2008年11月

2008年11月30日

第973回 420kmの旅 2nd

f3e4bca8.JPG 前回とは違って、2ndは1泊でひと巡り。その分、講演会が2回(羅臼と根室)、打ち合わせが5回(全部違う町で)とタイトなスケジュールになりました。つくづく思いますね。政治家たるもの健康でなければ務まりません。
 さて、この時期に至っても路面は乾燥状態で雪なんてなし。「さすがに羅臼は雪だろう?」との予想も大はずれ。最後の日程、浜中と厚岸の打ち合わせ前後にパラついた程度で、でも気温が+ですからすぐに融けます。確かに移動は楽ですが、このような急激な気象の変動には心が病むのも事実。特に、この地域は第一次産業が主要産業ですので、大きな影響は避けられません。
 こうした変化に適切な対応を取るためにも、やっぱり地域の実情を知悉した政策力・行動力・実現力のある政治家が絶対に必要です。そのために激しく動いた二日間。「ゴールの見えないマラソン」と表現する人もいましたが、必ず勝つんだと決めて走り続けるのみです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2008年11月29日

第972回 大統領選とは似るべくもなく

d46d7189.JPG ようやく開催にこぎ着けた感がある党首討論。「一言多い」総理と自称「口べた」な野党党首との討論は、う〜〜ん「こんなもんかなー」という感想です。敢えて成果を言うとするなら、’内の解散は100%ないことがはっきりした 金融機能強化法は採決に応じるみたいなので臨時国会の延長は民主も賛成する B萋鷦(篝詰住三討惑明けの通常国会冒頭に提出されるので、定額給付金や住宅ローン減税の拡充などを含む経済対策は廃案にはならない 
 45分の設定ということで、もっと話題が広がるかと思っていましたが、同じテーマの繰り返しが多く、ちょっと肩透かしではありました。先頃行われた米国大統領選挙の公開討論・TV討論とは、残念ながら似るべくもありません。滅多にやらないから、余計な緊張感が出てくるのでしょうか? 12月は、是非何度もやっていただきたい。たとえ議論の深まりがなくても、状況が動く起点にはなりそうだから・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月28日

第971回 第一次補正と福祉灯油

e9e5c390.JPG 12月定例市議会(12月3日開会予定)に補正予算の一つとして「灯油価格高騰緊急対策費3千万円」が提案されることになっています。これは、実質的に市独自の施策「ぬくもり助成金」の増額補正となるもので、支給額を1世帯3千円を5千円に、支給対象を「80歳以上・障害者世帯・母子家庭」から「75歳以上・障害者世帯・母子家庭・父子家庭」に拡大します。これにより、受給世帯数は7,545から9,922(31.5%増)になります。
 必要な増額予算の内、半分の1千5百万円は道の補助金(残り半分は市の一般財源)で、あまり知られていないことかも知れませんが、国の緊急経済対策として成立した第一次補正予算から各都道府県に交付金として措置された財源が基になっているのです。
 市の補正予算が可決した段階で対象世帯に通知書を送付、到着後にその通知書を持って申請していただくことにより受給することができます。灯油価格は下がりつつあるとは言え、それぞれの家庭における貴重な生活支援になることでしょう。

2008年11月27日

第970回 近くて遠くなった

b720e6bb.bmp 某殺虫剤メーカーの海外事業部に勤務する弟が、一時期赴任(確か5〜6年程度)していた韓国。一度だけ現地の部下3人を連れて帰省したこともありました。その際、一緒にお酒を飲みながら種々懇談した中で、かの国民が我が日本へ抱いている思いの一端を窺い知ることができ、観光交流の拡大について大きな可能性を感じたものです。
 その後、前伊東市長が韓国定期便就航に向けた取組みを強化し、これまで順調に実績が積み上がってきました。2000年に2回の300人で始まったチャーター便が年々着実に増加し、今年2008年はすでに24便5,223人にまで達しています。来年は、これまで極端に少なかった冬季間の就航を推進し、通年での安定した観光交流に道を開くことで、いよいよ定期便就航=釧路空港の国際化を現実のものとする筈でした。
 が、しかし。ここにきて急激な円高ウォン安。韓国人が簡単に日本旅行できない状況になってしまったのです。韓国のマスコミや航空会社・旅行エージェント等の招聘、また訪問団を結成しての度重なるプロモーション活動にはそれなりの資金を使ってもきました。そのすべてが無駄になるとは思いませんが、早くアジア経済が元気を回復しないと期待通りの成果が得られません。
 G20会議で採択された宣言を、各国が協調してすばやく行動に移していただきたいと強く願うものです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2008年11月26日

第969回 みんなは待っている

671dd080.jpg 夜、地域の一般党員さん達と種々懇談。定額給付金のこと、緊急保証制度のこと、そして第二次補正予算と政局のことについて意見を交換しました。自民党有力者や一部閣僚の無責任発言と麻生総理のブレ(?)に始まって、マスコミによる連日の袋叩きが加わり「定額給付金」は法案でもない素案の段階から高い注目度。成案に至るまでは色々な意見があって何も不思議ではないんですが、ここまで微細に入ってああだこうだといちゃもんがつくことも珍しいです。それだけ、ある意味「脅威」なんでしょうね、反政府側に立っている人達には。
 でもみなさん、待っていました。早く実現して欲しいと。当初は生活支援のための施策でしたが、米国発の金融不安が起こってからは景気対策の効果云々の期待もかけられているので、この際規模を更に拡大(例えば倍増の4兆円とか)してはどうかとの話題にもなりました。
 一々の反論については、山口那津男政調会長の「お答えします」が明快です。
 

2008年11月25日

第968回 ここは思案のしどころ

34d4371e.jpg 12月定例会(3日召集予定)に提出される議案の概要説明。この中で、交流プラザさいわいの耐震診断結果と今後の対応についての報告がありました。何と、5・6階部分の構造耐震指標が著しく低く、耐震補強等がどうしても必要だと。
 そこで、問題の5・6階は市民生活課などの関係団体を直ちに移転させ、一般使用は貸出し停止。1〜4階も20日から使用申込を停止済み。19日までに使用承認を受けている行事が終わり次第(平成21年1月末)、全館使用停止することになりました。登録サークル・団体等は、暫定措置として旧柏木小学校を使用することになります。その後については、新年度予算編成の中で検討を進め方向性を見極めるとのこと。
 同プラザは、党の各種大会などでも随分使わせていただき、何より毎月のルネサンスセミナーの定例会場なわけです。本当に長い間、使用料や備品の使い勝手、適当な駐車スペースの確保など面倒のない施設として重宝してきました。その意味では、ちょっと頭が痛いです。願わくば、財政事情が許す限り耐震補強をしてリスタートさせられないかと思います。ここ数ヶ月の議論になりますが、利用者は勿論、幅広く市民の声をお聞きしなくてはなりません。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)議会報告 

2008年11月24日

第967回 夜間も休日もどうぞ

18023a04.JPG 先週の17日に蝦名市長へ要望していた緊急保証制度の周知と利用促進。東京出張中の21日朝、市長本人から電話があって「要望に沿って対応します。」と。いよいよ明日25日から「緊急金融対策連絡調整会議」(蝦名大也本部長)が立ち上がり、市独自の取り組みが始まります。
 まず取り合えず、25日〜28日は夜8時まで市役所4階の商業労政課(直通 31−4548番)で、30日(日)は休日ですが午前9時から午後5時まで市役所2階の会議室(23−5151番 緊急金融制度相談窓口)で緊急相談窓口を開設。是非、年末の資金繰りの一助として有効にご利用いただきたいと思います。
 市としては、今後、商業労政課を常設の相談窓口とするとともに、各部に関係する市内事業者の実情を把握しつつ、その都度金融機関への要請など適切に金融円滑化のための行動をとっていくことになっています。
 今回の緊急保証制度を始めとする「保証・貸付制度の拡充」は、10月16日に可決成立した2008年度補正予算に盛り込まれた「安心実現のための緊急総合対策」の一つの柱であり、紛れもなく公明党が提案し推進してきた実績です。

2008年11月23日

第966回 大気の声はまだ聞こえない

e41c3d72.JPG 去年は、11月20日だったタイヤ交換。今年は、まだです。週間予報を見ても当分降りそうにないし、何たって例の「大気の声」が聞こえてきません。今春の声は、結局当てにならないエイプリルフールでしたが、何とかこの冬は確かな声を聞き取りたいと思います。
 あ、くれぐれもこのブログを根拠にタイヤ交換のタイミングをお決めにならないようお願い申し上げます。あくまで、ご自身の責任でご判断いただきたいと存じます。ボクは、今しばらく様子を見ます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月22日

第965回 周囲3m超で巨木

0fa1eeb4.JPG 初めて大西英一先生と武佐の森を歩いてから10年余。当時は、先生も還暦の頃で、ボクは40代に入ったかどうかの青年でした。まだ、木道など散策路の整備前で、笹の葉をつかんで坂を登ったものです。
 当時の綿貫市長と三人での現場視察でしたが、是非この森を市が取得して自然公園にしようと話し合いました。その後の議会でボクが質問し、綿貫さんが答弁。大西先生の構想通りに、できるだけそのままの姿を残す必要最低限の散策路となりました。

 今日は、先生の呼びかけで一部の笹刈りです。名物のオオバナノエンレイソウ群落(先生の評価では日本一の密生地)がミヤコザサの影響を受けないうちに試験的に刈るもので、来春以降の経過を見て継続するかどうかの判断をすることになります。
 ところで、今日の先生はステッキを使って歩いていました。初めて見ます。「先生、ステッキなんて珍しいですね?」とお訊ねしたところ、「ええ、ちょっと膝を痛めたので用心のためにね。でも、もう72ですからしょうがありませんね。」と快活に笑っておられました。
 樹木は周囲3mを超えると「巨木」の称号を与えられるそうですが、大西先生はこの分野においては巨人とも言える人。益々お元気に、これからもご活躍いただかなくてはなりません。
 いい汗をかいた初冬の一日でした。

2008年11月21日

第964回 競争原理があれば

bc5f2a63.JPG 平成12年8月に「すみだ教育指針」を策定し、五つの視点で学校改革に着手した東京都墨田区。その一つが「特色ある学校」で、具体的な施策として導入を図ったのが「通学区域の弾力化」つまり学校選択制でした。懇談会の設置や校長会、PTA等からの意見聴取などで課題を整理し、保護者アンケートでは約7割が賛成。平成14年度から中学校、翌15年度から小学校で同制度はスタートしました。
 以来、選択制を利用した小学生は毎年2割強、中学生は約4割で推移。大きな混乱もなく「児童・生徒や保護者の希望に沿った学校を選択できるようにする。このことを通じて、特色ある学校づくりや地域に開かれた学校づくり等の機運を高め、学校の活性化を進める契機とする。」狙いは達成されているようです。
 他にも、年2回の学校公開や学校毎のホームページの充実、地域ボランティアによる土曜補修教室や図書館補助活動の取り組み、地域清掃活動など地域と関わる姿勢が顕著になり、競争原理が働いた効果が検証されているとのこと。
 墨田区は東西4.77km、南北6.12kmと、釧路市に比べてとてもコンパクトな区域。ですから、同区と同じような弾力化にはなり得ないとは言え、釧路市の特徴を生かした工夫ができないことはありません。学力向上や学校の活性化を進めるために、ボクは健全な競争原理を導入することは大事ではないかと考えます。
 これは、保護者として学校に関わっている実感でもあります。

2008年11月20日

第963回 子ども達と共に成長する

09724610.JPG 年間何と150万人の入館者がある金沢21世紀美術館。どんな仕掛けがあるのか、果たして何がそれ程の集客力を持つのか、その理由を知りたくて訪問してきました。
 まず、円形の建物で出入り口が4ヶ所。中心部にある有料ゾーン以外は年中無休(但し12月29日から1月1日を除く)です。まちなかにあることもあって、夜10時の閉館時間まで素通り(近道とか雨宿りも)、読書、デートなど多くの市民が気軽に寄れます。一部の作品はガラス壁越しに見えるため、つい引かれて鑑賞(有料)することもあるとか。
 次に、「アートdeまちあるき」。周辺の273店舗とタイアップして、美術館の入場券半券を提示すると様々な特典が用意されています。また、それらの協力店を利用するとサポートショップコースターが貰え、今度はそのコースターを美術館に持参すると団体料金で入館できるという仕組みになっています。
 そして、「友の会」。年会費3千円の個人会員は1,200名なのですが、これとは別に市内の中学1年生4、500名全員を無料で会員にしています。さらに加えて、1年生の時に5回以上入館すると、2年生になっても無料で会員になれるという仕掛けです。
 小学4年生の授業カリキュラムに「美術館で絵の勉強」が組み込まれていることも見逃せません。しかも、館所有のバスで無料送迎をしています。
 さて、ちょうどこの日は「金沢アートプラットホーム2008」の開催中でもありました。金沢の街を舞台に行うプロジェクト型の展覧会。公園や商店街、空き家などを発表の場にして19組・個人が形式にとらわれない作品を展開しています。
 「アートを通して人が出会い、新しい出来事が起きる。そして、人々に対話が生まれ、社会の様々な部分に架け橋ができ、街がより豊かな場所へと変わっていく。」
 「まち全体を美術館が盛り上げる」という意気込みが充分に伝わってきました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2008年11月18日

第962回 420kmの旅

62131226.JPG 朝8時に出発して一路羅臼町へ。久しぶりの知床半島(厳密にはその付け根)です。昼過ぎまで打ち合わせをして、ゆっくりランチをする間もなく、車内でパンをかじりながら根室市へ移動。会場の下見を済ませて、午後3時から現地メンバーとの打ち合わせ会に臨みました。充実した協議を終え、夕刻に根室を立って釧路まで一気に飛ばし、何と今日一日の走行距離が約420km。
 自分でハンドルを握ったわけではないので、楽と言えば楽でしたが、しかしさすがにカラダのあちこちが硬直状態。こんな広い選挙区で戦う候補者がいかに大変であるか、よ〜〜く分かりました。春先まで延びるか?と思いきや、痺れを切らした野党が採決拒否に態度を硬化させたことで、年明けにもハプニングかサプライズが起こる可能性も否定できなくなったって?おいおい・・。
 まさにチキンレースの様相です。くじけませんよ、このくらいでは・・!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2008年11月17日

第961回 新市長に緊急要望

c9aecf19.JPG 臨時議会の開会前9時30分から緊急要望。蝦名新市長とは選挙後の初対面でもありました。要望の内容は、この10月31日にスタートした「緊急保証制度」(原材料価格高騰対応等緊急保証制度)の円滑な利用促進についてです。本制度の特徴は、一般枠8千万円に別枠8千万円の上限に加えて、担保付きなら更に2億円の融資が可能となったこと、また対象が618業種とほぼ全業種に拡大されたこと、そして何より責任共有制度の適用外となり金融機関のリスク(従前は保証協会8、金融機関2の責任分担があった)がなくなったことが挙げられます。
 そこで、以下の通りに市の対応を求めました。
ヽ洞睛撒ヾ悗紡个靴董∋堋梗ら円滑な資金供給への配慮を強く要請すること。
▲察璽侫謄ネット貸付け並びに緊急保証制度等の周知、利用促進のPR活動に全力をあげること。
市長の認定事務については、最大限のスピード感をもって対応すること。
ざ路市中小企業緊急金融対策本部(仮称)を設置し、市長がその対策の先頭に立つとともに、相談体制の強化拡充を図ること。
 蝦名市長は、要望の意図は充分に理解できるとして、早急な検討と誠実に対応する姿勢を明らかにしました。

2008年11月15日

第960回 ピュアな心 ピュアな動き

2e893d98.JPG 第34回特別支援学級・学校学芸発表会。次男が出演するため家族全員で応援に行きました。全15演目はどれも力作揃いで、学校関係者や子ども達の努力がほとばしっていたと思います。ともかく、この発表会は出演者の真っ直ぐな心が伝わってくるし、また観賞する側のまなざしがとても優しいのです。
 そして、客席のあちこちで見られる光景が、元担任先生との再会。その先生は、今も市内とは限りません。でも、一度関わったつながりから、わざわざ激励に駆け付けて下さる慈愛の行動(何故か若い先生が多いように感じますが・・)にほのぼのとした感動が広がります。
 さて、出演者の人数は、年毎に増え続けているように感じます。最後に、出演者と観客全員で合唱した「ともだちになるために」。この歌詞のように、平坦な道とは限らないこれからの人生にあって、素晴らしい出会いがたくさん待っていますように、そして穢れを知らないピュアな心を理解してくれる温かい社会環境でありますようにと祈りを込めて歌いました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)学校 

2008年11月14日

第959回 庶民の生活守る安全網

8b82ef33.gif 定額給付金の決定を高く評価します。内需拡大が期待できます。
 今、子どもを抱えている家庭や年金で生活している方などは、収入が目減りしています。皆、欲しいものを買って元気になってもらいたい。
 一方、商店街も小さい店ほど大変な状況です。この機会に、知恵の出し方によっては一層の活性化が期待できます。「バラマキだ」と野党やマスコミは批判していますが、給付金はバラマキではありません。中小・零細企業や庶民は、米国発の金融不況などの、いわば被害者です。困っている庶民を支援するのはバラマキでしょうか。その意味では、給付金は生活のセーフティネット(安全網)とも言えます。

                全国商店街振興組合連合会 理事長 桑島俊彦氏

                            (公明新聞より転載)

2008年11月13日

第958回 印象を刷り込む

a99661dd.JPG 相変わらず我が家のウォームビズは続いていて、灯油暖房オフ。一方、市役所のボイラー暖房はオンですが、設定温度が低いためか控室内温度は13〜15℃。仕方なくコートを脱がないで、鼻をグジュグジュさせながら仕事をしています。
 さて、定額給付金。どういうわけか批判の嵐(但し、あくまでマスメディアの)です。その1は、地方に丸投げしてけしからん? 所得制限のことなんでしょうが、1,800万円以上の所得がある国民は全国平均で約1%。仮に、隣町と設定額(とは言うものの制度で設けるのではなく、辞退をうながす方式ですが)に違いが出たって、どうのこうのという人達ではありません。釧路では多分もっと低率だと思いますし、その方達が1万2千円のために住民票を移す(あるマスコミの論難ですが、この指摘はどうかと思いますね)なんてこともあり得ないです。
 その2は、マニュアルを出せと難癖をつけているらしい(?)どこかの役所。地域住民の暮らしや安寧は二の次で、自分達の事務負担問題こそが最優先なんでしょうね。この程度じゃ、地方主権とか分権なんておこがましいと言わざるを得ません。情けない限りです。
 その3は、給付時に引っ越した場合や、ホームレスの人達はどうするんだ? だから定額給付金に反対なんですか? 準備作業の中で常識的な判断と対応が取られます。ご心配には及びません。
 その4は、3年後に消費税を上げられたんじゃたまらない。定額給付金と消費税とは、全くリンクしません。給付金は赤字国債を発行するわけでもないし、一般会計の中でやり繰りするものでもないからです。
 このブログの投稿にもありますが、1993年のテレ朝報道局長の椿氏の発言「何でもよいから、反自民政権樹立のため手助けになるような報道をしようではないか。」を思い起こします。世論の操作、誘導に引っかかってはいけませんよ。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月12日

第957回 これからは農業

0369d932.JPG 朝から合同事務所で未決事項を処理して、その後に農業委員等研修会。午後は、法律相談等で日頃お世話になっている笠井・伊藤法律事務所の故伊藤孝博先生を偲ぶ会に参列。夕刻には、市役所の控室に移動して、来週月曜日に予定している蝦名市長への要望書を仕上げにかかりました。
 さて、農業。先般の臨時国会冒頭での首相所信表明演説で、麻生総理は食料自給率の10%アップに言及しました。これを受けて、農水省は新年度予算の概算要求において、その政策を具現化するためいくつもの新規事業を計上。作付け拡大に対応して助成金を交付する「水田等有効活用促進対策」(526億円・新規)を手始めに「産地確立交付金」(1,477億円・既存制度見直し)や「耕作放棄地等再生利用緊急対策交付金」(230億円・新規)、「農地確保・利用支援事業」(86億円・新規)、「農村活性化人材育成派遣支援モデル事業」(2億円・新規)、「食品製造業者等原料農産物調達円滑化事業」(10億円・新規)等々です。
 それぞれの施策がムダに使われることなく、自給率の向上につながるよう国会の厳しいチェックをお願いしたいと思いますが、いずれにせよ「食」の問題は国策の最重要課題になってきています。道東の豊かな未来も、その鍵は農業だと最近つくづく感じます。

2008年11月11日

第956回 聞き方にもよるのだ

e7032b68.JPG 共同通信社が8、9日に実施した全国電話世論調査の結果が報道されています。このうち、緊急経済対策の柱となっている「定額給付金」については58%が評価しなかったとのこと。正直なところ「ほんまかいな?」(何故か関西弁)という気持ちです。一つには、聞き方もあると思います。設問はどのようなものだったのか。仮に、電話口で「景気対策には効果が薄いとの声もありますが、あなたは評価しますか?」と問われたら「だったら、あまり評価しません。」と答えるんじゃないですか?
 そして二つには、聞くタイミングの問題もあります。8月末に公明党が自民党との難交渉を押し込んで「定額減税の年度内実施」を約束させた時点では、7割以上の方は評価していました。その後、そのやり方をめぐって政府内から色々な意見が出されて、一見まとまりに欠く印象があるのは事実ですが、議論が収束して結論が出るのを待たずに、議論の最中に評価を問うというのは間違いです。
 三つには、評価の対象です。給付の方法が問題なのか、所得制限についてはどうなのか、給付額が足りないのか、景気対策としての評価なのか、国民大衆の生活支援としても評価しないのか、報道だけでは大雑把すぎて皆目分かりません。
 そもそも、物価が急激に上がっても所得や年金が上がらないという事態に対応して行う生活支援が出発なんです。高額商品を買ってもらって景気を上向かせるなんて想定は第一目的ではありません。生活費・貯蓄に回っていいのです。
 企業を回って歩いても、定額給付金に対する期待の高さは想像以上。その声は「ともかく一日でも早く!」というものです。マスメディアから放出される数字との乖離を感じてなりません。

2008年11月10日

第955回 カップ麺の値段

7ad4b021.JPG 「カップ麺1個は400円くらい? そんなにしない?」という発言で、麻生総理の金銭感覚・庶民感覚を疑うかのような報じ方をされていますが、どうなんです? それほど大問題なんでしょうか? ボクは、さすがに月に何回かは自分で買ってお昼しますので分かってますが、実はそれ以外で知らないものは多いです。大根1本、ホウレンソウ1束、食パン1袋等々、急に問われても答えに窮してしまいます。普段、買い物をしない殿方は、大体似たり寄ったりでしょ? 増して、あまり食べない食品の値段なんて分からなくても何ら不思議ではありません。
 仮にも、一国の総理大臣の資質について、カップ麺の価格云々というのはあまりに軽薄に過ぎはしませんか? だいたい、麻生さんはカップ麺食べないんじゃない? そんなことより国際感覚とか経済政策の見識、さらには社会保障問題の認識等々、政治のトップリーダに求められる要件はいくらでもあります。幼稚な揚げ足取り論争は、いい加減にもう止めましょうよ。
 「冷笑」が支配的なこの国の気分に、背筋が寒く感じるのは果たしてボクだけでしょうか・・? 何かが狂っていると言わざるを得ません。
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月09日

第954回 緊急保証制度がある

d49fdb26.JPG 昨シーズンのウォームビズがいい経験となって、今年はまだ灯油暖房を入れてはいません。厚着と電気炬燵で何とかなっています。というより何とかしています。子ども達は全く平気。でも親二人は、そろそろ痩せ我慢の域に達しつつあります。鼻水が止まらなく、グジュグジュをティッシュのツッペでしのぎ、くしゃみ合戦を戦わせる始末。ティッシュ代は大したことなくても、この後病院にかかったりしたら何のためのウォームビズか分からなくなるのに、多少意地になっている向きもあったりします。
 つまり、対策は「適切」が肝心だということを言いたいわけですが、話しはちょっと強引に「緊急保証制度」。この10月31日にスタートした中小企業金融円滑化対策が実にスグレモノなんです。全体規模で30兆円、対象業種も618(従前は185)に大幅拡大、しかも100%保証(責任共有制度の対象外)。
 さらに、2期連続赤字でも審査は「赤字の要因や取引先の経営支援、地域社会への影響などを幅広く検討し総合的な判断」を行うとしています。
 原油高騰などによって原材料価格や仕入れ価格が上がっても、値上げができず経営が悪化し、必要な事業資金の調達に支障をきたしている中小・小規模事業者に対して円滑な資金供給を行うための緊急保証制度。一般保証の8千万円とは別枠で8千万円の利用が可能となりました。
 公明党は、政局の波騒に右往左往することなく、やるべきことをしっかりやってます。「生活を守るのは、公明党」・・こういう事態の時に真価を発揮します。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2008年11月07日

第953回 ということは84,000円

650513e8.jpg 定額給付金について、山口政調会長(公明)と園田政調会長代理(自民)との間で給付額の合意をみたとのことです。基本額は一人1万2千円で、65歳以上のシニアと18歳未満のジュニアには更に8千円の加算。ということは、我が家の場合は夫婦二人でまず2万4千円、子どもが一人につき1万2千円+8千円で2万円、これを3人分ですから6万円、合計8万4千円という算段になります。何と、8万と4千円ですよ!どないしょ?
 この話題をTVで見ながら夫婦で「どうする?ムフフ・・」とあれこれ相談していると、ちゃっかり娘が割り込んできました。「え、2万円もらえるの? やったー!えーーっと服かな?いや、CDにするかなー?」と先制パンチを食らわせる娘。「ダメダメ、子どもの分は苦労して育てている親にもらえるの!」と応酬する母。
 一方、「与党内でもめることなく、ともかくスピード感を持って早く決めてくれ。些細な問題点は『これでいく!』と決断して乗り越える以外にない。」と一応政治家らしく画面に集中する父。「で、いつ?」と娘とその母。「参議院で否決されて、衆議院で再可決して、市町村の準備作業もあってとなると、まあ、来年3月かな?」「えーーーっ!! 反対する人なんているのーーー? 早く欲しいーー!」
 多分、全国各地のあの家この家で、同じような会話が交わされたことでしょう。

2008年11月06日

第952回 議論がカタチに

748a2af0.JPG 平成18年12月定例会の一般質問で白樺台団地の問題について質疑。一つ目は、政策的空家の増加による環境の悪化を改善するために入居者の集約化を進めること。その際、現状の平屋住宅の改修を検討すべきである。二つ目には、余剰市有地の分譲化・宅地化を急ぐとともに低廉な価格設定につとめること。三つ目には、高齢者下宿・グループリビングの建設誘致を図り、一定戸数の集積化を目指すべきこと。以上の3点でした。
 このうち、1、2点目の質問に対する住宅都市部長の答弁が「平屋建ての改修につきまして既存ストックの活用を図る有効な手法と考えておりまして、具体的には白樺C団地におけるコンクリートブロック造について、来年度から実施できないかどうか検討を進めてまいります。改修にあたりましては、入居者の皆様のご意向を適時確認しながら集約化を推進しますとともに、余剰となります住棟につきましては除却を進め、議員ご提言の分譲化・宅地化も視野に入れまして、地域の活性化を促進してまいりたいと考えております。」というものでした。
 このたび、C団地2棟8戸のトータルリモデル事業が完成。改良住宅を建設するよりも早く、そしてずっと安く新しくなりました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2008年11月05日

第951回 アメリカの底力

bf5830ce.JPG 午前中は市民相談を受けて、その後街頭演説に立ち、午後からは阿寒町行政センターで行われた農業委員会に出席。帰途には、オバマ新大統領の勝利演説を断片的にでも見ることができました。もとより比ぶべくもありませんが、1市会議員と米国大統領の演説には相当の開きがあります。力量・訓練・資質・文化・スタッフ等々到底手の届くようなレベルではないと言わざるを得ません。いやいや、比べること自体に全くリアリティがないほどの違いと言ったほうが適当でしょうか・・?
 それにしても、大統領選挙に注がれるアメリカのパワーには改めて圧倒されます。戦う期間の長さも資金量も(候補夫人や副大統領候補の衣裳代も?)そうですが、運動に参加するボランティアの人数も桁外れ。民主主義が主義であり続けるための壮大なコストにも見えますし、アメリカの誇りと威信を国家全体で確認し合う国民大総会のような印象もあります。特に、今回はオバマ候補に政治家としての魅力が突出してあったということ。
「チェンジ」。政権交代することが目的なのではなく、政治のあり様を変える、国の進むべき道を変える、そして何よりアメリカ国民としての原点に返り不安と失望を希望と確信に変える・・チェンジ。新大統領の果てしなき挑戦に強く期待します。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月04日

第950回 実績が大事

56f875d0.JPG 我が家にはペットがいません。金魚でもクワガタ・カブトムシでも、長生き(甲虫の場合は世代更新)させた試しがないからです。これまでに、子ども達から何度も犬を飼いたいとの訴えはありました。しかし、一時の欲求で迎え入れてもロクなお世話ができないんじゃ、ペットが可哀相です。父も母もほとんど外を出歩いているわけだし、自分達で責任が取れないのなら諦めてもらうしかありません。
 そこで、娘はおもちゃの犬とパンダをペット代わりにして、そのお家を作りました。犬はラッキーでパンダはユキちゃん。食事の世話も散歩も必要がないので、手間がかからないペットです。いじらしいとは思いますが、はていつまで可愛がるか?ここはじっくり、ガキンちょ達の実績作りを拝見させていただくことにしましょう。何でもかんでも、甘々な親だと勘違いしたらダメでっせー。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)

2008年11月02日

第949回 公正・公平な市政を

f88a63e7.jpg 新しい釧路市長に蝦名大也さん。短期決戦の勝負を見事に勝ち抜きました。心からお祝いを申し上げます。ボクとは、平成5年の市議初当選同期の間柄。15年前には想像もできなかった事態ですが、蝦名さんはこの間微妙なバランスの上で豊富な政治経験を重ねてきました。また、選挙は毎回が大激戦。そんな得難い環境というか、波乱に満ちた状況の中で鋼の如く充分に鍛えられ、揉まれてこられたに違いありません。そのしなやかな強さが、彼の武器であり魅力ともなっているのです。
 党派・立場を超えて、忌憚なく話しができる同期の桜という関係。益々難しい時代にあって、釧路市が歩む道を過たないために我が会派も合意形成型政治の本領を発揮していく所存です。新市長には、一党一派に偏することなく、是非とも公正・公平な市政運営をお願いしたいと思います。
 釧路市の保守政界は、選挙の度ごとにシコリを残し、無為ないがみ合いを続けてきました。地域にとって不幸な時代だったと言わざるを得ません。蝦名さんは、まだ49歳。青年市長です。だからこそ、未来志向で地域力を束ねていっていただきたい。地域が有する全ての人的資源を生かす名指揮者であって欲しい。期待しています。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(2)今の話題 

2008年11月01日

第948回 モテモテです・・?

847f2cf7.gif 市長選の投票日前日。相変わらずモテモテです。「是非、お会いしたい。」に始まって「力を貸して欲しい。頼む。」やら「何か指示を出した?」とか「どう見てます?」もあり「ところで、月田さんはどっちに入れるの?」まで、とてもお答えできない取材を含めて、まさに矢継ぎ早。
「だーかーらー、ウチは自主投票なんだって!」といくらご説明申し上げても、こんな状態です。極めつけは「やっぱり、勝ち馬に乗ろうとしてもったいぶってるんでしょ?」と神経を逆撫でするような御仁も。単純に勝ち馬に乗ることを優先するのなら、とっくに推薦してますよ、どっちかは言えないけど・・。
 ボクの顔って、何か裏があるように見えるのでしょうか? 決して策を弄するような人間とは思っていないのですが、自分では。これだけ疑われると、ちょっと自信を失くしてしまいそうです。もっと研鑽に励み自己を鍛え磨かないと、と顧みる昨日今日です。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(2)今の話題