2019年10月14日

第4729回 冬の匂いが近い?

191014初霜


 未明の室温が急激に低下。
 爪先に冷気を感じるようになってきました。

 「暖房を入れるか?」
 『えーーッ、まだまだ。厚着して我慢しよう』

 「ポータブルの電気ストーブだけでも」
 『じゃあ、昼までね』

 ネット情報では、お隣の帯広市で初氷・初霜を観測。
 冬が、もうすぐそこまで来ています。

 異常なほど鼻が利く次男に「どうだ。冬の匂いがするか?」
 『う〜〜ん、まだしないかな』

 彼が『冬の匂いがしてきた』と言えば、初雪が近い。
 過去に何度も、そうした経験をしてきました。

 でも、まだ10月ですから、さすがに初雪はもう少し先でしょう。
 今しばらく、秋を味わわせてください^^

 日没も急速に早くなってきました。
 夕日が一段と綺麗になるのは歓迎しますが・・。

gekko946 at 16:49│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔