日本政府の『気候変動の観測・予測及び影響評価統合レポート2018』は、世界では「将来も気温上昇が続く」、「北極海の海氷が減少している」、「熱帯低気圧の最大風速及び降雨量は増加する可能性が高い」と、また日本では「世界より速いペースで気温が上昇している」、「真夏日・猛暑日の日数が増加している」と論じ、実際、台風・豪雨・高波・土砂災害など甚大な災害が顕在化し、対策は待ったなしです。
先の国連温暖化サミットでは、スウェーデンのグレタ・トゥーンベリさん(16)が「あなたたちが話しているのは、お金のことと経済発展がいつまでも続くというおとぎ話」だと訴え、その義憤は私たちの胸に突き刺さりました。
ところが、日本の脱炭素化は遅々たる歩み。
「石炭火力は減らす方向だ」と記者質問に答えた小泉進次郎環境大臣ですが、お膝元の横須賀では東京電力と中部電力が共同設立したJERAが石炭火力発電所建設を進めています。
では、具体的にどのような方策で減らすのか。
環境省は石炭火力発電の環境影響評価でCO2増加をどう評価し、対策を打とうとしているのか。全電力事業者が加盟する「電力広域的運営推進機関(OCCTO)」(経産省所管)が各社から取りまとめた供給計画は、このまま石炭火力発電所の新設が続けば、2028年の電源構成は37%が石炭となるとしています。
政府はそれをどう是正し、脱原発と共に脱炭素化を進めるのか、徹底討論します。

<日程・テーマ等>
日時:2019年10月10日(木)16:00~18:00
場所:衆議院第1議員会館 国際会議室(1階)
共催:超党派議員連盟「原発ゼロの会」、国会エネルギー調査会(準備会)有識者チーム
テーマ:このままでは2028年に石炭4割!~電源構成から考えるエネルギー・気候変動政策~

<プログラム>
1. 問題提起
浅岡美恵氏(弁護士/気候ネットワーク代表)

2. 説明
環境省、経済産業省

3. コメント
明日香壽川氏(東北大学教授)

4. 討議・意見交換
出席国会議員、有識者を交えて

○ 出席予定者
国会議員(原発ゼロの会メンバー等)、国会エネルギー調査会(準備会)有識者チームメンバー

第81回
このままでは2028年に石炭4割!~電源構成から考えるエネルギー・気候変動政策~
[映像] [事務局資料] [省庁資料] [参考資料]