2008年02月

2008年02月29日

第708回 詰めに向かって

ce50bb65.JPG 道の新年度予算案に、道内2機目のドクターヘリ導入に向けた調査費が計上されたとのことです。国や釧路市の取り組みに対して、さっぱり道がついて来ない状況があったので、その意味では取り合えずホッとしました。ドクターヘリの年間事業費は約1億7千万〜2億円弱。そのうち国と都道府県が8千万円づつ計1億6千万円を補助します。深刻な財政難に喘ぐ道ですが、いよいよ21年度には2機目の8千万円を支出するハラが決まったということなんでしょう。
 さて、これまでの流れから見ても、常識的には道東が最有力の導入候補地であることは論を待ちません。やはり、13万人の署名は非常に重いです。しかし、政治の世界には「色々な山がある。ま坂という山も・・。」(小泉純一郎)ありますので、油断は心して排除しなくてはなりません。まずは、来月8日に開かれる第2回ドクターヘリ講演会(主催 釧路ドクターヘリ運航調整研究会)を大成功させる必要があります。その先には、広く市民を対象にした「市民大集会」が計画されてもいいのではないでしょうか。詰めを過たず、です。
gekko946 at 19:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2008年02月28日

第707回 放課後のモデル

6636792b.JPG 今年度の締め括りと次年度の予算案・活動計画案などを話し合うPTA役員会。興津フェスティバルの収益金を一般会計に繰り入れるとか、4委員会の委員数を倍増するとか、いくつかの見直しに着手した平成19年度は、それなりに改革の実を上げる事ができたと思います。いよいよ、新年度は「放課後子どもプラン」のモデル実施校として我が興津小1校が指定され取組みを始めます。また、翌平成21年度に迎える学校創立30周年の準備に着手することにもなります。会長として、任期(2期4年)を区切りにN副会長へバトンタッチしますが、どんな立場であれ、今後も出来得る限りの応援はしていくつもりです。
 特に、「放課後子どもプラン」は従来の児童館機能に加えて、学習補助や地域ボランティアの力を借りた幅広い体験学習・交流学習も行います。全学年の児童を対象(児童館は3年生まで)に、学校の空き教室を活用します。ともかく、まずは無事故が第一ですが、モデル校に相応しいユニークな放課後を模索したいです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)学校 

2008年02月27日

第706回 辞める人の市政方針ではない

10caddac.JPG 平成20年度の釧路市予算案などを審議する2月定例議会。初日の今日は、伊東市長による市政方針、林教育長による教育行政方針及び予算案・条例改正案等の各議案を提案した理由の説明がありました。(これでほぼ2時間かかります)
 さて、市長が述べた市政方針の結びは以下の通りです。「私も、持続的に発展する釧路市を築くために、情熱と行動力を持って、財政の健全化と産業の振興を必ず成し遂げてみせると、心に固く決意しているところであります。新しい総合計画がスタートする年に、市長としての重責を担えることに誇りと責任を持ち、着実に、そして力強く、新たな釧路市のまちづくりに邁進してまいりたい。」と。
 先週の土曜日に武部さんは、時間がかかっても次期衆院選の候補者として説得したいと語ったようですが、とても国政への転身を窺う人の演説ではありません。政治の世界は何があっても不思議ではない、勿論です。しかし、伊東市長が今から国会を目指すことだけは断じてない、とボクはそう確信しています。
gekko946 at 17:31|この記事のURLComments(0)議会報告 

2008年02月26日

第705回 湿地の価値

f5578111.JPG 午後から第2回「釧路湿原」自然再生シンポジウムが開かれ参加してきました。非常に有意義な内容で、とてもこのスペースで全容を紹介することはできません。また、平日の昼間だったにもかかわらず会場は満員、市民の関心の高さが窺われます。
 さて、月尾嘉男氏(東大名誉教授)が「昔の地図には直線はなく、すべて曲線だった。」という指摘には興味を引きました。なるほど、地理上の真っ直ぐは人間が利便性を得るために、自然の有り様に逆らって造作したものです。象徴的な河川の直線化を始めとする開発の手が入って以来、今迎えてしまった地球的規模のクライシス。それは、々枴資源の収奪 ⊃肯啝餮擦亮奪 生物資源の収奪 っ舷綮餮擦慮漏蕁´サぞ欹匈欧隆躓 ´Τぬ名緇困隆躓 ΑΑ今や、10秒に1人が汚濁水を飲んで死亡している現実があります。さらに2050年には、地球上の全人口90億人のうち、約70億人が毎日の安全な飲料水を確保できなくなるという絶望的な予測。
 蛇行の再生には、このような文明的反省と次代への願いが込められているとのことです。今日の講演には、短絡的な批判をはね除ける、視座の深みがありました。
 それにしても、石狩川が河川改修で約100kmも短くなっていたとは・・。
gekko946 at 20:16|この記事のURLComments(0)自然保護 

2008年02月25日

第704回 気温と陽射し

87853429.JPG 毎日の最低気温だけで言えば、全く厳寒の2月のものですが、だけど、だけど日中の陽射しには確実に春の温かさを感じます。出世坂から見える市街の輝きや、氷解がみるみる進む釧路川や春採湖の姿は、春近しを示して余りあります。やはり、温度計の上下だけで一律にモノを言う軽薄さは持つべきではありませんね。
 このところ、冬柴国交相がそれこそ袋叩き状態です。言うまでも無く、国土交通省は(旧)建設省・運輸省・国土庁を統合した巨大組織。過去に陰で行われていた些事の一つ一つの責任を問われたって、現大臣が弁明するにはそもそも無理があります。勿論、職員が特定財源でリクリエーション用具やマッサージチェアを買っていたことを擁護するつもりはありませんが、そういったレベルで大臣の適不適を論ずるのは、いかにも低次元過ぎるのではないかと。先日、改革委員会を立ち上げて、大臣を先頭に澱みを一掃する取組みが始まりましたから、是非、その成果を評価していただきたいです。矢面に立ってここまで打たれ続けた大臣の下で、その大臣の姿を見つめていた国交省がどう変わっていくのかを・・。また、変わらないのかを・・。
gekko946 at 22:21|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年02月24日

第703回 吹き溜まり

878d6fd6.JPG 豪雪の日本海側に比べて道東、特に釧路は雪が無くて最高だー!と感謝しつつ道都の出張を終えて帰宅した夜半から大荒れ模様。しかし、暴風はかなりのものだけど、雪は大したことなさそうと高を括って朝眼が覚めたら、何と自宅前は雪山状態でした。「まさかっ!」と思って、周りを見たら全く積雪なし。我が家の玄関前限定の豪雪だったのです。いわゆる吹き溜まり。
 「何故なのか?」「何故にここだけ・・」「呪われたのか・・?」と考えても仕方ないわけで、せっせせっせと今年2回目の雪掻きに汗を流しました。「運動不足でカラダがなまっている時に、天から与えられたご褒美なのかも知れない・・。」という前向きな気持ちはほとんどなく、「試練は人を強くするのだ。」という物語を口にすることもありません。ひたすらに、せっせせっせと雪を掻く父でした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2008年02月23日

第702回 景色が違った

6a34e25e.JPG 党の会議で道都へ日帰り出張。JR北海道が誇る特急おおぞら号を利用したわけですが、十勝を過ぎると車窓の景色が一変しました。豪雪です。当たり前のことながら「ああ、まだ冬だったんだー。」としみじみ思いました。
 札幌市内も、皮肉なことに雪まつり閉会後から雪続きのようで、幹線道路の縁石は背丈をはるかに超える雪山状態。排雪もままならないようです。厳しい財政事情は道都も例外ではありません。もし、暫定税率が廃止なんてことになったら、こうした除排雪予算にも大きな影響が出ることでしょう。確か、ここの市長さんは参院第1党系の人だったはず。でも、暫定税率廃止には明確に反対されています。そうなんです。「国民の生活が第一」ならば、今ここで全廃などあり得ないのです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年02月22日

第701回 ファミリーバンド

e27daedf.JPG 娘の発表会のプログラムに加わった家族バンドコーナー。事前に相談があったわけではなく「パパ、決まったから!」という無造作な一言で敷かれたレールです。とは言っても、他の四人がその気になっているのに、パパだけ抵抗するなんて出来る訳がありません。「こんなの簡単、簡単」と言いながら、合奏練習に付き合っています。
 ま、右手一本での鍵盤ベース奏者ですから、どおーーってことはないですけどね。ただ、こういう舞台は苦手ではあります。議会壇上の演説とは勝手が違います。ともかく、素人は表情が作れないんです。楽しそうにやるということが如何に難しいか・・。つまらなそうに(照れなんですけども)演奏している姿ほど、盛り上がらないものはありません。何かいい方法はないものか・・?
gekko946 at 17:26|この記事のURLComments(0)趣味 

2008年02月21日

第700回 退化ではないのか

798e3d20.JPG 記念すべき第700回(ホームページ時代の記事〔回が付いてない〕を含めると第794回目)なのに、華やかなタイトルではないのが残念と言えば残念。
 今日午前、予算議会(2月27日召集)の日程や議案付託等を確認する議運が開かれました。3月4日(火)から代表質問(わが公明党議員団は上口団長)、6日(木)午後から一般質問、そして10日から先議分の審査・表決、常任委員会審査・市長総括質疑・採決と続き、19日(水)に本会議表決で閉会となる予定です。
 さて、この議運では昨年来より見直し協議を重ねてきた政務調査費について、二瓶議長から議会改革等検討協議会の答申を受けての概要説明がありました。勿論、わが会派からも代表を送って協議してきた内容ですから、概ねは了解しています。しかし、海外視察についての規程には納得していません。言うまでもなく、物見遊山と批判も強かった先進事例を学ぶための2期・4期の海外視察は反対です。そうではなくて、例えば東アジア諸国との交流拡大は、今後地域経済を振興させる意味でも積極的に取組まねばならない重要な政策課題です。議会としても、その例外ではありません。それを「市や公的団体等から要請があった場合など、議会(超党派)としての友好、交流事業に限る」と、自らの手足を縛るとは何たることか。まさしく、市民を代表する議会としての退化ではないのか。
 情けない・・本当に情けないです。市民の議員に対する期待は、代表に相応しい仕事をして、しっかり成果を上げろということだと思います。     「やきもち・・?」
gekko946 at 14:36|この記事のURLComments(2)議会報告 

2008年02月20日

第699回 バスは新しい時代へ

199c2289.JPG 釧路駅前バスターミナルとスーパーホテル釧路駅前禁煙館の複合ビル竣工記念祝賀会に出席。施主であるくしろバス蠅琉嬪濺な試みにエールを贈りました。同バスは、昭和19年の8社合併によって発足した東邦交通を淵源とし、以来64星霜の歴史を刻んできました。名実共に、釧路市の公共交通そのもの。市民の貴重な移動手段として、その役割を担ってきたのです。
 近年は、少子化による通学利用の減少や一人一台マイカー社会の進展などによって、バス会社の経営は一層厳しさを増してきています。そうした中にあっての新規投資ですから、今後どれだけ苦難の道が待ち構えているかわかりません。是非「常に変わっていく」しなやかな、したたかさ、そして決断と協調性を持って、新しい時代に相応しい公共交通の釧路型ビジネスモデルを作っていただきたいものです。出来得る限りの応援は惜しみません。
gekko946 at 18:42|この記事のURLComments(0)今の話題 

2008年02月19日

第698回 執念の上洛

ff06e7d1.JPG 新年度のLED関連施策をスムースに運ぶため、どうしてもこのタイミングで会わなくてはならない人がいるので上洛。滞在時間、僅か16時間(宿泊込み)。古都の風情を感じる間もなく、真摯に打ち合わせを行いました。結果は上々です。これで、LED事業への参入に見通しが立ったとともに、市長の訪塩にも道が開けたと確信します。
 勿論、これから、まだまだひと山もふた山もあることでしょう。しかし、こういったチャンスはそんなに幾つもあるわけではありません。充分な慎重さを堅持しつつも、必要な決断のためには豪胆さ・大胆さが求められるのです。その意味で、今年は極めて極めて重要な1年になるものと思います。しっかり、やります!
(過去の記事を読んでいない人には何のことやらさっぱりわからない内容ですね。)

2008年02月17日

第697回 野球狂の詩

35251808.JPG 最近、何故か「パパ、キャッチボールしよっ!」と声を掛けてくることが多くなった2年生のお転婆娘。勿論、巨人の星世代のパパは、子どもとキャッチボールするのは無条件で嬉しいわけです。しかし、本当なら息子としたいし、野球部にも入ってくれたらと期待し続けてきました。残念ながら、この願いが叶うことはないとすでに諦めてはいるものの、やはり娘と二人ではなく息子も引きずり出すことになります。
 さて、メジャー世代のガキんちょ達は、魔球志向ではなく直球オンリーなので、リアリティのある野球と言えば確かにそうなんですが、なんせ基本ができていません。まともなグラブさばきが出来なく、ポロポロ落球ばかり。投げ方も肩の使い方が悪いので、バシッとパパの胸に投げ込めないのです。三人の中では、娘のセンスが上等だと言うのが悲しい現実。誰に教えられたわけでもないのに、いわゆるお嬢さん投げではなく、きちっと左足を軸に体の回転で投げています。これから、どう育っていくか・・・野球狂の詩のような展開があるのかどうか。
gekko946 at 17:48|この記事のURLComments(2)

2008年02月15日

第696回 北海道のやる気

d499482b.JPG 釧路地域連携フォーラム「新たな広域連携や将来の合併について考える」が開かれました。要は、北海道から「合併新法の期限内(あと2年)に再度合併を進めていただけませんか?」と市町村にお願いするという主旨の内容です。ただし、立場的にお願いするなどと下手に出る形式は取りません。あくまで、北海道としては検討を促す場を作るという指導的姿勢を崩さないわけです。勿論、北海道がお願いしたからってできる話ではありませんが・・。
 合併特例法の期限終了後に、都道府県が継続して合併を促進するために導入した新法ですが、少なくても北海道においては成果が上がっておりません。財政が苦しい北海道は、早く効率的な行政機構を作りたい、そして何より総務省に対して合併成果を報告し(北海道の平成合併は全国最低レベル)お褒めに与りたいところでしょうが、このままではダメですね。
 道が自ら6分割するくらいのハラがないと、前向きで自発的な市町村合併は進展しないと思います。・・・ちょっと過激に過ぎましたか?
gekko946 at 16:39|この記事のURLComments(0)地域課題 

2008年02月14日

第695回 見えない敵

879d85ff.JPG どのような菌なのか分かりませんが、先週末から次男が胃腸炎に犯され、今そのバトンを妻が受け継いでいます。なかなかこの菌は攻撃力が強く、胃の中に入れたものは直ちに排斥してきます。しかも、性質がねじれているらしく断続的な嘔吐感を与え続けるので、患者はただ寝ていることで気を紛らすしかありません。
 もとより、3〜4日食べずとも命に支障があるわけでなく、それどころか断食健康法なるものが静かに広がっているという話を聞くほどです。が、しかし。妻子を見ていると、食べるという行為そのものに意味があるように思えてならないのです。気力が起きません。
 将来、サプリメントで主要栄養素を摂取する時代が来るような予感もありますが、それでも美味しく食べるという行為は絶対になくならないでしょう。それは、つまり本能だから・・。昨今の食に関する偽装や農薬混入問題についても、人間の本能を触る事柄だけに甘く見てはいけないということです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2008年02月13日

第694回 何としてもLED

7396fce0.JPG 新年度予算案に計上された「LED活用研究事業費」。金額は僅か116万円ですが、紛れもなくLEDのまちづくり研究の第一歩です。まずは、産官学(政)による研究会を立ち上げることから始まります。そして、様々な街路灯・防犯灯の仕様を調べ上げて、できるだけ低コストでLED照明に切り替える方法を探らなくてはなりません。やはり、公共財から入るのが妥当と思われます。
 国も、省エネ、特にCo2削減につながる事業への支援策を拡充させる動きを強めることは必至です。早速、この3月には全国10ヶ所を「環境都市」として指定し、各市の取組みを重点的にバックアップする補助メニューが発表になる予定とのこと。LEDは、まさに今の時流に乗る恰好のテーマです。
 もとより、課題は山積していますが、釧路をジリ貧にしないために、何としてもこのチャンスをモノにしなくてはならないと、予算書を見て改めて決意を固めたところです。
gekko946 at 18:10|この記事のURLComments(2)地域課題 

2008年02月12日

第693回 この道路が開通しないと

86e2d355.JPG もし暫定税率が廃止になったら・・。
 平成20年度の釧路市予算に7億強の歳入不足が生ずることも大問題だし、現在継続して整備中の都市計画道路(市全体の整備率は計画の70%)の完成も大幅に遅れるし、新年度の土木工事発注が大きく切り込まれる事態となった場合に関連業界への影響も甚大だろうし、そして、道東自動車道本別ー釧路間の開通が30年代以降(今の予定では平成27年)に先送りされることは必至です。
 大変なことです。冗談じゃありません。いい加減、無責任、ただの人気取り政治以外の何物でもありません。10年計画を5年に短縮し、尚且つ25円を20円に下げてもいいですから、政局にして撤廃とだけはならないように、国会議員の皆さんには賢明なご判断をお願いしたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2008年02月11日

第692回 親に先立つ哀しみ

a6ce8133.JPG 数ある「哀しみ」の中で、親に先立つこと以上のものはない。何と言葉をかけたらいいのか・・。何と励ませばいいのか・・。
 しかし、肩をすぼめて泣く母の横に、それをこらえる強い父がいた。毅然と参列者に応ずる大きい父がいた。遺子の背を支える深い父がいた。
 そこには、生老病死を乗り越える哲学の存在が厳然とあった。
gekko946 at 18:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2008年02月10日

第691回 開拓精神は今尚

c9e670fe.JPG 某町議のお宅を訪問した帰りに、ちょっと覗いてみました。丁度、なかしべつ冬まつりの開催中だったのです。この町も、例年になく雪が少ないようで、陽気にも誘われてか多くの町民で賑わっていました。
 イベント自体はこじんまり(わが市も似たようなものですが・・)とした規模ですが、コンパクトにまとまっていて充分に楽しめます。学校や他の団体による雪像の数も多いし、ラーメンやもんじゃ焼などの出店も豊富。氷滑り台(かなり大型で、タイムトライアルをやってました)は技能士会の作で立派なものです。
 さて、考えてみるとこの時期、道内いたるところでこのような冬まつりを実施しています。北海道以外では、雪像・氷像の類いは作ろうと思っても気温の問題でできません。と言うより、北国の厳しい冬に腰を引かないで、楽しんでしまおうという前向き精神が道民の心にあるということ。そう、開拓精神の伝統は生きているんです。この精神があればこそ、北海道は大丈夫。必ず豊かな大地になってゆきます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2008年02月09日

第690回 ハクチョウの省エネ

fcba2f16.JPG ちょっと体調を壊した子どもを病院に連れて行った道すがら、「あッ!」と思ったら何と仁々志別川にハクチョウ。こんなところにも、そして「もう2月なのに・・」という思いです。
 そもそもハクチョウは、北緯50度以北のシベリア地方から、3〜4千キロの旅をして10月中旬から下旬頃に道内の湖沼に飛来し、しばしの休憩の後11月中には更に暖かい本州に渡るものだった筈。それが、無防備にも市街地の真っ只中に姿を現し、しかも例年以上に冷え込んでいる今時期まで滞在するとは・・。
 とは言うものの、確かに温度計だけでは測れない地球の温もりとか、本州の越冬地の環境変化とか、思わぬ穴場を発見した喜びとか、ハクチョウなりに様々な理由があるのでしょう。それを、人間の微々たる知見・経験だけで物語ってはいけないかも知れません。
 ハクチョウ君、省エネもいいけど、鳥インフルだけは持って来ないようにね。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年02月08日

第689回 受験生ぶるーす

dbb5884d.JPG 長男が中学校に進学するこの春。届きます、次から次へとパンフレットの類いが。一部、制服とか旅行関連もありますが、圧倒的に学習塾や通信家庭教師、家庭学習用DVDなどの受験モノです。真面目に読むとグラッとくることが分かっているので、まず封を切ることさえしませんが、しかし、いずれ近いうちにこうして否応なく子どもは受験バトルに組み込まれていくんですね。
 ボクは高校の受験勉強をした記憶がなく(いやいや、決してデキが良かったと自慢しているわけではなく)て、両親とも無関心に近いホッタラカシ状態。当時の家は4人家族で二間しかないウサギ小屋。家族みんなが早寝だったし、ましてボク自身が何が何でもいい高校へとギラギラすることもなく、定期テストの延長みたいなものでした。そういうボクが、自分のことは棚に上げて教育パパになるのはどうも・・と思っているわけです。
 さて、受験生の悲哀とか抑圧とか、その昔は高石友也が嘆き、その次には尾崎豊が叫びました。親とか教師とか友達ではなく、くすぶっている不安定な心とストレートに響き合う人、歌、本等の存在は必ず必要だと感じます。
gekko946 at 23:35|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年02月07日

第688回 魚偏の哺乳類

23b5dd48.JPG 5日から今日7日までの3日間、部ごとに新年度主要事業についてのヒアリングを行いました。各部1時間づつなので駆け足の説明でしたが、概要はほぼ把握できたように思います。確かに財政難の中、投資的支出はがっちり抑え込まれていて、厳選とか苦渋とか効率とかに彩られた印象を持ちました。
 さて、「くじらのまち」を志向する釧路市は、今年も鯨食文化を普及するイベントの開催や来年度に誘致予定の「鯨フォーラム2009」の準備に着手します。釧路沖の調査捕鯨が毎年実施(ミンククジラを毎年60頭の枠)されるようになって、徐々にではありますが口に入る機会も増えてきた鯨肉。しかし、量が限定的なので極めて高級食材。今夜、市内某所で催された農業委員会の新年会でも少量の鯨が、しかし美味でした。赤肉もさえずりもベーコンもうまい。何とか早い時期に、もっと広く市民の口に行き渡るようになって欲しいものです。商業捕鯨の再開まで、あともうひと踏ん張りだとは聞いていますが・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2008年02月06日

第687回 生命についての感性

d17eeed7.JPG 第37回釧路ルネサンス連続セミナーは「ドクターヘリが生命を救う」。講師は、川崎重工業蟾匐宇宙カンパニー営業本部 宇宙・民間航空機部 課長の太田豊行氏です。
 ドクターヘリの先進国はドイツ。日本とほぼ同じ国土面積に81ヶ所の運航拠点を設け、全国どこでも15分以内に救急治療に着手できる体制が採られているとのこと。事故の発生や通報があれば、まずはドクターカーとヘリが出動し、到着の早い方がその対応に当たるというシステムです。この結果、交通事故死が3分の1に減少した他、後遺症が軽く済んだとか、社会復帰ができた等の実績は医学的検証によっても歴然としています。
 わが国が、ドクターヘリ配備に一歩踏み出したのは、ドイツに遅れること30年の2001年。このことだけで、生命への感性云々を断定するつもりはありませんが、ドクターヘリ法に掲げた全国50機(現在14機)の配備については、断固たる決意で国に取組んでいただきたいものです。釧路公明党は、北海道2機目の釧路配備を早期に実現すべく今後も全力を尽くしてまいります。

2008年02月05日

第686回 呼出状が届いたので

84a66f1d.JPG 明平成21年から始まる裁判員制度。その準備の一つとして、今月の12日から14日まで釧路地裁では模擬裁判が行われます。その模擬裁判の裁判員候補に、何とこのワタクシが選ばれ呼び出しがかかりました。市内の主だった企業や団体、機関に推薦を依頼(ボクはPTA畑からの推薦らしい)して作成したリストから任意に抽出した70人のうち、呼出状に応えて集まったのが26人。これをさらに6人に絞り込むというか、最後は抽選なんですが、その選任手続きのために午前中の3時間強を要しました。
 ボクは、予算議会を控えて議案審査など多忙であること等を理由にご辞退申し上げて、抽選の前に不選任にしていただきましたが、他の25人も同様に迷惑顔がありありのご様子。こりゃあ、この制度の定着もなかなか大変なことですね。
 そもそも、法律の専門家でもない一市民が「人を裁く」場に身を置くことだけで、かなりの緊張と戸惑いがあるのに、まずいきなり「呼出状」ですから、斜めに構えて来るのは当然です。裁判所には、その辺、もうちょっとでりかしーが必要なのではないでしょうか。ちなみに、25人中4人が知り合いでした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2008年02月04日

第685回 シオレナイ街にする

ebbd8584.JPG 釧路市の新総合計画を審査する財政経済常任委員会。今日は、市長総括質疑を行いました。本計画では、10年後の人口推計を約16万人としていて、世帯数についても1万2千世帯の減を見込んでいます。単純に言えば、毎年3千人づつ住民がいなくなり、1万2千の廃屋・空家・空き地が生れるということ。他にも、上下水道の採算性や公共交通のあり方、学校の適正規模、病院経営、公共財の維持管理・集約、地域コミュ二ティ等々、あらゆる市民生活に甚大な影響が現れてくると思います。
 質疑の中で伊東市長には、例えば市街地が空家や空き地だらけにならないよう、土地利用について市税や条例等で流動化を促進するための施策が必要になると申し上げました。人口が減っても、萎れた街にしてはいけないと・・。さらに、市民感情がマイナススパイラルに陥らないように、テーマごとに中期ビジョンを示して視線を高く持ったランディングを考えるべきだと提案。
 市長は、指摘は最もであるとして、専門家を集めた検討組織を立ち上げたいと前向きな姿勢を表明されました。
gekko946 at 23:30|この記事のURLComments(0)議会報告 

2008年02月03日

第684回 伝統は続いていた

d3b68ec5.JPG 今日も今日とで新年会(って京都に行ったわけではありません)。以前8年間にわたって会長を務めていた春興町内会(中田欽一郎会長)です。某カラオケパブを借り切っての宴会で、昼なのにパブはやっぱりパブ。雰囲気は、完全なミッドナイトでした。ただし、ここも皆さんお歳を召されて次の唄が続きません。一番張り切って4曲も唄ったのはAおじいちゃん。満82歳で、胃はほとんど切っちゃってないにもかかわらずです。テンポは全く合っていませんでしたが、声量は詩吟で鍛えただけあって朗々としたものです。
 さて、今回も俄然盛り上がったのは恒例のビンゴ大会。1位の景品は、何とトイレットペーパーがダンボール1箱です。多分、こんな町内会は他にないでしょう。豪華景品でサプライズするという、ボクの時代の伝統は今尚続いていました。しかし、時代は進みこんな景品だけで動員力を強めることは難しくなっています。執行部の智恵とアイデアが問われて・・言うほど簡単なことではありません、勿論。
gekko946 at 19:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2008年02月02日

第683回 芸能の力

aa75271f.JPG 春採六四町内会(杉山伸一会長)の新年会は、今年も山花リフレ。例年よりも多くの会員の参加があって、賑やかな中に1年をスタートしました。最高齢は92歳のじいちゃんで、カラオケを3曲熱唱。まだまだお元気です。最若年は、どう周りを見渡してもこのボクで、橋南地区を象徴するような年代構成。この場面だけを見ると、10年後の地域コミュ二ティの姿は全くイメージできません。
 さて、この町内会の宴会は婦人部の芸能が楽しみの一つで、今年は本格的な合唱がありました。また、いつものドレスアップした歌謡ショーは、さらにバージョンアップ。やんややんやの喝采を受けて、さぞ人気歌手気分を満喫されたことと思います。
 人が集まって歌い、そして踊る、飲む。これは、地球上どこに行っても変わらぬ人間の風景。気遣い、励まし合い、讃え合う・・。この結合しようとする力を、世代を超えてどのように広げていくか。難問ですが、避けてはならない重要な課題です。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2008年02月01日

第682回 迷路見る時は陰の人

644c81b9.JPG 土日に連れて行くのは難しそうなので、うちのガキンチョ3人と近所のチルドレン3人(こういう時にワンボックスカーは重宝します)を車に乗せてMOOエプロン。くしろ氷まつり名物の巨大迷路で遊ばせました。夕刻の冷え込みと言ったら、寒いの寒くないのって(こういう場合は寒いの意味)、決して走ることのない引率者が長時間耐えることはできません。しかし、子ども達は、白い息を吐きながら懸命に短時間クリアに挑戦していました。調子づいた彼らは、3日のタイムトライアルに出場するかも知れません。
 さて、この迷路の製作にあたったのは釧路河畔開発公社とMOOテナント会の皆さん。聞く所では百万近い経費がかかるそうですが、多分それとて氷代だけのことで労力はすべて無償ボランティアだと思います。完成した暁には、そこに製作者の姿はありません。陰の人に感謝しつつ、多くの子ども達に氷都ならではの遊びを堪能してもらいたいと願います。
gekko946 at 23:30|この記事のURLComments(0)今の話題