2006年10月

2006年10月31日

秋深し

もう11月ですか。地元大学の学園祭試合に今でいうはやて&MAZADA&死神&加藤茂郎が見にきてたのはもう10年前になります。

蚊に刺されました。何で?


gen28 at 23:59コメント(5)トラックバック(0) 

2006年10月29日

666666666

つくづく新木場1stRINGとは不思議な空間だ。
ど真ん中もどインディーもハードコアも女子もメカマミーも健介ファミリーもスローモーションもみんなこの白いリングに集った。
んで今日はシ〇ブ中が錯乱の果てに拳銃自殺を。

いやあ、混沌としている…


gen28 at 23:04コメント(2)トラックバック(0) 

2006年10月28日

32

一年とは早すぎだあね。もうアレです。
デビューが遅かったのを差し引いてもプロレス界的にまだ若いつもりでいたがいつしか後輩や年下ばかりになっている気が…
プロレス界に限らずアタシの目標としている人々は大体20代で既に成功したり何かを成し遂げてるんだが… 自分が20代のうちにできたことといえば子供くらいでしょうか。その子供のためにも一刻も早くナニかをナンとかしなきゃならんのですが。
遅咲きタイプ、と思い込むかな。うん、そうに違いない。そうに決まった。来年の今頃はきっと地上派デジタル対応TVと次世代HDDレコーダーを買っているぞきっと。


gen28 at 23:51コメント(7)トラックバック(0) 

2006年10月26日

プロレス界のイ・ビョンホン

a8d09d4f.jpg最初に彼のウワサを聞いたのはまだDDTにいた頃だったか。三四郎や橋本友彦と雑談してていつしか総合格闘技の話になり、橋本が「ゼロワンにおるサイリョウジも強いでー」と言っていたのだ。アタシは「崔リョウジ」というレスラーの名前は知っていたにもかかわらず「西良寺〇〇」という総合格闘家がゼロワンに上がっているのかと思いこんだ。まあ、すぐに間違いに気付いてよかったが。

一見トンパチなイメージを持ち、普段からもタチの悪いギャグかましたり人を驚かせたりするのが大好きな彼だが、実のところ非常にスマートな思考の持ち主であり、物事を多角的に客観視し常に冷静である。そして細やかであり真面目だ。彼の書く文章にもそれは表れている。留学中に書いて賞を取ったという戯曲をぜひ読みたいものだ。

今年始めあたりに出た週刊ゴングの選手名鑑に「2005年で最も印象に残った試合は?」という項目があり、彼がアタシとのシングルを挙げていたのは意外でびっくりした。他にもたくさんありそうなのに… 聞くと「なんか、『プロレス』やったなあって気がして…」と語った。ちょっとうれしかった。



どうだ? イタズラ書きしにくくなったろ? ふふふのふ。


gen28 at 23:34コメント(6)トラックバック(0) 

2006年10月24日

ほんとに大事なものは何だろう

db799e95.jpgど〜してもまた見たくなったので池袋のレイトショーに行ってしまいました。
何のってそりゃ映画「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」。今回は息子を実家に預け、一秒一コマたりとも見逃さない意気込みで観賞。おかげさまで冒頭からじんわりキまして、合計8回に渡って涙腺がゆるみました。夫婦ともども。しかしこの映画があまり世間に届いてない現状が実にはがゆい。
連れてかなかった息子へおわびにメビウスパズルを買って帰りました。

余談ですが、この映画にお笑いコンビのアメリカザリガニが出演してますが、背の高い方が風貌といい関西弁といいマンモス佐々木に見えて仕方ない今日この頃。。


gen28 at 23:03コメント(2)トラックバック(0) 

2006年10月23日

必笑だんご剣

夕方4時からの教育TV子供番組枠を息子といっしょに見ながら「あぁ、おうちに帰ってきたなあ」と実感します。前は「ピタゴラスイッチミニ」が楽しみでしたが最近はアニメ「ぜんまいざむらい」がいいですね。幼児相手になんなんでしょう、あのシュールな世界は。時代設定めちゃくちゃだし、正直教育的じゃない気がしますがおもしろいのでヨイと思います。
今日はなんもなかったのでこのへんで。
あ、そうそう、「ウルトラマンメビウス」にとうとうタロウが登場しました。声の出演は篠田三郎さんでなくジャッキーチェン(もしくは冒険野郎マクガイバー)なんですがね。


gen28 at 23:21コメント(3)トラックバック(0) 

2006年10月21日

たまらんなぁ

12日に高西しょうたにダイビング・エルボーして自分の右脇腹を痛めました。幸いにして本家ショーンと同じく(ココ強調)左右両方で出来るので今日は69に左エルボーを思いっきり落としました。そして左脇腹を痛めました。なんなんでしょう一体。

コメント欄を見ると、ゲンタラという風俗好きの方がブログを閉鎖することを宣言に来てるようですね。荒らしにでも逢ったのでしょうか。がんばって続けてほしいものです。


gen28 at 23:38コメント(4)トラックバック(0) 

原石

ただいま山形より帰京中。本日はアパッチ新木場です。
きのうの試合はかげとらにズルっこされて反則負け。しかしアタシはローマ字表記を直しませんよ。
東根市は地元ということでマホン朋晃氏は熱狂的声援の元、メインで下田被告から見事勝利。お客さんみんな幸せそうでした。プロレスはこうでないと。

そういや昨日もさーくんよかった。思えば北沢タウンホールのPWC興行(厳密にはPVVC。詳しくは省く!おそらく検索しても理解不能と思われる)の8対3マッチというムチャクチャな試合形式の中で、特に目立つムーブはしてないのにキレの良い動きで目を引いたのが彼だった。あれから二年ちょっとかな? 抜き差しならん存在になってきた。アタシもおちおちしてられない。


gen28 at 11:30コメント(2)トラックバック(0) 

2006年10月19日

盛岡

この地は2000年のみちのく修業時代を激しく思い出す。湯浅くんや珍念は元気かな。あの頃は現ドラゲー勢もたくさん上がってたな。CIMAはクレイジーMAXで堀口元気はサーファーだった。なつかしい。

しょうたと組んで日高っちょ&かげとら(面倒なので変換してやらん)と対戦。そういやかげとらは現みちのくの第一線にいる男。時代は流る。かげとらって前まで顔の下半分マスクしてなかったっけ? 郷秀樹(新マン)がアシュランに無理矢理付けられたようなやつ。
何、さっぱりわからん?
じゃ検索して知識を増やしなさい。


gen28 at 23:23コメント(2)トラックバック(0) 

2006年10月18日

鮫肌ボーイ

c1e3761d.jpg青森はむつ市にて。日高っちょと組み(おぉ、連日合体ロボ)高岩サン&澤くんと対戦。相変わらず高岩サンはごっついのう。さーくんとは多分初対決(下着男除く)。後半の猛ラッシュでバチバチを体感。しかし動きの早い男だ。

試合終わって今日のホテルはそのさーくんと相部屋。だいぶくたびれた様子だったが、食事が終わると彼なりのやり方で疲れを癒していた。
            明日もがんばろう。


gen28 at 23:40コメント(3)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ