2012年04月04日

須坂園芸高校の生徒が造った“須坂産ワイン”

f687b71d.jpg須坂園芸高校の生徒が造った“栃並木”という名前のワインです。葡萄栽培も醸造も須坂の学校内で行われた“純須坂産”のワインです。このワイン一般で知ってる方は皆無に近いようです。私は須坂の角田酒店のご主人に数ヶ月前にお聞きし、ず〜っと気になっていてこの度やっとお目にかかることが出来ました。
このワイン“栃並木”は須坂園芸高校の「食品科学科」で造られています。
担当学科の先生に「須坂産のワイン探究をしています!」とお願いして、特別にわけていただきました。
(須坂園芸高校で販売している訳ではありません)

食品科学科ではワインや、味噌、ジャムなどを作っているとお聞きしました。

須坂園芸高校「食品科学科」

葡萄の品種は赤は「カベルネ・ソーヴィニヨン」、白が「シャルドネ」
以前は「ピノ・ノワール」の栽培もしていたようですが、栽培が難しいらしく撤退してしまったそうです。
う〜これは残念!
ラベルは「マコモダケ」という素材を再利用して作った、表面がざらざらした味のある質感です。

ちょっと面白い話は、造っているのは高校生なので、もちろんお酒を飲む事が出来ません。
なので、生徒達は全く味が分からないまま醸造の作業をしているそうです……やっぱり!
そして20才になって飲みたい生徒に贈呈しているとお聞きしました。

ここの学科を卒業した生徒達が数十年後長野県で、出来れば須坂市周辺で
ワインの造り手になっていることを願いたいものです…。

♪食品科学科ワイン製造授業?担当の堀先生(右)、と箕浦先生(左)
♪“栃並木”というワインの名前は学校の入口に並ぶ“栃並木”にちなんでのようです。

須坂園芸/先生須坂園芸正門