今期ラスト(6回目)のベイエリアカップに参加してきました。
参加チーム数は54チーム。上々。

チーム構成と結果は下記の通り。
※敬称略

【ライオンズ】
・きっさ(SH)
・オマット(EL)
・青パイ(PA)

ライオンズは1チームでの参加。

半年間行われたこのベイエリアカップも本日が今期ラストなので総合順位が気になるところ。
ライオンズはこの日のパンフを見る限り第5回までに5位と意外と好成績な上に、
BT杯の推薦枠をもらえるのは5位までという見方によってはキワドイ位置に。
6位の助川コミュニティ、7位のVF蟹工船とはたったの2pt差しかないため何としてもこの順位を死守したい。


予選は4チームでの変則トーナメント。

予選第1試合 vs【志村ニュートン二軍】
オマット○ - ×大山ワリン(LI)
オマット○ - ×泡(AK)
オマット× - ○甘味店(SH)
青パイ× - ○甘味店
きっさ○ - ×甘味店

先鋒オマットさんの二人抜きから一転、
相手大将甘味店に二人抜きされ焦るも
最終セットまでもつれる泥仕合をなんとか踏ん張ってものにする。
泥仕合には定評があります。


予選第2試合 vs【助川コミュニティ】
オマット× - ○暇神(AO)
青パイ○ - ×暇神
青パイ× - ○松平清康(LA)
きっさ○ - ×松平清康
きっさ× - ○日本治安防衛隊(LA)

総合順位を争う助川コミュニティと直接対決。
一進一退の攻防も、先の格闘新世紀?出場者でもある日本治安防衛隊さんに大将戦で負ける。
初見の相手はそこそこいける自信があったけれど自力で負け。強かった。

この時点で総合順位5位を守ることが絶望的になるも次の予選2位決定戦に勝って望みを繋げたい。


予選2位決定戦 vs【ひろし塾 A】
オマット○ - ×涼@荒氏(AK)
オマット× - ○りょ☆あい(EI)
青パイ× - ○りょ☆あい
きっさ× - ○りょ☆あい

中堅りょ☆あいに痛恨の3人抜きを喰らって死亡。ひでぶ

なんとか推薦枠を取ってライオンズにあげたかったのに…無念すぎる。
オマットさん、マジですまんかった。
200904191

大会はというと総合優勝を狙っている現1位の【塚本大サーカス】と2位の【キャオラ】にやはり注目。
【キャオラ】は2チーム共に予選を抜けたのに反し、
【塚本大サーカス】は1チームが予選落ち、もう1チームがプレーオフ(敗者復活)という絶望的な状況。
あっさりと【キャオラ】の逆転での総合優勝が決まったかに思えたものの、
プレーオフでホームステイさんのアキラが絶対的な安定感を見せつけなんとか首の皮一枚繋げることに成功。
200904192

決勝トーナメントにおいては一波乱。なんとふ〜ど(LI)がいる【キャオラ A】が一回戦で頓死。
絶対に負けられなくなった【キャオラ B】マグナム(JE)/ゴージャス(EI)/イトシュン(BR)は順調にベスト4まで進めるも、
反対側のブロックでは着実に【塚本大サーカス B】ホームステイアキラ(AK)/パンチ・ザ・センプー(LA)/ささき(EI)もしっかりとベスト4まで駒を進める激熱な展開。

以下ベスト4のバトルスコア。

準決勝第1試合 【VF蟹工船 B】vs【キャオラ B】
ぜん(BR)○ - ×ゴージャス(EI)
ぜん× - ○マグナム(JE)
ジョセフ(AK)× - ○マグナム
祐天寺(LA)× - ○マグナム

まさかの中堅マグナムさんの3タテ!この日はかなり動けてた感があった。
さすがSクラスに限りなく近いBクラス。


準決勝第2試合 【大山ニュートン A】vs【塚本大サーカスB】
かまあげ(AK)○ - ×ささき(EI)
かまあげ○ - ×パンチ・ザ・センプー(LA)
かまあげ× - ○ホームステイアキラ(AK)
ゼットマン(LE)× - ○ホームステイアキラ
板橋ザンギエフ(SH)× - ○ホームステイアキラ

大山が先鋒かまあげで2人抜きして主導権を握るも
大将ホームステイさんに逆3タテを喰らう。
板ザンとの大将戦は観ている自分が緊張して最後の削り合いでは呼吸ができなくなるほど。
興奮した。


そしてついに決勝戦。
【塚本大サーカス B】が勝てば総合優勝。
【キャオラ B】が勝てば同点のため代表者による総合優勝決定戦。
未だかつてここまでもつれたベイを自分は知らない。


決勝戦 【キャオラ B】vs【塚本大サーカス B】
イトシュン(BR)○ - ×ささき(EI)
イトシュン○ - ×パンチ・ザ・センプー(LA)
イトシュン× - ○ホームステイアキラ(AK)
マグナム(JE)× - ○ホームステイアキラ
ゴージャス(EI)× - ○ホームステイアキラ

ホームステイさんの逆3タテ。塚本大サーカスの総合優勝。
200904193200904194

大将のホームステイさんが椅子に座るときにSクラス×3人残っていてもまだまだやれる空気が流れてた。
強さもさることながら、内容が凄すぎて溜息の連続。
勝利を決めた瞬間のガッツポーズも絵になってた。

予選でマグナムさんに1敗したもののそこから怒涛の連勝ラッシュ。
ベイエリアで15勝1敗ってどんだけすか。
BT杯のための仕上がりは完璧に見えたのは自分だけではないはず。恐ろしや〜

動画は録画されていないと思うのでこの試合(大会)を観れなかった人は不憫でならないと思うほどの良い大会だったわぁ。


まるで作られたストーリーのような展開の連続で思わず長文で大会レポ書いてしまった。
たまにはいっか。