2016年08月24日

第3584回 江西省 鄱陽湖

21906af3.jpg 中国江西省科学院。
 魏国汶副院長他研究員の皆様が来訪されました。

 表敬の目的は、江西省にある中国最大の淡水湖「鄱陽湖(はようこ)」と阿寒湖・釧路湿原との学術交流等の連携についての提案です。
 『相互訪問などを通して両地域の関係を進展させたい』と。

 同湖は、渡り鳥の生息地で、冬にはソデグロヅル、ナベヅル、コウノトリが飛来するそうです。
 また、1992年3月にはラムサール条約登録地になっており、釧路地域との共通点が少なくありません。

 取り敢えず、今回は中国側が釧路湿原等を視察し、見聞を広げるということです。
 (今日の天気は上々で、絶好の調査日和となりました)

 まずは、釧路ウエットランドセンターとの交流を積み重ねていただく。
 地道に、且つ継続的に。

 『是非、市長・議長の訪問を期待しております』
 「機会があれば訪問したいとの希望はありますが・・」

 現実的には、そう簡単ではありません。
 市長はともかく、議長は任期が短いので・・^^

gekko946 at 23:28│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔