2018年11月28日

第4410回 グローカル経済と石炭

f5267e84.jpg 今日も朝から企業訪問を続行。
 1社当たり平均約1時間近くの懇談。

 様々な話題に花が咲きます。
 お腹の中は、コーヒーとお茶でちゃっぽんちゃっぽん状態^^

 声は嗄れてくるし、トイレも近くなる。
 それでも、膝詰めの語らいは大切なので手は抜けません。

 「色々とお世話になります」
 『分かってるよ。できる限り協力する』

 有難いお言葉です。
 絶対に期待を裏切るわけにはいきません。

 さて、午後は「石炭セミナーin釧路」(主催 釧路市)
 講演が2題。

 このうち『グローカル経済と釧路の石炭』を拝聴。
 講師は、東洋大学経済学部 教授の島西智輝氏。

 ◎石炭はグローバル財であり、SDGs(持続可能な開発目標)推進も考えるべきで
  ないか
 ◎釧路は「石炭と共生したグローカル経済」と「石炭利用とSDGs推進の調和」の
  ポテンシャルを持っている

 「釧路の石炭」に関して、その潜在的な可能性に言及していただき心強いです。
 但し、今の段階でグローバリゼーションの展開まで見通す余裕はありませんが・・^^
gekko946 at 17:42│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔