2007年01月

2007年01月29日

ウニをくれ

最近は100円均一大型回転寿司チェーンの競合が目につきます。しかし共通して言えるのは、やはりウニにバカでかいキュウリが乗っけてあるということです。どこかにキュウリ無しで100円(この際もう少し割高でも可)なお店は無いものでしょうか。
で、昨日中一の甥っ子とソレ系のお店に入ってたらふく食べましたが、店を出たとたん目がかゆくて仕方なくなり、瞬時にしてものもらいが。
やたらと苦みを感じたウニのせいでしょうか。くわばらくわばら。やはり回転寿司はスシローですね、うん。


gen28 at 23:42コメント(3)トラックバック(0) 

2007年01月27日

ウルトラマン先生

b96429f9.jpg今日のウルトラマンメビウスは「思い出の先生」というタイトルで、ウルトラマン80(はちじゅう、ではなくエイティ)がゲスト出演しました。
「ウルトラマン80」はその名の通り1980年に放送され、保育園の年長さんだったアタシは毎週熱心に見ていました。再放送でなくリアルタイムでの視聴となると思い入れもひとしおです。
ウルトラマン80(矢的猛)は当初中学校の教師という斬新な設定でしたが、路線変更により全く無かったことにされたというかほったらかしのまま80は怪獣を倒し続けたのち地球を去り番組は終了。アタシも子供心に「中学校が出てこなくなったな〜」とは思ってましたが。
もちろんファンの間では物議をかもしましたが解決などできるはずもなく26年が過ぎましたが、今日のメビウスで80は再び地球に降り立ち、かつての教え子たちとついに再会を果たします。もちろん矢的先生の姿となって。
アタシにとっても26年目の再会でした。長谷川初範さんはよくTVでお見かけしても、矢的猛とまた会えるとは思ってませんでしたからね…

ま、今日はこんな感じで許されて。


gen28 at 23:09コメント(3)トラックバック(0) 

2007年01月26日

ガキ使よりごっつ

13308aa8.jpgダウンタウンといえばアタシ的には「ごっつええ感じ」の方が好きなのです。最近の「笑ってはいけない何々」など確かにおもしろいのですが私的にはコントの方がのめり込みやすいというか。
ごっつの数々の破壊的コント…松っちゃんが一人でキ☆ガイを演じ、周りはそれに合わせるだけみたいな台本がほとんど無さそうなタイプが一番凄いですね。キャシィ塚本とかインストラクターとか紙芝居のおっさんとか。
画像は松っちゃん演じるキ×ガイワガママ俳優「あげ玉刑事」。以前BENTENで試合した時、しきりに「あげ玉!」と野次りまくっていた酔客がおりました。周りは誰一人反応してませんでしたが、おそらくコレのことでしょう。まあ、確かに共通点がないわけでもないというか。


gen28 at 23:25コメント(2)トラックバック(0) 

2007年01月25日

虚無

試合があまり無いと取り残された感みたいなものが。リングとはそんな場所。
爆発したいですね。思う存分。


gen28 at 23:07コメント(3)トラックバック(0) 

2007年01月24日

TVなんだからさ…

納豆を買えるようになったので久しぶりに食べた。なんだかありがたみが増したような気がする自分の単純思考を呪う。

まあしかし、飛躍した例えになりますが「楽して結果を出す」という目標を持って人類は進歩を続け実際そうなってるわけだから、ケータイとかSuicaとかに慣れきった民衆がオノレ自身に向けてもソレを期待してしまうのもわかります。しかし、そういった科学文明がいくら発達しようと人体のメカニズムばかりは太古より変わらないのです。残念!

納豆を喰いながらそんなことを思った昼下がり。


gen28 at 23:35コメント(2)トラックバック(0) 

2007年01月23日

○○ナシ69とオレ物語4

まあ賢明なる読者の皆さんには自明の理ってとこでしょうが。
しかしYOSHIYAには「いや〜、ゲン!よく言ってくれたよ」と感謝され、数年後69自身からは「あん時すごく恐かったんですよ!」と言われた。わからんものだ。
その数日後、69とウラノはみちのくプロレスに参戦するため帰国した。日本で売るためのTシャツを死ぬほど持たされ。
奴とまた会うのは半年近く先となる。

第四部・完


gen28 at 23:31コメント(4)トラックバック(0) 

2007年01月22日

○○ナシ69とオレ物語3

「オラ、ヒロキ!ちょっとこっち来い!」
私はあらん限りの怒声を張り上げた。DOJO生たちは何事かと練習の手を休め一斉に振り返った。
「ハ、ハイ…?」
69は私が何に怒っているのか理解してないようで、困惑した表情でやって来た。
私は69の胸倉をつかんで引き寄せ、鼻と鼻がくっつく距離で思い切り睨みをきかせた。
「オマエは何様だ?何年選手だ? みんなは汗水たらしててテメーはチンタラ体操ごっこしてりゃいいってなかなか結構なご身分だな? ええオイ?」
69は呆然とするのみだった。
当然周りは凍り付いた。が、新参コーチとしてナメられるわけにはいかなかったのだ。
第三部・完


「ヒロキ〜、ちょっと…」
と、私はなるべく周りに気付かれないように手招きした。
「ハ、ハイ…?」
69は突然何の用だといわんばかりに困惑した表情でやって来た。
私は69の肩に手を掛けて引き寄せ、鼻と鼻がくっつく位の距離で思い切り小声で話した。
「あのさ〜、確かに君はDOJO生で頭一つ抜けてるけどさ、一応同じ立場なわけだし、自分だけ違う練習やるより、みんなと同じコトをむしろ君が率先してやった方が全体の士気も上がるんじゃないかなあ、うん?」
69はまだ困惑していた。
当然周りは誰一人気付いていない。
これから長い付き合いになるのだから新参コーチとして余計な軋轢は極力避けたかったのだ。
第三部・完


さて本物はどっちだ。


gen28 at 23:24コメント(8)トラックバック(0) 

2007年01月21日

あるあるたんけんたい!

テレビ番組での「納豆喰うだけでダイエット効果が!」というバラエティ度満点な企画を民衆が真に受けたため、納豆が品薄状態になるという異常事態が発生していたらしい。実際近所のスーパーでもそんなことになってた。
…確かに納豆自体は良い食品です。
…が、

やせたきゃしっかり運動して食事に気を付けましょうねっ!!
ねっ!!


gen28 at 23:06コメント(6)トラックバック(0) 

2007年01月20日

○○ナシ69とオレ物語2

入門してわずか数か月で即座にIWAプエルトリコでデヴューを果たし、TVマッチにも出場していた69は既にDOJO生の中では別格のような存在だった。
K-DOJOの自由な校風?もあり、他のDOJO生に比べ彼はだいぶ余裕というかマイペースに振る舞っているように見えた。実際練習でも技術はそつなくこなすのでコーチのAkyやん(ミス・モンゴル)やYOSHIYAも扱いに困っていたようではある。
TAKAみちのく代表の溺愛ぶりもそりゃすごかったし。

午前中は近くの広場でランニング&基礎体力運動をやるのだが、他のDOJO生が黙々と決められたメニューをこなしている一方で69はパブロ・マルケス(居候)と共に全く違うことを実にマイペースチックに流していた。
「俺は初めて来たからよくわからないんだけど、アレっていいの?」と盟友YOSHIYAに聞くと、「うん… 正直どうしたもんかねぇ」と困った顔をして言った。
まあ、社会的によくありがちなことである。
一応フォローしておくが69は決してエラぶったりビッグヘッドな態度を取っていたわけではない。体育会系で育ってるし。

しかし翌日、また基礎体タイムにおいて69は涼しい顔をしてパブロと談笑していた。ソレを見て私の中でナニかが弾けた。私の心は鬼神となった。

第二部・完


gen28 at 23:19コメント(4)トラックバック(0) 

2007年01月18日

○○ナシ69とオレ物語

2001年5月、盟友YOSHIYAとともにプエルトリコ・サンファン空港に降り立ったアタシはDOJO生(大石&雷斗あたり)の運転する車でまっすぐ合宿所へ。そこで彼と初めて出会いました。
YOSHIYAからもTAKAみちのくからも「センス抜群なウチのエース候補なんだゼ!(一部誇張)」と聞かされていましたので、どんなヤツなのだと気にはなっていました。
合宿所に着くと「はじめまして」と金髪の少年が挨拶してきました。
アタシは驚きました。高校時代の同級生・サッカー部のエースだったKと同じ顔だ!

第一部・完


gen28 at 23:48コメント(4)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ