2019年09月11日

第4696回 石炭産業を守るために

190911石炭


 今日は一転、本来の釧路らしい気温。
 多少は蒸しましたが、昨日に比べたら全く・・^^

 さて、市議会は常任委員会審査の3日目。
 総務文教常任委員会は、総務部と小部局(選管・監査委員会他)でした。

 さらに、その終了後に石炭対策・関連エネルギー調査特別委員会(月田光明委員長)
 付託議案並びに報告事項等について審議しました。

 議案は、KCMに対する産炭地域振興基金からの補助と市からの貸し付け。
 来年度の債務負担行為を含めて、総額約12億円。

 KCMの経営安定化、また年間30万トン採炭を軌道に乗せるために必要な措置です。
 すでに、国や道など関係機関の理解を得ています。

 質疑では、複数の委員から質問。
 石炭主幹は、その一つ一つに対して丁寧に答弁。

 今日の質疑で、一定のコンセンサスが得られたように思います。
 採決は、明後日の午後。

 委員長として、粛々と日程を進めていく所存です。
 当委員会は、そもそも釧路の石炭産業を守るために設置されたものなのですから・・。

gekko946 at 19:04│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔