2005年10月

2005年10月28日

31

8f5a6ae2.jpgあ〜あ、とうとう30オーバーしちゃったよ。1歳から10歳、そして10歳から20歳の間はとてつもなく長い時間のように感じたもんだが、20から30はホント早かった。松本人志も同じことをおかんから言われてたらしい。ていうか人類共通の感覚なんですかねこれって。30になってからのこの一年はさらにマッハでした。どんどん40へのカウントダウンが進んでいる。きっともっと早く感じるんだろう。困ったなあ、まだやらなければいけないこと、達成しなければならないことは山ほどあるのに。人生計画的には「30までにスーパースター(基準曖昧)」と思ってたんですが甘かった。とりあえずその計画は5年押しくらいにしとこうか。それとも今26歳になったつもりにでもなろうか。まあ、心は永遠の少年でいたいんですけどね。今日も息子と一緒にアルゴリズムこうしんしましたよ。やっとK-DOJO編見れました。GETだけなのか。だったら一応GET枠のアタシにも当然出演権利が!と今さら憤っても手おくれ。とりあえずプロレスラーのみなさん、オイル塗りたくりすぎです。

今週のDVD:アナコンダ2
感想・・・常に大騒ぎする柳沢慎吾みたいな黒人が死ななくてよかった。

gen28 at 21:08コメント(6)トラックバック(0) 

2005年10月24日

真っ白な灰。

fb9a88a9.LZZZZZZZ最近暇なんで1000冊以上もの蔵書を押入れから引っ張り出して読んでます。あ、蔵書って当然マンガのね。最近は「あしたのジョー」全20巻読破しました。昔のマンガは表現が実にストレートだから、メッセージがダイレクトにズシズシ伝わります。だから私の好むマンガはだいたい昭和40〜50年代の作品が多いですね。最近の人気作品はほぼ買わない。クロマティ高校と20世紀少年と仮面ライダーSPIRITSくらいかねえ。マンガに限らず私は懐古趣味っぽいところがあります。どう考えてもリアルタイムで経験してないことに異常に詳しいため「お前はいくつだ?」と聞かれること数知れず。ま、いいじゃない。こんな人間がいても。
でもこの最後の場面は全世代共通で心打たれますよ、ねえ??

gen28 at 23:54コメント(6)トラックバック(0) 

2005年10月21日

ひっくり返ってぺこりんこ。

「天才てれびくんMAX」も絶賛放映中のNHK教育テレビのシュール系子供番組「ピタゴラスイッチ」でK-DOJOのみなさんが「アリゴリズムこうしん」に出演したという。見逃したんだけどね。意味不明な人に説明しますと、いつもここからの二人が妙な歌つき体操をするコーナーがあって、たまに脈絡なく他の職業の人たち(消防署員とかサッカー選手とか日体大生とか中華街の店員とか。おそらく基準は無い)が出てくることがあり、プロレス界からはK-DOJOに白羽の矢が立ったというわけです。
先月大日本の川崎大会で旧姓サンボ大石がこれの振り付けをして遊んでたので「何で知ってるの?」と聞いたところ、BLUE FIELDでこれを撮影したのだと。びっくりしましましたし、うらやましくて仕方なかったですね。世の親はいつもテレビの前で振り付けしながら歌ってますよ!他団体の子持ちの某選手はこの歌をダウンロードして着うたにしてましたよ!それくらい、どんな他局の高視聴率バラエティ番組より教育テレビの子供番組はステイタスなのです。子を持つ親にとっては。くやしいので「なぜ俺を呼ばなかった!」と泣きながらいじめました。

今週のDVD:Shall we Dance? (リチャード・ギア)
感想・・・ここまで日本版と同じとは思わなんだ。

gen28 at 22:57コメント(11)トラックバック(0) 

2005年10月17日

666…

バトルロワイヤルに出場し、「ハードコア〜!」とか言って調子に乗りグレート・タケルにラダー攻撃したら、私の落下地点が悪くタケルは唇にザックリ裂傷を負ってしまった… 試合自体も到底納得いくものではなかったし、何より相手にそんなケガを負わせてしまった自分がやりきれない。しかし唇が切れたにもかかわらず試合後の罰ゲームで「GET WILD」を歌い切ったタケルは偉いと思う… が、そのバックに流れた忍とみねぴょんが悶え合う映像に心は完全に砕け散った。私は今日何しに来たのだ…


gen28 at 02:41コメント(7)トラックバック(0) 

2005年10月11日

クラブですよ!

きのうは六本木ヴェルファーレで行われた金村志保社長プロデュースのイベント「RING」に出場。プロレスの他にも、ダンスとかHIPHOP?とかDJ?とかMC?とか、普段の私にはとんと無縁な世界に住む方々たちも大挙参加しててさすが六本木ですよ!中央沿線とは違います。アタシは大石MAKOTOと川嵜風馬(ふうまじゃないよ、かずまだよ)と3WAYマッチ。「新感覚プロレス」とのタイトルがついており、ダンスミュージックが大音響で鳴る中、DJの実況つきで試合しなければならない(ちなみに曲はドン・フライのテーマだった)。そうなると声も音も伝わらないから、普段以上の表現力を要求されるわけである意味過酷である。そういえば試合中、アタシが大石と川嵜をまとめてスプラッシュした場面で、カウントは明らかに2だったのにDJが間違えて「カウントスリー!入った〜!」と勘違いし、さらに要請されてないのにゴングまで勝手に鳴らしてくれました。この形式はノリやすい反面、いろんな細かいところがよくわからなくなってしまうのかもしれない。その後国士舘大学男子新体操部のみなさんのアクロバティックなご協力もあって勝利したけれど、そしたら今度は伊東竜二のテーマが。いえ、あくまでダンスミュージックとしての扱いでね。

西口プロレスのみなさんも参加してて、お笑いプロレスを披露していた。控え室のモニターで観賞しつつ、ヒ69やGammaらと「石坂鉄平やえべっさんはすごいんだなあ」と語り合う。試合後はいまや全国区となった長州小力が出てきてパラパラを踊る。当然ながらこの日一番の盛り上がり。知名度とはかくも重要と痛感したが、この人2年くらい前の冬木軍後楽園大会にひっそりと出てたはず。すばらしきジャパニーズドリーム!

gen28 at 23:38コメント(0)トラックバック(1) 

2005年10月06日

リキプロ後楽園。

なんかダメだった… なんでか身体が思うように動かなかった。タカシにも対戦相手にも迷惑かけた。あ〜あ。その後セミで長州力にミサイルキックかませられたから少し救いになったかもだけど、実に悔やまれます。アタシもまだまだってことだ…世界は遠く果てしない。

今週のDVD:ターミナル(トム・ハンクス)
感想:感動できそうないい話だなあ。果たしてこれからどうなるのだろう… えっ、これで終わり!?


gen28 at 23:16コメント(1)トラックバック(0) 

2005年10月01日

Re:ハウス

90c7b733.gif「いいとも運送」さんの多大なるご協力をいただき我が家は引越しに成功しました。アゴナシ運送みたいなとこが来なくてよかったです。あそこに頼むと家具全壊は免れないし子供は誘拐されて勝手に育てられてしまうし。
明日は久々のアパッチ後楽園。カードが変更になったけどやりがいのあるカードだからきっと頑張れるさ。元気出せよ。と言っていたのが後の井伊直弼です。

・・・昨日今日と働きすぎで疲れがたまっているような気がするので今日はこのへんで。結論としては、引越しは身体にさわります。

今週のDVD:「お父さんのバックドロップ」
感想・・・伊東竜二はショートタイツにすべき。


gen28 at 21:13コメント(2)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ