今の話題

2018年10月03日

第4354回 これからの教育

エンジン 釧路市議会9月定例会は、今日後半の表決・閉会。
 平成29年度決算について、各会計決算・企業会計決算ともに認定(一部賛成多数)しました。

 さて、エンジン01文化戦略会議in釧路。
 早いもので、1ヶ月後に迫ってきました。

 入場チケットは、すでに完売の講座もあるとか・・。
 少人数で語り合う「夜楽」の部でも、早々と定員に達したコマもあるそうです。

 ボクが申し込んだのは1時限目14教室「これからの教育」
 4人の講師の中に名を連ねた隂山英男さんの話しに関心があるからです。

 『読み書き計算で子どもの基礎学力を向上させる隂山メソッドを提唱』されている、とか。
 はたして、どんな内容で、またどのような実績を上げておられるのか・・。

 4人の講師で75分間の講座です。
 時間切れが心配ですが、楽しみにして受講したいと思います。

 実は、隂山さんがメンバーに入っている夜楽にも、と思ったのですが既に満員。
 どうやら林真理子さん人気のようで・・^^

 ともあれ、知的好奇心を刺激し、さらには釧路情報を広く発信できる絶好の機会。
 是非、多くの市民の皆様に参加していただきたいものです。
gekko946 at 17:03|この記事のURLComments(0)

2018年09月11日

第4332回 正しい知識が大切

3716bc51.jpg 停電後、家族を含めて多くの市民からご質問をいただきました。
 代表的なのは『釧路火力ができたら釧路は大丈夫なんでしょ?』

 「いえ、そうとは聞いておりませんが・・」と歯切れの悪いお答えに終始。
 そこで、今日は勉強してきました。

 北電釧路支店電力部の系統運用グループと送電グループ。
 お疲れのところ恐縮でしたが、快く対応していただき感謝に堪えません。

 その内容の詳細については、逆に誤解を招いてはいけないので略しますが・・。
 ただ、調整機能を有する発電所がなければ、単純な地産池消はできないということ。

 改めて、素人考えや思い込みは危険であると思いました。
 汗顔の至りです^^

 以下、公明新聞からの転載。
 党の対策本部もスピード感を持って行動しています。


 
               仮設住宅 設置急げ

               早期の激甚災害指定も 
               北海道地震で党対策本部



 公明党「平成30年北海道胆振東部地震」対策本部(本部長=井上義久幹事長)は10日、衆院第2議員会館で、北海道胆振東部地震の被害や対応状況について、政府から説明を受け、万全な対策を講じるよう求めた。

 井上幹事長は地震発生後に党として国会議員を被災地に派遣し、現地の地方議員と連携を取りながら対応してきたと述べ「被災者は大変な思いをしている。被災者の思いに応えることが非常に大事だ」と訴えた。

 出席議員は、「北海道はこれから気温がぐんと下がっていく。一日も早い仮設住宅の設置が求められる」と力説した。自治体の復旧事業への補助率を上乗せできる「激甚災害」の早期指定も求めた。

 また、地震の影響で道内のほぼ全域が停電となった「ブラックアウト」に言及し、「再生可能エネルギーの普及を含めたリスク分散が必要だ」と強調。営農再開に向けた復旧支援や、風評被害を防ぐために海外への積極的な情報発信なども要望した。
gekko946 at 17:36|この記事のURLComments(0)

2018年07月02日

第4261回 さて奇跡は起こるか

df2d8d75.jpg 何度も言いますがサッカーよりは野球。
 但し、ロベルト・バッジョの現役時代は熱心に観戦しました。

 セリエAの試合は、ほとんどが深夜か未明。
 でも、LIVEで得られる感動は、他に代え難く画面に噛り付いたものです。

 特別な選手でした。
 幾度かの大怪我を乗り越え、爆弾のような膝を抱えても尚、彼にしかできないプレーの数々。

 バッジョこそファンタジスタの名に相応しい天才。
 ボクにとっては、今でもロナウドやメッシ以上です。

 さて、イタリア不在のロシアWC。
 明日未明には、ベスト8を賭けた日本対ベルギー戦。

 苦戦は免れません。
 もし勝つとすれば3:2でしょうか。

 その理由は長くなるので割愛します^^
 評論家のほとんどが2:1と予想しているようですが・・。

 もとより、勝ってくれれば点数など関係ありませんが^^
 ガンバレ ニッポン!!
 
gekko946 at 18:00|この記事のURLComments(0)

2018年06月26日

第4255回 確率に意味があるのか

予測地図 地震調査委員会が2018年版「全国地震動予測地図」を公表。
 注目されたのが、今後30年以内の震度6弱以上確率。

 釧路地域は、昨年の47%から69%に上昇しました。
 ちなみに、根室地域は63%から78%へと15ポイント上昇。

 さて、これをどう受け止めたらいいのか・・。
 正直なところ「だからどうだっていうの」みたいな感覚です。

 ちょっと臍曲がりかとは思いますが、来年は何%になるのかと思ってしまいます。
 また、再来年は・・?

 そしてこのまま、大地震が発生せずに10年も経ったら、果たして何%になるのか。
 99%、それとも100%?

 多分それはないでしょう。
 そもそも現在の地震予知にそれほどの精度はないはず。

 確率はどうであれ、地震は起きます。
 千島海溝沿いの地域である以上、もとより地震から逃れることは出来ません。

 正しく警戒し、冷静に対応策を準備すること。
 この場合、数字に一喜一憂する必要は全くないのです。
gekko946 at 23:20|この記事のURLComments(0)

2018年06月12日

第4241回 それにしても・・

米朝 米朝首脳会談。
 高い注目が集まりました。

 1年前の状況を考えれば、まさに急転直下のような印象です。
 言うまでもなく、紛争よりは対話による問題解決が好ましいわけですが・・。

 それにしても、北朝鮮側からの接近は何を物語っているのか。
 やはり、トランプ大統領が威嚇した「空爆もあるぞ」にリアリティがあったからか。

 勿論、最高レベルの経済制裁にも効果があったと見るべきでしょう。
 しかし、それ以外のもっと重要な要素があるのではないかと思えてなりません。

 それにしても、それにしても・・。
 国連決議に違反し続け、世界中を敵に回してきた北朝鮮が、何故こんな破格な扱いを受けるのか。

 悪事を働いてばかりきた国なのに・・。
 これが、核を持ったステイタスということか。

 それにしても「才能あるすばらしい人物」との評は如何なものかと思います。
 現時点で、金委員長を英雄視することには反対です。

 冷静に、今後の推移を見守っていくしかありません。
 油断は禁物!!

 ゴルバチョフ元大統領や周恩来元総理とは本質的に違うのです。
gekko946 at 21:12|この記事のURLComments(0)

2018年06月06日

第4235回 釧路港のポテンシャル

スピーチ 日中平和条約締結40周年を記念する講演会。
 「いまや世界は北の釧路、南のシンガポール」(主催 釧路日中友好協会 釧路企業誘致アテンド協会)が開催されました。

 午前は、市役所への表敬訪問。
 錚々たるメンバーと名刺交換並びに親しく懇談しました。

 宋耀明 中国大使館経済商務公使
 王家馴 中国機械設備工程 在日中国企業協会会長
 鞠文永 中国国際貿易促進委員会駐日本代表処首席代表
 譚 兵 コスコシッピングラインズジャパン蝓‖緝充萃役社長
 全思斌 中国南方航空日本支社長
 関 旭 中国青年旅行社日本蝓‖緝充萃役社長
 孫 璐 人民網日本蝓‖緝充萃役社長
 辛赤邑 在日中国企業協会 法律諮詢知識産権保護委員会副主任
 張語秋 中国大使館職員

 昼は、祝賀の昼食会。
 市議会日中友好促進議連の会長として、歓迎のスピーチと乾杯の発声をさせていただきました。

 そして、午後から講演会。
 釧路と中国の友好促進、交流拡大を期待する発言が相次ぎました。

 特に、釧路港の地理的優位性を生かした今後の発展への期待。 
 もとより、そのハードルは高いとは思うものの、否応なく夢は膨らみます。

 縁とは不思議なもの。
 思いもよらない展開に転じていくことだって、決して珍しくはありません。

 その意味で、今回の出会いを大切にしたいと思います。

中国

昼食会

宋公使
gekko946 at 21:20|この記事のURLComments(0)

2018年05月27日

第4225回 重い責任と使命

d76a6ff5.jpg 午前も午後も、今日は一日「100万人訪問・調査運動」
 桜ヶ岡、益浦地域を歩きました。

 改めて、高齢者単独世帯が多いことを実感。
 「介護アンケート」では、様々な声を聴かせていただきました。

 ◎子どもの世話にはなりたくない
 ◎施設に入ることに抵抗はないが、簡単には入所できないのでは・・ その他諸々。

 一方で、介護保険料(+健康保険料)はこれ以上負担できない、との悲痛な声も。
 サービスは有難いが、負担能力にも限界がある、と。

 そろそろ、税5割・保険料5割の仕組みを見直す時期に来ているのかも知れません。
 勿論、税5割を増やすとしても、その恒久財源の確保に見通しを立ててのことになりますが・・。

 少子化の対策も難題ですが、同じく介護の問題も深刻。
 政権政党の責任と使命は重い。

 決して逃げるわけにはいきません。
 その重圧をズッシリ感じた一日でした。
 
gekko946 at 18:30|この記事のURLComments(0)

2018年02月03日

第4112回 図書館のオープンと新春交礼会

総支部 まずは、釧路市中央図書館・釧路文学館の開館式典。
 待望久しい知の拠点のオープニングです。

 来賓の中に、釧路出身の直木賞作家 桜木紫乃さんのお姿がありました。
 受賞作品「ホテル ローヤル」からの読者として、ちょっと興奮^^

 実は、予てから機会があればホテル ローヤルの一編「バブルバス」は、どこから着想されたのか聞いてみたいと思っていました。
 遂に、そのチャンス到来!!

 がしかし、ご本人を前にした緊張のためか、とうとう聞けず終い・・。
 何とか、ツーショット写真だけは撮ることが叶いました。

 さて、終了後ただちに移動。
 釧路総支部の2018新春交礼会。

 約400人の参加者を得て、盛大に賑やかに開催。
 席上、佐藤英道衆議院議員から、昨秋の衆院選でのご支援に対する感謝の言葉が述べられた他、来賓の伊東良孝衆議院議員、蝦名大也釧路市長から祝辞を頂戴しました。

 最後に、釧路総支部所属議員が揃って登壇。
 代表して、年頭の決意を表明。

 「議員力を上げて、さらなる党勢拡大に、また地域課題の解決のために全力で挑戦してまいります」と。
 ご来場の皆様、誠にありがとうございました。

議員団 図書館

 桜木
gekko946 at 23:08|この記事のURLComments(0)

2018年02月01日

第4110回 依存症に向き合う

IRセミナー 第2回統合型リゾート(IR)道民セミナー。
 講演は2題で、前半は「IRのポイント解説」(講師 あずさ監査法人 小林篤史氏)

 後半は「有効なギャンブル等依存症対策とは」でした。
 講師は、一般社団法人ギャンブル依存症問題を考える会 代表理事 田中紀子氏。

 依存症・・神経伝達物質であるドーパミンが深く関わっている病気。
 脳の中が機能不全に陥り、ドーパミンがインスタントに増産される症状のこと。

 病気なので、意思の力だけでは改善できないし、コントロールも利かない。
 『強い意志を持って血圧を下げるぞ』と決意しても、それだけで下がるわけもないのと同じです。

 病気なので、適切な治療を施さない限り快癒することはありません。
 ギャンブル依存症は2017年時点で全国に320万人(厚労省発表)

 一方で、ネット依存症は2014年時点で421万人(厚労省発表)
 このうち、中高生が何と51万人もいるとのことです。

 さて、田中氏はパチンコや競輪・競馬、またカジノなどギャンブルを全て排除したところで、依存症問題は決して無くならない、と。
 ギャンブル行為が潜在化するだけで、逆に実態が見えなくなってしまうと強調。

 そこで、医療・行政に望むこと、司法との関係、回復施設や自助グループなどの社会的機能の拡充、社会復帰支援のあり方、幅広いサポート体制の構築などに言及。
 さらに、国会で審議中の「ギャンブル依存症対策基本法」の課題についても厳しく指摘されました。

 実は、田中氏ご自身が祖父、父、夫と三代目ギャンブル妻。
 経験者のお話しは、さすがに説得力があります^^

 地方自治体としての課題も見えてきました。
 今後、しっかり議論を積み重ねていかなくてはなりません。

依存症 依存症2
gekko946 at 23:16|この記事のURLComments(0)

2018年01月30日

第4108回 鳥居先生を偲びつつ

図書館 (新)釧路中央図書館のオープンまで、あと4日。
 今日は、市議会総務文教委員会で準備状況の視察。

 猛然と追い込みに入っている現場の様子を見てきました。
 ほぼ準備完了のコーナーがある一方で、「あれ、大丈夫?」のところも・・。

 「間に合うの?」 
 『大丈夫です。間に合います』

 「少し、心配になってきた」
 『全く心配ありません。絶対に間に合わせます』

 そりゃそうでしょう。
 どんなことがあったって、意地でも間に合わせなくてはなりません。

 さて、併設の釧路文学館。
 やはり、直木賞作家 桜木紫乃さんがメインになっています。

 そして、挽歌の原田康子さん、詩人の石川啄木さん。
 ファンにはたまらない展示ブースです。

 今は亡き鳥居良四郎先生も、さぞかしお喜びのことでしょう。
 是非、ここを拠点に釧路の文学活動が活発化することを期待したいと思います。
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)

2018年01月12日

第4090回 結果にコミットする

小出 釧路市ビジネスサポートセンター開設準備講演会(主催 釧路市ビジネスサポート協議会)
 「f-Biz流で実現! 釧路の事業者の売上UP!」

 講師は、小出宗昭氏(富士市産業支援センター f-Bizセンター長)と秋元祥治氏(岡崎ビジネスサポートセンター Oka-Bizセンター長)のお二人。
 今をときめく中小企業コンサルティングの第一人者です。

 以前の相談・支援というのは、経営診断・分析と指導が専らでした。
 しかし、両氏が関わる支援は具体的な知恵・プランの提示であり、実際に売り上げを伸ばすための方策を提供すること。

 まさに、結果にコミットする経営コンサルティング。
 しかも、打率(成功事例)が高い。

 f-BizもOka-Bizも、相談は1回1時間で無料(常設型公設民営)。
 必要があれば何回でも相談できます。

 ちなみに、f-Bizへの来訪者は1日平均で約380件。
 年間にすると、4,200〜4,300件にもなるとのこと。

 人口規模(富士市の人口は約25万人)を考えると、驚くべき数字です。
 しかも、その9割が口コミ。

 コンサルのやり方は、徹底して事業者の話しを聞くこと。
 そして、真のセールスポイントを発見し、それを生かす方法をともに考える。

 当事者が気付いていない最大の魅力は・・。
 小出氏は、きっぱりと「ビジネスに思い付きは通用しない。裏付けが必要だ」と。

 今夜の講演会では、米屋、化学薬品問屋、樹脂加工業、紡績会社の下請け工場、豆腐屋、お茶屋などの相談事例が紹介されました。
 魔法のように鮮やかな成功物語の数々は、見事というしかありません。

 さて、いよいよ釧路市も今夏にはK-Bizを開設する予定です。
 現在、成否を決定づけるセンター長の人選中(全国各地から110人が応募)。

 はたして、ビジネスセンスに優れ、またコミュニケーション能力に長けた人材がいるかどうか・・。
 全てはセンター長の能力次第。

 半分は期待、半分は不安の中で、見守っているところです^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年12月09日

第4056回 都心部のまちづくり

中心市街地 一般質問報告シリーズその2は「都心部まちづくり」
 国の制度活用による中心市街地の活性化策について質問しました。

 まず、都市再生区画整理事業。
 これは、「街区規模が小さく敷地が細分化されている既成市街地における街区再編・整備による都市機能更新を推進するための土地区画整理事業」です。

 北大通周辺が衰退した原因の中で、やはり街区が小さかったことは致命的な要素。
 そのため、大店立地法施行後における商業形態の変化に対応できず、結果的に商業機能の郊外流出を許してしまいました。

 今、国は地方都市の人口減少による悪影響を少なくするためにコンパクトなまちづくりを推奨しています。
 特に、密集市街地の改善に資する事業や集約型都市構造への転換を図る事業を重点的に支援する、と。

 例として、立地適正化計画において定められた都市機能誘導区域内で行われる事業への交付率嵩上げがあります。
 1/3が1/2になるのですから、財政難に苦しむ地方都市には非常に力強い。

 そこで、同事業を活用して漸進的に北大通周辺の街区の大型化、再編・整備に着手してはどうかと申し上げました。
 大胆且つ実効性のある施策の展開なくして、中心市街地の再生はない、と。

 もう一つは、都市再構築戦略事業。
 これは、生活に必要な医療・社会福祉・教育文化・子育て等の都市機能施設を都市機能誘導区域内へ誘導するにあたり、国が社会資本整備総合交付金により支援するというもの。

 実は、来年2月にオープンする新図書館は、同制度を活用した事業です。
 そこで、旧図書館と同様に老朽化が著しく、早期の建て替えを迫られている市民文化会館を中心市街地に移転改築すべきでないかと提案。

 合わせて、現在検討を進めている都心部まちづくりコンセプト、及び平成30年度に策定予定の都心部まちづくり計画に位置付けられないかと申し上げました。
 MICE関連施設の都心部への集中はメリットが大きい、と。

 市長は、街区の再編・整備は民間の土地利用の動きを見定めていく必要があるとしながら、市民文化会館の移転改築については前向きに検討し、一定の時期に判断すると答弁。
 大きな風穴が開きました。
gekko946 at 23:03|この記事のURLComments(0)

2017年09月17日

第3973回 解散風と台風

f8f774ee.jpg 興津つつじヶ丘町内会(桜井隆志会長)
 今日は、恒例の秋レク。

 会員のHさん宅駐車場をお借りし開催しました。
 鉄板や網の上でサンマやジンギスカンを焼いて懇親。

 「台風が来る前で良かったですね」
 『普段の行いがいい人ばかりだから^^』

 懇談の話題は、やはり火力発電所。
 深く考えずに反対署名に応じた方もおりました。

 そこで、懇切に説明。
 いくつかの質問にも丁寧にお答えしました。

 その結果、参加者全員から賛同を得ました。
 (もっと早くに、こうした場を持つべきでした)

 最後は、ビンゴゲーム。
 景品が全員に行き渡ったところで散会。

 『本当に選挙になるの?』
 「強い風が吹き始めたようです」

 『台風みたいな?』
 「ははは、確かに。政党によっては暴風雨に感じるかも知れませんね^^」
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年09月05日

第3961回 重大な脅威

802617a2.png 北朝鮮が核実験。
 常軌を逸しているというか、最早狂人化しているとしか言いようがない。

 力づくで自国の目的が達せられると考える戦略は、絶対に破綻する。
 以下、公明新聞からの転載。

 公明党の公式声明です。
 


              重大な脅威 断固非難
             安保理決議、全面履行せよ


 公明党北朝鮮問題対策本部は3日、北朝鮮の核実験に対し、次の通り「党声明」を発表した。

一、北朝鮮は、本日12時31分ごろ、関係国への事前通告なしに、先般の弾道ミサイル発射に続き核実験を強行した。

一、今回の実験は、国際社会の度重なる強い抗議・警告を完全に無視するだけでなく、わが国を含むアジア太平洋地域および国際社会の平和と安全を著しく損なうものであり、重大かつ差し迫った新たな段階の脅威である。到底受け入れることはできない。断固非難する。

一、また、先般採択された国連安保理決議第2371号をはじめ累次の安保理決議に明白に違反するとともに、日朝平壌宣言にも違反し、六者会合共同声明の趣旨にも反する。さらには、核兵器不拡散条約を中心とする国際的な軍縮不拡散体制に対する重大な挑戦でもある。

一、国際社会が繰り返し強く非難していることを踏まえ、北朝鮮は、国際社会の声を真摯に受け止め、累次の安保理決議を厳格かつ全面的に履行すべきであり、一層孤立を深める愚かな行為は自制すべきである。

一、北朝鮮に対し、検証可能かつ不可逆的な方法により、既存の核・弾道ミサイル計画の放棄を改めて促すとともに、核兵器不拡散条約及び国際原子力機構保障措置に早期に復帰し、朝鮮半島の非核化をめざすことを強く求める。

一、政府は、米国、韓国をはじめ中国、ロシアなど関係国と緊密な連携を図るとともに、国際社会が一致して、北朝鮮関連の安保理決議に基づく制裁措置を厳格かつ着実に実施し、実効性を確保することが極めて重要である。

 また、さらなる厳しい措置を含む、新たな安保理決議の採択に向けて努力すべきである。

 さらに、政府は、対話と圧力、行動対行動の原則の下、この機会に改めて、核・ミサイル・拉致といった諸懸案の包括的解決に力を尽くすべきである。

一、わが国の平和と安全、国民の安心・安全の確保のため、政府は、今後の北朝鮮の動向を含む情報収集および分析を一層強化し、最大限の警戒監視態勢の下、引き続き万全を期すとともに、国民に対して適時適切な情報提供を行うべきである。公明党は与党の一員として政府の取り組みを支援し、一体となって対応したい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年08月06日

第3931回 新たな伝説が生まれた

5f7cde9a.jpg 日帰りの根室行。
 同僚議員の田塚不二男さんを応援するためです。

 5期目に挑戦。
 現在、議長の要職を担い、行政や市民からも絶大な信頼を勝ち得ています。

 少数激戦。
 油断なく、堂々たる勝利を勝ち取っていただきたいと思います。

 さて、帰釧後そのまま幣舞公園。
 釧路川越しにスペシャルパレードを観ようと考えました。

 すでに、10人余の観衆が陣取って待機中。
 が、しかし・・。

 「かなり遠いですね」
 『ええ。しかも霧がかかっていて思惑が外れました^^』

 そこで、潔く決断し車で雑踏の中へ突入。
 想像以上の人出です。

 大漁どんぱくを凌駕する人、人、人。
 同乗の息子に「いい写真を撮れ!」と指示。

 それにしても、凄まじい。
 第70回に相応しい伝説が生まれました。

 『ディズニーなんて誰が考えたの?』
 「はて、誰かな?」

 『提案した人は表彰もんだね』
 「確かに。是非、顕彰しなくては!!」

 Facebook情報では4万人だったとか。
 「動機があれば人は動く」という原理を改めて実感したところです。

幣舞公園
警備
gekko946 at 19:15|この記事のURLComments(0)

2017年07月07日

第3901回 ホストタウンに指定・登録

272a67ec.jpg 【 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国、グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する観点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体を「ホストタウン」として指定・登録する 】

 今日午前、内閣官房、東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会事務局から第4次登録が発表されました。
 この中で、道内唯一釧路市が指定・登録^^

 相手国は、石炭研修事業等でつながりが深いベトナムです。
 これで、すでに昨年登録済みだった網走市(オーストラリア)、士別市(台湾)、名寄市(台湾)に次いで道内4番目のホストタウンとなりました。

 これにより、今後ベトナムとの幅広い交流が始まります。
 事前合宿一部競技の誘致や選手団の応援、大会後の訪問受け入れ等々。

 さらに、この繋がりを契機として、観光を含む経済・産業、文化・スポーツなどの相互交流を広げ継続していく。
 大きなチャンスをいただいたと思います。

 尚、同国との交流に関して、市が負担する経費の一定割合は国が補助する。

  ◎ホストタウンの取組みに対する特別交付税措置

 (1)対象経費として、住民等と大会関係者との交流又は当該交流に伴い行われる取組みであって、スポーツの振興、教育文化の向上及び共生社会の実現を図ろうとするものに要する経費

 (2)交流に伴い行われる取組みに要する経費、交流相手国の事前合宿(東京大会以外の国際競技大会の合宿を含む)の誘致及び実施に関する経費(ボランティア養成、警備、宿泊、輸送等に要する経費)

 (3)措置額は対象経費の一般財源合計額の2分の1

 (4)その他 東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機に実施する民間施設のバリアフリー化に要する経費(民間団体等への補助)や交通施設のバリアフリー化に要する経費(国と協調して交付する鉄道事業者等への補助)については、既存の特別交付税措置の対象となる

 他にも、ホストタウンが行う施設改修に係る地方債措置もあります。

 ともあれ、東京オリパラ本番まで、あと3年。
 事前事後通して実りある交流が図られるよう官民挙げて、しっかり取り組んでいかなくてはなりません。

 知恵も必要です。
 果敢な行動力も欠かせません。

 今回の登録申請・決定にあたり、行政レベルとは別に、党の独自ルートでバックアップした責任と思い入れもありますので、個人的にも可能な限り協力していくつもりです。
 何としても大成功に導き、釧路市の活性化に寄与できれば、と・・^^
gekko946 at 17:59|この記事のURLComments(0)

2017年06月02日

第3866回 「守り」から「攻め」へ

342613ff.jpg こう見えても、中学校時代は2年間卓球部。
 選手としては全く平凡で、目立った戦績は何もありません。

 中体連でも、1回戦を勝つのが精一杯・・^^
 スタイルは前陣速攻型。

 当時は、カットマン全盛の時代でした。
 (カットマンの試合はともかく長く、我慢強い選手が勝ち上がっていた)

 さて、世界卓球選手権。
 ジャパンの活躍は目を見張ります。

 本当に強くなりました。
 中国一強時代を終わらせる勢いです。

 ということで、以下公明新聞からの転載。
 「守り」から「攻める」への転換が、苦境打開の要因だった、と。


 【ドイツ・デュッセルドルフで開かれている世界卓球選手権個人戦。世界から注目される若手日本選手の一人が平野美宇さん。アジア選手権でリオ五輪金の中国選手らを倒し初優勝した女子高生だ◆リオ五輪で代表漏れした悔しさをバネに、それまでの「守る卓球」から「攻める卓球」にスタイルを変えた。「全部勝つためにどうしたらいいのかを考える」。そう言い切る◆同じ年頃でデビューした女優の苦労話を『わたしの失敗供戞併嵯仗景絞顕宿編、文春文庫)で読んだことがある。岸本加世子さんの話だ。新人時代、連続ドラマの主演女優から徹底的にいじめられた◆リハーサル段階ではあったせりふが、主演女優の「いらないんじゃないの」の一言でカメラリハーサルのときには何カ所も削られる。出番がどんどん減り、「半年間は胃に穴が開きそうなくらいつらかった」と振り返る◆しかし彼女はひるまなかった。「わたしはきっと女優として芽があるんだ」と前向きに開き直る。そして演技派の大女優へと着実に歩み始め、やがて日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞するまでに◆二人とも、攻めの姿勢に転じることで困難を打ち破った。「攻撃は最大の防御」と。東京都議選の投票日まで1カ月。攻めに徹し、公明23氏の全員当選を勝ち取っていきたい。(六)】
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年05月29日

第3862回 専門職大学の創設

a0ba16d3.jpg 去る24日、改正学校教育法が成立。
 再来年の4月から「専門職大学」の開学が可能となりました。

 確かに、近年、求職と求人のミスマッチが増えてきている中にあって、進路の選択肢が広がるということには意義があると思います。
 加えて、工業とか商業とか職業系高校を卒業した18歳が、いきなり就職してもその未熟さゆえに早期退職が増加。

 これが、定着率を下げる一つの要因であるとも言われています。
 様々な面で、近頃の18歳はトレーニング不足なのかも知れません。

 さて、専門職大学制度の成否を左右するのは・・?
 まずは、どのような成功事例を示せるかどうかにかかっているのではないか。

 以下、公明新聞からの転載。



            専門職大学 教育の質の確保に万全期せ


 人口減少による労働力不足が懸念される中、IT(情報技術)や観光など今後も成長が見込まれる分野の人材をどう育成、確保するか。この課題に対する取り組みとして期待したい。

 高い専門性と柔軟な発想力を兼ね備えた職業人の育成をめざす高等教育機関「専門職大学」の創設を盛り込んだ改正学校教育法が24日、成立した。2019年4月から開学が可能になる。大学制度に新たな教育機関が加わるのは、1964年の短期大学以来、55年ぶりだ。

 専門職大学では、▽プログラミングの技術を他分野と連携して新たな企画を提案する▽観光分野でサービスの向上や旅行プランの開発に取り組む―などの能力を身に付けることを想定しており、“即戦力”輩出の場として、産業界の期待は大きい。

 ただ、見逃してはならないことは、高等教育を希望する若者にとって選択肢が広がるという点だ。

 職業教育のための高等教育機関としては専門学校がある。これに対して専門職大学は卒業すると「学士」の学位を取得できることが特徴だ。

 進学先の検討に際し、職業教育を重視するか大卒の経歴を優先するかで迷うこともあるだろう。興味のある分野に関して実践的な能力を身に付けることができ、学士の学位も取得できる専門職大学は、こうした若者に新たな進路を提供する点で意義がある。

 社会人が学びやすい仕組みにも注目したい。

 専門職大学では、4年間を前期と後期に分け、前期を終えて就労し、後期から学業を再開することも可能だ。また社会人としての実務経験を単位として認定する制度も設けた。キャリアアップの場としても活用できよう。

 課題も指摘しておきたい。

 何より優先すべきは教育の質の確保だが、この点で文部科学省は、卒業単位のうち3〜4割は企業の実習に充て、教員の4割以上を実務家とすることを省令で義務付ける方針だ。ただ、単なる数合わせにならないようチェックが必要ではないか。

 学生の意欲やニーズに的確に応えた質の高い教育を提供できるかどうか。この点に新制度の成否がかかっている。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年05月17日

第3850回 兄弟党ゆえに

 昨日に続いて共産党。
 本質を知らない有権者が意外に多いので・・・

 北朝鮮問題が噴出している今、皆さんに知ってほしい。
 革命による独裁政権樹立こそが、彼らの最終目標であることを。

 というわけで、以下公明新聞からの転載。
 深い関係があったのです。


          共産、北と「兄弟党」ゆえに・・・

         ミサイル攻撃 反対した唯一の党
          拉致解明の“棚上げ”も主張


 「共産党と北朝鮮の朝鮮労働党は、もともとは友好関係にあった」。共産党の政策委員長を務めた筆坂秀世氏が、4月26日付「夕刊フジ」の連載「共産党研究」でこう指摘している通り、かつて日本共産党と朝鮮労働党は「兄弟党」として密接な関係にありました。

 朝鮮労働党の会合では、共産党の最高幹部が「熱烈な兄弟のあいさつ」を行い、「たがいに支持しあい、戦闘的な友情によって深く結ばれているマルクス・レーニン主義の党」と述べたほどの“同志”でした。近年、北朝鮮の横暴が露呈する中、共産党は「朝鮮労働党とは関係が断絶」(党ホームページ)とアピールしていますが、築かれた関係がそれだけ深かったことの裏返しなのです。

 事実、共産党からは、北朝鮮を擁護するかのような不可解な言動が続出しています。2009年4月に北朝鮮がミサイルを発射した際、強く抗議する国会決議に唯一反対したことは、その最たる例です。反対の理由は「『ミサイル発射』と断定すべきでない」。ミサイルと断定できる“根拠がない”とうそぶいていました。

 北朝鮮による日本人拉致問題でも同様です。同党の不破哲三委員長(当時)は00年10月の国会党首討論で「拉致という問題は国家犯罪であり、相手の国が国際犯罪を犯したと告発をするわけだから、よほどの足場を固めていないと問題提起できない」と発言、拉致は「疑惑」にすぎないとして、解明を“棚上げ”するよう求めたのです。

 共産党のこうした言動に対して、当時、衆院議員だった小池百合子・東京都知事も「北朝鮮の言われるままでありました。百万言を費やしても、(拉致被害者の)家族会の皆さん方の憤りはすさまじいものがある」(02年10月22日の本会議)と厳しく批判しました。
gekko946 at 23:57|この記事のURLComments(0)

2017年05月16日

第3849回 リアルな危険

c7302720.png 昨日の会議でも、稲津道本部代表から言及がありました。
 『真実を知り、堂々と語っていこう』と。

 何故か一般紙の政治報道では重視されない左翼の問題点。
 自由の名の下に、世論が歪んでいく危険性を感じてなりません。

 以下、公明新聞からの転載。
 今、確かにリアルな危険はある!!






              共産党に国民の安全守れず

              日米安保も自衛隊も否定
          「リアルな危険ない」 北朝鮮問題で党首自ら


 就任したばかりの文在寅韓国大統領が北朝鮮との対話外交に意欲を示したにもかかわらず、14日早朝、またもやミサイルが発射されました。日米安全保障条約の下、日本と米国が緊密に連携し、対応に万全を期すことが、ますます重要になっています。この日米安保条約については、朝日新聞(5月2日付)の世論調査で80%の人が維持に「賛成」と答えるなど、国民から幅広く支持されています。

 これに対し、共産党はいまだに「日米安保条約を廃棄」(4月23日の党綱領セミナーで志位和夫委員長)と、国民の意識と懸け離れた主張を繰り返しています。

 日米安保体制を真っ向から否定する共産党にしてみれば、同体制の下で日本を取り巻く安保環境の変化を踏まえて整備した平和安全法制も、とんでもない法律となります。だから“戦争法”とのレッテルを貼って今なお廃止を叫んでいるのです。

 かつて平和安全法制の不要論を強調するあまり、志位氏は2015年11月のテレビ番組で「北朝鮮にリアルな危険はない」と発言しました。しかし、この発言から1年半足らずの間に、北朝鮮は核実験を2回、ミサイルについては14日を含め31発も発射。共産党の認識の甘さと無責任さが改めて問われています。

 そもそも共産党は、内閣府の調査(15年1月)で9割を超す人が良い印象を抱く自衛隊を「憲法違反」と決め付けています。16年6月には同党政策委員長の要職にあった藤野保史衆院議員が「防衛費は人を殺すための予算」と発言し、多くの批判を浴びました。

 共産党は日米安保体制も自衛隊も否定して、どのように国民の安全を守るのでしょうか。
gekko946 at 20:13|この記事のURLComments(0)

2017年04月17日

第3820回 組織的な重大犯罪の防止

b4052d43.jpg 日々、朝鮮半島を巡る報道を注目しています。
 有事の確率は、評論家・専門家によって30%〜80%・・??

 平均すると、所詮50%というところでしょうか。
 半々・・・結局、推測の域を出ない(確率論には全く意味がない)

 大統領と委員長のハラ次第。
 恐ろしい事態です。

 テロ対策も同じ。
 わが国が置かれている状況は抜き差しならない。

 きちんと国会の責任を果たしていただきたいと思います。
 以下、公明新聞からの転載。



            テロ等準備罪 組織的な重大犯罪の防止に必要


 テロの未然防止には情報交換や捜査協力など国際的連携が必要だ。

 すでに187カ国が2003年発効の国際組織犯罪防止条約(TOC条約)に加盟しテロ対策の努力を続けている。これ以上、日本の条約加盟が遅れ、国際協力の“穴”となってはいけない。

 テロなど重大な組織犯罪の被害は甚大で、その実行前に取り締まることが必要不可欠である。そのため、TOC条約は加盟国に対し、テロ組織などが行う犯罪活動への「参加」か、または、犯罪の「合意」段階で処罰するための国内法整備を求めている。

 政府が提出したテロ等準備罪を新設するための組織犯罪処罰法改正案は、「合意」段階での処罰をめざす。先週から衆院法務委員会で法案審議が始まった。国民の理解を求め法案を成立させ、条約加盟を実現させたい。

 「合意」段階で処罰するといっても、10年前に廃案となった共謀罪とは全く違う。

 共謀罪は犯罪をする「合意」があれば処罰できるとしていた。しかし、テロ等準備罪は「合意」に当たる「計画」をしただけでは処罰できない。犯罪を実行するための下見など「準備行為」が必要とされる。

 また、共謀罪の主体は「団体」とされ抽象的だったが、テロ等準備罪の主体は「組織的犯罪集団」に限定された。これはテロ組織や暴力団、薬物密売組織など犯罪を目的とした団体であり、一般の民間団体や労働組合はテロ等準備罪の対象にはならない。

 「組織的犯罪集団」がテロなどを具体的・現実的に「計画」し、「準備行為」を実施した段階ではじめてテロ等準備罪の嫌疑が生じ、逮捕など強制捜査の対象となる。強制捜査には当然、裁判所の令状が必要だ。警察が「計画」だけで令状を請求しても認められない。これが恣意的な捜査に対する歯止めとなる。

 20年に東京オリンピック・パラリンピックを控え、テロ対策の強化は急務だ。

 条約加盟により、警察など中央捜査当局は外交ルートを通さず直接、情報交換や捜査共助が可能になる。テロ防止に欠かせない国際的な協力体制構築の必要性を重ねて強調したい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年04月12日

第3815回 北朝鮮有事はあるか

c8b2ffe1.png 北朝鮮情勢の緊迫度が一段上がっています。
 アメリカの空母打撃群が、急遽朝鮮半島に向かったと報じられました。

 この動きを受けて、様々な憶測が飛び交っている。
 TVでもプレスでも、そしてネットの世界でも・・。

 米中首脳会談やシリア爆撃の直後だけに、どれにもそれなりにリアリティがある。
 今度ばかりは、トランプ大統領(米国)も本気なのではないか、と。

 しかし、有事だけは何としても回避していただきたい。
 いずれの国民であったとしても、罪もない人々を犠牲にしてはなりません。

 以下、公明新聞からの転載。
 山口代表の記者会見(一部抜粋)です。



            北朝鮮問題 国際社会で連携し自制迫る
                記者会見で山口代表

 公明党の山口那津男代表は11日午前、国会内で記者会見し、発生から間もなく1年を迎える熊本地震の復興加速や、北朝鮮問題、シリアでの化学兵器使用について、大要次のような見解を述べた。

【北朝鮮問題】

一、最近の北朝鮮の動向には極めて深刻な懸念を持っている。度重なる核実験や弾道ミサイルの発射など、国連安保理決議をはじめ数々の規範に反する行為を繰り返していることは、断じて許されない。国際社会が連携して圧力を高め、北朝鮮に自制を迫ることが重要だ。先の米中首脳会談でも、朝鮮半島の非核化へ協力を強化することで一致したと伝えられている。米国、中国が役割を果たし、日米韓の結束を深め、不測の事態を防ぐことが重要だ。

【シリアの化学兵器使用】

一、シリアで化学兵器が使用された。使用、拡散をこれ以上広げないことが重要だ。(米国のシリア攻撃に関して)日本政府は米国の「化学兵器の拡散、使用を許さない」との決意を支持するとし、これ以上の悲劇を拡大させない、抑止する目的だと理解している。日本政府の対応は、事実関係や法的根拠が十分に詰められない中で慎重に検討したものと理解している。

一、(国際社会の取り組みについて)化学兵器の使用、拡散防止へ、国連や国際機関はきちんと検証し、日本政府も世界の平和と安定、シリア問題の収束に向けての役割を果たしてもらいたい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年04月03日

第3806回 「科学技術立国・日本」を死守

4a3aa5a2.jpg 文系出身なので理系のことは門外漢。
 でも、日々科学技術の恩恵に浴しているとの実感はあります。

 科学技術の急速な進歩は、それこそ日常生活の変化に直結。
 多分、日本人は世界一の便利さを享受しているのだと思います。

 が、しかし。
 ここに来て世界に冠たる「科学技術立国・日本」に暗雲が・・。

 以下、公明新聞からの転載。
 予算額が全てではないかも知れませんが、それにしても・・。



           科学研究失速 科技立国へ政策的援助拡充を


 いささか気になる特集が先月23日付の英科学誌「ネイチャー」最新号に掲載された。

 いわく、「この10年、日本の科学研究は失速しており、科学界のエリートとしての地位が脅かされている」―。

 数十年前、日本の科学力の躍進ぶりを絶賛した論調から一転、激しい国際競争の中で低迷する日本の科学界の現状に警鐘を鳴らしている。

 資源が乏しい日本にとって、科学技術の振興が決定的に重要なことは言うまでもあるまい。その取り組みは国内経済の成長に直結するだけでなく、広く全世界に貢献し、わが国の国際的地位も高める。「科学技術立国」こそは戦後日本が掲げ続けてきた、いわば国是と言っていいだろう。

 その科学研究の前途に翳りが出ているとすれば、由々しき事態と言わねばなるまい。大学など研究機関への政策的援助をどう拡充するか。ネイチャーの指摘を機に、政府は問い直す必要がありそうだ。

 特集は、世界の主要科学誌に占める日本の論文の掲載比率を分析。この5年間で6%下落し、絶対数も激減していることを伝えている。

 失速の要因は、「世界各国が科学技術予算を増大させてきた中、日本では2001年以降、研究開発への投資が横ばいである」ことだ。国公立大学への交付金削減で、若手研究者が厳しい環境に置かれていることも挙げている。

 こうした指摘は既に関係者の間で把握されており、政府も「科学技術イノベーション」を成長戦略の重要な柱と位置づけ、16年度からの5年間で科技関係予算を計26兆円にする基本計画を掲げる。

 ただ、それでも今年度の科技予算総額は3.5兆円。前年度当初比1%増で、このペースでは基本計画の達成はおぼつかない。主要国の伸び率(名目額)と比べても、00年を1とした場合、ドイツ1.6、中国11.2、韓国4.7などであるのに対し、日本は1.1にとどまっている。

 もとより、財政事情は厳しく、科技予算だけを聖域化するわけにはいかない。そんな中、実効性ある「科学への投資」をどう確保、拡充するか。政府、大学、企業などが一体となって、「科技立国・日本」の地位を死守する体制づくりを急いでもらいたい。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年03月02日

第3774回 おいしい食べきり運動

dd969f1b.jpg 仕事柄、会食、宴会、懇親会等の機会が多い昨今。
 週3〜4回という過激な月もあったりします。

 その際、いつも気に掛かるのが「食べ残し」
 実に、もったいない。

 そこで、いわゆる食品ロスの解消。
 国を挙げての取り組みになりつつあります。

 というわけで、以下公明新聞からの転載。


               食品ロス削減へ

           「おいしい食べきり運動」実施
         協力店で30・10運動、小分けの販売を奨励

            4月から生ごみ量の検証も
               兵庫・加古川市


 「おいしく残さず食べきろう!」――。兵庫県加古川市は現在、食べ残しなどで廃棄される「食品ロス」を削減するため、「おいしい食べきり運動」を試験実施している。市は2017年度から本格的に運動を展開する計画で、生ごみの削減量などの成果も調査していく方針だ。

 農林水産省によると、国内の食品ロスの量は年間約632万トン。世界全体の食糧援助量の2倍に相当し、国民1人当たりで毎日、茶わん1杯のご飯を捨てている計算だ。

 こうした中、福井県が2006年度から全国に先駆けて食べきり運動を展開。飲食店に対し、‐盛りメニューの導入⊃中毒の恐れがない料理の持ち帰り5劼悗慮討啌櫃韻膿べ残しを減らす――などを提案し、協力を呼び掛けてきた。

 また、食品ロス削減への機運が高まってきた昨年10月には、環境省などが旗振り役となり、加古川市を含む全国245自治体が参加する形で「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会」を設立。同協議会は、各自治体が進める施策のノウハウを共有していく一方、全国チェーンの飲食店などに運動参加を共同で促していく。

 加古川市では、昨年末の宴会シーズンに合わせて協力店を募り、食べきり運動をスタート。各飲食店は、環境省が奨励する宴会開始後30分と、終了前の10分は料理を楽しむことに集中する「30.10運動」を来店客にお願いしたり、小売店については、単身高齢者向けに小分けした肉の販売などを実施している。

 市によると現在、34店舗が協力店として登録。4月からは、全店舗に協力を促すほか、生ごみ量の削減効果についても検証していくという。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月28日

第3772回 移動手段の9割が空路

313f6410.jpg 午前、釧路商工会議所建設部会(濁沼英一部会長)から要望書を受理。
 概要の説明をお聞きし、蝦名市長から行政の取り組み状況について種々報告。

 続いて、議長にも発言を求められましたので、3点について所見を述べました。
  ゞ路港の利活用について
  ⊃雄牾諒櫃筏伺充坩蘋に関して
  K務て山発局の存続問題に対して

 特に、技能者不足問題に関して、道立技専の現状に言及しながら、独自の奨学金制度の検討を提案。
 まずは同部会、技能士会、建築協会等関係団体での協議をお願いしました。


 午後は、「北海道における空港運営戦略推進シンポジウム −釧路空港ー」
 多くの来場者を迎えて、道内7空港の民間委託化に係る講演が行われました。

 ◎民営化ではなく空港運営権の委託化であり、最終責任は国に帰する
 ◎上下分離方式(滑走路は国、空港ビルは民間)は日本だけであり、国際標準ではない
 ◎全国どこでも滑走路運営は赤字、空港ビルは黒字
 ◎運営委託化第1号の仙台はLCC誘致に特化した戦略を展開し成功を収めている
 
 ◎道内7空港の一括委託化は平成32年にスタートさせたい
 ◎北海道空港の全体最適を考えており、千歳の黒字で他の赤字を補てんするという考え
  方ではない
 ◎道内の空港に1便でも多く就航路線を増やす
  北海道に1人でも多くの来訪者を呼び込む
  北海道で1円でも多く消費していただく

 何だかんだ言っても、道外からの移動手段の9割が空路。 
 絶対的に欠かせない社会インフラなのです。

 北海道は、新たに4つの目標を設定しました。

  ’間乗降客数  2030年度3,000〜3,500万人、将来的には5,000万人
  ⇒萋山姐饋与堯 2020年度以降、全国シェア12.5%以上
  G間貨物取扱量 2030年度国際貨物2万トン、将来は国内+国際合計30万トン
  た品輸出額   2025年1,500億円、将来的には更に上積み

 勿論、課題は山積しています。
 釧路空港だけを見ても、

 ◎CAT−兇瞭各(霧対策)
 ◎CIQなど出入国手続きを同時に行うために必要な設備・スペース不足の解消
 ◎ボーディングブリッジの増設 等々

 しかし、真に観光立国を目指すのなら、空港の機能強化は最優先。
 まさに、政治の力が問われている問題だと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月25日

第3769回 伝統を未来につなぐ

cc842d89.jpg 北大通3・4丁目地区優良建築物等整備事業 建設工事。
 安全祈願祭が厳かに行われました。

 施行者は、アルファコート釧路北大通3・4丁目地区開発株式会社(川村裕二代表取締役社長)
 特定業務代行者が、宮坂・新太平洋・宮脇共同企業体。

 分譲マンション、有料老人ホーム、診療所、商業店舗が入居する複合施設。
 中心市街地の賑わい創出、また新たな民間投資のトリガーになる期待が持たれています。

 竣工は、来年の春。
 新図書館の完成と合わせ、北大通の雰囲気が大きく変わることでしょう。

 午後は、第43回北海道建築研修大会(釧路大会)
 北海道建築工事業組合連合会の主催で、盛大に開催されました。

 テーマは「若年者が魅力を感じる匠の技・・・次世代技能者育成への環境改善」
 全道各地、技能者不足の問題は着実に深刻化しているようです。

 ところで、一般社団法人釧路地方建築協会(田中安雄理事長)
 そのルーツは、明治40年に設立された「釧路大工職組合」です。

 道内最古の歴史を持ち、109年間にわたって伝統を刻んできました。
 脈々と継承されてきた師弟の魂。

 何としても、未来に繋げていかなくてはなりません。
 同協会を中心にしながらも、官民挙げて真剣に取り組む必要があります。

 夜の交流会でも、種々有意義な意見交換ができました。
 (写真は、ロビーに展示されていた五重塔のミニチュア)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月20日

第3764回 釧路産サラダパプリカ

24dc90c1.jpg 北海道サラダパプリカ蠅離汽薀瀬僖廛螢初出荷式。
 多くの来賓や関係者が出席して盛大に開催されました。

 同工場の特長は、採光性、作業性、栽培効率を最大限に、かつ日本の風土に合わせた安全性を考慮した日本製の構造躯体(日本初)。
 富士電機蠅離離Ε魯Δ砲茲觝膿靴了楡澆任后

 具体的には、

 ◎栽培環境を最適化させる統合環境制御システム
 ◎エネルギーコストを最小限に抑える熱+CO2生成システム(日本初)
 ◎収穫量を向上させるダブルハンギングガター
 ◎高圧ナトリウムランプの導入(日本初)

 今後、日量800kg前後(5kg箱で160ケース)を出荷する予定です。
 新たに15人の雇用を生みました^^

 ともあれ、冷涼な釧路だからこそ誕生した同工場。
 市民挙げて応援していきたいと思います。

 帰り際、試食させていただきました。
 実に瑞々しく、甘さも十分にあって物凄く美味しい!!

 これまで、日本国内に出回っていたパプリカの90%近くが韓国産。
 いずれは、釧路産がそれに取って代わりたい、と。

 実は、次回のルネサンスセミナーのテーマが「サラダパプリカ」
 同社の小林豊社長にご講演いただきます。

 3月1日(水)午後7時開会
 会場は、釧路市交流プラザさいわい 1階大ホール
 入場無料

 どなたでも参加できます。
 奮ってご参加ください。

パプリカ1 パプリカ2
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月18日

第3762回 伸びしろがある

4f2ded55.jpg 観光立国ショーケース3都市首長サミット。
 選定後、初めて3市の首長・市議会議長など関係者が一堂に会しました。

 金沢市、言わずもがな新幹線開通後の勢いは止まることを知らず。
 相変わらず「毎日がGW」状態が続いています。

 兼六園だけで、年間入場者数が約300万人。
 近くの21世紀美術館は同200万人。

 ほぼ完成した観光都市です。
 なので、当面の課題の一つが「市民生活との調和」

 その上で、欧米の本物志向のインバウンドを増やす、と。
 ターゲットは「富裕層・女性・イタリア」だそうです。

 長崎市、ここもスケールが大きい。
 今年のクルーズ船の入港予定が、何と約300隻。

 毎日、数千名単位の乗客が長崎港に降り立つ。
 このような状況の中、現在特に力を入れているのが市民との協働です。

 市民の参加があって、初めて観光の産業化が進む、と。
 さらに、映画「沈黙 サイレント」の舞台として、国際的な知名度が上がることも期待されています。

 さて、釧路市。
 金沢・長崎両市とは全く違った個性があります。

 まちなか観光の面では、確かに大きく見劣りするのは否めません。
 やはり、雄大な自然環境、そしてアイヌ文化、縄文、食・・。

 阿寒湖・摩周湖・知床は、ミシュランの3ッ星。
 欧米のバードウォッチャーを引き付けて止まない猛禽類(オオワシ・オジロワシ・シマフクロウ)と、世界一美しい鶴のタンチョウ。

 そういう意味では、釧路市単独ではなく釧根全域の連携で、世界レベルの観光地を目指さなくてはなりません。
 加えて、焦らずに数・量よりも、質を追及すること。

 金沢、長崎、そして釧路。
 ともすれば大きなプレッシャーで圧し潰されそうになります^^

 しかし、伸びしろが最も大きいのは釧路だ、と。
 堂々と自信と気概を持って、大いなる挑戦を開始したいと思います。

首長サミット2

観光
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月17日

第3761回 プレミアムフライデー

847355f5.png 国民消費の拡大。
 働き方改革。

 政府支出に頼らない方法で状況を前に進める取り組みです。
 なので、「プレミアムフライデー」は漸進主義。

 『ウチは無理だな』とか『そんなの関係ねえ』とか、色々な声はあるでしょう^^
 だからこそ漸進主義なのです。

 できるところから取り組めばいい。
 プラス効果が徐々にでも顕著になれば、自然に広がっていくことでしょう。

 あまり目くじらを立てないで、温かく見守っていきましょう。
 というわけで、以下公明新聞からの転載。

 コラム「北斗七星」です。

 
 江戸時代、商家の奉公人は年2回の「藪入り」が待ち遠しかった。1月と7月の16日は唯一、大手を振って休めたからだ。親元に帰ったり、小遣いをもらって芝居見物や買い物を楽しんだ◆藪入りとまではいかないが、仕事を早く切り上げ、自由な時間を過ごす「プレミアムフライデー」が来週24日から始まる。月末の金曜日は午後3時をめどに会社を出て、買い物や食事、旅行などを楽しんでほしいと、政府や経済界が呼び掛けている◆まだ認知度は低いが、個人消費の増加や働き方改革につながればと期待は高い。「金曜夕が商機」と、商品やサービスを提供する企業も2000社を突破。開店を早め特別メニューを手頃な価格で提供する飲食店、1.5泊をうたった旅行プランなども登場している◆課題は、早帰りを導入する会社が増えるかどうか。「月末の金曜は書き入れ時」「平日に仕事のしわ寄せがいきかねない」との声も聞こえてくる。導入企業は数パーセントとの調査もある◆初の試みだから、ここは「できるところから」と発想を変えてみてはどうか。毎月が無理なら隔月で、全員が難しければ交代でと。極端な話、金曜がダメなら月曜午前半休があっていい。月1度の「待ち遠しい日」が広がれば、働き方への意識を変え、新たな消費の発見にもつながるはずだ。(辰)
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年02月07日

第3751回 返還要求全国大会

17049fff.jpg 平成29年北方領土返還要求全国大会。
 国立劇場で盛大に開催されました。

 全国市議会議長会の枠で案内が届きましたので、初めて出席。
 70年間にわたって膠着状態にあった領土問題が、新しいアプローチに基づきようやく動きそうなタイミング。

 各登壇者の発言にも、随所に強い期待感が溢れていました。
 まずは、往来の活発化・自由化、そして共同経済活動。

 着実に実績を積み上げていくことが何より重要だと思います。
 そのためにも、港湾や道路、水道、電気、通信等の社会インフラの整備。

 是非、北海道開発の枠内で、然るべく予算を増額して推進していただきたい。
 この基本的なスキームは、後々大きな意味を持ってくるはずです。

 さて、式典の最後に「大会アピール」を採択。 

 ◎四島の返還実現を目指し行動する
 ◎啓発活動を進めるとともに政・官・民の団結を深める
 ◎署名活動を一層推進する
 ◎四島返還こそが日ロの友好・信頼を築き、世界の平和にも寄与することを訴える
 ◎四島に残存する日本の建物保存に取り組む

 大会には、安倍総理、岸田外務大臣、鶴保担当大臣、また各政党の代表もご臨席。
 与野党を超え、国論を統一して早期の解決を実現したいものです。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年01月08日

第3721回 チャンスは等しく到来

02112838.jpg 2017くしろ20歳のつどい。
 お招きをいただき、釧路会場(釧路市は、阿寒会場・音別会場と合わせ3会場で開催)の式典に出席しました。

 今年の新成人は、男性877人、女性751人で合計1,628人。
 昨年よりも若干の増加となりました。

 彼らが誕生した平成8年(1996年)
 バブル経済の破綻により、国会では住専処理法が成立しました。

 釧路市では、山花リフレを始めいくつかの新たな施設がオープン。
 ◎釧路空港新旅客ターミナルビル
 ◎釧路アイスアリーナ
 ◎マリモ展示観察センターリニューアル
 ◎国際ツルセンター  等々

 また、釧路公立大学では経営学科が増設されました。
 ボクが市議会議員1期目の頃(初当選は平成5年)

 あれから、もう20年。
 益々、昭和は遠くになりにけり、です^^

 ともあれ、新成人の皆さんおめでとう。
 今は、若いというだけで大事にされる時代。

 チャンスは、等しく到来します。
 それを掴むかどうかは、皆さん次第。

 是非、地道な努力で力を蓄えてほしいと思います。
 皆さんの成長に地域の未来がかかっていることは間違いありません。

 さて、今年も入口前で公明党青年局が新成人アンケート。
 今回の設問は「釧路の観光活性化に必要なことは?」

 多くの若者が答えてくれたようです。
 集計結果に基づき、しっかり政策展開に反映させていただきます。

成人アンケート
gekko946 at 16:16|この記事のURLComments(0)