2007年10月

2007年10月30日

東海の孤狼

高校の頃、深夜枠で学生プロレスの試合がたびたび放送されるようになった。後楽園ホールに少し小さめの黄色いリングが組まれ、ガリガリからデブ、ちょいマッチョまで肉体的には一般人の枠を越えない学生たち(例外アリ)が思い思いのコスチュームに身を包み好き放題やっていた(ように見えた)。

それ以前から学生プロレスはちょこちょこメディアに顔を出してはいたが、これほどまでに取り上げられることはなかった。実際プロレス界自体に活気があった時期ゆえの余波というかバブルみたいなものだったんだろう。
熱狂的全日ファンだった私も、当時の(プロレス界的)世論に沿い「学生風情がプロレスをナメやがって!」とかブツブツ言いながらしっかりチェックしていた。だって正直おもしろかったから。

私の高校時代(90年度〜92年度)は学生プロレスバブルが続いていた。92年1月にはテレビ朝日の深夜番組「プレステージ」にて、関東学生プロレス連盟「UWF」の興行が生放送スタジオマッチとして枠をフルに使って行われた。一つの頂点ともいえるこの興行には、テイオー、怨霊、はやて、加藤茂郎(敬称略)が出場している。

そう。怨霊の生前の姿・ウルフ小澤は当時東海大学二年。伝統のUWF世界ライトヘビー級王者となったばかりの若きチャンプはこの日、燦然と輝くベルトを腰に巻き、UWF代表イソップとのタッグでスーパーしみず&アグネス・チャンリンシャンの持つUWF世界タッグ王座に挑戦したのであった。つづく。


gen28 at 23:04コメント(6)トラックバック(0) 

2007年10月28日

33

やっと待望のウルフ小澤かと思いきや、今日はお誕生日でした。メッセージくださった方々ありがとうございます。大家健とか。

ていうか… あ〜あ。
40まであとわずか7年です。
7年前ったら私は26でした。
何か変わったかな… 正直大して変わってないような気も。
この先何か劇的な変化とかあるんでしょうか。ていうかあってくれ。あくまでポジティブに。


gen28 at 23:00コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月24日

ガラスは危ないです。

で、後楽園ですが、またしても私と岡野さんの実力を見せ付ける結果に終わってしまいました。この際勝ち負けは何の関係も無いんじゃないでしょうか。プロレスはいかに相手を操り、いかに心も打ち負かすかにあります。その点では完全勝利といってヨイでしょう。

しかしそれと引き替えに紙パックを失うことになりましたが、最近ではどこで試合してても、空気読めない(強制感漂うこの言葉は好きじゃないのですが)どこぞの輩が「紙パック!」と叫んで周囲を迷惑がらせていたので丁度いいタイミングだったかもしれません。自分ではおもしろいと思ってるんでしょうから始末に負えませんね。

さて、次回は11月12日Hi69エイド。また平日になりますが、みなさんどうかお越しください。ちなみにおとといの試合ではマハラジャのやり方がいまいちわからなかったのでトランスレイヴやりました。お客さんにどれだけ伝わったかはわかりかねますが。


gen28 at 10:43コメント(10)トラックバック(0) 

2007年10月21日

さて

明日はいろいろと忙しくなりそうだな…
おっと、WEWタッグのベルトを忘れちゃいかんな。
マハラジャってどうやるんだっけか。誰か知らないか。

一段落ついたらウルフ小澤さんについて書こうかな。


gen28 at 23:33コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月15日

トランスレイヴ

11日のロックアップ豊橋にて、Hi69がケガを負った。試合が終わっても自力で立てず担架で運ばれた。
救急車で病院へ搬送され、そのまま入院。当然今も豊橋で横たわっている。

何も力になれないのが歯痒かったが、ずっと付き添っていた金村さんがすぐさま「Hi69エイド」を思い立ち、開催を発表した。迅速な発想と行動力。頭が下がります。
尻馬に乗るだけのようで心苦しいが、これで少しでも力になれるなら。

K-DOJOを退団してからHi69はずっと傍にいる気がするな。
その間、色々悩んだりしていた彼とプロレスの基礎やセオリーについてたくさん話してきたが、ひょっとしたらそれが彼本来の自由奔放なスタイルをスポイルしてしまっていたのかもしれない。

今は改めてプロレスを見つめ直せる時間と考え、復帰までゆっくりと身体も頭もリフレッシュしてほしい。


gen28 at 11:16コメント(4)トラックバック(0) 

2007年10月11日

たくさんのこと

7日は新宿ロフトプラスワンにて「レッスルビデオマニア」というトーク&映像イベントで、楽しいひとときを。ハードコアチョコレートのMUNEさん、お招きいただいてありがとうございました。仲介してくれたさーくんも大感謝です。

8日昼はイーグル小山。メインで肘山肘之助と呼びたくなるほど肘にこだわる末吉(すゑよし)と対戦。肘を破壊しつくした試合でした。なかなかおもしろかった。
そして夜は新宿へ移動しT-1興行へ。スポンサーであるUGPという人材派遣会社のマスクウーマン・UGPマスクと組んで試合だったんですが、そちらの社員らしき活動的な女性とハロウィンのカボチャのマスクをかぶったブリーフ一枚の男性がいきなりセコンドについててだいぶ面食らいました。特に女性の方が試合にも遠慮なく介入してくるためその辺も面食らいました。とりあえずUGPさんの人材派遣が多岐に渡るということがよくわかりました。
主催者の二見社長はメインで数針縫う大流血。というかこの人は確か本来チケット屋さんでは… いろんな常識が覆されていてとにかく刺激的だ。

9日をはさみ、10日からロックアップで四日市へ。
ディック東郷さんの欠場によりカードが変更され、タッグで中西学サンと初対決という運びに…
野人パワーがまんべんなく全身に刻まれました。ニンゲンじゃないかも、と思える人ってなかなかいませんがたまにはいるものです。でもおもしろかったです。しかし中西サンと組むと関本大介は普段の五割増くらいパワーファイトに精を出してる気がします。

明けて11日、ロックアップ豊橋では金村さんと組み久々にブリブラを踊り試合にも快勝。しかし平澤はデカい。

その直後、Hi69が試合で腰にケガを負ってしまった。どうしてなんだ。なんでこうなるんだ。プロレスの神様…
早く治してあげてください。


gen28 at 23:09コメント(1)トラックバック(0) 

2007年10月07日

サブカルチャーの逆襲

66457665.jpgプエルトリコでYOSHIYAくんに借りて初めて読みハマった「20世紀少年」。
以来6年、連載誌であるスピリッツを極力読まないようにし、会場さんをはじめ続きを喋ろうとする不届きな輩をシバき倒しつつ単行本を買い続け、ついに完結の時を迎えました。

・・・えっと。

なんだかいろんなものがほったらかしな気がしないでもないのですが…
「深い」のだと解釈します。
とりあえず「ともだち」がケンヂでもドンキーでもなかったのはホッとしました。いまさらですが。

でも、きっとまたいろんなことに気付くはずだと思うので一巻からじっくり読み返そうと思います。

今から新宿ロフトプラスワンで行われるトーク&映像イベントにゲストで呼んでいただいたので行ってまいります。
お酒入るんでしょうか。それがかなり心配です。


gen28 at 17:20コメント(3)トラックバック(0) 

2007年10月05日

インターヴュー

昨日は週プロさんの取材でした。一時間とめどもなく喋り続けましたが、一緒にいた69がその間二言しか喋らなかったのがおもしろかったです。
ひょっとして奴は、「自らは動かずしておいしいところを持っていく」術を身に付けつつあるのか…
しかしそれを言うなら最強は岡野さんだ。最初からいないんだもの。


gen28 at 16:50コメント(2)トラックバック(0) 

2007年10月03日

始動

オフが長く続きましたが、そろそろやります。
ビリー・ブランクスさんが「カモーン!」と言ってます。どうでもいいですが、画面の中のビリーさんがボビー・オロゴンだったら、と今想像しました。
明日我々PULP PACKSは週プロさんのインタヴューがあるのですが、69はともかくウインガー岡野さんがちゃんと来るのか全くもって不明です。彼はどこからやってきてどこへ帰ってゆくのか… そもそも地球に住んでいるのか…
最近TAJIRIさんが言ってました。「あの人は人間っていうか『岡野隆史』っていう物質そのものなんだよ」と。深い。

8日から試合はじめます。昼はまたしてもイーグル小山へ。対戦相手はおそらく末吉(すゑよし)です。
夜は新宿フェイスに移動して大日本人よろしく変身の儀を済ませT-1興行に参戦します。今まで遠〜くから眺めていたT-1二見社長の噂に聞く破天荒な言動行動を目の当たりにするのはかなり刺激的かもしれません。楽しみです。


gen28 at 10:16コメント(1)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ