2015年10月

2015年10月31日

第3287回 改善傾向にあるものの

b0f89de0.jpg 第58回釧路市PTA連合会研究大会。
 鳥取西小学校を会場にして開催されました。

 大会スローガン「北の大地ではぐくもう生きる力と夢・未来」
 大会主題「21世紀を担う子どもたちを育てるPTA活動〜自立する子を共に育む家庭と地域の教育力〜」

 さて、配布資料の中に北海道教育庁釧路教育局提供の「全国学力・学習状況調査の結果」がありました。
 全国と北海道の平均正答率の差がグラフで示されています。

 そして、その結果は『北海道の子どもの学力の状況は、改善傾向にあるものの、多くの教科で全国よりも低い状況が続いています』
 その原因は『北海道の子どもたちは計画的に勉強していますが、学習時間が短い傾向が見られます』

 ちょっと漠然とし過ぎ^^
 せめて、「釧路地域の状況は、多くの教科で北海道平均をも下回っています」くらいは書く必要があったのではないでしょうか?

 加えて「釧路地域の子どもたちの家庭学習の時間は全国平均を上回っていますが、それが学力向上にはつながっていません」とも・・。
 そして、その原因についての記述があれば、それなりに意味のある資料になったのではないかと残念でなりません。
 
 以下、今年度の教育懇談会(主催 釧路市教育委員会)の計画です。
 「共に考える」に相応しい資料の配布と説明に期待したいと思います。

 11月 2日(月) 阿寒湖小学校
     4日(水) 桜が丘小学校
     6日(金) 城山小学校
     9日(月) 共栄小学校
    12日(木) 昭和小学校
    13日(金) 音別小学校

 いずれの会場も、午後7時から同8時30分の予定です。
 どの会場に参加するのも自由となっています。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)学校 

2015年10月30日

第3286回 フォーカスを絞って反転攻勢

5c38060c.jpg 朝から要望活動。
 まず、8時に北海道東京事務所に集合し、種々打ち合わせ。

 辻副知事他事務方3名、道議会石特委(小畑保則委員長)の各理事、地元の田中英樹道議、蝦名市長他随行2名、KCM中島社長他随行3名、太平洋興発の佐藤社長他随行1名、そしてワタクシ。

 午前9時の伊東良孝衆議院議員から始まって、道内選出の与党国会議員事務所を訪問。
 ご本人と面会できたのは、伊東代議士と佐藤英道衆議院議員。

 昼食を挟んで、午後は鈴木淳司経産副大臣。
 石炭研修事業に係る予算確保について、理解あるお言葉をいただきました。

 が、しかし・・。
 総論では、要望団全員と副大臣は問題意識が完全に一致しています。

 気に掛かるのは、各論。
 微妙な認識の違いを感じざるを得ませんでした。

 今回の要望は、今年度と同額予算の確保(復活)と4ヶ年の継続。
 研修費(受入+派遣)、鉱道使用料、新規事業費等全ての費目で今年度と同様の規模で4年間ご支援いただきたい。

 しかし、副大臣が強調されるのは来年度の事業継続、概算要求額(今年度比−2億円)の確保、道や市の一層の支援、KCMの経営努力・・。
 『これまでの経緯もありますから・・』

 エネ庁石炭課から繰り返し説明されてきた内容そのままです。
 これでは、ちょっと危うい。

 このままでは、費目の組み換えで鉱道使用料の一部復活の体裁を取りながら、実質は概算要求通りに総額から−2億円で決着がつきかねません。
 それでは、ダメなのです。

 この際、懸念が当たらないようにと祈るばかりでは不安を拭えません。
 再度、我が党の国会議員に対して、フォーカスを絞り込んだ明快な説明とお願いをしなくてはならないと感じました。

 残された時間は限られています。
 ギリギリまで、反転攻勢に挑むしかありません。

2015年10月29日

第3285回 大逆転の一歩

f19518a2.jpg 午後から参議院議員会館地下会議室。
 公明党の国会議員に対して要望書を提出しました。

 井上義久幹事長、稲津久・佐藤英道両衆議院議員、横山信一・新妻ひでき両参議院議員が出席。
 要望団は、KCMの中島太郎社長他執行役員、阿知良寛美道議(道議会石特委員)、田中英樹道議、秋田慎一市議(市議会石特委員)、釧路市の産業振興部長、石炭対策主幹、そしてワタクシ。

 「石炭研修事業に係る鉱道使用料を今年度同額で来年度以降4年間、確保していただきたい」
 4年後には釧路市内で稼働する石炭火発に一定量を販売することで、輸送コストの低減が図られ、KCMの経営自立化が可能となります、と。

 各国会議員からは、大変に深い理解が示され、前向きな視点での質問が相次ぎました。
 『党を挙げて、しっかり対応していきます』

 非常に心強いお言葉をいただきました。
 有難い限りです。

 先に通知された概算要求では、相当厳しい内容になっています。
 その通りになると、とても向こう4年間まで経営を続けることは極めて困難。

 何としても、政治判断で支えていただくしかありません。
 この14年間、KCMの研修事業は十分に国益に貢献してきました。

 日中、日越間の関係強化にも重要な役割を担ってきました。
 勿論、地域の基幹産業として雇用を守ってきました。

 今策定中の地方創生総合戦略の観点から言っても、KCM抜きの雇用対策は考えられません。
 何とか、大逆転の決着をお願いいたします。

 明日も、国会議員会館を回って要請活動を展開します。

2015年10月28日

第3284回 活発な意見や要望が相次ぐ

ebce4f81.jpg 午後から議会報告会。
 市役所議場で開催しました。

 参加者は23名。
 市連町の西村会長他、多くの役員の皆様にもご出席をいただきました。

 意見交換でのご発言は以下の通りです(要旨)。

 ◆報告会、中学生模擬議会等の取り組みに賛同する。もっとPRに力を入れてほしい
 ◇まちづくり基本条例を具体化するには市民への浸透が重要と考えるが対策は?
 ◆請願・陳情の不採択の理由は?
 ◇駅高架化が具体化していない。スピード感を持って進めてほしい
 ◆中心市街地の空きビル対策をどのように進めるのか。また再開発の見通しは?
 ◇市民活動団体と市議との連携を望んでいる。積極的に関わってほしい
 ◆町内会の加入率は全道最低の50%以下。議員の立場で加入促進に力を入れてほしい
 ◇埠頭、岸壁の活用について一層積極的に検討してほしい
 ◆町内会の未加入者が、もれなく防犯灯電気代を負担するよう検討してほしい
 ◇港まつり歩行者天国の来年度の実施について、結論はいつ頃出るのか
 ◆厳島神社祭りの運営は限られた町内会で支えている。今後のあり方を検討してほしい
 ◇地区会館や児童センターを併設する上で、様々な課題があると思うが見解は?
 ◆街区公園の駐車場にキャンピングカー専用の機能充実を図るべきでないか


 さすがに、市連町の幹部の皆さんです。
 次々に手が上がり、あッと言う間に定刻の時間となりました。

 報告会の締めに、議長として御礼のご挨拶を申し上げました。

 その後は、商工会議所青年部、釧路山岳連盟からの要望。
 また引き続き、その他の案件について協議、決済が続きました。

 明日からは、また出張。
 1泊2日で上京します。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2015年10月27日

第3283回 今日から「読書週間」

 どうやら今日は「文字・活字文化の日」
 さらに「読書週間」(11月9日まで)の初日にも当たるとのこと。

 詳しくは、以下の通りです。
 ウィキペディアから転載。


 『読書週間(どくしょしゅうかん)とは、10月27日から11月9日までの2週間にわたり、読書を推進する行事が集中して行われる期間。

 1924年に日本図書館協会が11月17日から11月23日までの「図書週間」を制定していた。
 1933年には「図書館週間」と改称され、出版界では「図書祭」が開催されていた。
 しかし、戦争の影響で、1939年には一旦廃止された。

 終戦後の1947年、日本出版協会、日本図書館協会、取次・書店の流通組織、その他報道・文化関連団体30あまりが参加して「読書週間実行委員会」が結成され、11月17日から11月23日までの第1回「読書週間」が行われた。
 「一週間では惜しい」という事で、2回目からは10月27日から11月9日までの文化の日を挟んだ2週間となり、現在に続いている。

 1959年11月に、読書週間実行委員会の任務を引き継いで「読書推進運動協議会」(読進協)が発足した。』


 ということで、読書。
 さて、何を読みましょうか・・。

 実は今、読みかけの文庫本があるので、まずはその本を読了すること。
 とは言いつつ、結構な長編。

 何とか「読書週間」中に読み終えたいと思っています。
 皆さんは、この機会にどんな本を手にされますか?
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)趣味 

2015年10月26日

第3282回 議会報告会が始まる

0cee54f6.jpg 今年度の議会報告会が始まりました。
 初日の今日は、市議会議場で18:30から開会。

 寒い中、10名の参加者がありました。
 冒頭、議長として挨拶。

 ◎議会基本条例の規定を踏まえて開催する
 ◎積極的に市民への説明責任を果たす
 ◎市民との意見交換で得られた要望等を市政に反映させる

 ことなどを申し述べました。

 パワーポイントによる9月議会の報告の後、意見交換会。
 様々なご意見やご質問が相次ぎました。

 ◆指定管理者の活用によって市民サービスの低下を招いてはいないか
 ◇集会施設の運営・管理にあたっては社会教育の視点を持って市民活動を喚起してほしい
 ◆議会改革度調査で全道1位になった要因は?
 ◇市の職員は議会対応を優先するあまり、本来の職務がお座なりになってはいないか
 ◆18歳選挙権が決まり、今後議会としても積極的に働きかけをする考え方はあるか
 ◇一問一答方式、議会ライブ中継は非常によい取り組みであるが、PR不足ではないか
 ◆道東道阿寒ICー釧路西ICの整備促進のために議会はどのように取り組んでいるか
 ◇議会報告会の出席者は増えてきたのか、また報告会の開催が市民の関心を高めたのか
 ◆報告会の出席者が少なくても、長く継続することが大事である
 ◇議会だよりの配布と報告会の開催が同時期であれば、質問がし易くなるのではないか
 ◆病院改築の設計にあたって採用した「プロポーザル方式」とはどのようなものか
 ◇計画されている「火力発電所」では、KCMの石炭を使えるのか

 発言者に偏りはあったものの、広範囲にわたってのご発言がありました。
 改めて感謝を申し上げます。

 明日以降も30日(金)まで連続的に開催いたします。
 多くのご参加をお待ちしております。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)議会報告 

2015年10月25日

第3281回 市連町の創立50周年を祝う

580a8843.jpg 釧路市連合町内会(西村 毅会長)の創立50周年。
 午後から、記念式典、記念講演会、祝賀会が断続的に開催されました。

 記念式典では、市議会を代表して祝辞。
 時代とともに変化する地域コミュニティーの役割ついて言及し、今後も町内会の存在感が高まることへの期待を申し上げました。

 夕刻からの祝賀会は、約360名程の出席者で大盛況。
 寿こども蝦夷太鼓で幕が開き、和やかに親睦交流の輪が広がりました。

 それにしても、来場者(町内会役員)の平均年齢が高い^^
 加入率の低さとともに、当面の大きな課題です。

 その後は、海上自衛隊護衛艦隊第1海上補給隊補給艦「ましゅう」の歓迎レセプション。
 釧路地方自衛隊協力団体連絡協議会(栗林定徳会長)の主催です。

 市議会を代表し、入港歓迎の挨拶とともに乾杯の音頭を執りました。
 隣席は、陸上自衛隊の第27普通科連隊長。

 折角の機会なので、様々な話題について懇談しました。
 その内容は、やっぱり割愛します。

 非常に有意義でした。
 また、とても楽しい語らいとなりました^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2015年10月24日

第3280回 創立50周年の歩み

99e49bea.jpg 春採夕陽ヶ丘町内会(杉本靖会長)が創立50周年。
 記念誌と紅白饅頭が届きました。

 ボクも、顧問として祝辞を寄稿。
 心からのお祝いを申し述べたところです。

 同町内会とのお付き合いは古く、初当選の翌年に顧問就任。
 早、20年が経過したことになります。

 当時、町内の生活道路は未舗装で下水道管の敷設も未着工。
 私道ばかりという事情が、基盤整備を遅らせる原因となっていました。

 しかも、丘の上に形成された団地のため、雨水の流末処理も難しい。
 当時の道路管理課に相談しても、『極めて困難。議員、悪いことは言わないから、あそことは深く関わらない方がいいですよ。これまで、何人もの議員が手をかけましたが、そのうち皆さん諦めました』と。

 しかし、そう簡単に断念することにはなりません。
 何とか解決の道はないか、模索しました。

 そして、その後の東北海道沖地震。
 急傾斜地の一部が崩落し、道がその修復工事を実施することになりました。

 そこで、その工事と併せて流末処理管を整備するよう道に要請。
 道も、適切な雨水対策を講じなければ、また法面が軟弱になり崩落のリスクは残ると判断し、こちらの要請に応えてくれました。

 晴れて、流末処理管、雨水暗渠、下水道管が敷設され、その後に市の補助を得て簡易舗装を整備。
 長年の懸案を何とか解決することができました。

 この事業を進めるにあたり、何と言っても町内会の結束の強さがありました。
 住民負担を全戸が受け入れるには、相当のご苦労があったと思います。

 会長をはじめとする役員の皆様の断固たる決意と実行力の賜物です。

 記念誌を拝見し、改めて当時の思い出が蘇りました。
 今も、何かと難しい課題が山積ですが、是非それを乗り越えていただきたいと思います。

 顧問として、引き続き皆様に寄り添って、お役に立ってまいる所存です。
 ともあれ、50周年誠におめでとうございました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2015年10月23日

第3279回 多大な貢献を称えて

91eb2a0f.jpg 羽田⇒釧路便の到着が15分遅れました。
 急いで向かったものの、若干の遅刻。

 平成27年度(第46回)釧路市スポーツ賞・同奨励賞の授賞式。市議会を代表して祝辞を述べさせていただきました。


 本年のスポーツ賞は3個人。

 ◎山田凌平【剣道】

   平成27年5月開催 第16回世界剣道選手権大会 男子団体 優勝
   予選リーグ2試合、決勝トーナメント1試合に出場し、3試合すべてで勝利した

 ◎板本 猛【カーリング・ラジオ体操・ボート・社会体育】

   昭和56年釧路カーリング協会設立以来、30年以上にわたり同競技の発展に寄与
   ラジオ体操、ボート、バレーボール等数多くの競技団体の中心者として活躍した

 ◎故 須貝麻里子【フィギュアスケート】

   35年以上にわたり釧路スケート連盟フィギュア部の中核として多くの選手を輩出
   日本スケート連盟ジュニア強化コーチとして国際大会に帯同等競技の振興に貢献

 釧路市スポーツ奨励賞は1団体。

 ◎釧路市立鳥取中学校アイスホッケー部【アイスホッケー】

   平成27年1月開催 第35回全国中学校アイスホッケー大会 優勝
   過去2年間(3位、準優勝)の雪辱を果たし、11年ぶり11回目の全国制覇


 改めて、受賞者の皆様に衷心より敬意を捧げ、深く感謝と御礼を申し上げます。
 本当におめでとうございました。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月22日

第3278回 坂本龍馬生誕180年の思い出

865938c4.jpg 鹿児島空港を擁する霧島市。
 第88回全国民間空港所在地都市議会協議会臨時総会が開催されました。

 平成26年度会計決算、加盟各市の負担金等の議案を協議。
 また、来年度の釧路市開催について報告・承認。

 来年秋に向けて、早速準備に取り掛かることになります。
 時期的に市長選挙と重なりますので、何かと調整が必要になりますが・・。

 さて、霧島と言えば、坂本龍馬が寺田屋事件で負った傷を癒すとともに、妻お龍との新婚旅行で訪れた地。
 塩浸温泉(龍馬は「志おひ多し」と書いた)で11泊しています。

 この間、高千穂峰を登頂し「天の逆鉾」を抜いたり、和気清麻呂公史跡に立ち寄ったり、数々の逸話が姉乙女への手紙に記されました。
 龍馬は、とにかく筆まめで有名です。

 今、同温泉には「竜馬公園」があり、「竜馬資料館」も併設されています。
 そこに展示されていた着物。

 何と、NHK大河ドラマ「龍馬伝」の撮影に際し、福山雅治さんが実際に着用されたものです。
 ちょっとミーハーな気分が沸々と・・^^
 
 『着てみますか?』
 「えッ、いいんですか?」

 『いいですよ、どうぞ』
 「じゃあ、お言葉に甘えて」

 というわけで、着させていただきました。
 あの福山雅治さんの汗と匂いの染み付いた着物です。

 実は、坂本龍馬の生誕と暗殺に倒れた日はともに11月15日。
 ワタクシの誕生日でもあります。

 学生時代に司馬遼太郎の『竜馬がゆく』を読んで以来、憧れの人となりました。
 龍馬伝の福山さんは、ボクの心の中の龍馬に近い^^

 まさかこんなタイミングで、こんな機会に恵まれるとは・・。
 ちなみに、今年は坂本龍馬生誕180周年です。

 さらに加えて、郷士坂本家の第8代当主坂本直行氏は、明治39年に釧路で生まれています。
 坂本家と釧路とは、それなりのご縁があるのです。


鹿児島空港  龍馬像
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月21日

第3277回 夏日の鹿児島

0de6c97d.jpg めっきり肌寒くなった釧路。
 朝晩は、0度に迫りつつある一桁台の気温。

 いよいよ、コート、暖房を必要とする季節が来ました。
 早くも、来春が待ち遠しい^^

 さて、九州は鹿児島県。
 日中の最高気温は、何と28℃。

 今尚、夏日。
 というか、あと2℃で真夏日です。

 やはり、日本列島は南北に長い。
 とは言うものの、フライト時間は僅か3時間15分(釧路ー羽田ー鹿児島)。

 夏服+ノーネクタイ=クールビズで出張。
 明日は、霧島市で全国民間空港所在地都市議会協議会の臨時総会。

 来年度の開催市として挨拶の機会もあります。
 しっかり釧路をアピールしたいと思います。

 それにしても、暑い^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月20日

第3276回 釧路町に新しい歴史を

 去る18日(日)に投開票された釧路町議選。
 わが党の公認候補は2名ともに上位当選。

 ご支援を賜りました皆様に深く感謝と御礼を申し上げます。
 特に、今回は新旧交代の重要な節目でした。

 議長を2期8年勤められた北原文雄さんが勇退。
 スムースなバトンタッチが大きな課題となりました。

 結果的に、お陰様で大勝利。
 まずは、一安心です。

 是非、二人で力を合わせて新しい歴史を作ってほしいと思います。
 支持者のご期待に何としても応えていく奮闘をお願いいたします。

もろた茂呂田 太一 (もろた たいち/39歳) 第3位 601票

商工会青年部、町内会役員、消防団員などを務め、幅広い分野で地域に貢献してきた。住宅設備業を営み、24時間対応を継続してきたフットワークの軽さを生かし、「常に身近にいる議員」をめざす。 二人の小学生を育てる父として、子育てしやすい町づくりや、若者と一体となった経済の活性化を誓う。 【略歴】党副支部長。道立釧路工業高校卒。39歳。




佐々木佐々木 昭広 (ささき あきひろ/67歳)第5位 537.701票

建設会社に42年間勤務した経験を存分に生かし、別保川の改修整備事業の推進などに尽力。インフラ整備で多くの実績を築き、「自然災害対策のエキスパート」との評価も。 インフラのさらなる強化に意欲。自然災害に強く住み良い町づくりと、安定した雇用の創出による地方創生に全力を挙げる。 【略歴】党支部長。町議1期。道立釧路工業高校卒。67歳。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2015年10月19日

第3275回 途方もないビッグプロジェクト

98695a53.jpg あくまで地方都市レベルの基準ですが、やっぱり途方もない。
 四半世紀にわたって推進してきた「北彩都あさひかわ」

 まさに、目を見張るとはこのこと。

 旭川駅周辺土地区画整理事業
 旭川鉄道高架事業
 新神楽橋の整備
 永隆橋通新橋(氷点橋・北彩都橋)の整備
 昭和通新橋(クリスタル橋)の整備
 社会資本整備総合交付金事業
 シビックコア地区整備事業
 忠別川河川空間整備事業

 平成8年に都市計画決定。
 一部に平成31年度完成の事業もありますが、ほぼ全容が竣工しました。

 総事業費が、約1,100億円。
 このうち市の負担額は約300億円(2割が一般財源)、ちなみにJRが20数億円。

 交付税措置があるとは言え、来年度から巨額の償還が始まります。
 今の釧路市では、とても考え難い事業規模。

 北海道第2の都市の底力と言うべきか・・。
 それにしても駅舎の壮大さ^^

 いつでも新幹線を誘引できる威容です。
 そして、隣接するホテルと巨大ショッピングセンター。

 近年のJRビジネス路線そのもの。
 (既存の商店街への影響は小さくないだろうなあ)

 さて、視察は付録で、旭川市訪問の目的は北海道市議会議長会 役員会。
 用意された議案の審議を行いました。

 その結果、来年度の全国市議会議長会提出の議案として「北方領土問題の早期解決等について」が可決承認されました。
 また、来年度の北海道市議会議長会定期総会の釧路市開催が正式決定。

 4月下旬になる予定です。
 しっかり準備して、大成功させたいと思います。

旭川駅  旭川駅前
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月18日

第3274回 関係改善を主導する

2b3d78e8.jpg 東京出張から帰釧。
 1泊2日の慌ただしい公務でした。

 それにしても、東京はどこに行っても外国人だらけ。
 ビジネスマン、留学生、そして圧倒的な観光客etc。

 人並みに流されている限りは、どこの国にいるのか分からなくなってしまうほどです。
 特に、中国をはじめとするアジア系の多いこと、多いこと。

 紛れもなく観光立国の道を歩みつつあります。
 そして、この奔流をさらに大河とするためには海外諸国との友好・親善。

 政治の役割は、今後益々重要性を増していきます。
 という事で、以下公明新聞からの転載。


           党訪中団 習近平国家主席と会談
      首脳会談の早期実現を伝え、来春の日本訪問も招請


 山口那津男代表を団長とする公明党第7次訪中団は13〜16日、中国・北京を訪問し、改善の兆しが見えつつある日中関係の流れを一層確かなものとするために、習近平国家主席や劉雲山・中国共産党中央政治局常務委員ら要人と相次ぎ会談しました。
 訪中団には副団長として赤羽一嘉国際委員長代理(衆院議員)、報道官・秘書長として西田実仁広報委員長(参院議員)が同行。
 両国の関係深化に向けて、各分野での対話、交流の促進が重要だとの認識で一致しました。

 山口代表は15日午後、北京の人民大会堂で習国家主席と会談し、安倍晋三首相から託された習主席への親書を手渡しました。
 その際、山口代表は日中首脳会談を早期に実現したいとの安倍首相の意向を伝えるとともに、「東京の桜を見に来てほしい」と来春の訪日を招請。
 これに対し習主席は、ほほ笑みながらうなずいていました。

 この会談は、北京で開かれていた第9回アジア政党国際会議に出席した34カ国、64政党の代表者と共に行われましたが、山口代表は参加者の中で最も長く会談することができました。

 同日午前、山口代表はアジア政党国際会議でスピーチし、「アジア地域には経済面で大きな潜在力があり、これを顕在化させていくためには適切なインフラの整備を通じて、域内外の連結性を高めることが極めて重要だ」と強調。
 アジア地域の膨大なインフラ需要に応えるため、日本もアジア開発銀行と連携して投資を表明していることを紹介する一方、中国も経済的な独自策を打ち出していることに言及し、相互に協調して取り組むことで一層の効果を生み出せるとの認識を示しました。

 北京滞在中、党訪中団は劉常務委員やアジアインフラ投資銀行(AIIB)次期総裁の金立群氏ら各界の要人と精力的に意見交換。
 両国の関係強化へ共に努力することを確認しました。

 16日午後に北京市で行われた記者会見で、山口代表は「日中首脳会談の実現へ環境整備を進める役割を果たせた」と述べ、今回の訪中の成果を強調しました。

2015年10月17日

第3273回 ふるさとを思う心

0f396130.jpg 平成27年度ふるさと阿寒・釧路会(三浦邦夫会長)
 東京上野にある某レストランで開催されました。

 同会の会員は、都内はもとより千葉、神奈川、埼玉、栃木、茨城等広く関東全域から集まっておられます。
 そして、多くは旧雄別炭鉱の出身者。

 今も尚、ふるさとを思う心が強い方々ばかりです。
 中には『ふるさと納税なんて中途半端だから、数年前に住民票を釧路に移しましたよ』という猛者まで・・^^

 真昼間からビールを飲みながら、舞踊やカラオケ、そしてふるさと談義で盛り上がりました。
 さらに、◎◎議員のお姉さんとか◎◎議員の同級生とか・・。

 阿寒icの開通や道の駅リニューアルの際には、是非帰郷していただきたいと思います。

 夕方からは、第52回在京釧路会(山本隆幸会長)総会・懇親会。
 国会議事堂を見下ろす霞ヶ関ビルの最上階で盛大に開催されました。

 会員の方々と会話すると、高校の大先輩だったり、名前だけは知っている古い元市議の兄弟だったりetc。
 中には、釧路の現状を憂いて年に数回ほど帰釧しては、まちづくり団体と交流している行動派までいらっしゃいました。

 懇親会の最後は抽選会。
 協賛企業提供による釧路産品の数々が山盛りです。

 ふるさとを思い出すには、やっぱり味覚。
 必ず『釧路の魚が一番!』となります。

 そして、風景。
 11月7日全国封切りになる釧路オールロケの「起終点駅・・ターミナル」

 会場には、そのポスターも掲示してありました。
 是非、釧路の今をご覧いただければと思います。

 また、それをふるさと納税のキッカケにして・・^^
 何とぞ宜しくお願い申し上げます。

在京釧路会  ふるさと阿寒会
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月16日

第3272回 岡山の血

32f8f3f5.jpg 釧路市と観光友好都市提携を結んでいる岡山市。
 鶴公園のタンチョウを譲渡した縁で、お付き合いが始まりました。

 以下、岡山市後楽園のHPからの転載です。

 『後楽園のタンチョウは戦後一時途絶えてしまいましたが、昭和30年12月に、中国科学院院長で岡山の旧制第六高等学校で学んだことのある郭沫若氏が、中国学術文化代表団の団長として岡山に寄ったときに、タンチョウが手に入ったら贈りましょうと約束。
 翌31年に、タンチョウ2羽が引き揚げ船「興安丸」で贈られ、「チャメ」と「クロメ」と名付けられました。
 その後、北海道釧路市の協力もあり数が増え、現在県内では後楽園の他、県自然保護センターなどでも飼育されています』

 その「チャメ」と「クロメ」
 つがいの筈が、後日2羽ともメスであることが判明。

 そこで、釧路市に協力要請があり、高橋良治園長が育てたオスを譲渡。
 晴れて、雛が誕生しました。

 今夜は、大森雅夫市長はじめ岡山市友好親善訪問団32名がご来釧。
 釧路地域の食材を使った料理を食べながら、親しく交流をしました。

 実は、ボクのルーツは岡山。
 父方、母方ともにその両親は岡山県出身。

 県北部の真庭市には「月田」という地名があります。
 JRの月田駅、月田小学校もあります。

 間違いなく、ボクには岡山の血が流れています。
 なので、特に親しみがあり、そんな思いを込めて歓迎の挨拶。

 両市の交流が、さらに強まっていくことを期待しながら・・^^
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月15日

第3271回 地方空港を生かす道

 わが会派の「釧路市まち・ひと・しごと創生総合戦略」に係る事業提言書にも盛り込んだ空港の機能整備。
 2次交通網の利便性向上と併せて、早急に且つ戦略的に進めていく必要があります。

 2020年東京五輪までにインバウンドが3千万人に達する可能性も出てきました。
 国の目標をはるかに超えるスピードで伸び続けています。

 いよいよ本格的な地方空港の出番。
 国とも連携しながら、一つ一つの課題を解決していかなくてはなりません。

 以下、公明新聞からの転載です。


             地方空港の国際化 新たな観光ルート開発に期待

 訪日外国人が速いペースで増加し、2000万人の実現も視野に入る中、地方空港の役割に注目が集まっている。
 菅官房長官は先ごろ、記者会見で「観光客を(地方に)誘導する政策は大事」として、地方空港の使用料引き下げを含む支援策を検討していることを表明した。

 現在、成田、関西、東京(羽田)の各国際空港で訪日外国人の約7割を受け入れているが、成田、羽田は近い将来、満杯状態が予想され、地方空港への訪日外国人誘致に期待がかかる。

 国土交通省によると、地方空港の定期国際旅客便は、夏ダイヤ(3月末〜10月末)の1週間当たりの便数で、今年は692便と、2010年の436便から約6割増加した。
 中国、香港、台湾などのアジア便が大きく伸びたためだが、その背景には、地方自治体が海外格安航空会社(LCC)の路線誘致に取り組むことで、利用が広がったことが挙げられる。
 国内で大きな成長が望めない状況で、多くの地方空港は国際化に活路を求めてきたのである。

 こうした地方空港の国際化を地域経済の振興や活性化に、より一層結びつけていくには、いくつかの課題がある。

 現在、多くの外国人観光客は、富士山などを含む東京、名古屋、京都、大阪という「ゴールデンルート」に集中している。
 地方空港を拠点に、新たな観光ルートを開発し、各地域の魅力を発信していくことが、観光立国を実現するには不可欠である。
 自治体間の協力や連携が期待されるところだ。

 また、移動手段の確保は重要だ。
 成田などの国際拠点空港との乗り継ぎの利便性を高め、航空ネットワークを充実させなければならない。
 同時に、空港から市街地、観光地への交通網を整備していくことも求められている。
 バス路線や鉄道路線、高速道路などとの連絡が円滑であれば、地方空港の魅力は増大するはずだ。

 さらに、出入国する観光客がカウンター前で長蛇の列では困る。
 CIQ(税関、出入国管理、検疫)体制の充実は急務である。

 地方空港の国際化に対応し、官民を挙げた積極的な取り組みが求められている。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2015年10月14日

第3270回 自民党が歩み寄る

 消費税率引き上げ時の与党公約=軽減税率の導入。
 この間、公明党は一貫して10%への引き上げと同時期であるべきと主張。

 しかし、自民党・財務省は消極的な姿勢に終始。
 特に、麻生財務大臣、野田税調会長は財務省のポイント還元方式に強く賛意を示していました。

 与党協議が決裂?
 ここにきて、ようやく安倍総理、菅官房長官が軽減税率の導入に言及。

 一気に、その流れが強まりました。
 それはそうです。

 痛税感の緩和には軽減税率の導入しかありません。
 以下、公明新聞の記事から転載します。


               与党協議の大きな指針に

           官房長官「軽減税率、10%と同時が自然」
                 山口代表が強調


 公明党の山口那津男代表は13日午前、中国訪問を前に羽田空港で記者団に対し、菅義偉官房長官が12日のBS番組で、2017年4月の消費税率引き上げと同時に軽減税率を導入すべきとの考えを示したことについて、「政府高官の立場で、わが党と同じ方針を示した。今後の協議の大きな指針になる」と強調した。

 軽減税率をめぐって菅官房長官は、13日午前の記者会見でも、「17年度からの導入をめざし、検討を進めることは、与党税制改正大綱、(昨年末の衆院選の)自民党選挙公約、与党連立政権合意で国民に約束している」と指摘。
 その上で、「準備期間もかなりある。税率引き上げの際、同時に軽減税率も導入することが極めて自然ではないか」と述べた。

 軽減税率の具体的な制度については、「少なくても(還付を柱とする)財務省の案ではない」と明言。

 また、「税率引き上げ時での導入でないと、混乱が出てくる。速やかに方向性を決めることが大事だ」と語った。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2015年10月13日

第3269回 地方創生総合戦略に係る提言

581ad9f2.jpg 厚岸を出発し、市内の企業2社を訪問。
 現下の重要な課題について詳細な要望をお聞きしました。

 その後は、釧路町議会議員選挙。
 公明党の公認候補2名の第一声に駆けつけました。

 「もろた太一」候補 新人 39歳
 「佐々木あきひろ」候補 2期目

 少数激戦、現職2名が弾き出されるとの見方もあります。
 5日間、悔いなく戦い切って、何としても2議席を死守しなくてはなりません。

 釧路町民の皆さま、何とぞ宜しくお願い申し上げます。

 夕方から、蝦名市長へ提言書の提出。
 「釧路市まち・ひと・しごと創生総合戦略に係る事業提言書」

 内容は、以下の通りです。
 ともかく、思い切った事業でなくてはなりません。

 人口減少に立ち向かうマインドを市民とともに共有できるものでなければ意味がない。
 堅実、手堅い、慎重ではなく、今回に限っては大胆、豪胆、斬新さが重要なのです。

 市長の決断に期待します。


「釧路市まち・ひと・しごと創生総合戦略」 に係る事業提言書

平成27年10月13日
釧路市議会公明党議員団

□ 2040年定住人口目標 15万人
□ 合計特殊出生率目標 2.1以上  人口移動増減値 +− 0


(1)基本目標1 地域経済のプラス成長と雇用の創出を図る

       |聾鬼覿箸凌景野進出をサポートする総合的な体制整備、人材確保
       ▲ヌー、登山などアウトドア観光の専門家育成と
         滞在型アクティビティの開発
       6次化を促進する企業の誘致
       し設・運輸業界等の人材不足の解消と外国人研修生の受入れ拡充
       シ措安感伴圓粒悗喞召郡超の整備
       Γ圍丕个砲茲訖靴燭雰从儼への技術・製品の輸出促進戦略の構築

(2)基本目標2 釧路らしさを活かして人を呼び込み・呼び戻す

       ゞ路たんちょう空港の機能整備(カテゴリー2b・CIQ)
       釧路公立大学の学部増
       MICE促進のために中心市街地への集会施設集約化
       ぢ消楼茲らの釧路市内転入者促進対策
         ア 引っ越し費用の半額補助(上限30万円)
         イ 住宅購入資金の一部補助(100万円)
         ウ 未利用市有地の有効活用(住宅新築用地の無償譲渡)
       ケ惻辺・北大通の空きビル対策と再開発の促進
       合宿施設・室内トレーニングセンターの整備

(3)基本目標3 子どもを産み育てたいという希望をかなえる

       〆С菠鷭金制度の創設(成婚1件当たり10万円)
       第3子出産祝い金(第3子以降一人30万円)
       J欅虍顱瞥鎮娜燹κ欅蕷燹砲良蘆慣攜此並茖鎧勸聞澆量欺化)
       こ惺撒訖費の負担軽減(第2子半額、第3子以降の無償化)
       ツ民“颪良蘆慣攜此幣学校通院費の自己負担を1割)
       世帯主40歳以下・子ども3人以上の家族対象の住宅購入資金の
        一部補助(100万円)

もろた太一  佐々木あきひろ

2015年10月12日

第3268回 台風とTPPと観光と

d50af3e7.jpg 朝早く出発し、阿寒湖畔からスタート。
 複数のホテル関係者と懇談。

 バス等の二次交通問題、耐震化対応について要望をお聞きしました。
 また、アイヌ対策の体制整備についても貴重なご意見を頂戴しました。

 次に、釧路湿原美術館。
 高野副館長の案内で佐々木榮松画伯の作品を鑑賞。

 黄金の湿原(曰く『金の川の路と書いて釧路なのよ』と)、真っ赤な湿原等々。
 「是非、また近いうちにお邪魔します」と固い約束をしました。

 その後、NPO法人「グルスの杜あかん」の役員さん達と意見交換会。
 スポーツの里づくりについて、問題意識を共有しました。

 午後は、報道機関を訪問し、横山信一参議院議員の国政報告。
 続いて、民間企業、漁組を回って浜中町、厚岸町を訪問。

 JA関係者と濃密な懇談をしました。
 台風被害、TPP、その他諸々・・・。

 課題があるからこその政治。
 問題解決のためにこそ有能な政治家。

 横山信一の真摯な姿勢に期待が集まります。

2015年10月11日

第3267回 自立型・持続型の観光まちづくり

ca81675d.jpg 朝一で横山信一参議院議員がご来釧。
 白糠町、音別町、釧路空港等を訪問し、関係者と懇談。

 それぞれの課題について真剣にヒヤリング。
 突っ込んだ意見交換ができました。

 午後は、第2回地方創生セミナー(横山信一実行委員長)
 (第90回釧路ルネサンス連続セミナー兼ねる)

 講師は、内閣府地域活性化伝道師の渡邊法子さん。
 (アイ・エス・ケー合同会社代表・螢泪螢鵐坤ラブ執行役員他)

 テーマは「地域における観光まちづくりとは」
 渡邊さんの取り組み事例を中心に、具体的な手法や成果についてご講演いただきました。

 渡邊さんは、2003年NPO法人全国まちづくりサポートセンター事務局長に就任。
 その後、2007年伊豆稲取温泉観光協会事務局長(全国公募1、281名の中から選考)に就任。

 観光客の呼び込みで対前年比6割増を成し遂げ、全国をアッと言わせました。
 2009年第4回エコツーリズム大賞の特別賞を受賞。

 2008年観光庁 持続可能なまちづくり事業体創出支援調査検討会委員
 2009年観光庁 観光地域プロデューサーモデル事業検討委員会委員
      環境省 エコツーリズム推進アドバイザー を歴任

 2010年からは、京丹後市観光協会事務局長に就任、地域の観光資源の開発等でご活躍されました。
 スタンスは一貫して「地域の主体性を核にした自立型・持続型のまちづくり事業」

 釧路市にとっても取り入れられるヒントがいくつもあったように思います。
 ・・・実践家の言葉には説得力があります^^

2015年10月10日

第3266回 この中から市議が出る

6ae5379d.jpg 昨夜、阿寒湖畔で開かれた第66回まりも祭りに参加。
 全道から160余名のアイヌ民族が集まって盛大に開催されました。

 マリモを迎える儀式、送る儀式。
 松明行列にアイヌ舞踊。

 そして、21時半から始まった交流会。
 帰宅したのは深夜でした^^

 今日は、昼前から春採六四町内会(蝦子日支雄会長)の秋レク。
 ちょっとだけ顔を出して中座。

 午後は、中学生模擬市議会。
 議長に就任した時点から、議会主催で実施したかった事業です。

 市内全17校から中学生議員が参集。
 準備期間中、議会広報特別委員会の委員が各校を訪問して質問作りのアドバイス。

 本番では果敢に、鋭く、また中学生らしく市政の課題について理事者を質しました。
 市長以下、全理事者も出席し、丁寧に分かり易く答弁。

 『実際の議会よりも言葉遣いに気を使いましたよ』

  ◎除雪について
  ◎全国学力テストからの取り組み
  ◎春採湖の水質向上
  ◎駅、駅前の活性化
  ◎今も残っている廃墟について
  ◎屋内施設の整備
  ◎人口減少について
  ◎学校周りの街灯の整備
  ◎商業施設の誘致
  ◎2020年オリンピックに向けて
  ◎空き家について
  ◎釧路市の少子化対策
  ◎高齢者福祉の現状と課題
  ◎学校設備の改善
  ◎音別町の過疎化、少子高齢化対策
  ◎大規模災害の対応
  ◎道内外からのアクセス改善と活性化

 今の15歳は、3年後に18歳。
 その翌年の春に施行される道議選、市議選が初めての選挙になります。

 今日の経験を機に、是非市政への関心を高く持ってほしいと思います。
 さらに願わくば、この17名の中から将来の市議が誕生してくれることを期待します。

 開催にあたり絶大なご協力をいただいた理事者、市教委、各学校関係者、保護者の皆様に深く感謝を申し上げます。
 議会広報特別委員会、議会事務局の皆さんも大変にお疲れさまでした。

まりも祭り  中学生議員

2015年10月09日

第3265回 平成27年度市民貢献賞

602026a1.jpg 平成27年度釧路市民貢献賞の授賞式。
 悪天候による順延で、今日の午前に開催されました。

 産業部門が小瀬 泰氏(釧路農業協同組合連合会会長)
 社会部門が大西英一氏(北海道学院釧路専門学校環境・教育センター長)

 お二人とも、それぞれの分野におけるご功績は極めて顕著。
 市民貢献賞に相応しいご活躍です。

 大西先生については、個人的にも長いお付き合い。
 心から嬉しく思います。

 先生は、昭和34年に教職に就かれて以来、中学校、高校、短大、専門学校と休む間もなく55年にわたって多くの青少年を導いて来られました。
 その数、およそ8千人。

 ふるさとを担う人づくりという観点からも、その業績の広がりは計り知れません。
 改めて、万感の思いを込めてお祝いを申し上げます。

 釧路市環境審議会会長
 釧路自然保護協会副会長
 釧路市文化奨励賞受賞
 釧路武佐の森の会会長

市民貢献賞

2015年10月08日

第3264回 暴風・・自然の脅威

 飛行機もJRも全便欠航・運休。
 半分は覚悟していたものの「やはりダメか・・」

 結局、レンタカー。
 陸路で帰釧するしかない。

 加えて、急がないと高速道路が通行止めになってしまう。
 8時過ぎに札幌を出発し、午後には釧路到着。

 そのまま市役所に入って被害状況を掌握。
 風は強いものの、雨量が少ないのが救いです。

 市民貢献賞授賞式他公的な行事はすべて延期か中止。
 ともかく、特別な用事がない限り外出は禁物です。

 消防はフル回転。
 非番の職員も全員集合。

 通報への対応だけでも、今日中には処理しきれないかも知れません。
 是非、無事故で職務を全うしていただきたいと思います。

 それにしても大型台風⇒温帯低気圧。
 自然の脅威は、年々高まるばかりです。
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月07日

第3263回 国慶節104年

9e185570.jpg 中華民国(台湾)の104周年国慶節レセプション。
 札幌分処の主催で、盛大に開催されました。

 益々、緊密な関係を深める日台。
 来道される海外観光客の25〜30%は台湾人です。

 昨年は約50万人。
 そのうち7割はリピーター。

 北海道ファンが多いということです。
 自由と民主主義という価値観を共有する大切なパートナー台湾。

 釧路にとっても、今後のさらなる交流拡大が期待されます。
 そして、地方創生の重要なポイントの一つとなることでしょう。

 さて、釧路関係者の中で話題の中心を占めたのは台風23号。
 『明日、帰ることはできるのか?』

 『ダメでしょ、多分』 
 「いや、早い時間なら大丈夫だと思う」

 『ムリムリ、明日も泊まりになるさ』
 「そうはなりません。絶対に帰る」

 『ま、取り敢えずは2次会に行こうぜ』
 「えッ・・・・・」

 絶対に帰る!
 どんなことをしてでも帰る!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月06日

第3262回 亡父の教え

 今日は、企業回り。
 4月の選挙以来のところもあり『久しぶりですね』と。

 「ご無沙汰して申し訳ありません」
 『忙しいんでしょ?』

 こんな会話から始まって、色々と有益なお話しも聞くことができました。
 平和安全法制については、全員が賛成。

 きちんと理解されておられます。
 『公明党はよくやっているね』と。

 さて、実は2日前から鼻水。
 風邪には至っていないレベルですが、ティッシュを離せない。

 そこで、塩水。
 鼻から吸って、口から出す。

 いわゆる洗浄です。
 娘には不評で『何やってるの?』

 これは、亡父の教え。
 『まずは、鼻の洗浄が大事なのだ』と。

 これが結構効くのです。
 昔の人の知恵は、バカに出来ません。

 ジュルジュルーーッ、バーーッ
 娘『きもち悪ッ』

 残念ながら、現代っ子には受け入れてもらえませんが・・^^

 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月05日

第3261回 最後はトップの決断

50a0ed81.jpg 毎月第1週に実施している田中英樹道議との街頭演説。
 今朝、武佐の幹線道路脇でマイクを握りました。

 途中、雨が降ってきて傘を差しながら朝の挨拶。
 2人で30分前後にわたり道政・市政の報告を行いました。

 ボクは、2項目。
 消防の救助用資機材の課題、そして地方総合戦略について。

 田中道議からは、観光振興、中小企業活性化策等々9月定例道議会における一般質問の質疑を中心に報告がありました。
 何人かからクラクションで『がんばれ!』の激励。

 心強い限りです。
 ありがとうございます。

 その後は、市役所に登庁して会派の会議。
 地方総合戦略に係る提言書案について協議しました。

 合計特殊出生率、人口移動増減の目標値。
 経済の振興と雇用対策。
 交流人口の増加策と必要な基盤整備。
 そして、婚活、子育て支援。

 思い切った事業を成果の上がる規模で遂行しなくては意味がない。
 そこそこの内容ではダメなのです。

 早急にまとめて、来週には市長に提出したいと思います。
 最後は、トップの決断次第です。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 

2015年10月04日

第3260回 釧路の秋はBBQ

03d813e9.jpg 午前中は、北のビーナス音別BBQまつり。
 抜けるような秋空の下、多くの市民が集って盛大に開催されました。

 市議会を代表して挨拶。
 「音別のさらなる活性化のために大いに英気を養いましょう!」と。

 しかし、ボク自身は次の予定があるので、僅か30分余で退席。
 BBQのいい匂いに、後ろ髪を引かれるような思いで移動しました。

 午後は、釧路新聞社の春日井茂前社長の社葬。
 不慮の事故で急逝したお悔やみを申し上げ、故人の安らかなご冥福を祈りました。

 その後は、益浦高台町内会の秋レク。
 町内会館の横でBBQでした。

 しかし、駆け着けた時には終了間際。
 それでも、折角だからと阿寒ポークに仙鳳趾の牡蠣。

 和気藹々とした歓談とともに、沢山ご馳走になりました。
 そして、すばらしい笑顔・・。

 いつも温かく迎え入れていただいて有り難い限りです。

2015年10月03日

第3259回 内なる国際化

 島国という地政上の特徴もあります。
 また、和製英語が増える一方と言っても、基本的に日本語が唯一の通用語。

 国際化という尺度だけで見ると、多分、世界主要国の中で最も遅れている我が日本。
 それは同時に、安心安全の大きな要素でもあるわけで、決して善悪の問題ではありません。

 しかし、世界的にこれほどまで難民が増え続ける状況にあって、日本ははたしてこのままでいいのかどうか?
 この分野においても、日本ならではの積極的な国際貢献の道を模索すべきではないのか・・。

 というわけで、公明新聞のコラムを転載します。
 見て見ぬふりは、もはや出来ないのではないか・・。


              難民問題 「対岸の火事」では許されない

 未曽有の人道危機が時代を覆っている。
 日本と日本人は何をすべきか。
 真剣に考え、議論し、果敢に行動に移す時であろう。
 「対岸の火事」を決め込むことは許されない。

 長期化、泥沼化するシリア紛争を背景に、世界の難民が急増し続けている。

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、その数、6000万人。
 過去最悪で、シリアでは人口2200万人の半分以上が難民・避難民となっている。
 同時代を生きる人類の良心と知恵が問われていることを、まずはじめに強調しておきたい。

 グテーレスUNHCR高等弁務官が指摘するように、深刻化する難民問題の解決には国際社会の結束と強力な政治的アプローチが欠かせない。

 今そこで命の危機に瀕している一人の難民の救済からシリア紛争への対応、さらには難民流出に伴うテロ拡散の阻止や「支え合う世界」構築へのロードマップ(行程表)作りまで、世界の指導者は今こそ包括的な難民対策の確立に立ち上がってもらいたい。

 幸いにと言うべきか不幸にもと言うべきか、トルコの海岸に漂流したシリア難民の幼児の、あの痛ましい遺体映像をきっかけに国際世論は大きな高まりを見せ、そのうねりに押される形で各国指導者も本腰を入れ始めている。

 欧州では既に数十万人を迎え入れているドイツに続き、フランスやイギリスなどが相次ぎ難民受け入れの拡大を表明。
 アメリカなど欧州以外の国々も続いている。
 日本も安倍首相が先の国連総会演説で、シリアやイラクの難民対策として新たに8億1000万ドル(972億円)規模の大型支援を行うことを約束した。

 ただ、難民受け入れに対する日本の消極姿勢は変わらぬままだ。
 昨年1年間を見ても難民認定はわずか11人。
 これでは「難民鎖国」の汚名返上は叶うまい。
 このほど法務省から示された認定制度の運用見直しを契機に、難民問題のグローバル化が進む時代に適合したシステムづくりを継続的に進めることが肝要だ。

 その際、鍵を握るのが市民一人一人の意識改革にあることも忘れてはなるまい。
 わが地域の「内なる国際化」なくして、難民受け入れの拡充はないことを自覚し合いたい。

2015年10月02日

第3258回 封切が待ち遠しい

af82e9a4.jpg 午前中は、市民相談の対応や企業回り。
 改めて「まずは会う」ことの大切さを実感しました。

 午後は、議長室で来客の応対、種々の打合せ。
 定例議会が終わっても、何かと用事はあります。

 さて、桜木紫乃さん原作の『起終点駅・・ターミナル』
 いよいよ来月7日から全国ロードショー(桜木作品の第1弾)。

 早速、特別観賞券(何が特別なのかは分かりません)を購入しました。
 勿論、原作は読了済み。

 どこまで忠実で、どこまでアレンジしたのか・・。
 楽しみに待ちたいと思います。

 ロケは、ほとんどが釧路地域。
 我がまちが、どのように映像化されているのかも注目です。

 是非、ヒット作になってほしい。
 そして、第2弾、第3弾と続いていくことを期待します。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2015年10月01日

第3257回 住民要望に応えたバス停

b7b791e5.jpg 10月1日は、路線バスのダイヤ改正の日。
 今日から、白樺台終点の場所が変わりました。

 これまでの6丁目B団地奥から、7丁目道道深山線沿いへ。
 これは、白樺台連合町内会の要望に「くしろバス」が応えたものです。

 要望活動のスタートは、住民懇談会。
 以下のアドレスから、その記事にアクセスできます。

 ここから⇒http://blog.livedoor.jp/gekko946/archives/51785559.html

 その後の要望書提出に関しては、以下の記事。

 ここから⇒http://blog.livedoor.jp/gekko946/archives/51790487.html

 今朝、早速状況を視察。
 次から次にバスが到着し、地域住民の利便性が格段に向上した実感を持ちました。

 駅に行く、病院に通う、大型スーパーへ買い物に出かける、が叶う3路線。
 『ありがとうございました』と一礼をして乗車する地域の方も^^

 今後、多くの地域住民の皆様にバスを利用していただければと思います。
 (高齢者の運転免許証返上につながる期待もあります)

 さて、9月定例市議会の最終日。
 平成26年度決算の認定と3人事案件の採決を行いました。

 このうち、教育委員については、学習塾あすなろ会の種村俊仁会長を選任。
 蝦名市長の思い切った人選です。

 民間からの登用に応えて、是非新風を吹き込んでもらいたいです。
 期待しています。