2017年05月17日

第3850回 兄弟党ゆえに

 昨日に続いて共産党。
 本質を知らない有権者が意外に多いので・・・

 北朝鮮問題が噴出している今、皆さんに知ってほしい。
 革命による独裁政権樹立こそが、彼らの最終目標であることを。

 というわけで、以下公明新聞からの転載。
 深い関係があったのです。


          共産、北と「兄弟党」ゆえに・・・

         ミサイル攻撃 反対した唯一の党
          拉致解明の“棚上げ”も主張


 「共産党と北朝鮮の朝鮮労働党は、もともとは友好関係にあった」。共産党の政策委員長を務めた筆坂秀世氏が、4月26日付「夕刊フジ」の連載「共産党研究」でこう指摘している通り、かつて日本共産党と朝鮮労働党は「兄弟党」として密接な関係にありました。

 朝鮮労働党の会合では、共産党の最高幹部が「熱烈な兄弟のあいさつ」を行い、「たがいに支持しあい、戦闘的な友情によって深く結ばれているマルクス・レーニン主義の党」と述べたほどの“同志”でした。近年、北朝鮮の横暴が露呈する中、共産党は「朝鮮労働党とは関係が断絶」(党ホームページ)とアピールしていますが、築かれた関係がそれだけ深かったことの裏返しなのです。

 事実、共産党からは、北朝鮮を擁護するかのような不可解な言動が続出しています。2009年4月に北朝鮮がミサイルを発射した際、強く抗議する国会決議に唯一反対したことは、その最たる例です。反対の理由は「『ミサイル発射』と断定すべきでない」。ミサイルと断定できる“根拠がない”とうそぶいていました。

 北朝鮮による日本人拉致問題でも同様です。同党の不破哲三委員長(当時)は00年10月の国会党首討論で「拉致という問題は国家犯罪であり、相手の国が国際犯罪を犯したと告発をするわけだから、よほどの足場を固めていないと問題提起できない」と発言、拉致は「疑惑」にすぎないとして、解明を“棚上げ”するよう求めたのです。

 共産党のこうした言動に対して、当時、衆院議員だった小池百合子・東京都知事も「北朝鮮の言われるままでありました。百万言を費やしても、(拉致被害者の)家族会の皆さん方の憤りはすさまじいものがある」(02年10月22日の本会議)と厳しく批判しました。
gekko946 at 23:57│Comments(0)公明党 | 今の話題

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔