2014年08月15日

第2896回 不戦の誓いを新たにする

568e78d9.jpg 第19回釧路市民戦災死没者慰霊式並びに平和祈念式。
 今年も、終戦記念日の今日午後からしめやかに挙行されました。

 会場としている栄町平和公園。
 昭和20年7月14、15の両日、まさに同公園周辺一帯に空襲を受けました。

 死者193人、負傷者273人、損失家屋1,375戸。
 終戦間際の甚大な犠牲です。

 あれから、早69年。
 国民の8割が戦争を知らない世代と言われています。

 今日の式典で代表が読み上げた「平和への誓い」

 『平和こそ、文化の向上、経済の発展、豊かな市民生活など社会秩序を支える全ての根幹なのです。
 空襲という忌まわしく不幸な歴史を有する私たち釧路市民には、その記憶を次の世代に伝えていく責任と、全世界に向かって恒久平和を訴えていく義務があります。
 戦争を二度と起こさないために、私たちは戦争を知り、学び、考え、次の時代に伝えていきます。
 世界中の人々が、戦争が人類にとって最も恐ろしい敵であることを知る必要があります。
 私たちは、この世界から戦争がなくなることを強く願います』(抜粋)


 途中、雨粒が落ちてきましたが、何とか最後まで持ち堪えたお天気。
 その曇り空に、色とりどりの風船が舞い上がりました。

 中空で見守る御霊へ、今の世代の決意を届けるかのように・・。
gekko946 at 17:16│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔