や給食費未納も朝ごはん抜きも、本質的には同根です。教育問題の核心がここにあることを改めて感じた次第・・・。
gekko946 at 22:36|この記事のURLComments(0)学校 

2007年06月16日

第468回 建設の槌音

3b3e9923.JPG たまたま美原方面に出掛けた際に、北の方向に大きなクレーンが見えました。「そうか、総合体育館だ」と思ってちょっと寄ってみたんです。着々と躯体が組み立て上がっていく様子が見てとれ、やはりワクワクしました。まだ、その完成後の威容を実感するまでにはなっていませんが、現場の雰囲気は充分に大型事業のそれです。
 この時期でも、わが釧路南部(北部が弟子屈・標茶で、中部が阿寒・鶴居になっているらしい)は気温20℃になるかならないか。6月から9月にかけては、やはり全国一スポーツに向いている地域です。来年の竣工を待って、各種競技の全国大会・全道大会が数多く開かれることでしょう。釧路を元気にするために、札幌の「きたえーる」に次ぐ規模のこの体育館を最大限に活用するアイデアを持つ必要がありますね。
gekko946 at 22:38|この記事のURLComments(0)地域課題 

2007年06月14日

第467回 初質問

0374cb5e.JPG 今日の一般質問に我が会派の一回生議員である松橋尚文君が立ちました。バリバリに緊張していたようですが、言語明瞭、なかなかのデビューだったと思います。内容については、注文をつければキリがなく敢えて評価はしません。一応、及第点としておきましょう。ともあれ、こうした経験を地道に積み重ねて、理事者を唸らせる論客に育って欲しいと願うばかりです。
 さて、振り返って13年半前のこと。当時は鰐淵市長でした。環境問題(特に、水辺の緑化推進、上流域の植栽)・高齢者福祉・道路整備問題等について質問。2回目や3回目の質問の記憶はないのですが、何故か1回目だけは結構鮮明に憶えています。それだけ緊張していたんでしょうね。そして、その質問によって澤四郎さん(当時は生涯学習推進部長)に目を付けられ、そのあと自然保護協会や春採湖の会に誘われることになったという意味でも、感慨深い初質問になったわけです。

2007年06月13日

第466回 ビャクシンのこと

12cdcf9d.JPG 今回、ビャクシンの苗木を提供していただくT社の社屋前にはその成木が植えられています。とても美しい狭円錐形で、トウヒとかもみの木のような印象です。23日の植樹に使われるのは、日高方面の海岸線に自生していたものを増やした苗木。
 杉山先生によれば、興津の海岸にもミヤマビャクシン(シンパク・真柏)は生えているものの、釧路地域で立性のビャクシンは見かけたことがないとのことです。年間30〜40cm伸びるほど成育が旺盛だし、強風にも潮風にも強いビャクシン。−20℃でも生き延びる耐寒性と室内に1ヶ月置いても大丈夫だという耐陰性も備えています。今風の言葉で言えば「カイガン王子」といったところでしょうか。

2007年06月12日

第465回 20℃の境界線

e0151365.JPG 寒けりゃ「寒い」と言うし、暑けりゃ「暑い」と言って、まあ人間なんて勝手なものですが、ともあれ釧路もようやく暖かくなってきました。やっぱり20℃ですね、夏との境界線。釧路市民にとっては20℃ですよ、やっぱり。天気予報で「釧路20℃」以上が表示されると嬉しいですもの。心が弾むように感じます。
 それにひきかえ、どこですか? 32℃? 33℃? 同情します。その辛さ、お察しします。どうぞ、この時期日本一快適な釧路にお越しください。仕事が進みます。スポーツするにも爽やかです。寝苦しいなんてことは全くありません。6月から9月までのこの期間、釧路は最高のリゾート地ですよ。ま・ち・が・い・な・い!(ちょっと古いですか?)
gekko946 at 22:05|この記事のURLComments(2)今の話題 

2007年06月11日

第464回 タチビャクシン

5dacedbf.JPG 今月の23日(土)午後1時から実施する紫雲台墓地の植樹事業(主催 緑の紫雲台の会 杉山伸一代表)。今日の午前中にはその記者会見を杉山さんと二人、市役所内の会見室で行いました。苗木を提供していただく業者から、当日植える樹種のひとつ「タチビャクシン」をいただいて、この会見で紹介することもできたわけですが、なかなか見栄えのするいい樹です。塩害に強く、風への耐性にも優れている他、何といっても北海道在来の常緑樹であることに意味があります。
 今年から10年計画。犠牲木(風除けのこと)としてハンノキを、斜面の保全のためにヤチダモを、そして景観の主役としてこの「タチビャクシン」を植えます。同墓地に墓石を持っている方には、是非ともこの植樹に参加していただきたいものです。

2007年06月10日

第463回 5千タッチ以下

614b8b0c.JPG 昨夜に引き続き、午前と午後に時局講演会。丸谷佳織衆議院議員の講演をお聞きしました。さて、年金問題。基礎年金番号とつながっていない(宙に浮いた)5千万口は、何故今日まで受給者につなげられていないのか。当初、3億口あった年金(転職や結婚等により一人で複数の年金口を持っていた)はこの10年で2億5千万口の統合が済み、1億口(人)に名寄せされました。残っているのが、5千万口。本来は、とっくに終わっていなければならない作業なんです。原因は何か。
 一つは、制度設計の段階で作業完了年次を明確にしなかったことと、併せてその進展状況をチェックするシステムを組み入れていなかったこと。この点は、やはり当時の菅直人厚生大臣の責任(公明党山本保議員の質問に、菅大臣は万全の体制を敷いているので大丈夫と答弁していたにもかかわらず)はあります。二つには、氏名や性別などの入力ミスで統合に時間がかかる年金口解消のためのソフト、システムを作らず先送りしてきた社会保険庁の怠慢。そして三つには、考えられない労働協定です。丸谷さんによれば、社保庁の職員は労働協定で1日に5千タッチ以上はパソコンに触れないということになっているとか。つまり、あんまり働くなということです。官の堕落ここに極まれり。解体は当然ですね。
 政治の責任は、いたずらに国民に不安を与えて選挙を有利にすることではなくて、一刻も早く解決策を講じて問題(国民の不利益)を解消することなんです。参議院選挙、断じて負けられません。
gekko946 at 22:35|この記事のURLComments(0)公明党 

2007年06月09日

第462回 満席の迫力

96bba0fa.JPG 公明党の時局講演会。会場の国際交流センターに用意した椅子が埋まりました。圧巻です。よく「公明さんは、動員力もあるし団結は凄いし、だから選挙も強いんだね」と何気に言ってくる人がいますが、内実は決してそんなに簡単なことではありません。仕事や家事やその他の用事もあるだろうし、体調の問題、お年寄りの介護、子どものアクシデント等々その人それぞれの生活があるわけで、それこそ「万障繰り合わせて」集まってくるんです。号令一つで整然と大組織が動くというのは全くの誤解。そんな時代ではありません。そこには「思い」があるんです。
 その「思い」とは責任であったり、自覚、期待、共感、決意、そして使命感でしょうか。だから、壇上に立つとそれらの「思い」がビンビン伝わってきていつも粛然とします。今夜は「道東地域へドクターヘリの早期配備を求める要望書(署名簿)」のお願いを申し上げました。
gekko946 at 23:03|この記事のURLComments(0)公明党 

2007年06月08日

第461回 署名運動はじまる

b1931db1.JPG 「道東地域にドクターヘリの早期配備を求める要望書」(署名簿)が完成し、早速署名運動が始まりました。何せ、今国会会期末(多分23日頃)に間に合わせるということで時間がありません。13日からは、釧路市議会6月定例会です。協力をお願いする相手が企業であれ個人であれ、署名簿を手渡して「あとは、よろしく」ということにはなりません。「ドクターヘリとは・・」「配備の見通しは・・」「北海道の2機目を実現するためには・・」「釧路に配備されると何が変わるか・・」等々、よく分かっていただかないとモチベーションが上がらないわけです。時間がかかります。しかし、時間に追われても、ともかく動くしかありません。
 昔、永ちゃんの「時間よとまれ」という歌がありました。「時間とともに自分も止まっちゃうと何にもならないよ」とか、「自分一人だけが動けても、周りすべてが止まっちゃえば何にもできないよ」などと斜に構えていたのが懐かしいです。

2007年06月07日

第460回 期待通りに優勝

c73c3e27.JPG 5月18日付の記事で、わが興津小バレーボール同好会「ジャニーズ」に対する期待の思いを書きました。それが、何と1ヶ月も経たないうちに本当に優勝(5月27日 第27回サントリーカップ全日本小学生釧路地区大会)してしまったんです。今夜のPTA役員会で校長室を訪れた際に、その輝かしいトロフィを確認しました。モノ自体は決して高価ではありませんが、やはり「優勝」の文字が刻印されたトロフィは格別です。重いです。努力の汗がにじんでいます。歓喜の笑顔が浮かんでいます。
 7月には、釧路で全道大会が開催されるとのこと。多忙を極めている最中とは思いますが、ひと目だけでも応援に駆けつけたい気持ちで一杯です。折角、地元釧路で開催されるんですから・・・。
gekko946 at 23:24|この記事のURLComments(4)学校 

2007年06月06日

第459回 ドクターヘリを釧路に

7ff16b62.JPG 今国会で審議中の「救急医療用ヘリコプター(ドクターヘリ)を用いた救急医療の確保に関する特別措置法案」は、4月27日に参議院を通過し、6月23日の会期末までに衆議院で可決成立の見通しです。これにより、現在10ヶ所11機にとどまっている配備数を逐次全都道府県に拡大することになります。北海道は、すでに札幌に配備されていますが、この広大な面積に1機ではとても用をなさないということで、釧路配備に向けて動き始めました。
 今日は、「釧路ドクターヘリ運航調整研究会」(西池彰会長)の役員会と総会が開かれ、釧路配備を求める署名運動の推進を決議。しかも「ドクターヘリの配備を進める道東ネットの会」(伊藤武一代表・月田光明事務局長)と一体で行っていくことが承認されました。国会の会期末を睨んで、約10日間の短期決戦。爆発的な運動を展開してみたいと思います。ともかく、釧路は政治力に劣ります。それをカバーするのは、スピードと情熱です。

2007年06月05日

第458回 お昼ごはん

虎吉 議会の控室などで出前をとる時は「そば」が多いのに、外でぶらっと入るお店は何故か圧倒的にラーメン屋です。近頃のお気に入りは、春採下町の「虎吉」。見事なまでのこってり系ですが、不思議と色々な種類を食べてみたくなる味なんです。「ねぎラーメン」に始まって、次は「釧路ラーメン」ときて「塩ラーメン」そして「つけ麺の醤油」まで渡り歩きました。結局、はずれがないから次があるということかな。
 丁寧なダシのとり方なんでしょう、きっと。ラーメンは深みとコク、そして麺の絡み方です。「虎吉」は本当にこってりなんですが、そのバランスが絶妙。メタボへの意識から「スープはひとすすり原則」を踏まえながらも、もう少し深入りしてみたいと思っているところです。
gekko946 at 22:48|この記事のURLComments(2)趣味 

2007年06月04日

第457回 宮崎木挽の会

fdef43bd.JPG このところ欠席続き(とは言っても例会は年に3回)だった宮崎木挽の会に久しぶりに出席。芋焼酎をいただきながら隣りの擬篠垢噺譴蕕い泙靴拭9垢砲修領戮蠅砲蓮雲海酒造の新得工場長がいて芋焼酎に関しての薀蓄もあり。なかなか有意義で楽しいひと時でした。後半の抽選会では、ふらのメロン(この時期だから、昨年のものでしょうが)が大当たり。子どもの土産に持ち帰ります。
 さて、この木挽の会。会員数が150前後を行ったり来たり。これが、200人を越えると歌手の川中美幸さんが来るらしい。雲海酒造が約束したとかしないとか。でも、あのクラスになると数百万円でしょ、ギャラが。思わず口が滑ったじゃ済まないですよ。大丈夫なんですかねー、雲海さん。
gekko946 at 22:10|この記事のURLComments(0)趣味 

2007年06月03日

第456回 渡辺孝男参議につなぐ

5186ae29.JPG 渡辺孝男参議院議員が来釧。というより、昼過ぎに無理やり釧路空港から道東入りしていただいて、夕刻の弟子屈(夜には網走)会合までの3時間を釧路市の懸案解決のために政務調査をお願いしたという次第。
 まずは、プロテオグリカン量産システムを視野に入れたパイロットプラント建設に対する国の補助金導入の件です。バイオマテックジャパン社(釧路発のベンチャー企業)のK社長から、先月、経産省他に対して行ったプレゼンテーションについて説明を受け、渡辺参議の支援を求められました。次に、釧路山岳連盟から雄阿寒岳の旧道を登山道として利用を図る件についての陳情です。引き続き、会場を阿寒湖畔に移して、阿寒観光協会から阿寒湖観光振興の観点で、雄阿寒岳の諸課題解決のための要望をお聞きしました。国・道・市各議員の連携で、しっかり取り組んでいく所存です。

2007年06月02日

第455回 生態系の変化

944d70cb.JPG 朝方、二人の息子を連れて春採湖を歩きました。1周4.7kmの道程、今では息子達も余裕でクリアーできます。ほんの数年前には「まだー」とか「喉が渇いたー」とか「もうダメー、おんぶー」とか泣き言を言っていたのが懐かしいです。
 さて、この季節は何と言っても春の花オオバナノエンレイソウ。究極の白さは、まさに純白。花嫁の白さです。群落を鑑賞するのなら断然「武佐の森」がいいのですが、春採湖畔ならではの味わいも決して悪くはありません。
 それにしても、水鳥の数がめっきり少なくなっています。この朝は、マガモ、オオバン合わせて5羽だけでした。ウチダザリガニによって水草が急速になくなってしまった影響です。徹底した捕獲をやり続けていくしかないと思っています。風景が変わり、その背後で生態系が壊れかけていくことに危機感を持ちながら・・・
gekko946 at 22:45|この記事のURLComments(0)自然保護 

2007年06月01日

第454回 花華(はなはな)

84472d70.JPG 「はまなす花酵母とは・・・
北海道で初めてはまなすの花より分離・採取した独自の清酒酵母です。この、はまなす花酵母のお酒花華は酵母・酒米・仕込水・そして蔵人の技術とあわせ、まさにオール北海道の日本酒です。」
 6月1日発売の花華(製造元 福司酒造蝓砲領▲薀戰襪暴颪い討△訐睫席検4待するだけでは申し訳ないので、酒屋を回って買いました。地元有名店S酒店では、業務用の予約で一杯のため一般には売れないと。驚きました。新聞報道だけで、こんなパニックに近い買占めになっちゃうの? しかし、次のお酒量販店Tに行くとあっさり置いてあって、あの人の分この人の分等々で4本買いました。
 夜、K氏と賞味。舌ではなく鼻の奥に感じる清酒の棘々しさ(はまなすの棘が入っているという意味ではない)とも苦さとも無縁の上品な味です。上質な白ワインに近いように感じました。長沢まさみさんが、二十歳の記念にでも飲んでいただければ大ヒット間違いなしですね。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(2)今の話題