2007年04月

2007年04月30日

メンズクラブ大日本

ここでは気が付けば横に今井計(はかる)がいる。しかし周りにもお客さんにも下の名前で呼ばれるというのはステキなことだと思うよ。うん。
僕の好きなネクロブッチャーもいたよ。しかし見るたびになんか違っていく。もはやヤル気まんまんの熱血ファイターになっている。今日も20分オーバーの大熱戦を… かつての疲れきった退廃的なオヤジオーラをまき散らかしていたネクロはもういないんだな。個人的に実に残念だ。実に。

あとイサミの将来が個人的に実に心配だ。


gen28 at 23:05コメント(1)トラックバック(0) 

2007年04月29日

ハイウェイ・デッドヒート(VS マンモス)

一日二試合は実に疲れます。移動も新木場から横浜だから高速に乗ってもそう近くではない。くたくたでおなかもすいたので、とりあえずさっき吉野家入って生まれて初めて豚丼を食べました。うん、牛丼より好きかも。ちなみに紅生姜はたくさん入れます。明らかに肉より多いです。しょうがごはんです。だからヨイのです。

殿様にはごくごく当たり前のように勝ちました。その結果について(殿様含め)不服な輩もだいぶ存在したようだが、私はプロレスを真正面から捉え、ルールをしっかり見据えて真正直に身体と頭脳の赴くままに戦ってるだけだ。いろんなリングに上がり、昨年人生最大の修羅場をくぐった上で出した結論がコレだ。
そこにはオノレの身体以外余計なエモノが入る余地など無いのだ。あったとしてもそれはあくまで自分が勝つために最大活用すべきであって、あろうことか蛍光灯でお互いの頭をなぐりっこするなど実にナンセンス極まりない。そしてそれを見て沸きに沸く客席は差し詰めサドの巣窟。くわばらくわばら。


gen28 at 23:57コメント(9)トラックバック(0) 

2007年04月27日

悲しみなんか無いセカイ

あさっての新木場にメビウス最終回を録画したDVDを持参しようかと思います。あくまで見逃してしまったキッズのためですんで子持ちの方に限ります。先着一名サマ。出てくる時とかに適当に直接声かけて下さい。絶対直接。独身で男で私に罵声浴びせるたぐいの短絡的な御仁はお断わりします。


gen28 at 21:23コメント(2)トラックバック(0) 

2007年04月26日

痛い恨みと書いて痛恨

日焼け行ったら長時間やりすぎたせいか、おなかとせなかがものすごく赤くなってヒリヒリします。お風呂なかなか地獄です。これってヤケドというものでは? しかもけっこうな色ムラが… ひょっとしてマシンの中では海で焼くみたいにみたいに体勢を入れ替えてはいけないものなんでしょうか。日曜までに落ち着いてくれればヨイのですが。実に痛恨です。

東京MXテレビにて毎週月曜夜11時より「ウルトラセブン」が再放送されてまして、メビウス終了後に私に残された楽しみとなってます。先週はガッツ星人がセブンを十字架に磔にしてしまう名編のクライマックス「セブン暗殺計画・後編」だったのですが、操作ミスによりHDDからきれいさっぱり消去されていたことが発覚。思わず「フザけんなァァァア!」と声を荒げてしまいましたが、あとの祭り。決して大げさではなく今年最大の痛恨です。はい、そこのキミ、タダでさえイラついてるのに「ウルトラ『マン』セブン」とか言ってると泣きを見るぞ!


gen28 at 21:09コメント(1)トラックバック(0) 

2007年04月24日

ネットカフェ難民

さっきテレビで見たが、行き場がなくなり漫画喫茶で暮らしてる若者が増えてるらしい… 私も時間つぶしたりするのにちょこちょこ利用するけど、大きいとこなら飲み物タダだしシャワーあるし確かに暮らせるな。やってみようかな。でも身体がなまりそうだ。やめた。


gen28 at 23:19コメント(2)トラックバック(0) 

2007年04月23日

勝手にしやがれ

テレビつけたらスマスマに沢田研二が! ジュリーが! 着物姿でかなり恰幅よくなっててなんだかすっかり変わっていたが… テレビにその人の姿が映って思わず「おおっ!」とリモコン持つ手が止まるってのはスターの条件なんでしょうかね。
小学一年の頃、ザ・ベストテンか何かでジュリーが「ストリッパー」歌ってるの見てシビれ、毎日意味もわからず「愛はストリッパ〜♪」とか大声で叫んでたものです。

さてその後スマスマではさらにスターなヒュー・グラントが登場してました。稲垣ゴローちゃんと肩組んでコントみたいなことをしてたが… 国際的スターを番組に呼び、さらに自前タレントと対等な立場っぽく共演させることにより、番組もタレントもスターと同様な価値があると視聴者にアピールできるわけですね。この場合財力と演出力がものをいいます。
似たような手法はどこの業界でも行われていますが、大体がどちらか欠けているケースが多くさして効果を上げられていないような。さあみんなも考えよう。


gen28 at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 

2007年04月21日

心からの言葉

ウルトラマンメビウスが終了して三週間。「メビウスが終わったら私は何を楽しみに生きていけばヨイのだ」とかここに書いてましたが、別段変わりなく生きてます。
さて知らない方にごくごく簡単に説明させていただきますと、メビウスはウルトラマン誕生40周年記念作品ということで、これまでの集大成的な作られ方をしています。過去の人気怪獣が登場するのはもとより、昭和40〜50年代に少年たちの心を焦がした「ウルトラ兄弟」たちが総登場(変身する人も!)して古くからのファンを狂喜させました。
私も平成に入ってからすっかりウルトラマンを見なくなっていたのを、このメビウスによって幼き日の情熱を再燃させられた口です。映画にTVにDVD。すっかりメビウスとウルトラ兄弟は生活の一部となりました。
で、最終回ですが実に良かったです。たくさんジ〜ンとくる場面がありました。多少詰め込みすぎな感も無きにしもあらずでしたがそれが本質ではない。
ここを見ていただいているお父さん、お母さん。見逃したとか、録画しそこねたとかで泣いてるお子さんがいらっしゃるというのならこの私がDVDに落としてさしあげます!
子供たちのミライのためにきっと必要になります。


gen28 at 23:49コメント(3)トラックバック(0) 

2007年04月20日

赤いくつの女の子

5a6515a4.jpg今日のドラちゃんはあふれる涙を禁じえませんでした。幼稚園生のび太の苦い思い出。いつもおままごとを一緒にやっていた仲良しの女の子をジャイアン&スネ夫に強要されいじめてしまい、お気に入りの赤い靴も片方取ってしまいます。激しい後悔に苛まれたのび太ですが、そのまま一度も会う事無く女の子は引っ越してしまいます。
部屋を整理した際、その赤い靴を見つけたのび太はドラえもんと共にタイムマシンで過去へ戻り、女の子と再会します。もちろん幼少の姿で。やばい、書いてて涙が。本当にいい話です。原作はたしか単行本6巻に収録されてますんで、みなさんも読んですさんだ心を洗い流しましょう。

その直後にクレヨンしんちゃん劇場版やってましたが、あれはあれで面白いとは思いますが教育にはどうかと。


gen28 at 23:35コメント(3)トラックバック(0) 

2007年04月19日

ビビッて恐くてへタレな話

弱いニンゲンほど強がりたがるもの。そして弱いからこそより弱い者を探して優位に立ちたがるものです。

デスマッチを否定した私に対し「そんなこと言ってお前デスマッチが恐いんだろう?」と殿様は言った。その日は葛西プロデュースのデスマッチメインの日。そりゃ客はこぞって殿様の味方をする。デスマッチ王者は否定派に対しデスマッチを説くのではなく、チキン扱いすることによって優位性を保とうとした。まあ気持ちはわかる。手っ取り早いし。

そもそも「デスマッチが恐くない」奴なんかいるのかね。デスだけじゃなくそもそもリングに立つことが恐くないレスラーが。
恐くないのだったらそいつはプロレスやる資格ないな。自分のためにも相手のためにもとっとと辞めるべきだな。

ていうか「ホテリア」のヨン様素敵よ。


gen28 at 22:36コメント(12)トラックバック(0) 

2007年04月17日

星からのメッセージ

b5b6eb09.jpgニンゲンの価値観、価値基準というのはニンゲンそれぞれであり、それは千差万別。
例えば私が昨年最もすばらしいと思った映画は「ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟」であるわけだが、あくまでそれは私の脳ミソが判断しただけのことであり、「ウルトラマン?バッカじゃねーの」と多くの他者が一刀両断しようがそれは仕方ないことである。私には抗う力も資格も無い。例えムカついてもあくまで自分の価値観を信じていればいいだけの話である。

ただ厄介なことに、世の中には自分の価値基準が全てでありそれを否定されると「余が神とあがめる**を落としめるとは何事か。死ね」みたく逆上し、違う価値基準を決して認めないジンシュも存在する。たくさん。
まあ、ニンゲンのそういった部分がさまざまな争いを引き起こすのだろう。それはそれでオモシロいけどね。
賢明なる読者の方々はくれぐれも自分と他者とのバランス感覚を大切に。


gen28 at 23:16コメント(10)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ