2009年01月

2009年01月31日

第1027回 伊東タコ君と稲津イカさんの物語

7792c417.JPG 麻生さんは「しかるべき時に、争点を明確にして国民の審判を仰ぐ。」と言えば、小沢さんは「遅くても4月までには解散総選挙がある。」(去年の春頃から、何回も同じような見通しを聞きましたが、悉く外れましたね・・)と断言するすれ違い。それぞれの政党の思惑から発せられるアナウンスに紛動されることなく、淡々と準備に万全を期すしかないのが現場です。
 今日は、「タコ君とイカさんの恋物語」がブレーク寸前の白糠町で時局講演会。昨年からパッケージ化した伊東・稲津コンビで、白糠町民に支援の輪拡大の訴えをさせていただきました。会も回数を重ねると、阿うんの呼吸もできてスムースなトークリレーになってきています。連立であるが故の奥深さ、安定感、絶妙なバランスを感じていただけたのではないかと思います。
 さて、稲津さんの講演の中で「ドクターヘリが新年度に道東と道北の2ヶ所同時配備決定」の報告がありました。数日前に、知事サイドから直接稲津さんに決定の知らせがあったとのことです。間違いないとは予想していたものの、改めて「決定」の報を聞くと、やっぱり万感胸に迫るものがあります。総力を挙げて、12万名余の署名運動に挑んだ思い出が脳裏をよぎります。
 それでも、トンビが油揚げをさらう様に、いろんな政治家が自分の手柄を誇示するんでしょうね? テガラダケホシイという怪物の徘徊・・おぞましい限りです。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)公明党 

2009年01月30日

第1026回 建設関連を重点に

449d30ef.JPG 午後から議場で新年度予算案の骨格と、「地域活性化・生活対策臨時交付金」による釧路市の事業内容及び緊急雇用創出事業についての説明がありました。同交付金の釧路市配分額は、672百万円。このうち市は、669百万円を繰越明許費として2月3日に専決処分、ただちに発注する運びでいます。
 その内容は、ほとんどが公共施設の補修整備や改修・修繕。児童センター、保育園、小中学校、老人福祉センター、交流プラザさいわい、身障者福祉センター、コミセン、地区会館、図書館、まなぼっと、アイスアリーナ、鳥取温水プール、大規模運動公園テニスコート、市営住宅等々、その対象は実に多岐にわたっています。また、小学校の耐力度調査も予算化されており、次の大規模耐震化改修につながるものと思います。
 一方、緊急雇用創出事業ですが、年度末までの短期雇用として47名分、金額にして約1300万円を計上しました。仕事内容は、通学路の危険箇所点検や末広地区の空き店舗調査、図書館の資料整理他などとなっています。国の第二次補正予算による地域雇用創出推進費の釧路市配分額は約4億円と試算されておりますので、今後引き続き、適切且つ中長期の雇用をつくる本格的な対策が検討されることになります。
 昨年末の12月26日。わが公明党議員団は、蝦名市長に緊急の申入れを行い、第二次補正を活用した対策にスピード感を持って対応すること、そして、その準備作業を急ぐよう強く求めました。このたびの発表は、そのタイミングといい内容といい、わが会派の要望を取り入れたものと高く評価したいと思います。

 会派控室の耐震化改修工事がようやく終わりました。

2009年01月29日

第1025回 スピード+プラスアルファ

1c68b5ac.jpg 補正予算案は通ったものの、財源の裏付けとなる関連法案が参議院で店晒しにあったまま動いていないようです。会期末で牛歩、時間切れで廃案という可能性があるならまだしも、国会冒頭の先議案件の採決を延ばしていったい何の意味があるのでしょうか? 
 しかも、昨年12月には「早く出せ!」と猛烈な攻撃をしていたのにです。結局、懸念していた通り、「早く出せ!」と攻められて12月の臨時国会に第二次補正を提案していたなら、間違いなく参議院でつぶされて廃案になっていました。だから、政府与党は通常国会冒頭にしたんです。
 さて、伊吹文明前財務相が「つなぎ財源」として政府短期証券を発行して、定額給付金を年度内にも支給すべきだと提案したようです。いいことです。年度末で、進学進級・就職・引越し等々もあるし、何かとお金が必要な時期です。午後10時台のラジオ番組でも「定額給付金を何に使うか?」というリスナーアンケート。予想以上に多くの若者達から短時間で様々な回答が寄せられていました。みんな期待して、早く早くと待っています。
 また、全国の商工団体や商店街では、行政とタイアップしてプレミアム商品券方式でプラスアルファの効果を上げようと意欲的な取組みも始まっています。潮目が変わってきましたね。経済エコノミストの間でも、賛意を示す論調が目立つようになりました。 (1行下 ↓ をクリック)
http://diamondo.jp/series/hoda_news/10018/
 http://diamondo.jp/series/uesugi/10061/ 


2009年01月28日

第1024回 機関紙を持つ強さ

0f649f0e.JPG 政党にとって機関紙の存在はとても大きいし、大切にしなくてはなりません。やはり、一般紙の報道やTV、ネットの情報だけでは偏るし、それが執行部への誤解につながることにもなり兼ねないわけです。党の政策、交渉過程、他党の動き・狙い、制度の解説等々、有権者と直接的に触れる地方議員にとって、正確な情報や知識は生命線。もし、公明新聞がなかったら地方議員の力は半減することでしょう。
 一方、日刊紙を維持することは決して簡単なことではありません。一定の購読部数を確保しないと経営が成り立たなくなるからです。そこで、議員が率先して購読拡張の取組みをします。経済環境が厳しい時代には、とりわけ苦労が倍加。でも、そうした中で購読していただいている皆さんには、心から感謝しています。この場を借りて、深く御礼申し上げたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2009年01月27日

第1023回 山坂越えて新幹線

f2c002c8.JPG 道本部拡大幹事会の終了後、鉄道運輸機構北海道新幹線建設局の市橋学局長を含む3名の講師を迎えて「北海道新幹線札幌延伸に関する勉強会」。釧路地域にとっては、今のところあまり身近ではないテーマですが、しかし北海道全体の活性化に資する新幹線をいかに道東とリンクさせるかについて、貪欲にその戦略を立てることはとても重要なことです。まずは、勉強が大切だと思って参加しました。
 さて、昨年12月、政府与党合意で札幌ー長万部間の2009年度着工が決定。北海道新幹線がようやく第一歩を踏み出すことになりました。この点に関して、フル規格ではなくスーパー特急方式になったのは後退ではないか、との指摘もあるようですが、あまり悲観することもなさそうです。スーパー特急方式と言っても路盤やトンネルは新幹線規格だし、最高速度も160〜200km/時。秋田や山形などのミニ新幹線(在来線の路盤・トンネルで最高時速は130km)に比べて、はるかに新幹線です。
 しかも、九州や北陸でも着工時にはスーパー特急方式だったのが、狭軌の線路を敷設する前に政府与党合意でフル規格に変更された実績もあるとのこと。ギリギリ、スーパー特急方式で、ともかく着工することに大きな意味があるということです。この間、北陸優先の強い流れを押し返したり、スーパー方式で合意を形成した風間ひさし参議院議員の活躍は特筆に価します。厳然たる政治の存在感です。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2009年01月26日

第1022回 個人の力 個人の魅力

a997fc70.JPG 伊東良孝さんの新年交礼会。市長ではなくなったとは言え、国際交流センターのホールが溢れんばかりの2千数百人が結集。これは、自民党の選挙区支部長だから成し得たことではなく、伊東良孝個人の実績と人物評価と限りない期待感がそうさせたものと思います。衆議院議員選挙の自民党公認候補者として、これほどの逆風はなかったに違いありません。「候補者は今一だけど、自民党の公認だから・・」で票が入った時代は過去のこと。今や「自民党はダメだけど、候補者は申し分なく負けられない。」という候補者力で勝ち抜かなくてはならない戦いです。
 熾烈な攻防戦が最後まで続くのは必至。国会の動きも激流、濁流、奔流等々先々が見えない波乱に継ぐ波乱状態のままでしょう。一喜一憂する必要はありません。責任感・使命感、そして己れの魂を信じて前進するしかないではありませんか!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2009年01月25日

第1021回 無敵の笑い

208483a5.JPG 今日は、興津つつじヶ丘町内会(柿崎正真会長)と益浦高台町内会(杉森光雄会長)の新年会。同時刻に始まったので、つつじヶ丘を中座して、高台に移動するという「渡り」でした。毎年、ご歓迎いただき有難い限りです。色々あっても、地域の根っこが何よりも大事だなあと改めて感じました。ともかく、相談されたことには誠心誠意お応えするしか信頼を勝ち得る道はありません。何期議員をやっていても、変わってはいけない不動の原点ということです。
 さて、宴会には演芸。高台町内会では、会長と事務局長が学生服・セーラー服でデュエットに興じました。婦人部の仕掛けではあったのですが、大受けに受けて会場は笑いの渦。理屈抜きのコミュ二ティです。裸の人間同士の一体感。
 「君たち人間ってのは、どうせ憐れなものじゃあるが、ただ一つだけ、こいつは実に強力な武器を持っているわけだよね。つまり、笑いなんだ。権力、金銭、説得、哀願、迫害。たったひと吹きで、それらを粉微塵に吹き飛ばしてしまうことのできるのは、この笑いってやつだけだな。笑いによる攻撃に立ち向かえるのはなんにもない。」(マーク トウェイン)
 大衆の大地に生き抜く以外にありません。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2009年01月24日

第1020回 太陽の恩恵は平等

c3a8e903.JPG 来週末に開催する時局講演会の打ち合わせのために白糠。移動中の太陽は、ことの他でっかく、目映いばかりに光を放っていました。政治の混乱や経済の停滞などで膨らむ地上の不安。しかし、そんな悲哀をなだめ励ますかのような堂々たる姿です。誰人へも公平に差別なく注ぎ込まれる慈愛の陽光。かくありたい、と思います。姑息に人々を混乱に導き、不安を増幅し、分断を図ることで自分達の勢力を伸ばす類いの画策に迷わされることなく・・。
 さて、解散総選挙の時期については、年明けからの報道やその他の情報でも、限りなく春以降(微妙な言い方ですが・・)に延びた情勢です。この際、モチベーション云々には言及しないで、ひたひたと反転攻勢の準備に当たりたいと思います。どんなに遅くなっても、今秋には決着をつけなくてはならないのです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年01月23日

第1019回 冬の嵐

2a9473be.JPG 1月のこの時期に雨と強風。これ以上に滑る状況は作れないと思うほどのツルツル路面になりました。最早、異変というより轟音を立てて気候が変化していると言うべきかも知れません。地元小学校のスケートリンクも使用不能が続いているらしく、子ども達は半ば諦め気味になっています。年に数回のスケート授業のために、高額な靴を買わなければならない(成長が早いので、毎年サイズが合わなくなる)保護者も、何だか釈然としない気持ちです。
 さて、参議院も与野党逆転で嵐のような状態。26日には、第二次補正予算案の採決に合意したと報じられていますが、予算執行のための関連法案は除外するらしい。もうこうなると、抵抗のための抵抗と言わなくてはなりません。最大600万円規模の住宅ローン減税とか、低燃費車の自動車減税とか、他にも自治体による雇用機会の創出支援、離職者への住宅・生活支援、妊産婦検診14回無料化、そして6千億円(釧路市配分は6億7千万円)の臨時交付金等々。定額給付金以外にも緊急的な生活支援、地域支援の施策が多数盛り込まれた対策が、速やかに可決成立することを強く望みます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2009年01月22日

第1018回 オバマ大統領への期待

ffc8dbd9.JPG 出張中の夜中にライブ放送されたオバマ新大統領の就任式。思わず見入ってしまい、気がついたら2時半になっていました。そのイベントとしてのスケール感にも驚きましたが、やはり何といっても大統領の演説です。改めて、政治家は言葉であるし、胸中に抱く魂がどうかであると思いました。ハードパワーからソフトパワーへ、対立・分断から協調・対話へ、競争原理優先から分配・結合へ、新大統領のリーダーシップで政治のベクトルが着実にシフトしていくことを期待します。
 さて、その米国でも深刻な経済危機を迎えて、各世帯に小切手を送付する方法で一人当たり300〜600ドルを給付しました。また、オーストラリアでも、韓国でも、台湾でも実施され、消費経済に活気を呼び起こしています。即効性のある景気対策(内需喚起)には減税と公共投資が常識なんです。orではなくand。しかし、我が日本の「定額給付金」は、今尚政局優先の道具に使われています。極めて残念としか言わざるを得ません。
 経済ジャーナリストの上杉隆氏も「コラムで、定額給付金に関して『別に悪くないんじゃないか』と書いたら、公明党の回し者かと言われている。」とCS番組で発言していましたが、非難の本質はまさにそういうところにあるという気がします。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2009年01月21日

第1017回 清水みなとの心意気

1fe23060.JPG 清水商工会議所が母体になって構成している「しみず新産業開発振興機構」(会員80社)。今日は、この機構の中核をなす、会員21社が参画した「駿河湾地域新事業推進研究会」の取組みについてお話しを伺ってきました。
 現在、進行中のプロジェクトは○微細藻類の培養と有効成分の抽出(静岡大学) ○亜臨界水抽出技術の活用(静岡大学・静岡県立大学) ○植物工場における高付加価値植物の育成(静岡大学・静岡県立大学) ○三保地下海水を利用した魚介類の陸上養殖(東海大学海洋学部)等です。特に、植物工場はLEDライトを使った独自のノウハウを研究中で、薬草の有効成分を高蓄積させ、且つ短期間・狭い空間で大量栽培するという農業技術の確立を目指しています。しかも、室内ですから天候に左右されず安定供給することも可能になります。
 同研究会の会長は中西幹育氏。局面印刷法を開発したり、衝撃緩衝材「アルファーGEL」を考案するなど、世界に通用する数多くの新技術開発・事業化を成功させた有名な発明家です。同プロジェクトは、基礎研究ステージから実証ステージの後半に入り、いよいよ数年の間には事業化ステージの段階に入ろうとしています。
 清水みなとの「攻めの姿勢」に、大いに触発されました。釧路も・・!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2009年01月20日

第1016回 工場誘致につながるか

842c8357.JPG 今や我が国のサプリメント市場は約3兆円前後。そのうちOEM方式によるものがおよそ1割でほぼ3千億円規模とも言われています。
 今日は、OEMメーカーの日本タブレット蠅鯔問。横山管理本部取締役部長に、今後の成長性や課題、さらに新たな生産拠点拡大の可能性などについてお聞きしてきました。具体的な内容は企業秘密にも関わることなので、残念ながらこの場で明らかにすることはできません。しかし、工業用水や産炭地振興基金、地価、物流基盤の整備状況等々について説明した事柄の一つ一つに強い関心を示され、社内で検討する余地があるとのニュアンス、手応えは確かにあったとお伝えいたします。
 特に、プロテオグリカンの存在には心が動いた様子だったので、早速「是非一度釧路に視察にお出で下さい。」と要請。「必ず、社長(出張で不在)に伝えます。」との返事をいただきました。宇治市内に第4工場まである同社。従業員の平均年齢は30代と若く、140名以上の社員を雇用しています。懇談後、工場を見学させていただいたのですが、結構人手がかかる分野であることも理解しました。何とか次の段階に進むことができたらと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2009年01月19日

第1015回 就労支援の達人

e387c091.JPG まさに、こんな人がいたのか?という共感と感動。その人の名は、藤本 武。柏原市の地域就労支援コーディネータ。元はと言えば、中学校の校長先生です。平成15年に開設された同支援センターのただ一人の相談員として、これまで300人を超える未就労者を定職に就かせてきました。
 しかも、ただの失業者を就職させてきたのとはワケが違います。ハローワークに行って何十回面接を受けても決まらないワケありから、生活環境のサポートを必要とする母子家庭のママ、さらには5年以上の引きこもりやニートに至るまで、通常の行政サービスでは解決できないケースの就労斡旋なのです。つまり、困り果てている方々への支援。支援のコンセプトは「就労が決まるまで面倒を見る!」。何年かかろうとも、相談者が定職に就くまで支援を継続します。ですから、結果的な就労率は100%。行政サービスの常識を完全に超越しています。
 たとえば、長期の引きこもりの場合は両親へのカウンセリングに約6ヶ月〜1年、その後に本人が来所できるようになってから自立再生に1〜2年かけて、ようやく就職活動ができる心身状態に達します。そこから、受入企業開発→就職に繋がるわけですが、体験就労に至っても、当然のこと仕事に慣れるまでのサポートも重要です。そこまで、藤本さんはとことん関わって一人を育てるのです。
 藤本さんの取組みは、間違いなく就労支援のモデルであり、是非ともスタンダードにしなくてはなりません。春には、釧路にお招きして講演会を開催したいと思います。関係者の目から鱗が落ちることでしょう。ともかく、制度に魂を入れる「人」の存在に圧倒されました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2009年01月18日

第1014回 違和感がある

5fbc3a8e.jpg 国民の7割が反対している?と報道が強調する「定額給付金」。どのTVを見ても金太郎飴のように、ほとんど同じ切り口で批判しています。どこか一つくらい民主党が税制抜本改正アクションプログラムで提起した「給付つき税額控除」とか、社民党の「3兆円規模の定額減税」との違いや問題点などについて論及してもいいように思います。あまりに偏っている・・と首を傾げていたら・・。
 評論家の田原総一朗氏が某週刊誌に野党やマスメディアの姿勢に「違和感を感じる」と疑問を投げ掛けていることが分かりました。氏は「まるで国民の多くが迷惑がっているように見えるのは、野党やマスメディアが盛んに批判したために、少なからぬ国民が給付金には胡散臭さを示さないと具合が悪いと思っているからである。」と指摘。続けて「私が各地で講演して『給付金は評判が悪いけど、ホンネは迷惑ではないですよね』と言うと、例外なく大きな拍手と笑いで包まれる。」とのエピソードを紹介し、国民の実際の反応と世論調査結果との乖離に言及しているのです。
 ボクの実感も全くその通りで、次の衆院選を有利に戦いたい野党こそ「選挙目当て」の為にする批判を続けているとしか言いようがありません。

2009年01月17日

第1013回 50代と60代の差

6585f6da.JPG 今日は、興津2丁目町内会の「子どもお楽しみ会」。「たまにはお父さんが連れてって!」「そうだ、そうだ!」ってことになり、引率役をつとめることに・・。会場では、今井会長ほか役員の皆さんが、駒回し、竹馬、風船人形作り、紙ヒコーキ、けん玉など、昔遊びの伝承よろしく子ども達の遊びを見事にリードされていました。
 「じゃあ、折角だから・・」ということで、ボクも竹馬に挑戦。しかし、それが全くダメで、子どもにいいところを見せられません。「コツをつかめば難しくないですよ。」と60代の役員さんはヒョイヒョイと歩きます。「なーに、これしきのことッ!」と意地を張って何回やっても、結局一歩も歩けません。
 次に挑んだのが駒回し。「これなら簡単でしょ。」と高を括って「エイッ!」とスナップをきかせ・・・ところが、全く駒が立ちません。ゴロゴロころがっていくばかりなのです。「変だなあー」と苦笑いしながら、何回もチャレンジ。でも、何度トライしてもうまくいきません。「そんなに難しくないんですがねー」と60代のおじさんが軽くヒョイ。子ども達の訝しげなキツイ視線に耐え切れなくなって、ついに断念。「50代と60代の経験の差ですね?」なんて、先輩の皆さんに敬意を表してスゴスゴ退散の巻という哀れな顛末でした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2009年01月16日

第1012回 エミューの可能性

6cee3eba.JPG オーストラリア原産ということですから、乳牛のホルスタインと同じです。オーストリッチに似た「エミュー」が、網走で飼育され産業化に向けて着実に前進。東京農大網走の渡部俊弘教授(農芸化学博士)や民間会社が中心となって、肉はもとより体脂肪を原料にした化粧品(オイル・石鹸・クリーム等々)が商品化されています。
 さて、エミュー。孵化から成鳥になるのに2年(ダチョウの半分)だし、年に5〜6個も卵を産むし、丈夫で簡単に死なない(ダチョウの幼鳥は死亡率が高い)し、雑草が生えている草っ原に放しておけば餌の心配もないしで、飼育に難しいノウハウや経験がいりません。さらに、ふれあい観光農場の板垣飼育員によれば、卵の殻や羽毛においても今後高付加価値の商品化が期待できるとのことです。
 現在、網走地域で約200頭(羽か?)のエミュー。アボリジニからは「神の鳥」として崇められ、その薬効が現代科学の手によって解明される・・。近い将来には、1万頭にしたいという構想があるともお聞きしましたが、釧路地域が参入できる余地はまだまだ充分にありそうです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2009年01月15日

第1011回 エゾシカ学

ac431abb.JPG 野生エゾシカを「地域資源」として捉え、産業クラスターの理念に基づき生態〜養鹿〜加工〜流通〜経営に至るまでの領域を総合的に体系付けたカリキュラムにおいて、座学と実習を通じて学ぶ「エゾシカ学」。東京農大生物産業学部(オホーツクキャンパス)の増子孝義教授が、鹿肉以外の新たな展開を進めていると聞いてお会いしてきました。
 肉の次は角か?と予想していましたが、そうではなくて皮革。今年、エゾシカセーム革の商品化が実現します。この革は、吸水用としては人工クロスの数倍の能力をもち、無傷研磨用としては極上の天然素材であり、漉し材としては航空機やヘリコプター燃料用にも使われ、その他湿度調整能力に優れた保管シートにもなり、天然コラーゲンを含んだ極細繊維はスキンケアにも最適ということです。
 阿寒のエゾシカを使っていただくことも決まっているようで、幾重にも釧路地域との連携を強めたいとのこと。来月にも、増子教授をお招きしてセミナーなどを企画したいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2009年01月14日

第1010回 町内会よ永遠なれ

f20adde3.JPG 午前中は、来月開催予定の党新年交礼会の打ち合わせ。午後から女性局の政治学習会を担当して、その終了後はまた交礼会来賓への案内状の整理。夜は、桜ヶ岡連合町内会・同地区社会福祉協議会共催の新年交礼会に出席しました。
 さて、同交礼会に矢野忠治市連合町内会会長がご臨席。歩行はかなり頼りなげになりましたが、弁舌は相変わらず早口・さわやかで衰えを知りません。御歳83歳。今も尚、町内会活動に寄せる強い情熱には、本当に頭が下がります。
 矢野会長が来賓挨拶で触れたのは町内会加入率の問題。現在の市内全世帯数は95,400ですが、これに対し町内会加入は45,800世帯で48%に止まります。50%を割っている現状は、由々しき事態だと会長は憂いておられるわけです。ちなみに、夫婦とも65歳以上の高齢者世帯が22,520世帯に達していて、市全体の23.6%を占めるまでになりました。このうち単身世帯が13,250世帯(7割が女性単独)です。「孤独死をさせない、引篭らせないのは勿論として、地域のどんな不幸をも見逃さないために町内会の存在は益々その重要性を高める。」との訴えには真実の叫びを感じました。
 曲がり角にある町内会活動。打開の道を何とか探っていかねばなりません。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2009年01月12日

第1009回 新年会が始まる

6ffbbdc5.JPG いよいよ今年度の新年会がスタートしました。第1回戦は、春採夕陽ヶ丘町内会(杉本靖会長)。参加人数は少ないものの、町内会全体の結束は強い方だと思います。新人議員の時、生活道路の全てが私道でしかも流末の処理方法がなく、地形的に地域全体が傾き且つ段差だらけという最悪の条件下にあって、役員の皆さんと緊密な連携を取りながら粘って解決(下水の整備と簡易舗装)した思い出は、今尚鮮烈。議員として自信にもなりましたし、諦めないことの大切さを学んだいい機会でもありました。あれから、早15年。お互いに年嵩を重ねましたが、益々いよいよの心意気で今後とも住み良い地域づくりに貢献してまいる所存です。
 来週以降も、毎週日曜日毎に続く新年会。ダブルブッキングも必ずあるわけですが、礼を尽くし又感謝の思いでお邪魔させていただきたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2009年01月11日

第1008回 新成人と給付金

d3d9ea7b.JPG 新成人を祝う釧路市「二十歳の集い」。会場となった国際交流センターには、時間前から続々と若者が集ってきました。一昨日までの天気予報は大荒れ。折角の晴れ着を濡らしては大変だと心配しましたが、最後まで降雪はなく無事開催です。
 さて、公明党青年局による「新成人の意識調査」。今回は「定額給付金を何に使うか?」です。ふざける男の子(これは、毎年のこと・・)も結構いましたが、大方は真面目に回答してくれました。結果は、旅行・食事がそれぞれ1割、ショッピングが3割、貯金が4割弱で残りがその他という内訳。その他では「コンサート」や「もらってから考える」の他、「プレゼント」「寄付」という声もありました。貯金では「結婚資金に」という堅実派から「欲しいものを買う為に取っておく」というしっかりさん、さらには「カードの支払いに回る」という切実な現実派も・・。
 311名のご協力、本当にありがとう。新成人の皆さんの前途に栄光あれと祈ります。そして、第二次補正予算案が早期に可決成立することを固唾を呑んで待ちたいと思います。

2009年01月10日

第1007回 覚悟して迎えた大雪

03d3b8ea.JPG 昨日の天気予報では、相当な暴風雪で40cm超えもあるかと覚悟した今日10日。しかし、眼を覚ましてみても全く雪の気配はなく、昼頃までは「天気図が変わった?」と期待するような静けさでした。
 「折角この日のために用意した新品のスコップも出番はなしか。」と拍子抜けした父。「なあーんだ、やっと雪で遊べると楽しみにしていたのに!」と逆ギレ状態のガキんちょ達。「いい機会だ。ガラクタでも捨てに行くか?」と父。「しょうがないからゲームでもするか!」と乗ってこないガキんちょども。とその時、急に空が暗くなり「あっ、来た!」「おーーーっ、降ってきたよ!」と歓声。
 豪雪というほどではありませんでしたが、僅か数時間で立派な雪景色になりました。「運動不足のカラダにゃ、丁度いいぜ!」と腕を鳴らす父。「これくらいじゃ、かまくらにならないよ!」と気落ちするガキんちょ連中。そして、その傍らでジッと動かない母。シーズンに何回もない降雪だけに、ちょっと大袈裟なリアクションが目立つ我が家(母以外は・・)でした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年01月09日

第1006回 グリーン ニューディール

f800cdd3.jpg 斉藤鉄夫環境相が、環境分野での経済活性化政策とも言える日本版「グリーン ニューディール政策」=「緑の経済と社会の変革」構想について麻生総理に説明。それに対して総理は、早急に具体策を検討するよう同大臣に指示をされ、3月末を目途に作業を進めることになったとのことです。
 構想の骨格は、|楼茲瞭帆論を生かし低炭素化・循環化に資する様々な事業を支援する「エコ改造」事業 ⊃箸硫鵑蠅寮宿覆魎超配慮型製品に置き換えていく取り組みを支援する「エコグッズ」事業 6睛算饂困鯆稈坐撚充匆餽獣曚妨けた投資に振り向けられる環境を整備する「エコファイナンス」事業 等々。より分かりやすく言えば、省エネ家電や電気自動車を急速に普及させる、住宅の省エネ化を促進させる、環境分野に投資が向くような制度を創設する、ということのようです。
 すでに政府として、太陽光導入量世界一を奪還する姿勢を打ち出し、太陽電池を自動車や電機のような基幹産業に育成する取り組みを開始。新年度から、具体的な事業が展開されることになっています。そして、5年後までには環境ビジネス市場を100兆円規模に拡大し、220万人の雇用につなげると・・。
 地方としても、こうした国の動向に歩調を合わせた施策を組み立てることが需要であり、次の市議会でも論戦の主要テーマにならなくてはいけないと思います。

2009年01月08日

第1005回 カムイの夢

bb304e3c.JPG 以前から訪問したいと考えていたカムイエンジニアリング蝓B膠杣卍垢肇▲櫃鮗茲辰董同社仕事始めの今日お伺いをしてきました。
 ペットボトルキャップと各種端木材を原料として同社が生産するカムイウッドは腐食も劣化もなく、木材と比べて格段に長期間の耐用性があります。しかし、偽木ではないかという偏見と輸入木材との価格差などの壁があって普及のスピードはまさに牛歩のペース。特に、公共事業の激減による影響は大きく、事業の安定化にはまだまだ課題が多いという現状です。
 しかし、廃プラや廃木材の優れたリサイクルとしても、またバージンパルプの使用抑制の観点からも、そして何より釧路地域発のベンチャービジネスを成功させる意味からも、何とか盛り立てて上げなくてはなりません。
 今日は、環境省の偏見をどうやって打ち破るかについて意見交換。その内容を、ここで詳しく書くわけにはいきませんが、政治が果たすべき役割はあります。相談を受けた以上は、誠実にしっかり取り組みたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)地域課題 

2009年01月06日

第1004回 札幌の雪景色

32f0e315.JPG 道本部の幹事会で札幌。釧路とは大違いで、当たり前の雪景色でした。でも、例年よりは少ないように感じましたが、気のせいでしょうか?
 さて、復路のJRまでに時間があったので、中国札幌総領事館を訪問。実は、江蘇省塩城市でお世話になった友人のSさんが、昨年末から副領事として赴任されているのです。歓迎の意をお伝えするとともに、いくつかの懸案について情報を交換しました。とても心強い方が札幌在住です。釧路のために、この人脈を有効に生かしていきたいと思います。
 往復の車中恒例の読書は「マグマ」(真山 仁著)。原発、特に高速増殖炉やプルサーマル計画の問題点と代替エネルギーとしての地熱発電をテーマにした作品です。もとより小説ですからフィクションなんですが、極めてリアルなストーリーを展開しつつ、国産資源の地熱に光を当てたいという作者の思いに深く感銘しました。
 上梓は3年前。地熱開発が進まない理由の一つに「地熱資源の多くは国立公園内にあり、厳しい規制がかかっていること。」を指摘しています。しかし、驚きました。帰宅後めくった今日の地元紙に「国立公園でも地熱発電」の記事。経産省が、地熱発電の普及を図るため、自然公園法の改正も含め国立公園内の開発促進策の検討に入ったというではありませんか!
 現在、国内総発電量の0.2%にしか過ぎない地熱発電。片や30%の原発。人体や環境への影響、また厳正な発電単価の比較等々、真正面から向き合って議論しなくてはいけない重要なテーマだと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2009年01月05日

第1003回 若々しくいこう

c84dc428.JPG 通常国会が開幕。波乱含みというより波乱必死の攻防戦になるのは間違いありません。もちろん、議論百出は大歓迎。しかし、審議拒否、採決妨害だけはいただけません。地方にとっても第二次補正予算案の成立時期は、仕事の発注に百%関係しますので、何としても早期に可決されますよう強く願うところです。
 さて、今日は釧路市新年交礼会。蝦名市長の年頭挨拶を拝聴する初めての機会ともなりました。率直に申し上げると、メッセージ性に欠けるかな? 原稿を読み上げるのは致し方ないにしても、40代青年市長として元気とやる気と勢いを見せて欲しかったと思います。困難を極める状況にあって、市長の若さとしなやかさに期待する向きは決して小さくありません。こういう時のコンダクターの指揮棒は、強く大きく振っていただかないとプレイヤーの気持ちが乗っていかないのです。自信を持って、大胆にトップリーダーとしての気概をお示しいただきたい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2009年01月03日

第1002回 友集まりて飲む

1f88cef9.JPG 6、7年ぶりの中学校クラス会。札幌在住の恩師は、家族の介護があって出席できませんでしたが、札幌からの出席1名を含む11名が集まりました。卒業後、37年ぶりに再会した友もいて懐かしい話題に花も咲きます。
 だいたい同窓会というのは、それぞれが微かに残っている記憶を提供し、紡ぎ合い、懐かしむだけで数時間があっという間に過ぎていくもの。今回も、主婦は早く帰さねばとの配慮で夕方5時から始めたものの、結局2次会の終了は夜中の11時。
 それにしても、あれだけ喋れば疲れが残るのは間違いありません。声もかれます。でも、その分ストレスの発散になれば、帳尻が合うということでしょうか。来年の再会を約し、次期幹事を決め、やれやれボクの任務は無事終了なわけです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2009年01月02日

第1001回 音楽の絆

ba3af3af.JPG 市内某所である吹奏楽団の演奏を聴く機会がありました。この楽団には、ボクも20年ほど前まで所属していて、実はほとんどのメンバーが顔見知りです。でも、彼等の演奏に触れるのは本当に久しぶりだし、一時復帰したOBが加わっていたこともあるしで、そのパフォーマンスの良し悪しには敢えて言及しないことにしておきます。
 ただ、仲間達の前向きな気持ちは充分に伝わってきたし、共に音楽をする喜びも滲み出ていて嬉しい限りでした。音楽には、人と人をつなぐ力があります。弱まった心を勇気づけたり、夢や希望を与えるエネルギーがあります。ボク自身が、今この立場で楽団に復帰するのは全く無理ですが、あの頃楽団で学んだことやかけがえのない思い出を生涯の宝にすることは勿論、音楽の心を普段の活動に生かしていけたらなと思います。
 「音楽は文化の華であり、芸術であり、しかも世界共通の言葉である。」
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2009年01月01日

第1000回 集う 触れる 交わす

5efc98bb.JPG 新年あけましておめでとうございます。
 お付き合いで買ったお節二重箱以外は、お正月だからと言って特別な料理を食するわけでもないのですが、都合7人に配ったお年玉の出費に元旦を実感しました。
 さて、家族であれ同志であれ同級生(3日にクラス会)であれ、集い合うことに意義があるとつくづく感じます。別にそれがお正月でなくても構いませんが、人との関わり合いの中にある自分の存在を確かめることは、今の時代とても大切だから・・。問題が多い時、逆風の時、緊張感が続いてちょっと疲れを感じた時等々、人間は心が弱まるとつい「向かう」よりも「逃げる」方向に振れがちです。いくら避けても、それで何にも解決しないことを知っているのにです。
 今日も多くの友と会いました。極めつけは、札幌在住のHさん。「気象変動の観測データを北半球でネットワークさせる必要がある。その枠組み作りに、今動いている。」とバリバリ語っておられました。新年のスタートにあたり、大いに触発を受けエンジンをふかされた思いです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド