2010年08月

2010年08月31日

第1574回 大きな違い 小さな違い

898b2382.jpg 挙党一致が不調に終わり、ガチンコ勝負で雌雄を決することになった民主党代表選。何だかんだ言っても、結局は「オフ(脱)小沢」が争点のようにしか見えません。
 報道によると、世論調査の結果では菅総理が圧倒的に有利だと伝えられています。しかし、少なくとも道内の民主党国会議員それぞれの立ち位置を推し測れば、ここの7区を含めて大方が小沢支持でしょうから、どちらかが圧勝とはならないかも知れません。そして、僅差の決着?
 またぞろ、挙党一致の密談に進むのでしょうか・・? それとも、一層政局の混迷が強まり、解散総選挙への流れが勢いづくことになるのでしょうか・・? どなたが勝っても、その後の展開には大きな違いはない?との観測もあるようですが・・。

 違いと言えば、最近急速にラインナップが拡充されてきたヘルシー系ビール(アルコール100%オフの商品をビールとは言わない? でも、飲む人はビールと思って飲むわけなので、消費者側のカテゴリーとしてはビールでしょ、やっぱり・・)。
 糖質オフ、脂質オフ、さらにはアルコールオフに加えて「オルニチン」入りまで並んでいます。実際に、カラダへの影響がどれほど違うものなのか、所詮は気分の問題(アルコールのインオフは運転の可否で考えると大きな違いにはなりますが・・)かなと思わないでもないのですが、そうした商品の陳列棚で目が泳ぐようになったことに、若干の寂しさを覚えます。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月30日

第1573回 誕生日はケーキ

e63295ac.jpg 今日は、次男の誕生日。もう13歳になりました。
 しかし、朝に家を出て、午前中は事務作業、昼は何故か無性に食べたくなった泉屋風鉄板スパゲッティで、午後は議案説明会と財経常任委の協議会、さらに夕刻から重要会議と続き、一端自宅に戻りケーキの手配だけして、数分間の滞在後ただちに縄文懇談会に出席し、帰宅は真夜中という東奔西走な一日。
 というわけで、深夜に一人ケーキを見るだけで、結局食べず終い。決して甘党ではありませんが、「誕生日にはケーキ」と躾けられた(ケーキ業界に?)世代としては、収まりの悪い誕生日となってしまいました。
 さて、縄文。とても興味深い懇談でした。1万年という桁はずれの時間軸で続いた文明とその謎。北海道の大事な文化遺産の一つであることは論を待ちません。
 これまで、縄文土器(2005・10・14付け記事参照)を実際に作ったり、縄文食(2005・10・30)を体験してみたりしたことはあるものの、それが北海道のこれからに結び付くようなテーマとして膨らむことはありませんでした。
 がしかし、今夜の刺激的な懇談によって、多少なりとも見方が変わったように思います。何かが始まる・・かも知れません。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2010年08月29日

第1572回 1年・・・文字通りに激動

20eec29c.jpg 昨日から開かれている「ら・フェスタ24hシーズン3」(主催 釧路ラーメン麺遊会)に行ってみました。
 が、しかし・・。予想通りの大賑わいと行列のためラーメンは諦めて、1個400円の釧路夕日焼き(たこ焼きを相当大きくしたもの)を食味。先日開催された「フードバトルin釧路 B級グルメの祭典」には、残念ながら参加できず食べ逃したこともあって、これでようやくちょっと追いついた気分です。
 さて、夜は伊東良孝代議士の1周年感謝の夕べ。そうです、あの日から丁度丸1年が経ったのです。会の冒頭に放映されたスライドショーを見ながら、1年前の感動がまざまざと甦りました。
 この間、政権交代があり、普天間問題や政治とカネで揺れ動き、ハチャメチャな国会運営に怒りが広がり、民主党のツートップが辞任に追い込まれ、参院選でネジれて、今民主党の代表選で分裂が囁かれたりと、まさに政界は激動。政治に対する信頼や期待は、地に落ちた感があります。
 これから先、国会がどうなっていくのか、全く不透明としか言いようがありませんが、ボクはボク自身の立場で釧路における党勢拡大に邁進するのみです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月28日

第1571回 春採湖を歩く

0f61df24.jpg 「ちょっと太ってきた。特に、足が・・。」「そうでもないよ。気にし過ぎじゃない?」「ホントなんだってば! 自分でもよく分かるの。」「そうかな? 普通だと思うけどな・・」「普通じゃないでッすッ! やッばいわ、やっぱり。パパ、春採湖行こッ!」「おッ、いいねえ。そういう話なら、すぐ乗るよ。」
 というわけで、朝から春採湖ウォーク。動機は、一応娘のダイエットに付き合う形となりましたが、ボク自身のシェイプアップのためにも喜んで歩きました。久しぶりです。相変わらず、多くの市民が歩いていました。
 高温が続いているからなのか、枝葉の茂りも例年とは違うように見えました。15年近く前に植えた苗木も見事な生長を遂げ、立派な森に育っていました。山ぶどうなどツル科の植物がマント群落を形成し、多様性に深みを感じさせました。
 「ねえ、パパ。この辺で戻ろうかな?」「はあ? 一周しないの?」「半分で戻ったって、一周と同じことじゃん。」「そりゃ、そうだけど・・。でも、まだ半周まで行ってないし・・。」「じゃあ、その半周まで行って、そこから戻りね。」「だったら、ちゃんと一周しようよ。」「だってー、あっちの道は嫌いなんだもん。」「なんで?」「坂が多いじゃん。鉄橋とかもあるしさ。」「痩せたいんじゃないの?」「そうだよ、もちろん。でも、無理はよくないの。」「随分とお調子のいいダイエットだね、こりゃ。」「リバウンドって知らないの? ムリは絶対によくないんだって!」
 というわけで、変則一周親子ウォークは娘主導のうちに終わったのでした。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)春採湖 

2010年08月27日

第1570回 早、折り返し地点

191dfd56.jpg 蝦名大也市長のビアフェスタ2010。多くの支援者が釧路市観光国際交流センターに集まって盛大に開かれました。
 しかし、鈴木宗男、仲野ひろ子両代議士は秘書の代理出席。伊東良孝代議士には案内も出していないのか代理も祝電もなし。市内3人の道議の場合は、小畑保則道議だけ息子さんが代理をつとめていただけでした。市議についても、昨年よりかなり欠席が多かった(来賓席の空席が事のほか目立っていた)ように思います。
 さて、挨拶の中で市長は、財政健全化への決意と国際バルク港湾指定の見通しについて時間をかけて説明。本人なりに、できるだけ分かりやすく話したつもりなのかも知れませんが、どうにも、ちょっと、整然とした展開ではなかったかと・・。
 近くにいた有力な後援者から、小声で「昔から、もう少し演説力を磨けと言ってはいるのですが・・」と苦笑まじりな言い訳があったりもして・・。
 ともあれ、任期の折り返し地点に差し掛かりました。首長の2期目は強い、というのが定説にはなっていますが、説明力次第で強弱の幅は大きくなる・・?
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月26日

第1569回 挙党一致?保身でしょ?

19b36535.jpg 小沢一郎前幹事長が代表選に出馬。「菅総理が挙党一致態勢を拒否した。」というのがその理由なんだとか・・。
 ここで言う「挙党一致」って、何を指してのことなのか? 自分を副総理(憲法第75条との関係で)に、腹心(山岡副代表あたりかな?)を幹事長に起用させるのが「挙党一致」という意味なんでしょう、きっと。所詮は、検察との攻防を有利に運び、同時に権力の実権を握りたいというだけのことにしか見えません。
 緊迫した経済問題や地方の疲弊を放っておいて、党内政局に奔走する民主党。国民不在の権力闘争に対して、国民から厳しい審判を受けることになるのは間違いないことと思います。

 さて、永田町の泥仕合とは対極にあるような「さとう広高」釧路町長の後援会事務所開き。地道で堅実な町政運営に努めてきた1期4年間を振り返りながら、2期目への熱い抱負を述べる同町長のお姿を拝見し、改めて深く感銘を受けました。
 今のところ、対抗馬の出馬は無さそうですが、広く町民の声を聞くためにも、確定するまではきっちり運動を続けるとのことです。ご指名がありましたので、我が党を代表しエールを送る挨拶をさせていただきました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)今の話題 

2010年08月25日

第1568回 いくら何でも財政難でも

1d1fd03d.jpg 企業訪問や事務仕事の他に、今日は桜ヶ岡共和会館(久保利夫運営委員長)の老朽箇所補修・修繕に関する要望書の原案を作成。久保委員長と打ち合わせを行いました。
 築35年以上が経過した同会館は、現管理人さんが磨き上げるようにキレイに清掃、整理整頓されていますが、それでも古くなったが故の傷みはどうしようもありません。そこで今回は、特に絞って以下3点の要望をすることになりました。
 ’喊綛造良旧  ▲侫Д鵐垢亮茲蠡悗─ ´B膵間天井の塗装(煤で真っ黒)
 かつてない財政難に苦しむ中、市もそう簡単に「はい、そうですか。」とはいかない状況下にありますが、そこは知恵を出して早急な改善を求めたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2010年08月23日

第1567回 「ロケ地釧路」を支える

2db42c35.jpg 午前中は、昨日相談された某地区会館の老朽化した実態を確かめるために現場を視察。関係者から、詳しく説明を受けました。
 その後は、事務所で懸案を処理したり、弔問で某家に伺ったり、午後は定例の監査委員会議。健全化判断比率等に関する審査意見書の最終決定をしました。
 さて今、市役所1階ロビーにおいて、映画「ハナミズキ」のロケ地マップや写真パネルが展示されています。北陽高校や出世坂、尺別等々で撮影されたもので、通りがかりの市民に混ざって興味深く観賞しました。
 そして、夜。家族ぐるみで懇談したK家が、ご夫婦でこの映画のスタッフをつとめていたことが分かり、その裏話を聞くことができました。な、な、何と奥さんのTちゃんは、薬師丸ひろ子さんの方言指導担当だったそうで、「なぜ、薬師丸さんは北海道訛りを呑み込むのが早いか?」の推理で盛り上がったりして・・。
 先の中国映画もそうでしたが、ロケ地観光は結構な経済効果が期待できます。しかし、陰で支える地元スタッフの苦労を見落としてはいけません。たとえ非常識な注文であっても、それをものの見事にこなしていけるスタッフの存在があってこそ、ロケ地なんです。行政も、その辺を見誤ってはなりません。・・ということを改めて教えていただいたところです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)フレンド 

2010年08月22日

第1566回 継承、ともかく継承

7f0ddb6b.jpg 午前中から桜ヶ岡新学園台中央町内会(清水芳雄会長)の運動会・野遊会。今回初めてお誘いをいただき参加しました。百数十名の参加者に驚き、次には種目ごとに、また抽選会の際に配られる景品の多さ豪華さに肝を抜かれ、そして、30℃近い強い陽射しにいささか呆れながら・・。
 ともかく、3世代、4世代で賑わっている様子だけで感動する時代です。このイベントを実現した背景には、相当な議論があったろうと思います。特別なスポンサーがいるわけではありませんので、選択と集中に役員皆さんの賛同がなければとても成し得ない財源の使い方です。その大胆さと成功、結局はそのことによって次の担い手を育てることにもなっているのですから、心からの拍手です。実に、アッパレ。

 午後からは釧路芸術館。「親と子の終戦記念10周年・釧路ユネスコ協会設立60周年記念」の舞台でしたが、監督だけでなく出演(第2部)も美術も兼務で司ったしげずさん。さらには、第1部の朗読劇「火垂るの墓」には、一粒種のちっち君まで声優させていました。そして何と、我が家の裏の彩ちゃんまでも・・。
 勿論、子役お二人の名演にも感服しましたが、こうして手作りで地域文化の担い手を育てながら、そして何より平和の心を具体的に伝えておられる行動力に深く感銘したところです。
 戦争を思うことは大して難しいことではありません。しかし、平和のために行動することは、決して簡単なことではありません。利害を超えて、この暑い季節に奮闘されたK家に、そして彼らの仲間達に敬意を捧げたいと思います。ありがとうございました。

2010年08月21日

第1565回 軽いなあ、情けないくらいに

 日米首脳会談を来月9月下旬に開催することが決まったとの報道。
 はて? 普天間の移設先決定を先送りし、滑走路の方式もV字とI字の両論併記でお茶を濁した状態で、一体何を話し合うのだろうか? 「約束は守る」という基本的な信用を得ているとは思えない今の政府ができること、米国が「会ってもいいですよ。」と対応する理由・・・・結局、何かの資金提供でしょうか?
 所詮、首脳会談の体裁を作ることだけが目的のように見えます。9月14日は民主党の代表選挙。首脳会談の日本側出席者が誰になるのか、今はまだ混沌としている状況です。それなのに、このタイミングで首脳会談をセットする必然性と緊急性がどこにあるのか、是非、菅総理には分かりやすくご説明いただきたい。
 そもそも「下旬」という曖昧な表現自体が怪しいです。菅さんの再選なら、そのまま直ちに具体化できるのでしょうが、仮に交代ということになれば、現内閣の総辞職、首班指名、組閣、臨時国会・所信表明演説等々ある程度の日程は必要になります。そして、その直後に首脳会談? 日本側の都合に対して、そんなに簡単にオバマ大統領が予定を空けて待っている? やはり何かおかしい・・。誰かが考えた再選戦略の一つなのでしょうか?
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月20日

第1564回 大興奮・・もしかして

fec9509a.jpg TVをつけた時点で1対4。ダルが打たれて絶対絶命の9回裏。糸井と二岡がつないだものの、中田と鶴岡が倒れて最後のバッターは守備の人「飯山」。「賢介まで回してくれたら・・」との淡い期待だけで見つめていたその瞬間。
 「あッ!」「えーーーーッ!」「行ったんじゃない?」「あーーーッ、入ったーーーーーーッ!」「うわーーーッ、やったーーーッ、すごい、すごい!」「ホントかよ、信じられん・・」「で、この人、だれ?」「だから、飯山だよ、飯山。」「なーんだ、コヤノ君じゃなかったの?」「はあ?」
 ってなわけで、大興奮のお茶の間スタジアム。興奮も「大」がつくと鳥肌が立ちます。「まさか!」が起きました。これで、CS進出にも夢がつながったように感じます。
 それにしても、勝負っていうのは最後まで分かりません。そして、この場合「どうして打てたのか?」の問いに答えはないと思います。ただただ、日頃の訓練、厳しい地道な練習、可能性をあきらめない努力の賜物と言うしかないのです。
 今シーズンのNO.1、少し気が早いかも知れませんが、そう言い切りたい心境です。感動しました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)趣味 

2010年08月19日

第1563回 去年のさんま

3770fabd.jpg 期待した大型棒受け漁も不振。いよいよ、今年の「さんま」は厳しい局面に差し掛かってきました。漁業者、水産関係者、そして市民の落胆、不安は尋常ではありません。
 勿論、まだ始まったばかりですが、もしこのまま例年の1割程度で終わることになったら各所で死活問題が浮上すると思います。今から、その対策を検討しておかなくてはならないかも知れません。
 我が家の秋も、かなりの頻度で「さんま」が食卓に上がります。しかし、今の価格ではとても手が出るはずもなく、予想通り冷凍の糠さんまが申し訳なさそうに登場しました。でも、何故か高級品に見えましたね。
 水温の変化と「さんま」の来遊を願いながら、去年のちょっとショッパ目の「さんま」を有難くいただきました。

2010年08月18日

第1562回 帳尻を合わす

5ff47e3a.jpg 午後から臨時監査委員会議。議題は、平成21年度釧路市各会計歳入歳出決算・・審査意見書の最終決定についてです。
 会議の中で、改めて現在の釧路市財政が危機的状況にあることを実感しました。
 ^貳眠餬廚婆鵤苅娃伊円の黒字は、これは国民健康保険事業支払準備基金への償還金5千万円を繰り延べるという帳尻合わせだったこと
 同基金の他、駐車場整備基金など基金からの借り入れも限界に近いこと
 今後は、これに加えて土地開発・振興の両公社の解散に伴う債務保証の経費が重い負担になる
 っ楼莊从僂猟稾造覆匹砲茲觧埓如税外収入、そしてその収納率までも落ち続けている 等々。
 ここにきて、政府もようやく景気刺激対策の策定に向けた議論を始めるようですが、あまりに対応が遅いです。日銀も、金融による対策には相変わらず消極的。財政と経済で苦悩する地方の切実な声が、益々政府に届かなくなってきていると感じます。

 夏休みも今日で終わり。宿題と工作を間に合わすのに、わが家も駆け込みというか、帳尻合わせというか・・。暑い日に、焦りから来る熱気が重なって家の中はもう大変です。
gekko946 at 20:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月17日

第1561回 維持してるじゃないか

24b05d3c.jpg 健康診断の結果が届きました。封を開ける時の緊張感は、何度も言うようですが年毎に増していく気がします。
 どれどれ・・?
 GOTとγGTPは、前回以下・・よしッ!
 GPTは、前回とほぼ同じ・・・・よしッ!
                    HDL−Cは、前回以下・・・・・よしッ!
                    LDL−Cは、前回と全く同じ・・よしッ!
                    血糖値は、正常値範囲内・・・・・よしッ!
                    HbA1Cは、正常値範囲内・・・よしッ!
 なーんだ、ほとんど去年の数値と同じでし・・あッ、尿酸?正常値より0.1ポイント(前回より0.4悪化)オーバー。
 ということで「アルコールを控えめにし、食事と運動に留意して、肥満の改善に努めてください。」とのご指導になっていました。保健指導レベルは「情報提供レベル」から「動機付け支援レベル」に格上げです。
 そして、もう一つの違いはこの「個人票」を今回初めて妻と娘に見られたこと。
 「尿酸値が高めでした。アルコールを控えめにして・・」 『ふむふむ』
 「肉類・卵・バターなどを控えるとともに、穀類・甘いもの・・」 『なるほど、なるほど』
 「肝機能異常は肥満のため・・食べ過ぎと運動不足に注意して・・」 『はいはい、ウィーフィットということね!』
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月16日

第1560回 写真は厳しきなり

f77dd3ef.jpg 「お盆に先祖が帰ってくる」という言伝え。なかなか実感として分かり得る風習ではありません(不謹慎でしょうか?)が、供養するとか、回向するとか、もっと単純に言えば過去を振り返るとか、感謝するとか等々、節目として心静かに畏まるというのは決して意味のないことではないと思います。また、敬虔な気持ちというのは、人間の慢心を制御する重要な善性かも知れないし、見えない世界を大事に思う入口だという気もします。
 そこで、お盆にあたって、改めて自分の存在について考えてみる・・。
 と、その静けさを破るように、また娘。アルバムが好きで、いつも1人ニヤニヤしてページをめくっている娘なのです。今日は、何故かボクの隣で表紙を開く。
  「この時、パパは何歳?」
  「おーー、若いねえ。懐かしいねえ。」
  「だから、何歳だったって聞いているの。」
  「そんなこと、簡単な引き算で分かるっしょ?」
  「言いたくないの?」
  「そんなことないよ。40ウン歳位かな。」
  「ウン歳て、ほんとにいい加減ね。」
  「おいおい、いい加減て・・。ちょっと待てよ、ん〜〜ん、43か?」
  「ということは、ちょうど10年前ってことね?」
  「たぶん。」
  「次の10年後はどうなってるのかなあー?」
  「えッ・・そんなことわかるかいな、ハハハ・・。」
  「老けてるよね、きっと・・?」
  「そ、そりゃあ、10年経てばそれなりに・・。」
  「わかった、ウィーフィット、やろう!」
  「はあ?」
 娘なりに父の存在を考えて、その結論がシェイプアップ。
 深い思索に入る前に、娘によってイトも簡単に現実に引き留められた今年のお盆。


gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月15日

第1559回 平和への誓い

f93a388b.jpg 終戦記念日。公明党は「行動する平和主義に徹し、核兵器禁止条約の実現めざす」とするアピールを発表しました。

  公明党が終戦記念日アピール

 「行動する平和主義」に徹し、核兵器禁止条約の実現めざす

 終戦記念日にあたり、先の大戦で犠牲となられた方々に謹んで哀悼の意を表し、今なお深い傷跡を残されているご遺族ならびに戦傷病者の皆さまに対して心からお見舞いを申し上げます。

 8月15日は、すべての戦争犠牲者の方々に祈りを捧げ、「不戦」「平和」を誓い合う日です。先の大戦は、幾百万人もの日本国民とそれを上回る多数のアジア・太平洋諸国民の生命を奪いました。戦後65年、戦争・被爆体験の風化が言われる中で、私たちは、尊い人間の生命を手段、道具として扱う戦争の残酷さ、愚劣さを次世代に語り継ぐ努力を更に強めなければなりません。

 広島、長崎への原爆投下から65年の今年、国際社会には核兵器廃絶に向けて新しい風が吹き始めています。

 5月にニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)再検討会議では、初めて核兵器禁止条約に言及した最終文書が全会一致で採択されました。さらに8月6日の広島平和記念式典には、原爆を投下した米国の駐日大使をはじめ国連事務総長や核保有国である英仏の代表が初めて出席しました。昨年4月にオバマ米大統領がプラハで「核のない世界」に向けて行動すると演説して以来、世界の核廃絶への気運は着実に高まりを見せています。

 この時にあたり、唯一の被爆国である日本は、今こそ先頭に立って核廃絶に向けて強いリーダーシップを発揮していくべきであります。菅直人首相が、平和式典出席後の記者会見で「核抑止力は引き続き必要」と発言し、被爆者の感情を逆なでするものと非難されたことは、誠に遺憾であると言わざるを得ません。私たちは、「原爆の日」を迎えた広島市で、核兵器禁止条約の実現や2015年の「核廃絶サミット」開催などを柱とする「核廃絶へ向けて――公明党の5つの提案」を発表しました。公明党は、核兵器は「絶対悪」との思想に基づき、断固たる決意で核廃絶に取り組んでまいります。

 口で戦争反対を叫ぶだけでは平和は実現できません。大事なのは、何をなすか、どう行動するかであり、公明党は、「行動する平和主義」に徹すること、すなわち世界中の人びとがテロ、貧困、飢餓、紛争、感染症などの構造的暴力から解放される「人間の安全保障」確立への具体的な貢献こそ、日本の進むべき道であると考えます。また、平和創出のためには、人々の心の中に他者の存在、他者の痛みを感じ取る心を育んでいくことが重要であり、不信を信頼に変え、反目を理解に変える「対話」「文化交流」「青年交流」の拡大に力を注ぐべきであります。

 公明党は、結党以来、大衆福祉の実現とともに、地球民族主義に基づき「戦争のない世界」「核兵器のない世界」の実現を大目的に掲げています。

 65回目の終戦記念日にあたり、「平和の党・公明党」の使命と責任を肝に銘じ、世界の平和と人類の繁栄に貢献する日本の国づくりに全力を尽くすことを改めてお誓い申し上げます。 

2010年8月15日 
公明党

2010年08月14日

第1558回 クソ度胸がある

fa4c460e.jpg 好天に恵まれて第47回春採湖水まつり(主催 春採湖の会)。お盆の中日でしたが、多くの家族連れや少年少女のカップル達が訪れ賑わいを見せました。
 ボクはいつものことながら、朝8時からテントや焼き台、立ちトレ、パイプ椅子の搬入から始まって会場設営、そして午後の開始時から豚串担当です。エバーグリーンプロジェクトのボランティア達に焼きのコツを伝授しつつ、煙で涙を流しつつ、露店の前を通り過ぎる顔見知りに挨拶しつつ、更には、娘のお誘いをいただいて「ボート漕ぎペアレース」に出場しつつ(結果は4艘中、何と第1位)、久々に全身から大粒の汗をかきました。
 さて、今回の開会宣言は、娘が担当。先般の春採湖の会年次総会の折りに、ボクを迎えにきた娘に目をつけたのが渡辺武郎事務局長。この方は、相手に断らせない頼み方をする名人で、あっさり押し切られ気がついたら承諾していました。
 本番。親の心配を余所に、実に堂々たる宣言でした。ボクの子ども時代とは比較にならないクソ度胸。
  「しっかりした娘さんですね。」
  「はあ。」
  「将来が楽しみだわ、こりゃあ。」
  「はあ。」
   ・・・・・・・・・
  『パパ、ギャラは?』
  「やっぱり、そう来たか・・。クソ度胸にもほどがある。」
  『えッ、なに?』
  「いや、なんでもない。」

2010年08月13日

第1557回 避暑の選択

f7accbb9.jpg 台風一過で猛暑な今日、予報では最高気温24℃でしたが、朝からその程度ではすまなさそうな陽射し。さて、どうするか?
 義父の初盆法要を家族だけで行った後、2班に分かれて(長男が小学生まではこんなことはなかったのに・・)暑さ対策。母と長男は「興津ほど涼しい場所はない。」ということで自宅でのんびり。父と次男、長女は、ジッとしているだけで暑苦しいと感じ、郊外の旅へ。・・そして、夕刻。
 「おいしいお蕎麦も食べたし、お家が最高よね。」
 「そうだよ。暑い日は興津がサイコー。」
 「なあに、ただの面倒臭がり屋の戯言を・・。緑の風はよかったなー。」
 「ほんと、ほんと。気持ちよかったよねー。」
 「まあちゃん、暑くなかった?何度あった?」
 「暑くなかったけど、ん〜〜ん、28度だったかな?」
 「ヒャーー、フッフッフッ、ホーホッホッホッ。」
 「嫌な笑いかただね、こりゃ・・。」
 「まあーき、昼は何食べた?」
 「ん〜〜〜ん、コンビニのおにぎりかな。」
 「おーーっ、ヒャッヒャッヒャッ、カッカッカッ。」
 「性格の悪い親子だね、まったく。」
 「でもー、帰りの温泉は気持ち良かった。」
 「えーーーっ、ズル!」
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月12日

第1556回 「どうせ・・」が増えたら社会は荒れる

ae91af94.bmp 発達障害や教育に関わるメンバーが集まって「特別支援教育を考える会」を開催。拠点校方式から分散方式に変わって以来の現状と、今後の課題などについて忌憚のない意見交換ができました。以下、懇談の骨子の一部を紹介します。
 
 個々の障がい(特性)に応じた教育というのは、実は普遍的なもので、障がいのない子ども達への教育を充実させることにもつながる。今、基礎学力の低下が問題視されているが、分からない状態を放置してしまうツケは、後々地域力の減退を招く要因となる。どんな子どもにも分かるように教える教育に取り組まねばならない。

 分からないまま大人になると、就業やその他の社会生活に様々な制約が課せられる。「どうせ自分なんて・・」という後ろ向き人間が増えると、社会は確実に荒れる。基礎学力の問題、障害児教育の問題は、本質的にはまちづくりと直結している。

 特別支援教育の現場で、摩擦が起きたり、何か大きな不安を抱えた時に、気軽に相談できチームでその問題に対処してくれる「解決力」のある機能・システムが必要になっている。先生発でも保護者発でも、困り感を真正面から受け止めてくれる第3者的センターの設置を検討しなくてはならない。

 この他にも、まだまだ話題は広がったわけですが、まずはこんなところで・・。機会を見て、今後も是非、会を重ねていきたいと考えています。

2010年08月11日

第1555回 暑いと台風も来る

341487a8.jpg 偏西風の蛇行によって(気象庁の見解では・・)襲い来た猛暑。とは言っても釧路市南部は、せいぜい25℃ですから恩恵を受けた(釧路に限りですが・・)というレベルでしょうか。
 が、しかし。夏の暑さは、勢力が衰えないまま「台風」もやってくるというリスク付き。これまでは、釧路に近付くにつれて当地の寒さに頭を垂れるかの如く、熱帯低気圧に格下げされてきた「台風」、でしたが・・。
 まず、現れた第4号。予報では、道東に針路を取るらしい。そして、その暴風は温かい湿った空気をも引き連れてくるために、豪雨までも呼び込むとのこと。
 さてさて、台風に慣れていない釧路人は、慣れていないが故に何をどう備えればよいのか、戸惑っておられる方が多いかも知れません。
 私的には、風で吹き飛びそうな軽いものは家の周りには置かないことが重要だと認識しています。あとは、道路維持事業所に、普段以上の土嚢を準備するよう注意を喚起しておきたいと思います。
 週末のお天気は大丈夫なんでしょうか?
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月10日

第1554回 緊急総決起大会

a2a88857.jpg 釧路商工会議所など釧根の4商工団体が共催する「北海道局の整理統合に反対する緊急総決起大会」が開催されました。
 席上、鈴木宗男代議士は「北海道局の存廃は、国交省の中で何も議論になっていなし心配には及ばない。他県の地方整備局と同時並行で議論されるならともかく、北海道局だけの整理統合はありえない。」と、今回の緊急総決起大会の開催そのものを疑問視。主催者と真っ向から対立するような挨拶をしました。
 それに対し、伊東良孝代議士は「国交省内で局の新設や整理統合がテーマになっているのは事実。仮に、北海道局がその対象にされたなら、北海道の沈没、地域経済の崩壊に直結する。今、地域の声を上げることは絶対に必要なことだ。」と応酬。またしても、両者の間に熱い火花が散りました。
 さて、今年度の北海道開発予算は「コンクリートから人へ」の方針の下、大幅な削減に追い込まれ事業費べースでは半減以下になっています。確かに、仕事がなくなっても組織だけは無傷で存続するという論理はそもそも成立しません。かの事業仕分け方式で審判を受けたら、まさに風前の灯になってしまいかねないと思います。
 はたして今日の総決起大会が、鈴木さんの言う通りただの杞憂に過ぎなかったのかどうかは、来年度の予算編成の中で明らかになるはずです。「政治家の言葉が軽くなっている。」と指弾した鈴木さんご自身にブーメランしないことを期待したいと思いますが・・。

2010年08月09日

第1553回 退化していく政権

 規制法改正
 先日行われた参議院予算委員会。山口那津男代表が、〇憶〜の民意 ⊂暖饑波言 政治とカネ ど疆郡嵬簑蝓´タ靴靴な〇磧´δ蠖削減 について関係閣僚の見解を質しながら、機能停止状態にある民主党政権を追及しました。
 特に、政治とカネの問題では一連の不祥事再発防止のために、政治資金規正法の具体的な改正案を示したにもかかわらず、菅総理の態度は全く煮え切りません。前鳩山政権時代(この方も口だけでしたが・・)よりも後退した感があります。一体、何をしたくて総理になったのか? 指導力を発揮しようとしない菅総理を見ていると、いまだ就任2ヶ月にして、早くも政権末期の姿をさらしているように思います。
 来月には代表選。短命の歴史をまた1枚綴ることになるのでしょうか?

 公明新聞の記事から、予算委員会の抜粋。

■政治とカネ

 山口代表は、鳩山由紀夫前首相や小沢一郎前民主党幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題について「辞任でけじめがついたと(首相が)言っても、課題は何も解決していない」と指摘。課題解決へ当事者が説明責任を果たすとともに、再発防止策を講じる必要性を訴えた。

 その上で、公明党が提案している、政治家の秘書に対する監督責任を強化する政治資金規正法改正案に賛同するよう訴えたが、首相は「国会審議を通して判断したい」と述べるにとどまった。

 これに対し山口代表は、鳩山前首相よりも発言が後退したとして、「『クリーンな民主党』を名乗る資格はない」と糾弾した。


gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月08日

第1552回 人が育つ歓び

6614b3df.jpg 生え抜きの選手が成長し、その才能を開花させる過程を見るのは、野球の楽しみの中でも格別なもののひとつです。
 今シーズンの前半は、糸井。クレバーさに欠ける(決して悪いと言っているのではありません)面はありますが、本能レベルで反応する野球センスは、やはり並外れているものを感じます。
 中盤は、小谷野。レギュラーを取りかけた途端に、新人の中田君と競う状態に追い込まれて、それが急速な成長の起点になった反骨のプレイヤー。超一流の守備に加えて、今や打点王を争う4番打者。名実ともにチームの中心選手に育ちました。
 そして、勝負の後半戦。華やかに躍り出たのが翔君です。ここ11試合で8本。初本塁打で得た自信と余裕が、その後の活躍を生み出しました。彼の登場で、シーズンの楽しみが増えたのは間違いありません。仮に、クライマックスシリーズに出られなくても、平成22年という1年は大きな意味合いを持つ、また面白いシーズンだったと振り返ることができると思います。
 論理は飛躍します。日本のプロ野球は「戦力外選手の無償放出以外は移動できない」ようにルール変更できませんかね?最近の機構は、昔ほど読売の支配力が効かないようだし、長い目で見れば、その方がプロ野球は発展するし、伝説や物語が増えるような気がしてならないのですが・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)趣味 

2010年08月06日

第1551回 白樺台が炎上?沸き立つ開店

7eaf8e9e.jpg 卸売スーパーヒロセ白樺店がオープン。午前9時の開店時には、およそ100名前後のお客様が行列(早い人で8時には並んだとか?)を作っていました。その後も、人波は絶えることなく、まさに殺到と言っていい状態が続き、開店10分後には早くも入場制限。すでに気温は25℃に達し、暑い陽射しの中で行列に加わる住民の皆さんも大変だったと思いますが、しかし表情は何とも言えない嬉しさに輝いていました。
 待ちに待ったスーパーの開店。この間、白樺台発で「買い物困難地域」問題が新たな地域課題としてクローズアップされるに至りました。ほんの10年前には思いも依らなかった展開に、進行する人口減と高齢化を否応なく実感した次第です。
 いずれにせよ、興津のスーパーやまじゅうと白樺台のセオと、2回にわたって買い物困難地域問題に直面しました。地域の市議として、後継店の誘致に一定の貢献ができたとは言え、いついかなる時に他の地域でも同じような問題が発生するか分かりません。
 あらかじめ不測の事態に備えることが、こうした問題において可能かどうか微妙ではありますが、ともかく近くのお店で買えるものは近くで買うことを、地域あげて習慣付けることが何より肝心なことです。
 開店祝いのつもりで買ったバナナとスイカを手にぶら下げながら、行き交った知人には「今の気持ちを忘れないようにしましょうね。」と・・。

2010年08月05日

第1550回 地域全体のことを考えて

c1be0646.jpg 猛暑日を超えた地点が全国で177。まさに、灼熱の様相です。テレビで見ても、お気の毒としか言いようがありません。その点、25℃にも達しない釧路市は、今日本一快適で贅沢な夏を過ごしていると言えるのです。涼を求め、避暑を願う日本国民の皆さん、特に熱中症のリスクが高い年金暮らしの方々は、是非、釧路市にお越しいただきたいと思います。
 さて、今日は石炭対策特別委員会(高橋一彦委員長)の協議会。理事者から、釧路市新産業創造等事業の平成22年度申請書受理状況について報告がありました。
 それによると、6月末締め切りまでに受理した申請は16件で、助成希望額は総額で約22億700万円(総事業費約62億7,400万円)。実は、今年度取崩可能額は約12億2,500万円ですから、何と10億円弱足りません。
 どうするか? 市は、審査会を設置し、助成対象となる事業者を選定するとの考え方を示しました。いわゆる相対評価で○×をつけるということです。しかし、折角の投資案件、×によって事業化が断念されるとしたら、現今の経済事情から考えても全く惜しいし、もったいない。そこで、「助成目的を充たす事業の合計が、仮に取崩可能額を超えるようなら、配分額を調整するなどして絶対評価で採択すべきではないか。」と申し上げました。地域全体のことを考えるなら当然の結論です。
 審査会の審議状況を注視していきたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2010年08月04日

第1549回 年ごとに増す緊張感

bdd10caf.png 1年に1回の健康診断。実は、議会事務局が段取りしてくれたのは7月でしたが、所用のため1人だけ今日に変更していただいたわけで・・。
 ともかく、ムダな肉の存在を充分に理解している立場としては、謙虚に審判を受けるという心境です。心電図・・異常なし。眼底検査・・異常なし。腹部エコー・・軽い脂肪肝(はい、分かっております)。血圧・・正常。ここまでは、例年通り。問題は、後日送られてくる血液検査(ガン検診の方は大丈夫でしょう、多分)の結果です。肝機能と血中脂質。いつものことですが、この1年は特に運動不足でした。ほとんど何もしていなかったと言えます。まな板の鯉・・。明鏡止水、静かにその通知を待ちたいと思います。
 夜は、葬儀委員長。施主は、支持者であり小学校時代の同級生。あの頃は、将来こんな形で友達の親を送ることになるなんて、寸分も思いはしなかったです。心を込めて、追悼と御礼の挨拶をさせていただきました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2010年08月03日

第1548回 学びを支援する

4d85a436.jpg 先週、特別支援教育について懇談した際に「学び」への支援が話題になりました。
発達障害児の場合、勉強に集中させたり問題を認識させたりするのに、障がいの特性に合わせた一手間というか、ちょっとした支援が必要となります。そこを面倒がらずに、優しく支援の手を加えていただくと、たとえ障がいがあったとしても確実に学習は進みます。しかし、ともすれば「自立支援」という名の「生活支援」にばかり意識が行ってしまい、「学び」が疎かになる傾向がないわけではありません。
 今後は、こうした点についても、しっかり声を上げていくことが大事だと感じています。

 今日も、公明新聞の記事です。「学び」を支援する観点から、参考になります。

 公明党女性委員会の青少年いきいき教育プロジェクトチーム(PT、山本香苗座長=参院議員)は2日、財団法人・日本障害者リハビリテーション協会(東京・新宿区)を訪れ、発達障がいなどで“読む”ことが困難な子どもたちのためのマルチメディアDAISY(デイジー)教科書の普及に向け、関係者と意見交換した。これには、山本座長、竹谷とし子参院議員、野上純子副座長(都議)、地方議員が参加した。

 発達障がいなどがある児童・生徒の中には、教科書の文章を読み飛ばしてしまう、どこを読んでいるのか分からなくなるなど、読むことに困難を覚えている子どもがいる。

 デイジー教科書は、パソコンなどを活用して、通常の教科書の文章を音声で再生した上で、対応する文章を色で強調。さらに、文字の大きさを変えるなどの工夫を施すことで、そうした子どもたちに、教科書の内容の理解を促す効果がある。

 デイジー教科書は、公明党が推進した教科書バリアフリー法の施行(2008年9月)などを機に、提供がスタート。製作ボランティア団体の協力を得て、教科書の電子データを基に作成し、同協会がCD―ROMの形で配布している。

 意見交換の席上、同協会情報センターの野村美佐子センター長は「デイジー教科書を国としてしっかり位置付け、普及を図ってほしい」などと要望した。

 また、デイジー教科書の作成にボランティアで協力しているNPO法人「奈良デイジーの会」の濱田滋子代表は、「支援学級にパソコンの機器が整備されていないところもある。教員へのIT(情報技術)研修も必要だ」などと指摘した。

 参加した公明党議員からは「教員への意識啓発が大事だ。自治体で取り組みたい」などの声が上がった。

 山本座長は「公明党の議員ネットワークである『チーム3000』を生かし、国や自治体で、デイジー教科書の普及を積極的に推進していきたい」と語った。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)学校 | 公明党

2010年08月02日

第1547回 お急ぎ下さい、アレルギっ子

3e81f7a7.bmp 今日は、市民相談を受けたり、教育委員会幹部と種々意見交換をしたり、また夜には、商業者団体首脳との協議会に参加したりしました。
 さて、市立釧路総合病院の「小児アレルギー専門外来」。何せ月1回(第3土曜日)だけの開設なので、どうしても新患を受け入れるには制限があります。ありました。が、しかし。ご自分(ご家族)で症状をコントロールできる患者さんが増えてきたこと、ナースがカウンセリングやスキンケア指導のスキルを上げてきたこと等々で、診察の効率がアップ。その分、外来に余裕が生まれてきたのでしょう。このたび、久々に新患を受け付けることになりました。
 アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、小児ぜんそくでお悩みの方は、是非受診していただきたいと思います。「えーーっ、こんなに早く良くなるの?」と驚かれるに違いありません。そして「今までの治療は、一体何だったの?」とも・・。
 お問い合わせは、0154−41−3373番。申し込み期間は、8月2日(月)から13日(金)の土日を除く午前9時から12時30分までとなっています。

2010年08月01日

第1546回 いつの間に草食系

64f02eb7.jpg 今日は、国道44号線沿いの地方議員宅を訪問。涼しい風を感じながらのドライブを満喫するとともに、有意義な懇談をじっくりすることができました。
 夜は、「春採湖の会」の総会。議事を約40分でツツガナク終え、その後は懇親会です。飲み、食べながら「湖水まつり」の運営について、アレはこう、コレはどう、と意見交換したり、寄付集めの苦労話しをお聞きしたり・・。
 さて、それはともかく、この宴の料理は串焼きがメイン。豚や鳥なのですが、相当なボリュームの串が次から次へと運ばれてきて、それを目にする毎に食欲が減退。お隣のO幹事長は、年上にもかかわらずバクバク食べるのですが、ボクはダメです。鳥1本と皮付き1本でごちそうさん。「なした?だらしない。胃でもわるい?」とお声をかけていただき恐縮するだけで、とても手が伸びません。
 「いつから草食系に?」と自分に問いかけながら、その一方で脂肪がまとわりつくお腹辺りをさすっていたのでした。