2018年08月

2018年08月31日

第4321回 白樺台にセブンイレブン

セブンイレブン 工事看板が立ちました。
 白樺台唯一のスーパー撤退後の跡地。

 旧店舗が解体され、土地が均され、あとは公式発表を待つだけでした。
 ボクはこれまで、市が粛々と交渉を進めるのを静かに見守るだけ^^

 聞けば、コンビニの出店には、色々と微妙な問題が付いて回るのだとか・・。
 なので、何とか早期に決定して欲しいと期待し、激励し、願うばかりでした。

 当初は「9月に入れば・・」と聞いていたところですが、少しでも早まって良かったと思います。
 開店するのは『セブンイレブン』

 年明け1月末までにはオープンできるのではないか、と。
 嬉しい限りです。

 コンビニの利点は、やはりATM機能や各種払い込みができること。
 また、ちょっとした惣菜もあるし、冷凍食品の種類も豊富になってきています。

 さらには、今後広い駐車場を使って青空マーケットとのコラボも考えられるでしょう。
 知恵と工夫次第で、まだまだ他にもプラスαを加えていくことが可能です。

 是非、地域をあげて盛り上げていっていただきたい。
 他地域の良き先例となるように・・。

2018年08月30日

第4320回 金農パンケーキ

ケーキ 次男の誕生日。
 在京中の長男を除く家族4人でケーキ。

 明日帰京する娘はいても、次男にとってはやっぱり兄。
 『寂しいよ、やっぱり』

 「まあまあ^^」
 『まずは、おめでとう‼』

 さて、今日の話題は農業。
 金足農業高校をめぐる話題です。

 以下、公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」です。

 
 【 今、注目のスイーツといえば「金農パンケーキ」ではないか。秋田県立金足農業高校の生徒たちと、コンビニ大手のローソンが共同開発した商品。地元・秋田の限定販売だが、売り切れ続出の大ヒットという。県外での販売も検討中だ◆夏の甲子園で金農の選手たちが見せてくれた快進撃。高齢化や担い手不足など重たい話題が多い農業関係者にとって、どれほど明るいニュースだったことだろう。「金農よくやった」。準優勝を日本農業新聞は1面トップでたたえた◆「農で培った底力発揮」。その見出しに農業の誇りを感じた。金農の選手が底力を示したように、農政は農業の底力を引き出さなければならない。今月発表された2017年度の食料自給率(カロリーベース)は、前年度と同じ38%と過去2番目の低水準だった◆自給率が伸び悩む原因を、政府は天候不順やコメの需要減に押し付けたがる。だが、生産基盤の強化が進んでいない証拠でもある。机上で実態はつかめない。民俗学の祖・柳田国男は農政官僚時代、農業改革に当たって農村を歩き、農民の声にじっくり耳を傾けた◆「金農パンケーキ」の生地には秋田県産あきたこまちの米粉を使用。地元メーカーのしょうゆが練り込まれているという。生徒たちの郷土愛がにじむ。その思いを官僚にも聴き取ってもらいたい。(東)】
gekko946 at 19:11|この記事のURLComments(0)

2018年08月29日

第4319回 アレルギーマーチ

935f9512.png 今日は、事務仕事に没頭。
 出張報告書、申請書、そして例の「25年の軌跡」

 ようやく一段落つきました。
 明日からは9月議会一般質問原稿に取り掛かります。

 その合間に党務。
 そして、教育講演会(11月25日開催予定)の準備作業。

 何だかんだ結構忙しい日々が続きます。
 でも、何故か痩せない^^

 夜は、地域の党員研修会。
 資料も用意しました。

 そのうちの一つが「アレルギー問題」
 以下、公明新聞からの転載。



          アレルギー疾患 成長期の「連鎖」発症は深刻だ


 花粉症などさまざまなアレルギー疾患を抱えている人は国民の2人に1人の割合に上る。中には重篤な症状に苦しむ人も少なくない。対策を一層強化する必要がある。

 現在、政府の有識者会議ではアレルギー疾患を克服するため、長期的な研究戦略の策定に向けた議論が進められている。

 具体的には、気管支ぜん息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど六つの疾患を対象に、10年間にわたって重点的な研究を行い、根治的な治療法の開発につなげていく方針を示している。

 アレルギーの原因となる物質の特定や症状を抑える医薬品の開発は進んでいるが、多くの疾患で、完全な治癒をめざす根治療法はいまだ確立していない。それだけに、この課題に政府が本腰を入れて取り組む意義は大きい。

 とりわけ期待したいのは、「アレルギーマーチ」の予防や治療法の開発につながる研究である。

 アレルギーマーチとは、乳児期に食物アレルギーを発症した子どもが、成長するに従ってアトピー性皮膚炎や結膜炎、ぜん息などのアレルギー疾患を連鎖的に発症する現象のことだ。日本の小児科医が、行進(マーチ)のように次々と症状が現れることに由来して初めて提唱した概念で、今や、世界中で受け入れられている。

 物心がつく前からアレルギーに苦しみ、さまざまな制約の中で成長期を過ごすことを余儀なくされる本人の苦悩や家族の負担は計り知れない。患者や家族の意見を十分踏まえつつ、産学官のあらゆる力を結集して対策を急ぐべきである。

 これほどアレルギーマーチの実態は深刻でありながら、医学的な知見は十分ではない。アレルギーマーチの状態にある人は、症状に応じて診療科がその都度異なるため、特定の対象集団を追跡して研究することが難しいのが一因だ。成人が発症するアレルギー疾患とアレルギーマーチとの関係性も判明していない。

 この点、治療法の開発に向けた研究は当然として、1人の患者を継続的に診ることができる医師の育成や医療機関の整備についても検討が必要であろう。

2018年08月28日

第4318回 燃費と給油スタンド

燃費 ハイブリッド車に替えてから格段に燃費は向上。
 月々のガソリン代は、約3分の1になりました。

 なので当然のことながら、給油の回数は激減。
 (その分いつも車体が汚れている、との厳しい指摘はありますが・・^^)

 しかし、給油スタンドは大事な社会インフラ。
 閉鎖が相次ぎ密度が下がると、それはそれで困った問題です。

 以下、公明新聞からの転載。
 地域に合ったアイデアが必要になってきています。



       激減する給油所 過疎地ほど生活への影響大きい


 ガソリンスタンド(給油所)の撤退が相次いでいる。住民生活への影響を和らげるよう対策を急ぐべきだ。

 資源エネルギー庁によると、国内の給油所の数は2017年度末時点で3万747カ所で、20年前と比べ、ほぼ半分に減っている。

 給油所が3カ所以下の自治体は312に上り、このうち、給油所が1カ所しかないのは79町村、給油所ゼロは10町村を数える。人が住んでいる場所から最寄りの給油所まで15キロ以上離れている地域も増えている。

 人口減少に伴い自動車保有台数が頭打ちとなり、エコカーが普及しつつあることを考えれば、給油所の利用者が減るのは無理もない。ガソリンや灯油などの貯蔵タンクが老朽化したものの、改修費が賄えずに廃業を選ぶ経営者も少なくないという。

 とはいえ、給油所の撤退は地域住民の暮らしに支障を来しかねない。

 とりわけ過疎地では、買い物や通院など“生活の足”として車を利用する住民が多く、給油所のニーズは高い。中山間地域では、冬場になると、暖房用の灯油や農業機械の燃料を供給する役割も担う。

 大規模な災害が起きると給油所は燃料供給拠点にもなる。東日本大震災の発災直後、ガソリンが不足し、支援物資の運搬が遅れたことを踏まえれば、給油所の撤退は過疎地ならずとも重要な課題であると言えよう。

 国も動き出している。経済産業省は今年度、過疎地の給油所対策として、1件当たり最大2500万円を補助する事業を実施している。

 経産省によると、この事業に採択された浜松市は、移動式の給油所の実証実験を始める。給油所が少ない地域にガソリンを搭載したタンクローリーが巡回し、住民の車に給油するというものだ。安全性を十分に検証した上で、必要な法改正や規制緩和に向けた論議を進めてほしい。

 給油所を維持するための工夫も必要だろう。

 高齢者の安否確認や見守りサービスといった行政機能を担ってもらうことで、給油所の経営を下支えしている自治体もある。知恵を絞り、地域の実情に合った対策を講じていきたい。
gekko946 at 16:01|この記事のURLComments(0)公明党 

2018年08月27日

第4317回 消化ガス発電

網走 今日は網走市。
 下水汚泥を使った消化ガス発電事業を視察しました。

 売電開始は、今月の1日。
 稼働間もない施設です。

 事業化の動機は未利用エネルギーの有効活用。
 CO2の排出抑制が第一の目的です。

 年間672トンを削減。
 重油換算では248KL/年になります。

 発電事業はFITを利用し20年契約(1kw39円)
 年間約2千万円の売電収入が見込まれています。

 しかし、メンテナンス費用を引くと決して大きな儲けにはなりません。
 起債の償還が終わる16年目以降に黒字になるか、と^^

 公設公営方式。
 でも、新たな職員採用はなし。

 色々と勉強になりました。
 未利用エネルギー問題は、釧路市にとっても重要な課題ですから···。

2018年08月26日

第4316回 家族で山花

78d2bc31.jpg 台風一過ならぬ温帯低気圧一過。
 思いの外気温が上がり、市内の内陸側では夏日にもなったようです。

 そんな陽気に誘われて次男はイオン。
 帰省中の娘は、一人ノロッコ号。

 妻は会合。
 というわけで、一人の休日。

 これは、チャンス到来です。
 静かな我が家で、今、制作中のパワーポイント資料の追い込み。

 初めて使う機能に四苦八苦しながらも、何とか順調に進みました。
 完成までもう一息です^^

 夕刻、久しぶり、本当に数年ぶりに家族で山花リフレ。
 妻娘の二人は『懐かしいわね』を連発。

 束の間の休息でした。
 また、明日から慌ただしい日々が始まります。
 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年08月25日

第4315回 一気に秋へ?

7fb6d359.jpg さぞかし強烈な雨音で目覚めると思いきや、全くの静寂。
 カーテンを開けると、やはり普通の曇天。

 (あの天気予報は一体何だったのか・・)

 それでも雨雲が通り過ぎるまでは警戒。
 9時半頃に、一度雨脚が強くなりました。

 (やっぱり来たか・・)

 がしかし、程なく降り止みました。
 風も恐れるレベルではない。

 (オオカミは来なかった・・?)

 午後、気象レーダーを確認。
 雨雲は、静かに釧路地域から遠ざかっていく^^

 (肩透かしだ)

 勿論、災害が発生するよりは、この方がいいに決まっています。
 いいに決まっていますが・・^^

 今日は、大雨というよりは完全に低温注意。
 一気に秋へ流れていきそうな気温です。
gekko946 at 17:16|この記事のURLComments(0)

2018年08月24日

第4314回 市長就任10周年

50edc4c2.jpg 台風20号が温帯低気圧に変化。
 それでも、強風や大雨に対する警戒を怠ることはできません。

 予報では、発達した雨雲が北海道を横断する模様。
 特に、渦の東側が危ないらしい。

 JRは、早々と明日昼までの特急運休を決定。
 高速道路も、途中通行止めになる可能性が高い。

 なので急遽、明日の出札をキャンセル。
 地元で、災害対応に当たることを決めました。

 今夜は、蝦名市長のビアフェスタ。
 雨脚がどうなるか、気にしながらの出席。

 しかし、懸念したほどでもなく一安心。
 栄町公園の冷やガーデン最終日は中止になったようですが・・。

 さて、フェスタの方は立食。
 開会前からずーーッと立ちっ放しです。

 何とか1時間半は辛抱しましたが、でもそれが限界。
 ヒートボイスを背中で聴きながら退席させていただきました^^

 会場は大入り満員。
 市長就任10年目の佳節を刻んだ蝦名さん。

 さらなる活躍を期待しています。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年08月23日

第4313回 2ヶ所の同時指定を

9197272a.jpg アレルギー拠点病院。
 道は、指定に向けた協議会の開催に先立って調査のために釧路入り。

 今日、本庁の課長と主幹が来釧。
 熱心に釧路市の現状についてヒヤリングをしていただきました。

 小児アレルギー専門外来の開設に至るまでの経過はワタクシが説明。
 併せて、混乱したアレルギー治療が、いかに多くの患者を犠牲にしてきたのか、その怒りも込めて熱弁^^

 時系列的に約1時間。
 10年以上昔の話しですが、意外なほど記憶が鮮明です。

 専門外来開設後の実績等は市立病院で聞き取り。
 院内の連携や受診待ちの実態など、活発な質疑応答が行われました。

 この調査には、田中英樹道議も帯同。
 改めて、釧路市の取り組みに対する認識を深めていただけたと思います。

 拠点病院の指定は、あくまで道の所管。
 何としても道内2ヶ所(道央と道東)の同時指定を期待するところです。
 
 

2018年08月22日

第4312回 芸能人の集客力

f2d502d4.jpg 伊東良孝代議士のビアパーティー(主催 同連合後援会)
 毎年参加していますが、今回は特に多い来場者。

 会場の国際交流センターに入った瞬間から、ある種異様な雰囲気でした。
 そして、ステージ上もいつになく簡素。

 これまでは、ブルージーンズとかブルーコメッツなどバンド系のライブが多く、大型のスピーカーやドラムセットが占拠していました。
 しかし、今回はバンドなし。

 今夜のゲストは、何と「ご当地ソングの女王 水森かおり」さん。

 「鳥取砂丘」「釧路湿原」のヒットで、その後の路線が決まりました。
 幣舞橋の横には「釧路湿原」の歌碑もあります。

 これは、伊東さんが市長時代に紅白出場を記念して建立したもの。
 (実は、序幕後に一部歌詞の間違いをボクが指摘し直させたという逸話も・・^^)

 「芸能人の集客力って、やっぱり凄いですね」
 『いつもは見かけない方が多く来られています』(後援会関係者)

 急遽駆け付けた公明党の佐藤英道代議士も『こんな規模のビールパーティーは初めてです』と。
 秋の内閣改造への期待とも合わせ、さらなる飛躍への勢いを感じさせる夜でした。 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年08月21日

第4311回 TEL188 

4bd3cae8.jpg 秋田の夢、東北の夢、成就せず。
 悲願の初優勝は成りませんでした。

 しかし、決勝までの金足農の活躍は感動的。
 特に、大エースの吉田輝星投手の力投は凄みさえありました。

 公立高校で全員が秋田県人。
 100回記念大会に、鮮烈な記録と記憶を刻印したと思います。

 間違いなく、吉田投手は今秋のドラ1候補。
 F’sに来てくれないかなあ^^

 さて、今日は消費者トラブル問題。
 高校野球とは全く関係ありませんが、以下公明新聞からの転載。


 【 地元の消費生活センターで、かわいらしい「イヤヤン」のポスターが目に留まった。イヤヤンは、悪質商法や製品事故などを巡るトラブルの相談が電話でできる「消費者ホットライン188(いやや)」を多くの人に知ってもらおうと、先月登場したイメージキャラクターのチョウだ◆「泣き寝入りは超いやや!」が口癖というイヤヤンが青空を舞うポスターの上部には「消費者トラブル ひとりで悩まず すぐ相談 消費者ホットライン188」の力強い文字が。全国の自治体に配られているので目にした人もいることだろう◆消費者ホットラインは電話をかけると音声アナウンスが流れ、自宅の郵便番号などを入力すれば最寄りの消費生活センターなどにつながる仕組み。年末年始を除き、毎日利用できるのがうれしい◆だが、この3桁番号を知っている人はわずか6.6%。残念ながら1割にも満たない(消費者庁が昨年実施した意識調査)。このため同庁は認知度アップに一役買ってもらおうと、今年2月から新たなキャラクターのデザインを公募。集まった105件からイヤヤンに決まった◆188は、公明グラフ別冊「お役立ちハンドブック」裏表紙の困った時の電話相談ダイヤル一覧にも載っている。消費生活相談の“最初の一歩”をぜひ覚えておきたい。(翼)】
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)公明党 | 趣味

2018年08月20日

第4310回 アイスシルクロード

8e5de279.jpg 中国の北極海航路経由貨物船の釧路港入港歓迎セレモニー。
 天恵(TIAN HUI・26,787t、全長189m)の船内で開催されました。

 船主は、中国遠洋海運集団(コスコグループ)で、コンテナ船の積載容量は世界第4位。
 ちなみに、商船三井は第11位、日本郵船は第12位です。

 今回は、ドイツから北極海航路を経て苫小牧港、釧路港に寄港。
 飼料原料約5,500tを荷揚げしました。

 セレモニーには、同社の譚兵社長、在日中国企業協会の王家馴会長もご出席。
 釧路港との関係発展に強い期待を述べられました。

 北極海航路は、中国の国家戦略「一帯一路」でアイスシルクロードと位置付けられ、重要な要素を占めているとのこと。
 同社も今年、7隻10航海を予定し北極海航路の運航をさらに拡大していく意向です。

 さて、セレモニーでは指名によりスピーチ。
 市議会日中友好促進議連の会長として歓迎の意を表しました。

 ようこそ釧路へ(ファンイェンツァンルゥ)、と^^
天恵

gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年08月19日

第4309回 中国との交流

3ef9150a.jpg 旧知の蒋春雷さんが、駐札幌総領事館に赴任されてから関係が深まりました。
 さらに加えて、当時の総領事が何と創大卒業生の許金平さん。

 許さんは、日中国交正常化後の国費留学生1期生。
 ちなみに現駐日全権中国大使の程永華氏も同期生です。

 蒋さんとは、様々な機会に語らいました。
 外交官の立場を弁えつつも、時折本音をぶつけてくる時も・・^^

 その内容までは書けませんが、人間として信頼関係を築くことが出来れば対話の中身も自ずと変わってくるものです。
 以下、公明新聞からの転載。

 コラム「座標軸」です。


 【 日中平和友好条約の締結(8月12日)から40周年、党創立者の国交正常化提言(9月8日)から50周年という佳節に当たり、日中関係を検証する報道が目を引く◆たとえば、東京新聞が8月9日付から3回連載した「敵として友として 中国人留学生40年」。「若き李克強首相『日本に学べ』」との大見出しはインパクトがあった◆同記事によると、李克強氏は日本留学に旅立つ北京大学の同級生に手紙を送り、アドバイスしたという。「日本人は進取の精神に富んでいる。日本では専門知識だけでなく、時間をかけて日本の民族精神と文化的な背景を学ぶべきだ」◆歴史を振り返ると、「人民の総理」と慕われた周恩来首相も19歳の時に日本に留学している。日本滞在は1年7カ月だが、若き日に交流を通して日本人とのつきあい方の原点を学んだことが日中国交正常化を果たす淵源になったともされる◆今年5月、首相として初来日した李克強氏は、自公幹部との会合で若手政治家の交流促進に取り組みたいと表明。山口那津男代表ら日本側も若い世代の交流を進めていくと応じた。山口代表は9月5〜9日の日程で訪中する。「青年交流の拡大」を更に前へ。日中友好の深化をめざす公明党の使命はいよいよ重い。】 
gekko946 at 19:15|この記事のURLComments(0)フレンド 

2018年08月18日

第4308回 今年も恒例のBBQ

テント 夏恒例のBBQ。
 娘の帰省を待って、今日実施しました。

 お天気にも恵まれ、絶好のBBQ日和。
 途中、キャッチボールを楽しんだりしながら大いに食べました。

 以前から、いつまで続けられるかなあと話し合っているT家K家合同BBQ。
 今のところ、何だかんだ言っても続いています。

 二人の大学1年生が卒業するまでは、多分大丈夫でしょう。
 やっぱり、この場合も子ども達は鎹(かすがい)の存在です。

 さて、今回も「焼き方」を担当。
 煽てられて、ついその気になって任務を完遂。

 明日は、相当に肩が凝っているに違いありません^^

 ・・・短い夏は、そろそろ終わりを告げようとしています。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)フレンド 

2018年08月17日

第4307回 うッ、寒〜〜ッ!!

a3ac99cd.jpg 午前は、資料作成。
 ようやく佳境に入ってきました。

 何を作っているかは秘密です^^
 タイトルは「活動の軌跡」

 できるだけ数日中には仕上げて、早く質問原稿に集中したい。
 9月は色々と忙しくなるので・・。

 午後は、空港。
 盆明けて、娘が帰省してきました。

 開口一番『うッ、寒〜〜ッ!!』
 「そうかあ、これが普通なんだけど」

 『さすが釧路よね。別世界だわ、この気温^^』
 「これから、この涼しさが強みになる」

 故郷での滞在は2週間。
 束の間の休息になります。

 はたして『帰りたくない』となるか『早く戻りたい』となるか。
 どっちにしても、親としては複雑な心境で受け止めるしかありません。
gekko946 at 17:24|この記事のURLComments(0)

2018年08月16日

第4306回 秋の長雨?

c95188dc.jpg 午前は、上下水道部でヒヤリング。
 下水道汚泥の処理、活用等について現状を聴きました。

 基本的には、水分調整資材として堆肥化に利用。
 しかし、乾燥化のコスト、産廃としての処理費が市の負担となっています。

 はたして、このままでいいのだろうか・・。
 今や、下水道汚泥はエネルギー源として貴重な資源となっている時代。

 種々研究していこう、と提案してきました。
 実は、9月議会の一般質問で取り上げる予定をしています^^

 午後は、パソコンに噛り付いて資料の作成。
 その合間に、メールの発信・受信等々。

 時間は、あっという間に過ぎ去っていきます。
 さて、今日の気温は最高で15℃とか・・^^

 しかも、数日降り続く長雨。
 もう秋になってしまったのでしょうか。

 伝統の花火大会は明日に順延。
 さてさて、澄み渡った星空の中に大輪の花が咲くのかどうか・・。
gekko946 at 16:17|この記事のURLComments(0)

2018年08月15日

第4305回 風化させてはならない

d0f7ebdc.jpg 日本列島、記録的な猛暑が続く中で迎えた73回目の終戦記念日。
 改めて、先の大戦で犠牲となられた全ての方々に謹んで哀悼の意を表します。

 ボクの亡父は戦地で武器をとった経験がありません。
 召集はされたものの、訓練中に終戦。

 元来カラダが弱かったので、もし戦争が長引いても兵隊にはなれなかったかも知れない、と聞いたことはあります。
 なので我が家は、生々しい戦争体験とは縁遠い環境でした。

 そんなボクが、戦争の残酷さを痛烈に感じたのは「火垂るの墓」
 悲しくて、可哀そうで、涙なしには見られませんでした。

 子ども達が小学生だった頃、当時の8月15日。
 「この作品だけは、絶対に観ておくべきだ」と言い聞かせて鑑賞させました。

 戦争ほど残酷なものはない
 戦争ほど悲惨なものはない

 以下、公明新聞からの転載。
 コラム「北斗七星」です。


 【 久しぶりに山崎豊子のベストセラー「不毛地帯」を手に取った。主人公・壹岐正は、11年にわたるシベリア抑留生活を送って日本に戻ってきたという設定だ。北斗子の亡き実父も長くシベリアに抑留されていた経験を持つ◆大好きな酒がすすむと抑留時代の体験を漏らすことがあった。氷点下50度の中での森林伐採という重労働、朝起きてみると隣に寝ていた同僚が冷たくなっていたこともしばしば。そして最後に「よく生きて帰れたものだ」とつぶやいた◆終戦時、旧ソ連が、中国東北部(旧満州)から強制連行した日本兵らは約60万人に達し、そのうちの約6万人が死亡した。今月、厚労省はシベリアで死亡した抑留者10人の身元を新たに特定したと発表。また、モンゴル移送中に亡くなった43人の記録も発見された◆戦後73年を経てなお抑留の実態は不明な点が多い。昨年夏、シベリア抑留犠牲者の追悼の集いに参列した公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は、「実態の解明、遺骨収集に超党派で取り組む」と語った◆抑留者引き揚げの拠点となった舞鶴市(京都)に引揚記念館がある。ここでは、高齢となった抑留者から体験を引き継ぐ“語り部”の育成にも取り組んでいる。戦争体験を風化させてはならないと、30年前に公明市議の提唱で建設された施設だ。(正)】
gekko946 at 23:18|この記事のURLComments(0)

2018年08月14日

第4304回 平常通りの一日

78898928.jpg お盆とは言っても、全く特別な日ではありません。
 遠くの家族が一堂に集まるわけでもなく、墓参も先月済ませたばかり。

 先祖の供養については、日々怠らず回向しています。
 なので、平常通りの一日。

 午前は、9月定例市議会の質問原稿に着手。
 今回は3〜4項目を予定しています。

 議長を退任してから3度目の登壇。
 次第に調子も上がってきました。

 ベテラン議員らしく高所から市長と真摯な議論を戦わせたいと思います^^
 市政の課題は山積、質問テーマに困ることはありません^^

 午後は、教育を考える会。
 緊急の役員会を開きました。

 こっちの方も課題を抱えていますが、沈着に、冷静に対処しなくてはなりません。
 あくまで筋を通し、公正に対応することが肝心です。

 秋には、教育セミナーを開催する予定。
 近々骨格を決めて、早期に実行委員会を立ち上げたいと思います。

 益々、忙しくなりそうです^^
gekko946 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2018年08月13日

第4303回 鉄腕上野のど根性

19e97160.jpg 第16回 WBSC 世界女子ソフトボール選手権大会 2018 千葉。
 昨日の決勝は、まさに死闘でした。

 ともかく、何と言っても上野由岐子投手。
 準決勝と決勝の2試合、僅か3時間半のインターバルで連投し、しかも完投。

 1日で5百数十球を投げ抜きました。
 鉄腕稲尾ならぬ、まさしく鉄腕上野。


 凄い気迫。
 勝利への執念。

 限界を超えても尚、自分からは戦うのを止めない。
 鬼気迫る、としか言いようがないピッチングでした。

 結果は、逆転サヨナラ負け。 
 勝運にも見放され、惜しくも優勝は逃しました。

 しかし、誰もが感動を禁じ得ない真剣勝負。
 日本女子ソフトボールのど根性を見せつけられた思いです。

 この借りは、東京五輪の決勝で返す!!
 最高の舞台で、栄冠に輝く彼女の笑顔を是非見せてほしいものです。
gekko946 at 18:15|この記事のURLComments(0)

2018年08月12日

第4302回 道が動き出した

75a56d78.jpg アレルギー拠点病院の指定に向けて、ようやく道が動き始めました。
 まずは、現状の調査。

 今月、市立釧路総合病院の取り組みについてヒヤリングしたい、と。
 今日は、そのための資料整理。

 小児アレルギー専門外来開設まではワタクシが、開設後の実績や課題等については病院が説明します。
 改めて新聞記事、写真、関係書類などを手にして、当時の記憶が蘇りました。

 今考えても、ドラマティックな展開だったと思います。
 一つ一つの歯車が、絶妙なタイミングで噛み合っていった。

 これまでの議員生活を振り返ってみても、特に印象深い実績です。
 
 ちなみに、これ以外では・・。

 ◎KCMの研修事業延長と補助金の確保

 ◎ドクターヘリの誘致

 ◎基礎学力保障条例の提案と可決成立

 ◎釧路鶴野支援学校の開校 等々

 実は、今秋で初当選から満25周年。
 早いものです。

 しかし、漲る情熱は今も尚衰えてはいません^^
 これからも益々意欲的に、市政発展のため果敢に活動してまいります。

2018年08月11日

第4301回 陰の人の安堵感

4b839c90.jpg 第55回春採湖水まつり(主催 春採湖の会)
 毎年8月第2土曜日に開いているイベントです。

 朝8時から設営作業。
 小雨交じりの中、雨が上がるのを期待しながらセットアップに汗しました。

 今年から、テント張りと一部物販(焼き鳥等)コーナーを外注。
 随分と実行委員の負担が軽くなりました^^

 午後、開会式典。
 多くの来賓をお迎えして、降ったり止んだりの天候に気を揉みながら挙行。

 途中、若干強い雨に打たれはしましたが、何とか無事に終了出来ました。
 
 この場で、感謝状の贈呈式。
 今年3月31日付けで市に移管した「春採市民の森」に対してのものです。

 市長代理の名塚副市長から角田会長へ。
 ようやく、これで一区切りがつきました。

 今後は、市への協力という形で草刈り等の作業を行います。
 一連の判断と手順をサポートしてきた立場として、重い責任を果たした安堵感。

 まさに「菊づくり 菊見る時は 陰の人」ですね^^

2018年08月10日

第4300回 ノコギリ競争

0dd8d5b2.jpg 午前は、春採2丁目に位置する急傾斜地の視察と協議。
 田中道議、市関係者、仲ノ澤町内会の役員とともに実施しました。

 数年前、台風にともなう大雨で崖が崩落した現場。
 道の指定地であることから、道による安全対策は待ったなし。

 当面の仮設工事と抜本的な本工事。
 改めて、ルールに基づいた道の対応を求めていくことで認識を共有しました。

 午後は、白樺夏まつり。
 地域の有志による実行委員会が主催団体です。

 地域内の企業から多くの協賛を得たイベント。
 準備には、さぞかし多くのご苦労があったことと思います。

 焼き鳥もおでんも焼きそばもジュースも格安。
 多分、どこの露天よりも安いと思います。

 『子ども達に喜んでもらいたいから^^』
 「その思いは必ず通じていますよ!!」

 急遽、『市議も是非』と言われてノコギリ競争に出場。
 太い角材に挑んだものの、やり慣れていない作業に四苦八苦。

 結果、あえなく惨敗。
 明日、明後日の筋肉痛が心配です。

 『明日もやってます。顔を見せてください』
 「時間を見て、是非何とか・・」
gekko946 at 19:21|この記事のURLComments(0)町内会 

2018年08月09日

第4299回 ブロック塀の危険

3ac181df.jpg 午前は、市民相談の対応。
 簡単に解決できるものもあれば、全くそうでない案件もあります。

 どちらにしても誠実に、且つスピード感を持って行動すること。
 そこにのみ信頼が生まれることを銘記しながら・・。

 午後は、企業訪問。
 今日も精力的に回りました。

 途中、某所で目に入ったブロック塀。
 (大丈夫だろうか?)と不安が過ぎりました。

 以下、公明新聞からの転載。



       【主張】ブロック塀の安全対策 撤去費助成の取組み広げたい


 大阪府北部地震の教訓を踏まえ、自治体で危険なブロック塀の撤去費などを助成する動きが広がっている。安全対策を強化する取り組みに期待したい。

 今回の地震では、登校中の女児が倒れたブロック塀の下敷きとなり死亡した。悲劇を繰り返さないため、多くの自治体は、幼稚園や小中高校の塀の緊急点検を進めている。

 公共施設の点検作業は当然進めねばならないが、民間の施設や住宅に設置されているブロック塀も、実態を調べて万全の対策を急がねば登下校の安全は確保できない。

 一部の自治体が民間の建物に設置されているブロック塀の撤去・改修にかかる費用を助成するのはこのためだ。

 地震に遭った関西地域では、多くの自治体が7月から補助制度をスタートさせた。例えば、撤去費や軽量フェンスなどの新設費を補助する大阪市は、今年度と来年度に限り、補助限度額を5万円上積みし、迅速な対策を促すよう工夫している。京都市では、安全性を点検する専門家を派遣する支援も行っている。

 塀の撤去後に生け垣を設ける場合の費用を助成したり、国産材を活用した塀の設置を増やそうとする自治体もある。街の緑化や景観の向上にもつながる政策であり、評価したい。

 政府は、自治体の参考となる先行事例を周知するとともに、改修・撤去に対する財政支援を手厚くするべきだ。

 今後、耐震診断をどう進めていくかも重要である。

 ブロック塀の中には、設置されてから長期間が経過しているものも少なくない。現在の耐震基準に合っているかどうか今一度、再確認を急いでほしい。

 もし不適合だったり劣化が進んでいれば、災害時のケガの原因となったり、最悪の場合は人命を奪う凶器と化す。また、避難や救助活動の妨げにもなりかねない。

 倒壊の恐れのある塀の所有者に対して、その危険性を伝えるのは自治体の責務である。法律で定められた点検ポイントを所有者に理解してもらい、耐震診断の実施を促す取り組みも進めるべきだ。

 子どもはもちろん、大人の命を守るためにも、安全対策を強化しなければならない。
gekko946 at 17:35|この記事のURLComments(0)公明党 

2018年08月08日

第4298回 涼しさを運んで

1f9d9862.png 湯沢滞在中、猛暑とは無縁。
 快適な気温の中で、無事日程をこなしました。

 湯沢市議会関係者も『釧路から涼しさを持ってきていただいたようです』と。
 しかし、帰釧する今日は朝から高温。

 『これが本来の気温です』
 「では、もう少し滞在しましょうか^^」

 午後、釧路空港到着時の気温は18℃。
 さすが釧路です。

 以下、公明新聞からの転載。



      【主張】異常気象の頻発 激甚化を前提に対策強化せよ


 記録的な豪雨に猛暑、迷走台風と、今夏の列島は異常な天候に見舞われている。現在も台風13号が東日本に接近し、西日本では猛暑が続く。厳重警戒を怠ってはならない。

 気象庁は7月の豪雨と猛暑を「30年に1度よりも発生確率が低いという意味で異常気象だ」と総括した。

 200人以上が犠牲となり平成で最悪の被害となった西日本豪雨では、「数十年に1度」の重大な災害が予想される大雨特別警報が過去最多の11府県に発令された。

 7月の平均気温は東日本で平年を2.8度も上回り、統計開始以来、最高を更新。気象庁は連日の猛暑を「一つの災害」と位置付け、命を守るよう緊急の呼び掛けを行った。尋常でない事態である。

 さらに懸念されるのは、異常気象の頻度の高まりだ。気象庁の予測によると、地球温暖化が進んだ場合、今世紀末の全国の平均気温は20世紀末より4.5度上昇し、1日に200ミリ以上の豪雨も2倍以上に増えるという。気象災害が一層激甚化するであろうことは想像に難くない。

 こうした事態にどう備えるべきか。まずは対策を考える前提条件から抜本的に見直すことが求められよう。

 既に国土交通省は、温暖化で降雨量が増えれば、全国の1級河川で洪水が起きる確率が今世紀末に最大で現在の4倍になると試算し、堤防整備計画などに反映させる取り組みに着手している。

 このような視点を国や自治体の防災対策全般に貫徹させることが重要である。

 同時に、私たちの意識も大きく変えていく必要があろう。東京大学の片田敏孝特任教授は「一人一人が自分の命は自分で守る」という原点に立ち返るよう訴えている。異常気象に対する危機意識を高め、避難方法などの備えに万全を期したい。

 異常気象は日本だけの問題ではない。先月には、ノルウェーの北極圏地域で気温が33度を超えた。北米では熱波で多数の死者が出ており、東南アジアでは洪水が相次ぐ。

 世界気象機関は「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と警鐘を鳴らしている。国際社会と協力した温暖化対策の加速も忘れてはならない。

gekko946 at 16:05|この記事のURLComments(0)

2018年08月07日

第4297回 地熱発電所

発電所 現在建設中の山葵沢地熱発電所(湯沢市)
 完成すると国内第3位の規模になります。

 発電出力4万2千kWで約8万世帯分に相当。
 FIT契約(15年)で全量を東北電力に売却。

 総事業費は300億円を超えるそうですが、年間売上げが90億円となれば···^^
 悪くない商売です。

 生産井9坑、還元井7坑。
 想像以上の規模(約16万屐砲任靴拭

 来年平成31年度に運転開始。
 再生可能エネルギーとして、やはり地熱は優等生だと実感しました。

 現在の技術をもってすれば、地下深層部から熱水を汲み出しても近隣の温泉水脈には影響がないとのこと。
 技術者の話では、道東は地熱利用の適地の一つなんだとか。

 すでにこれまで、国の調査が行われています。
 是非、近い将来の事業化を期待したいと思います。
 


 地熱
 

2018年08月06日

第4296回 湯沢市を訪問

湯沢市 予想外の低温。
 今日は、姉妹都市訪問で秋田県湯沢市。

 昨日の大雨が影響したのでしょうか。
 釧路人にとっては有難い気温でした^^

 昨年就任された鈴木俊夫市長、佐藤功平議長を表敬。
 55年にも及ぶ姉妹都市交流を振り返りながら、更なる発展を確認したところです。

 折しも、七夕祭りの開催期間中。
 ゆっくり味わうことは叶いませんが、伝統の絵灯籠の一部は鑑賞出来ました。

 さて、甲子園では北海道代表の2校が出場。
 両校ともに接戦の好ゲームを展開したようです。

 100回の記念大会。
 年々、レベルの向上が著しい高校野球ですが、道産子らしく強豪に食らいついて欲しいと思います。

 苫駒が全国制覇して壁を打ち破って以降、北海道は今やアンパイではない❗
 ものの見事に下馬評を覆せ!!

gekko946 at 17:12|この記事のURLComments(0)

2018年08月05日

第4295回 エバーグリーン25周年

e6739bc4.jpg 今年は、エバーグリーンプロジェクトの25周年。
 今日、その原点の地を見てきました。

 平成5年のラムサール条約締約国釧路会議。
 並行して、展示イベント「エコエイド’93釧路展」を開催しました。

 その半分は地元制作展だったのですが、エバーグリーンプロジェクトは「グリーンベルトリサーチ」との関連で誕生した運動です。

 雄鉄線通りの中央分離帯に、一週間でどれだけの空き缶が捨てられているか。
 毎週日曜日の早朝、多くの青年達と空き缶拾いを実行。

 そこで得られたデータから、市民の環境意識に警鐘を鳴らすというコーナー。
 毎週、相当な量の空き缶が回収されました。

 問題は、集められた空き缶の処分。
 2tトラックで数台分にもなりました。

 検討の結果、廃品回収業者に売却し、その益金で苗木を購入。
 春採湖畔に植栽しました。

 写真は、その時植えた樹々の今。
 立派に成長し、見事な森を形成しています。

 故小川安久先生とは、この運動の際に知り合いました。
 以後、10年近くにわたって春採湖畔への植樹を継続実施。

 今日、最初の植栽地に立って改めて小川先生を偲びました。
 忘れ得ぬ出会い、今も尚感謝が尽きません。

2018年08月04日

第4294回 ホコ天が開幕

ホコ天 港まつりの2日目。
 午前10時半から「第41回北大通歩行者天国」の開会式。

 さわやかな青空の下、オープニングは寿こども蝦夷太鼓。
 レベルの高いパフォーマンスで会場を盛り上げてくれました。

 式は、主催者挨拶、来賓紹介・代表挨拶(蝦名市長)と続き、さらに鏡割り、テープカット。
 そして、最後に羽生実行委員長による開会宣言で幕を開きました。

 隣接地では、複合ビルの新築工事。
 巨大なクレーン車が稼働していました。

 建設現場には、常に未来性があります。
 また、希望があり期待感にあふれています。

 こうした風景が来年も続いてくれればと思います。
 そのためにも、まずは空きビルのスクラップが進むようにしなくてはなりません。

 是非、実態をよく知る地元の国会議員に動いてほしい。
 勿論、わが党の国会議員にも働きかけを強めてまいります。

 港まつりは明日まで。
 くれぐれもお天気には恵まれますように・・。

 
gekko946 at 17:28|この記事のURLComments(0)

2018年08月03日

第4293回 道路の相談

道路相談 桜ヶ岡の東部に位置する某町内会(顧問にはなっていない)からの相談。
 『取り敢えず、道路の現場を見てほしい』

 早速、現地に直行。
 常時、水が湧いて流れている様子(写真)を確認しました。

 他にも、舗装の劣化が著しく、降雨時に砕けたコンクリート片や小石が勾配下に流されていく。
 砕けた部分は凹みとなり、雨水が溜まるし振動の原因にもなっている。

 また別の個所では、雨水枡の周囲が削り取られているため、突起した状態になっている。
 なので、全く雨水を飲み込まなくなった。

 さらに、一部の私道を市道に認定できないか。
 そのための要件を満たすには、どのような課題があるか、等々。

 この際とばかりに相談の集中砲を浴びました^^
 「分かりました。まずは、一旦お預かりいたします」

 これまでの経験を生かしつつ、スピード感を持って対応したいと思います。
 無責任な先送りは致しません^^
gekko946 at 17:28|この記事のURLComments(0)町内会 

2018年08月02日

第4292回 釧路だけの涼しさ

5670cfa5.png 今日も企業訪問。
 合間に来客対応等々。

 『やっぱり涼しいですね』
 「地元の人間は、これでも暑くてかなわないんですよ」

 『東京からみたら天国です』
 「でしょうね。10℃は違いますからね」

 『同じ北海道でも、釧路だけですよね』
 「そうなんです。釧路だけ異国レベルなんです^^」

 『これからオフィスビルの需要が伸びるかも知れませんね』
 「ええ、私もそう見ています」

 釧路だけの涼しさは貴重な資源。
 否、最大の強みと言っていいでしょう。

 今後のまちづくりにおいて、この涼しい夏は重要なキーワード。
 官民挙げての積極的な取り組みが必要です。

 本当に特別なんですから・・。
 物凄いアドバンテージになっていくことは間違いありません。
gekko946 at 18:17|この記事のURLComments(0)

2018年08月01日

第4291回 期待が高まる

中田 今日も、またまた企業訪問を続行。
 気温は、今夏2番目の高温。

 「暑いですね」
 『かなわんね^^ でも、盆まででしょ』

 「たしかに」
 『ま、精々短い夏を満喫することにしましょうよ』

 暑い、と言えば帯広。
 今日は道東シリーズ2戦目。

 最後の会社を辞した後、カーTVで確認すると9回裏の場面。
 何と、劇的な逆転サヨナラ勝利!!

 強いですね、我らがF’s。
 是非このまま、最後までライオンズと首位争いを続けてほしいと思います。

 さて、今日から8月。
 待望のLCCが就航しました。

 ピーチアビエーションによる釧路ー関空線。
 間違いなく、道東観光の新たな展開が始まります。

 大いに期待しましょう!!