フレンド

2018年12月15日

第4427回 ピンチはチャンス

181215貨物列車 今日は、釧路の教育を考える会(角田憲治会長)の忘年会。
 3名のゲストをお迎えし、今年1年の活動を振り返りました。

 話題の中心は、やはり先般開催した教育講演会。
 大館市の取り組みから受けた刺激の大きさは、参加した誰もが共通するところです。

 今後、どのような交流に繋げていくか・・。
 色々なアイデアが飛び交い、実り多い語らいとなりました。

 さて、今日の話題は「貨客混載」
 以下、公明新聞からの転載です。


  コラム「北斗七星」

 【時代にそぐわなくなったルールを変えることで、プラス効果が生まれる。この話などは、その一例だろう。長年、厳格に分離されていた旅客と貨物を一緒に運ぶ「貨客混載」である◆国土交通省が旗振り役となり、昨年9月から始まった。導入時の記者会見で、石井啓一国交相(公明党)は「輸送機関側は収入増になり、物流側もドライバー不足解消や過疎地の物流網維持に寄与するメリットがある」と語り、積極的に推進する意向を示していた◆スタートから1年余り。貨客混載は、地方では乗り合いバスやローカル線に宅配便などの荷物を載せる事例が生まれ、地域の実情に合わせて新幹線やタクシーでも広がりをみせている◆利点は事業者だけにとどまらない。東京近郊の生産地から高速バスで農産物を運ぶ試みも始まっている。国内最大級のバスターミナル「バスタ新宿」での荷下ろしを期限付きで認めたことで、午後には店頭に朝採り野菜や果物が並ぶ。消費者は、より鮮度の高い野菜を手頃な価格で選べる仕組みである◆過疎地の公共交通網維持は深刻な課題になっている。物流側の人手不足もしかり。仮に解決困難に映るような課題でも、知恵を絞ることで前向きな場面展開が可能になる。マイナス掛けるマイナスはプラス、ピンチはチャンスなのである。(広) 】
gekko946 at 23:30|この記事のURLComments(0)

2018年10月12日

第4363回 母校の活躍が嬉しい

ecb9529f.jpg 母校専修大学の校友会釧路支部。
 今日は、校友会本部から山口慎二副会長を迎えての定期総会。

 互いの近況を語りながら、和気藹々と親睦を深めました。
 改めて、同窓の絆というのは強く、またかけがえのないものと実感したところです。

 さて、母校の活躍。
 嬉しい報告がありました。

 )菁、志願者数は増えており、今年度は約4万8千人を数えた

 ⊃静弔烹隠恭建の新棟を建設中
  法学部に加えて、商学部、国際交流学部が使用する

 J神30年度、公認会計士試験に30名(内19名が現役)、弁護士試験に7名が
  合格した

 ずGの就職率は97%

 ゥ好檗璽弔任蓮▲薀哀咫蕊瑤東京1部リーグで健闘している

 校友会支部は324で、早慶中明に次ぐ規模を誇っている

 最近の後輩たちは、実に優秀なんですね^^
 40年前とは隔世の感があります。

 そこで、締めの挨拶。
 「OBとして、それぞれの分野で活躍することが母校の評価を高め、また後輩たちの励みともなる。現役生に負けないように頑張りましょう!!」と。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年10月08日

第4359回 シンプルに焼く

2cd9f08a.jpg 何故か急に旬の「さんま」
 厚岸まで買いに行こうかと思いましたが、やはり地元のカロエで調達。

 問題は、焼いて食べる場所。
 もとより、わが家には適当なスペースはなし。

 そこで、いつもの無茶振り。
 家族ぐるみで付き合いのあるK家の都合を打診。

 昨日の疲れが溜まっている筈なのに、快く?受諾。
 急遽、テントを張って野外さんまパーティーの開催です。

 『アルミホイールを敷いた方がキレイに焼ける』
 『酢を塗ると、皮が破れない』

 しかし、どうにも思ったように焼けません。
 そこでシンプルに網の上で、何も手をかけずに焼くと見事な塩焼きが完成。

 『余計なことはしない方がいいってことね^^』
 「大事なことだから、来年まで憶えておこう!!」

 様々なことを語り合った夕暮れのひと時。
 養った英気を糧に、明日からの日々を頑張ろうと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年10月07日

第4358回 第70回芸術祭

6b5e7536.jpg 春興町内会(中田欽一郎会長)の秋レク。
 生憎の悪天候で、恒例のパークゴルフは断念。

 その代わり、室内(くしろ湿原パーク憩いの家かや沼)でゲーム大会。
 パットゴルフとか、ダーツとか、そして輪投げ。

 逆に、全員が参加できて例年以上に盛り上がったようです。
 会長曰く『来年も、この形式で行こうかな』と・・。

 さて午後は、釧路市芸術祭第70回記念事業。
 開幕イベント「くしろの文化」

 音楽物語「TAKESHIRO 1869〜2018」
 主催 釧路市芸術祭実行委員会

 意欲的な挑戦だったと思います。
 違うジャンルの文化・芸術団体が垣根を超えて作り上げた画期的なステージ。

 総合演出者への共感と信頼なくして成し得なかった作品でした。
 (よくぞここまで)と感嘆しました。

 しかも、決して潤沢ではない予算の中で・・^^
 ともかく、釧路の文化・芸術活動の奥行きの深さは証明できました。

 そして、これだけの企画をプロデュースできる人材もいる。
 はたして、これがゴールになるのか、はたまた新たなスタートになるのか・・。
 
gekko946 at 19:24|この記事のURLComments(0)

2018年09月27日

第4348回 日中平和友好条約40周年

中国 中華人民共和国成立69周年。
 そして、日中平和友好条約締結40周年。

 今日は、駐札幌総領事館の主催でレセプションが開催されました。
 例年以上の賑わいの中、両国の交流拡大を願う語らいの輪。

 改めて、この40年の月日を噛み締めたところです。
 順風の時も、また逆風の時もブレることなく一貫して友好の姿勢を貫いた公明党。

 市議会日中友好促進議連の発足も、まさに二国間の関係が最悪の状況下でした。
 だからこそ、格別の信頼を得ることができたと思っています。

 孫振勇総領事と再会。
 『いつでも連絡を下さい。時間を作りますから』

 「有難うございます。近いうちに、必ず」
 『きっとですよ‼』

 何とか孫総領事の在任中に友好都市締結を実現したいのですが···。
 依然として、市長のガードが固く···^^
gekko946 at 23:14|この記事のURLComments(0)

2018年09月24日

第4345回 25年の節目

ビアパーテイ 議員生活満25周年ビアパーティー。
 初めての試みでした。

 新しい拡大のステップを踏みたいと決意しての企画。
 当初は、果たしてどれくらいの来場者があるか不安が募るばかり^^

 しかし、やると決めた以上は全力を尽くす。
 この間、多くの方々からいただいた励ましや協力。

 本当に有難い限りです。
 大成功でした。

 会場に駆けつけてくれた220人の厚情は決して忘れません。
 今後とも、常に新しい決意を抱いて、寄せて下さる期待に応えてまいります。

 改めて、本企画に関わっていただいた皆様に深く感謝を申し上げます。

 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年09月19日

第4340回 高橋善之さんが来る

1f356310.jpg 教育講演会「教育の力で凛としたまちづくり」
 副題は、〜大館ふるさとキャリア教育に学ぶ

 主催は、釧路の教育を考える会(角田憲治会長)
 計画大綱が固まってきました。
 
 11月25日(日)14時開会
 会場は、釧路市中央図書館7階多目的ホール

 講師は、秋田県大館市教育長 高橋善之氏
 講演テーマは『大館ふるさとキャリア教育の挑戦
         ・・・大館盆地を学舎に、市民一人一人を先生に』

 人口減少が続く地方都市にあって、いかに少数精鋭のまちづくりを進めるか。
 高橋教育長は、30年構想を持って「ふるさとを背負う人材の育成」に取り組んでいます。

 今年で、教育長歴9年目。
 この間、数度にわたって文部科学大臣表彰(キャリア教育)を受賞。

 他にも、地域づくりや地域学校協働活動などでも大臣表彰に輝いています。
 知る人ぞ知る「全国から注目を集める教育リーダー」

 今後の釧路市の教育推進にとっても刺激的な講演になるでしょう。
 多くの教育関係者、市民の皆様に参加を呼び掛けたいと考えています。
gekko946 at 17:46|この記事のURLComments(0)

2018年08月19日

第4309回 中国との交流

3ef9150a.jpg 旧知の蒋春雷さんが、駐札幌総領事館に赴任されてから関係が深まりました。
 さらに加えて、当時の総領事が何と創大卒業生の許金平さん。

 許さんは、日中国交正常化後の国費留学生1期生。
 ちなみに現駐日全権中国大使の程永華氏も同期生です。

 蒋さんとは、様々な機会に語らいました。
 外交官の立場を弁えつつも、時折本音をぶつけてくる時も・・^^

 その内容までは書けませんが、人間として信頼関係を築くことが出来れば対話の中身も自ずと変わってくるものです。
 以下、公明新聞からの転載。

 コラム「座標軸」です。


 【 日中平和友好条約の締結(8月12日)から40周年、党創立者の国交正常化提言(9月8日)から50周年という佳節に当たり、日中関係を検証する報道が目を引く◆たとえば、東京新聞が8月9日付から3回連載した「敵として友として 中国人留学生40年」。「若き李克強首相『日本に学べ』」との大見出しはインパクトがあった◆同記事によると、李克強氏は日本留学に旅立つ北京大学の同級生に手紙を送り、アドバイスしたという。「日本人は進取の精神に富んでいる。日本では専門知識だけでなく、時間をかけて日本の民族精神と文化的な背景を学ぶべきだ」◆歴史を振り返ると、「人民の総理」と慕われた周恩来首相も19歳の時に日本に留学している。日本滞在は1年7カ月だが、若き日に交流を通して日本人とのつきあい方の原点を学んだことが日中国交正常化を果たす淵源になったともされる◆今年5月、首相として初来日した李克強氏は、自公幹部との会合で若手政治家の交流促進に取り組みたいと表明。山口那津男代表ら日本側も若い世代の交流を進めていくと応じた。山口代表は9月5〜9日の日程で訪中する。「青年交流の拡大」を更に前へ。日中友好の深化をめざす公明党の使命はいよいよ重い。】 
gekko946 at 19:15|この記事のURLComments(0)

2018年08月18日

第4308回 今年も恒例のBBQ

テント 夏恒例のBBQ。
 娘の帰省を待って、今日実施しました。

 お天気にも恵まれ、絶好のBBQ日和。
 途中、キャッチボールを楽しんだりしながら大いに食べました。

 以前から、いつまで続けられるかなあと話し合っているT家K家合同BBQ。
 今のところ、何だかんだ言っても続いています。

 二人の大学1年生が卒業するまでは、多分大丈夫でしょう。
 やっぱり、この場合も子ども達は鎹(かすがい)の存在です。

 さて、今回も「焼き方」を担当。
 煽てられて、ついその気になって任務を完遂。

 明日は、相当に肩が凝っているに違いありません^^

 ・・・短い夏は、そろそろ終わりを告げようとしています。
gekko946 at 23:59|この記事のURLComments(0)

2018年07月16日

第4275回 一転の真夏日

987c0e19.jpg 昨日の荒天から一転。
 今日は、灼熱の真夏日となりました。

 30度超えは、さて何年ぶりになるでしょうか。
 昨年と一昨年は、確か一度もなかったように思います。

 降り注ぐ陽光の下、狙いすましたみたいな野外バーベキュー。
 夏恒例の教育を考える会角田邸ガーデンパーティを開催しました。

 飲み物も食材も、各自の持ち寄り方式。
 エゾシカのスペアリブや釧ノ助のししゃも等々、ご当地産品を肴にして大いに語り合いました。

 『晴れ過ぎましたね』
 「まさか、こんなに暑くなるとは・・^^」

 『以前にも、雨予報を覆したことあったよね』
 「いつも何がしかのドラマが生まれるんだ、この会は」

 暗くなるまで延々と続いたBBQ。
 実にタフなメンバーが揃って英気を養いました。

 ・・15度だって構いませんが、やっぱり30度超えも悪くない^^

 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年05月08日

第4206回 活発な発言が相次ぐ

語る会 特別支援教育を語る会釧路(月田光明代表)
 今日は、平成30年度定期総会。

 来賓として、新任の高玉釧路市学校教育部長がご臨席。
 自己紹介を兼ねてご挨拶をいただきました。

 例年同様、短時間で全ての報告案、議案が原案通り承認。
 また、役員改選については全員が留任となりました。

 さて、今年度の例会テーマについて種々意見交換。
 いつものように活発な発言が相次ぎました。

  ◎鶴野支援学校卒業生の就職先を見学したい
  ◎小・中学校の進路指導の問題点と解決策について
  ◎高校の通級指導の現状と今後の展開
  ◎阿寒高校への通学代に係る負担軽減について
  ◎特別支援学級生徒の学力評価と内申点(評価の対象になっていない?)
  ◎特別支援教育に関する相談窓口の設置について 等々

 まずは、次回例会で「進路指導に係る諸問題」をテーマに取り上げます。
 予定では、7月中旬になるでしょうか。

 事実として、学校間や教師間で対応に違いがあり過ぎるという問題。
 特に、中学校の評判が良ろしくない・・^^

 個別の経験から見える普遍的な課題を、是非浮き彫りにしたいと思います。
 時間内に収まるかどうかが、ちょっと心配ではありますが・・。
gekko946 at 21:06|この記事のURLComments(0)

2018年02月26日

第4135回 触発を受ける喜び

a6b88c7e.png ある方からのメール。
 『鄙見でよろしければ・・』

 鄙見?
 恥ずかしながら初めて目にした熟語。

 これまでの読書経験で、多分一度も目にしたことはありません。
 早速、ネットで調べてみました。

 鄙見・・ひけん (卑見) 自分の意見をへりくだっていう語
 勉強になりました。

 鄙、と言えば、釧路では「鄙の座」が有名。
 いなか、ひなびた、という意味と理解していました。

 へりくだる、という意味もあったなんて^^
 こういう新発見は、何歳になっても嬉しいものです。

 とにかく、教養のある方とのお付き合いは楽しい。
 触発を受ける喜びは、何物にも代え難い。

 早速、どこかで使ってみようかと思います。
 使わないと忘れてしまいそうだから・・^^
gekko946 at 23:10|この記事のURLComments(0)

2018年02月13日

第4122回 中国の友人と再会

孫総領事 中華人民共和国駐札幌総領事館。
 今日は、孫振勇総領事と面会し種々懇談しました。

 今年は、日中平和友好条約締結満40周年。
 この佳節に、新たな友好促進の歴史を作りたいと考えています。

 例えば、友好(姉妹)都市提携。
 道内の主だった自治体が既に友好都市として関係強化を図っている中で、釧路市だけが蚊帳の外。

 日中友好議連が活動している市なのに、この現状はちょっと情けない^^
 孫総領事も「是非、ご検討ください」と。

 もう一つは、教育(学術)交流。
 公立大学は現在、カナダ、ロシア、韓国、台湾と交流していますが、何とか中国も加えたい。

 近いうちに、議連の会議で協議したいと思います。
 最後は、市長の決断にかかっていますが···。

 さて、実はもう1ヶ所、北海道旅行(株)も訪問してきました。
 北京方面の富裕層を対象に、道東ツアーを実現させたい、と。

 手応えはありました。
 烏日娜社長も、是非一度釧路を訪れたいと述べながら、具体化に向けて積極的な考え方を示されました。

 雪が降り続く札幌市。
 改めて、釧路の良さを実感しながらの札幌出張でした。
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)

2018年02月11日

第4120回 良きお付き合いを重ねる

dc60bcaf.jpg 日中平和友好条約。
 今年は、締結満40周年の佳節。

 この間、中国の経済成長は目覚ましく、日本との関係も様々な分野で深く強固になりました。
 外交上のトラブル等で両国の関係が冷え込んだ時期もありましたが・・^^

 確かに、基本的価値感(社会体制がもたらすもの)の相違は否めません。
 しかし、よく言われるように「隣人は選べない」

 隣人であるが故の摩擦があっても、とにかく友好第一でお付き合いすることが肝要。
 子どもっぽい無邪気さは、時に弊害しかもたらさない場合もあります。

 さて、釧路市議会日中友好促進議員連盟(月田光明会長)
 地方レベルの友好促進と石炭研修事業永続のために設立したもの。

 実は、週明けに駐札幌総領事館を表敬訪問します。
 年始の挨拶とともに、締結40周年を記念する行事等の打合せのために。

 今年も、良きお付き合いを重ねていきたいと思います。
 以下、公明新聞からの転載。



             中国大使館の新年会で程大使と懇談


 公明党の山口那津男代表は8日、都内で開かれた日中平和友好条約締結40周年記念の中国大使館・日中友好団体新年会に出席し、程永華駐日大使と懇談した。

 山口代表は、公明党と中国人留学生が交流を深めてきた経緯に触れ、日中関係の絆をさらに強めていきたいと語った。

 程大使は、日中関係のさらなる関係改善へ若い力が重要だと述べた。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2018年02月08日

第4117回 監視と提案

d1f3522d.jpg 釧路の教育を考える会(角田憲治会長)
 今日は、役員会を開催しました。

 テーマは、FMくしろで放送中の「学力向上 気分上々」について。
 月2回、第1と第3火曜日の午後2時過ぎからの番組です。

  ◎新年度4月以降も継続すること
  ◎新年度は、学力向上に関する話題を中心にラインナップを構成する

  ◎奇数月の第1火曜日は市教委、偶数月の第1火曜日は現職教師団体にお願いする
  ◎第3火曜日は、本会の会員が担当する

 等々を確認。
 と、その前に・・。

 『今年度の最後、3月の第3火曜日は月田さんにお願いします』
 「えッ・・」

 『是非、1年間のまとめを』
 「あ、はい。まとまらないかも知れませんが^^」

 平成24年4月にスタートした『ストップ ザ 学力低下』から、早6年。
 地道に基礎学力問題を発信してきました。

 継続は力なり、です。
 一部に改善の兆しも見受けられる釧路市の学力状況。

 今後も『監視と提案』に軸足を置いて見守っていきたいと思います。
 議員の立場で発言する時は、ちょっと違いますが・・^^
gekko946 at 23:05|この記事のURLComments(0)

2018年01月29日

第4107回 対話の中から学び取る

d4ee74f2.jpg 午後から某企業を訪問。 
 役員のOさんと、しばしの懇談。

 今日は、数多くの質問を受けながらの意見交換となりました。
  ◎オリパラのホストタウンの目的と交流のあり方
  ◎中心市街地の再生と官民協働
  ◎アレルギー拠点病院の必要性と見通し
  ◎鉄路の役割と将来の方向性
  ◎リカレント教育の需要と進め方 等々

 長時間、多岐にわたるテーマを語り合いました。
 貴重なご意見も頂戴しました。

 とても楽しく、且つ有意義な対話。
 こうした濃密な時間は、議員として極めて大事な勉強の場なのです。

 今年は、可能な限りこうした場を持とうと考えています。
 勿論、お仕事の邪魔にならない範囲で・・^^

 さて、今日の公明新聞の記事。
 資格取得、再就職を支援する施策が拡充したという内容です。

 以下、転載します。

 
          「専門実践教育訓練」の給付拡充

        公明推進で今月から 受講費の最大7割を支給


 働く人のスキルアップや再就職を後押しするため、看護師や保育士など専門性の高い資格の取得やキャリア形成に向けた講座を受ける費用を助成する専門実践教育訓練給付金が、1月の講座開始分から拡充された。公明党の推進で2017年3月に成立した改正雇用保険法に基づくもので、給付金の支給率や上限額が引き上げられ、支給要件も緩和された。

 専門実践教育訓練の対象講座同給付金の支給率はこれまで、受講者が支払った入学料と受講料の40%だったが、今回50%に引き上げられる。資格を取得した場合などの20%上乗せは継続されるため、支給率は最大で経費の70%となる。

 支給上限額も、年間32万円(資格を取得すれば年間48万円)から40万円(同56万円)に引き上げられる。例えば、3年間、同給付金の対象となる講座を受けて資格を取得できれば、最大で168万円が支給される。

 支給要件については従来、雇用保険の被保険者であった期間が「10年以上」を要件としていたが、「3年以上」へと大幅に緩和される。なお、初めて同給付金の支給を受けようとする人は、従来通り「2年以上」で変わらない。

 離職して被保険者でなくなった人については、妊娠や出産などの理由があり、ハローワークに申請した場合、最大で離職後20年以内まで、同給付金を受給して講座を受けることができるようになった。これまでは最大で離職後4年以内だった。なお、通常は同1年以内となっている。

 また、失業中に専門実践教育訓練を受ける45歳未満の人への生活支援として支給される教育訓練支援給付金の日額についても、1月の受講開始分からを対象に、失業給付(基本手当)の日額の80%に相当する額へと引き上げられる。これまでは50%だった。

 専門実践教育訓練給付金の拡充については、公明党働き方改革実現推進本部(本部長=石田祝稔政務調査会長)が16年12月と17年3月に安倍晋三首相に申し入れた提言の中で、リカレント教育(社会人の学び直し)を推進する施策として訴えていた。
gekko946 at 23:09|この記事のURLComments(0)

2018年01月26日

第4104回 人づくりの模範

キッズ1 午前は、春採市民の森に係る会議。
 同創生実行委員会、市、関係議員が集まり、管理等の移管や今後のあり方について協議しました。

 結論的に、本年4月1日付けをもって市の所有とし管理等の責任を持つ。
 また、今年8月の湖水まつり開会式で、感謝状の贈呈を行う。

 育樹などの市民ボランティアは、これまで同様に歓迎する。
 これでようやく、この問題の決着がつきました。


 夜は、釧路子どもミュージカル キッズロケットの祝賀会。
 釧新郷土芸術賞受賞を祝う会(主催 同実行委員会)に出席しました。

 キッズロケット(金安潤子代表)の第1回公演は平成10年3月。
 以来、20年間にわたって16回の公演を重ねてきました。

 この間、2度の札幌公演のほか、台湾宜蘭国際子供芸術祭にも3度出演。
 その高い芸術性と純粋な魂の表現で、多くの観衆に深い感動を与えてきました。

 キッズロケットのパフォーマンスを観て常に思うのは、指導者の真剣さ。
 安易な妥協を許さない姿勢が、キッズの態度や歌声に滲み出ているのです。

 ひと口に20年と言っても、並大抵の努力では成し得ない軌跡。
 改めて心からの敬意と賛辞を贈りたいと思います。

 今や、キッズロケットは紛れもなく釧路の宝。
 文化芸術活動の、そして人づくりの模範となっています。

 これからも益々のご活躍を祈ります!!

キッズ2
キッズ3
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年12月26日

第4073回 懐かしき許金平さん

7e98c115.jpg ため込んだ書類を整理していると、懐かしい人との思い出が蘇ります。
 例えば、許金平さん。

 中国漁船が海上保安庁の巡視船に激突した事件をキッカケに日中関係が悪化。
 国交正常化後最悪と言われた当時の在札幌中国総領事です。

 実は、同事件の余波で、KCMへの研修生が途絶えてしまいました。
 これが常態化すると、研修事業そのものに大きな影響が出兼ねません。

 そこで、市議有志を募り釧路市議会日中友好促進議連を設立。
 地域レベルにおける友好促進の旗を掲げました。

 早速、市長の親書を携えて、初めて総領事館を表敬訪問。
 許総領事は『最も難しい時期に日中友好を訴える勇気と行動に敬意を表します』と。

 その日以来、許さんが日本を離れるまで親しくお付き合いさせていただきました。
 中国からの研修生も、1年の空白だけで再開。
 
 その後、許さんは数度にわたって釧路を訪問。
 研修生に対して、直接激励の言葉もかけて下さいました。

 このご縁で、後任の滕安軍さん、現職の孫振勇さんとも良好な関係を継続。
 加えて、程永華駐日全権大使のご来釧を実現することもできました。

 折しも、現在、与党交流団が中国を訪問中。
 はたして、中日友好協会副会長の要職にある許さんと面会する場面はあるでしょうか。 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年12月16日

第4063回 ニニシベツ川にイトウ

保護協会 釧路自然保護協会(神田房行会長)の忘年会。
 少人数でしたが、若い世代の会員も交えて有意義な語らいとなりました。

 話題の中心は「イトウ」
 国内最大の淡水魚です。

 釧路湿原内を流れる釧路川水系には一定数の生息が確認されていますが、今年になって下流域のニニシベツ川で発見された、と。
 自治体域で言えば、まさに釧路市域内となります。

 『イトウ保護条例を制定するには、今このタイミングしかないッ!』
 当協会にとって、ここ数年にわたって追い掛けてきたテーマでした。

 先日開催された市議会民生福祉常任委員会(松橋尚文委員長)との懇談会でも、各議員から理解や賛同の声が寄せられたとのこと。
 来年6月議会を当面の目標にしながら、同委員会の取り組みに期待し全面的に協力していくことを申し合わせたところです。

 さて、イトウに関連して、事務局長から最近の技術であるDNA解析が紹介されました。
 河川の水を解析することで、その河川に生息している魚が分かる、と。

 勿論、調査の時季が重要で、魚が産卵する春に採取すると精度が上がるらしい。
 1検体当たり4万円でできるとか・・。

 『イトウがいるかどうか分からないで調査するのに比べて、いると分かって探すのではモチベーションから違ってくるね』
 『誰でも見つけられるというのは、マイナス面もあるけどね』

 ともあれ、ニニシベツ川での発見は、当協会にとって今年最大の朗報。
 「来年は、もっといい年にしよう」と、今夜は例年以上に盛り上がりました^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年11月06日

第4023回 希望ある限り若く

9084a810.jpg サンエス電気通信蠎萃役会長の宮田三可氏。
 釧路市民貢献賞受賞(産業部門)の祝賀会が盛大に開催されました。

 実は、昭和50年代前半まで、釧路地域における大規模施設の電気工事は市外の大手企業が受注。
 市内業者は、実績や技術力に劣るとして下請け、孫請けに甘んじていました。

 そこで、宮田会長が電気設備事業協会を設立。
 技術力の向上に尽力し、市立釧路総合病院を手始めに施工実績を積み上げ、業界全体の基盤強化に多大なる功績を残されました。

 平成12年から、会社経営はご子息の昌利氏に継承され、順調に規模を拡大。
 今や100億企業を視野に入れるまでに成長を遂げています。

 今日は、業界、釧路工業の同窓生、さらには市内経済界の代表を含め、多士済々の関係者が出席。
 氏の偉大なる足跡を称えるとともに、変わらぬ友情を確認し合いました。

 宮田会長が、謝辞の最後に引用されたサミエル・ウルマンの詩「青春」

 
 青春とは人生のある期間を言うのではなく心の様相を言うのだ。
 年を重ねただけで人は老いない。

 理想を失う時に初めて老いがくる。
 歳月は皮膚のしわを増すが情熱を失う時に精神はしぼむ。

 人は信念と共に若く
 人は自信と共に若く

 希望ある限り若く 
 疑惑と共に老ゆる

 恐怖と共に老ゆる
 失望と共に老い朽ちる (抜粋)

 
 会長の心意気の一端を垣間見る思いでした。
 益々お元気で、ご長寿で!!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年11月03日

第4020回 芸術の秋に演劇

abebc26c.jpg 今日は、文化の日。
 現在、釧路市では第69回芸術祭(主催 同実行委員会)を開催中です。

 10月14日から11月26日まで、市内各所で芸術祭参加公演・展示・体験・協賛事業等が目白押し。
 市内の芸術・文化団体と市民が、華々しく芸術の秋を彩ります。

 さて、市民文化会館小ホール。
 劇団東風の第34回公演が昼夜2回にわたって行われました。

 『おやすまなさい』(作 前田司郎)
 今年も、オリジナル作品でした。

 しかし、今回は笑いを取ったり、ウケを狙う脚本ではありません。
 観る人によって幅広い解釈ができる内容。

 ちなみに、発達障がいの子を育てた経験のある母親には「あるある感」満載だったと思います。
 それにしても、今、なぜ、このテーマだったのか・・。

 或いは、作者の孤独感と不安が限界にきているのかも知れません。
 もしくは、言葉にできない「親への贖罪」の気持ちとか・・。

 ある種、彼の心の叫びを聞いたような気がします。
 あくまで、個人的な感想に過ぎませんが・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年10月13日

第3999回 長い歴史と伝統

3beb8abf.jpg 午前は、特別支援教育を語る会釧路の例会。
 道教委、市教委からゲストを招いて意見交換。

 テーマは「釧路鶴野支援学校の間口増について」
 縦横無尽に語り合いました。

 予定では、平成31年から3間口増の1学年6学級に拡大。
 普通儀神瀉屬旅佑方や課題などについても議論しました。

 協議の時間は、まだまだ十分にあります。
 道教委におかれては、広範な意見をよく聴いて、ベストな学科設置の結論を出してもらいたいと思います。

 夜は、専修大学校友会釧路支部(坂野賀孝支部長)の総会。
 東京から、校友会会長が来賓としてご臨席。

 釧路支部の復活を事のほか喜んで下さいました。
 そして、来夏の北海道連合会総会への出席をしっかり要請されたところです^^

 我が母校の創立は明治13年。
 間もなく140周年(2020年)を迎えようとしています。

 長い歴史と伝統の上に、益々発展されますよう期待してやみません。
 今後、釧路支部の組織拡充にも取り組んでいく所存です。

 
 
gekko946 at 23:55|この記事のURLComments(0)

2017年09月28日

第3984回 出会い、そして人脈

57cd97b5.jpg 中華人民共和国成立68周年
 日中国交正常化45周年

 記念の祝賀会(招待会)が盛大に開催されました。
 主催は、同国駐札幌総領事館。

 開会前に孫振勇総領事ご夫妻と再会。
 釧路市と中国との更なる友好促進を誓い合いました。

 祝賀会では、中国系企業の社長と懇談。
 札幌と北京を拠点に旅行社、ホテル業、不動産業、飲食業と幅広いビジネスを展開されています。

 聞くところでは、年間700人前後の富裕層に絞った北海道観光を実施しているそうです。
 人気のアクティビティは、夏がゴルフ・登山・釣り、冬は圧倒的にスキーとのこと。

 「道東には興味ありませんか?」
 『ありますよ、勿論』

 「是非、一度ご視察してください」
 『機会を作りたいと思います。近いうちに打合せしましょう』

 有意義な祝賀会となりました。
 こうした出会い、そして人脈は大切にしなくてはなりません。

 としても、選挙が終わってからになりますね^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年09月03日

第3959回 湯沢市 伊藤陽悦議長

伊藤 早朝、帰路につかれる前に宿舎のホテルロビーで再会。
 釧路市と姉妹都市関係にある秋田湯沢市の伊藤陽悦議長。

 3月に就任された新市長とともにご来釧されていました。
 昨日、ボクは残念ながら出札中で不在。

 本来であれば、伊藤さんの好物サンマを肴に一献のはずでした。
 それが叶わずに、今回はお見送りだけ・・。

 伊藤議長には、昨年石炭関連予算の獲得等でお世話になりました。
 同級生の菅官房長官を紹介していただいたのです。

 わざわざ湯沢から上京し、一緒に官邸を訪問。
 長官との面談をセットして下さいました。

 厳しい局面の最中、大きな力となったことは間違いありません。
 今朝も、改めてその御礼を申し上げました。

 湯沢市議会は、来月選挙。
 伊藤議長は、今期で勇退されます。

 同時期、ともに議長として交流を深め、両市議会の関係強化に務めました。
 良き思い出は数知れません。

 益々のご健勝を!!
 そして、またの再会を楽しみに!!
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年08月27日

第3952回 賑わう阿寒タンチョウの里

7cd33703.jpg 釧路湿原国立公園指定30周年記念
 釧路湿原美術館deお気楽ゲル祭り

 快晴、真夏日の中で賑やかに開催されました。
 まず、駐車場が満杯で、停める場所がない^^

 で、結局は向かいの「赤いベレー」パーキングの隅っこへ。
 そこから美術館までの移動で汗、汗、汗・・。

 ともかく、お祝いの挨拶。
 理事長、そして館長。

 『あらあ、ようこそお越しくださいました』
 「大成功おめでとうございます」

 『ありがとうございます。いつもお世話になっております』
 「大晴天で何よりです」
 
 『どうぞ、ゆっくりして行ってください』
 「はい、と言いたいところですが、そうも行きませんで・・」

 記念に野菜の買い出し^^
 キャベツにピーマン、人参、ナス、トマト、ジャガイモなどなど。

 (あッ、これを持って車まで移動?)
 気が付いた時には、もう遅い。

 さらに汗を掻きかき、車まで引き返す。
 (雨よりはマシか^^)
 
 すでに、赤いベレー側の駐車場も満杯状態。
 併設の阿寒マルシェもクレインズテラスも大盛況。

 阿寒タンチョウの里エリアは、ずっと上げ潮が続いています。
 F社長の嬉しい悲鳴は、当分収まりそうにありません^^
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年08月21日

第3946回 ウルトラC難度

4e366d9c.jpg 定例の道本部会議。
 日程の確認、夏季議員研修会の内容、首長選の対応、各種団体との政策ヒヤリング等々。

 また、総支部キャラバン前半のテーマだったJR問題について、各地からの報告。
 指名を受けて、ワタクシからも種々意見を申し上げさせていただきました。

 今さら、大どんでん返しと言うか、ウルトラCなんてないと思います。
 今後も引き続き、リアリティのある議論を深めていくことになりました。

 さて、今日の読売新聞文化欄。
 思いがけず目に飛び込んできました。

 「考景2017 バーナビー市(カナダ)」
 著者は、写真家の港千尋さん。

 ・・釧路市と重なる記憶・・
 釧路市との関係性の中で、バーナビー市の風景や風土を綴っています。
 
 当然の如く、2年前の訪問を思い返しました。
 姉妹都市交流50周年を祝う相互訪問。

 定期的な交流や、それによって育まれる友情の素晴らしさを実感した旅でした。
 国柄や人種・宗教に関係なく、人間同士がつながることの楽しさと感動。

 生涯、決して忘れることはありません。
 懐かしいコリガン市長らの笑顔が、ふと脳裏に浮かんできました^^

 またいつの日か、再会が叶わないかなあ・・。
 これもやっぱりウルトラC難度と言わざるを得ませんね。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年08月09日

第3934回 地元密着型のスター

54fb1dd7.jpg 白樺台夏祭り(主催 同実行委員会)
 この時季恒例の行事で、今年で8回目(実行委員長の記憶^^)を迎えました。

 ゲストは、ヒートボイス。
 地元密着型のスーパーアーティストです。

 実は、白樺台にある東雲小学校の校歌はヒートボイスの作曲。
 (東雲小は、白樺台小と桂恋小の統合による新設校)

 今日は、会場内にいた同小の児童を舞台に上げて一緒に斉唱。
 校歌としては異彩を放つポップス調のメロディに、会場は大いに沸きました。

 ライブの締めは「末広ブルース」
 彼らの演歌も、これまた秀逸なんです。

 実に楽しいパフォーマンス。
 30分があッという間でした。

 彼らは、そのまま栄町公園のヒアガーデン会場へ移動。
 相変わらずモテモテです^^

 ともあれ、HVにはHVの生き方があります。
 そして、地元の多くのファンもそれを支持している。

 中央に進出することだけがアーティストの道じゃない、と。
 彼らの今後益々の活躍を期待し、温かく見守っていきたいと思います。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年07月30日

第3924回 BBQにはアイヌネギ

89380486.jpg 午後から毎年恒例のBBQ。
 いつも通り、それぞれが食材とドリンクを持ち寄ってのパーティー。

 一斉に網、鉄板の上に並ぶ魚、肉、そして野菜。
 バックバク食べて、グイグイ飲んで、堰を切ったように喋る。

 今日は、いつになくペースが速い。
 曇り空も、そのうち晴れて強い日差しが降り注ぐ。

 よくもこんなに胃袋に入るもんだ、と半ば呆れつつ・・^^
 中標津から駆けつけたTさんのアイヌネギで、さらに勢いが増す。

 そして、根室のIさんが持ち込んだ「北の勝 搾りたて」
 (ちょっと、これはヤバいかも)

 案の定、夕方頃にはKO状態。
 楽しい宴は、賑々しくフェイドアウトしました。

 帰宅すると、いきなり『臭ッ!!』
 「ああ、アイヌネギが美味くってさ」

 『だからって食べ過ぎじゃない』
 「今年最後かなって思うと、ついね」

 『ホントに最後にしてねッ!』
 食べていない人には、確かに気の毒な匂い^^

 しかし、早くも来年が待ち遠しい・・。
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年07月29日

第3923回 ジャズが流れる夜

16f35a2a.jpg 友が逝った。
 還暦を過ぎたばかりの若さ。

 悲しみと寂しさが募る。
 まさか、こんなに早くとは・・。

 実は、ウチの妻と同じ病気で彼も戦っていた。
 その病気は、発症率10万人に2〜3名とのこと。

 確率的には、釧路市内に4〜5名。
 『そのうちの二人が我々とは、奇遇にしても可笑しいですね^^』

 会えば、そう言って笑い飛ばしていた彼。
 まさに、闘病体験を交換し合う同志のような存在。

 自宅も、近所。
 ボクの政治活動の最大の理解者の一人でした。

 ジャズが好きで、自らも演奏。
 今夜の会場にも、スタンダードジャズが静かに流れていました。

 今さらながら、もっと語り合っておけば良かった。
 後悔先に立たず。

 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

 合掌 
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)

2017年06月25日

第3889回 マオタイ酒で乾杯

マオタイ 中華人民共和国駐札幌総領事の孫振勇氏と再会。
 近況を報告し合いながら旧交を温めました。

 孫総領事は青森から新幹線で帰札し、そのまま約束の場所に到着。
 疲れも見せず、53度のマオタイ酒で何度も乾杯。

 ボクも気合いを入れて杯を空けました^^
 (車で出札したので、多少の疲れはありましたが・・・)

 実は、今夜はゲストが同席。
 理学博士の陳蘊剛氏、文学博士の唐韋(火へんがつく)氏、鍼灸師の焦佰寛氏。

 しかし、難しい話しはなし^^
 皆さん、気さくで穏やかなお人柄です。

 本格的な中国料理を堪能しながら、様々な話題に花を咲かせました。
 総領事とは、釧路での再会を約束。

 日中友好のために多くの友人を作りましょう、と。
 国民レベル、民間レベルでの交流拡大に尽力しましょう、と。

 さて、明日の会議は大丈夫かな^^
gekko946 at 23:40|この記事のURLComments(0)

2017年05月27日

第3860回 個人戦で奮闘

1347efef.jpg 釧路自然保護協会(神田房行会長)
 平成29年度定期総会が開かれました。

 所用があり遅れて出席。
 懇親会が始まる直前でした^^

 なので、ビール片手に総会資料を一読。
 事業報告によると、例年通り各会員の個人戦が多いわけですが皆さんご活躍です。

  ◎春採公園のウチダザリガニの採捕活動
  ◎自然再発見シリーズの継続実施
  ◎ハマナス群落の修復事業
  ◎イトウの保護
  ◎釧路湿原自然再生事業への参画 
  ◎春採の森創生事業 等々

 他にも、道(総合振興局)や市からの招きで各種会議・協議会などに参加。
 それぞれの専門性を生かして奮闘されたようです。

 さて、会として最大の課題は会員の減少。
 高齢化もありますが、まず何よりも絶対数が・・。

 ということで、今年は意識して会員獲得に努めたいと思います。
 ある程度の専門性が求められますので、対象は自ずと限定されますが・・。
  
gekko946 at 23:28|この記事のURLComments(0)