2019年09月12日

第4697回 授業改善とキャリア教育

190912授業


 総務文教常任委員会の市長総括質疑。
 以下、2項目について教育長と議論しました。

 ◎授業改善に向けた教員交流

   中学校の学力レベルは、相当に深刻な状況にある。
   この事態を打開するためには、何と言っても授業の改善に取り組む
   必要がある。
   モデルとなる地域との教員交流を本格的に始めるべきである。
   その費用として、教育振興基金の活用も検討できるのではないか。

  (教育長) 前向きに検討していきたい。
  (市 長) 必要な予算を確保するのは当然のことと認識している。


 ◎中学生を対象にしたふるさと・キャリア教育

   6月に鳥西中で開催したワークショップ型キャリア講座は、今後も
   継続するのか。
   教育行政方針に述べた「職業講座の開催や職場体験活動」は、どの
   ように展開していくのか。

  (教育長) JCとの連携協定に基づき、鳥西中ほか今年度は3校で
         の開催を予定している。
         来年度以降についても、地元企業への就職や起業意欲
         を喚起するために、効果的なふるさと・キャリア教育
         の実施を検討していく。


 今回の質疑の成果は、これから始まる予算編成作業の中で明らかになると思います。
 引き続き、様々な機会をとらえて積極的な対応を求めていく所存です。

gekko946 at 16:43│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔