2011年01月22日

第1714回 ネットワーク力の発揮

2704dec1.jpg 今日は、2011新年交礼会(主催 公明党釧路総支部 公明党を支える会釧路)。多くの来賓を始め釧路・根室管内から企業、団体、支持者の皆様合わせて約500名の参加者にお集まりいただきました。
 また、党からは井上義久幹事長(衆議院議員)、稲津久道本部代表(衆議院議員)、横山信一道本部副代表(参議院議員)が来釧。それぞれ国政報告のスピーチは勿論のこと、祝宴の時間には各テーブルを丁寧に回りながら、日頃のご支援に感謝の挨拶をしていただいたところです。
 さて、今回の釧路日程の目的は、新年交礼会への出席だけでなく、釧路地域が抱える懸案の視察・調査でもあり、午後から釧路コールマイン、東水冷凍(昭和冷凍プラント)、笹谷商店を訪問。特に、KCMでは平成24年度以降の研修事業継続の見通しが全く立っておらず、極めて緊迫した情勢にあることが報告され、公明党の支援を求められました。
 井上幹事長は、同事業が国のエネルギー政策上も継続されることが望ましく、公明党として真剣に取り組んでいくことを約束。今後も、逐次連携を取りながら解決に当たっていくことが確認されました。
 そう言えば、現職の幹事長来釧は、5年前2006年1月の冬柴鉄三さん以来のことになります。あの時も、石炭技術海外移転事業の継続が問題となっていた時期でした。確かに、国政の立場は与党から野党に変わりましたが、前回と同様に「幹事長の政治力」と公明党チーム3000のネットワーク力を如何なく発揮して、要望の実現に全力を尽くしてまいりたいと思います。
gekko946 at 23:28│Comments(0)公明党 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔