2007年07月

2007年07月29日

「十二夜」千穐楽

twelfthnight.jpg一昨年の千穐楽でカーテンコールにげんなりしたものだが、性懲りもなくまた千穐楽夜の部の切符を取ってしまった。またもやカーテンコールでがっくり。前回と違うのは菊五郎丈はほとんど普段通りで、楽のお遊びは新規参加の翫雀丈がフェンシングをしたりして頑張っていたことくらいか。ちょっぴり期待していた川中島もなくて残念。
初演と比べると歌舞伎らしさが増したという意見が多いようだが、この程度のマイナーチェンジ(と敢えていう)であれば、こんなに急いで再演しなくてもよかったのではないかというのが最終的な感想。この2年の間に菊之助丈が格段に力をつけたこと、襲名を経た錦之助丈の役者ぶりが大きくなったこともあり、前回よりずっとおもしろいものになっているとは思う。しかし原作自体のおもしろさからしたら、これくらいは当たり前ではなかろうか。マルヴォーリオとフェステを一人二役に変えられるなら、序幕を琵琶姫が磯右衛門と都に向かうところまでにするとか、歌舞伎に引き寄せるためにできることはいくらでもある。繰り返しになるが、せめて突っ立ったままの織笛姫がひたすら喋っていることへの違和感、マスクをつけた吹き替えがセンターで正面を切っている居心地の悪さだけはなんとかしてから再演してほしかった。
織笛姫を演じる時蔵丈自身は前回以上に若々しく美しく、これなら左大臣が思いつめるのも道理と思われるが、獅子丸への恋に目覚めるところでの長台詞は義太夫を入れてクドキにすればおもしろかったことだろう。せっかく御殿の柱があるのだから、柱巻きのひとつもあればどれほど歌舞伎らしさが増したことか。百合の花が咲き乱れる庭園で獅子丸を口説くところにしたって、獅子丸を跪かせれば長い袖を使うこともできたはずで、本当にもったいなかったと思う。
そしてもうひとつ。見るたびに大笑いをしてしまうくらい、とても気に入っているのではあるけれど、亀治郎丈の麻阿の演技も歌舞伎らしさを殺いでいる一因であると思う。かなり頻繁に意地の悪そうな表情を見せるが、そこまで顔に出さなくてもいい。もう少しさらりとやっても、その毒はじわりじわりと効いてくるはずだ。
もしも再々演があるなら、10年くらいかけてじっくりと練り上げなおしてからにしてほしいと思う。仮に10年後の菊五郎劇団では上演できないとしたら、この作品はそれだけのものだったということだ。たとえば、梅枝丈が麻阿をやったら違うやり方になるのではなかろうか? それならば、ちょっと見てみたくはある。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) theatergoing 

2007年07月28日

巡業東コース3回目

練馬の文化センターに行ったのは初めてだが、駅前の陸橋のうえにつくられた公園を通り抜けるともう到着という近さにびっくり。施設は歌舞伎仕様ではないが広すぎないし、きれいで気持ちのいいところだった。
東コースを見るのは3回目で、これが最後。「七段目」の由良之助が手水をつかうところで、前の2回では九太夫が縁の下にいたのに、今回はいなかった。え? 出トチリ? と冷や冷やしたが、あとで聞くと数日前からやり方を変えているらしい。びしょ濡れになるところで客席が大爆笑になってしまったとか、何か困ることでもあったのだろうか? また、今日はお軽の芝雀丈がものすごく汗をかいていた。藤色のきものが、紫色に変わって見えるくらいの汗。頭にかいた汗が垂れてきてああなってしまうのだそうだが、あれは美しくない。幕切れに抱き寄せて決まらなくてはならない由良さんがお気の毒だ。
最後の「太刀盗人」はやはり歌昇丈がうまい。しかし種太郎丈が可愛くて、目が離せなくなって困った。いよいよ来週は「吉野山」の忠信を踊る。チョー楽しみ。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年07月18日

歌舞伎鑑賞教室「野崎村」

36c59972.jpg国立劇場で鑑賞教室の「野崎村」を観る。初めて歌舞伎を観る人も多い歌舞伎鑑賞教室だから両花道のおもしろさも見せてほしかったのだが、今回はそうではなかったのがちょっと残念。私は3階の後ろから2列目という席だったせいで幕開きから土手の向こうに舟が見えているのが気になったが、両花道ならこれもなかったのではないかと思う。
福助丈のお光は田舎娘というよりチャキチャキした下町娘風だったが、出の姿の美しさ、念願の婚礼を控えたウキウキ感、悋気の初物のかわいらしさなどはなかなか。とくに眉を落とした顔はどうなるかと、たたんだ紙を当てて見るところはいかにもそれらしく、また同時にこの人らしくもあってよかった。しかし、最後に久松らを見送るところでのニタニタ笑いは興ざめだ。ほかにも門口を閉めに行くところなどは歩き方からして気が抜けていて、だらしなく見える。総体的にはいいお光なのに、こういうところはもったいないと思う。
松江丈の久松は姿は美しいものの、硬さが目立つので色気を感じない。美少女二人が取り合いするほどの男に見えないのはかなり困る。芝のぶ丈のお染も姿は美しいのだが、大店のお嬢様らしい大きさは出ていない。動作がゆっくりなのはおっとり感を出すためだろうが、今のところはただのゆっくり動く人でしかない。若旦那を相手に対等の大きさを出せというのは無理な注文だろうが、お光とがっぷり四つに組むつもりでやってくれなければ、「野崎村」は成立しないと思う。東蔵丈の久作はさすがにうまいが、この人独特の生っぽさ、枯れてない感が邪魔に感じられた。
お光が尼になった姿を見たお染が剃刀を手に死んで詫びると言い出すと、続いて久松が鎌を手に死のうとし、久作とお光が二人を止めるためにそれなら自分が死ぬという場面は、誰がやっても笑いが起こる(一昨年2月の人間国宝5人による大顔合わせのときですら、笑いは起こった)場面だが、今日はそれがなかった。観客の多くは高校生だったが、それだけ芝居に引き込まれていたということだろう。ちょっといいなと思った。

gen96_cat at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年07月14日

巡業東コース再見

地元からほど遠からぬ熊谷で巡業東コースを再見。「玉兎」、「七段目」ともに前回とさして変わり映えしないので残念に思っていたところ、「太刀盗人」で目代従者を勤める種太郎丈がぐぐっと進化していて、目を見張った。前回は台詞回しがたどたどしかったが、半月ほどの間に狂言特有のリズムをものにしたようだ。次は練馬で見る予定だが、彼がどれほど進化しているか楽しみだ。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年07月08日

イニミタブル限定色

2eef116b.jpg少し前に購入して気に入っていた、シャネルのマスカラ・イニミタブル。自然で美しい発色(ブランを愛用)と塗りやすさが好きなのだけど、汗をかく季節になったせいか、にじみやすいような気がしてきた。そこで4月に発売されたウォータープルーフへのチェンジしようと、池袋西武のシャネルのカウンターに行ってきた。どこから見てもギャル系のBAさんが寄ってきて、相手をしてくれる。シャネルのカウンターにこういう人がいるんだ?とびっくりした。
これまで使っていたのと同じブランが欲しかったのだけど、ウォータープルーフの茶系はブロンズのみでブランはないという。このブロンズ、茶髪の人用かと思うくらい明るい茶色(写真だとあまり明るく見えないが、上側のブラシ)だけど、実際につけてみたら心配したような派手さはなく、ブランより少し明るくて肌なじみのいい自然な茶色が素敵だった。これに決めようかなと思っていたら、ギャル系BAさんが「紫も使いやすいですよ」と出してくれたのが、5月に発売された限定色のリュビ ドー(写真下側)。紫といっても小豆色のような控えめな色で、赤みのグレーといった発色。これは本当に使いやすそうだ。限定色には弱いので、結局両方買ってしまった。最近はボビー・ブラウンシマーブリック(ピンク)をアイカラーに使うことがあるのだけど、そういうときはこのリュビ ドーがいい感じに合う。
ウォータープルーフになったせいか、以前のものよりは少しだけ塗り心地が硬い感じがする。とはいえ、睫毛の一本一本にきれいに塗れるという最大の利点は変わらずなので、まあいいかな。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) cosmetics 

2007年07月07日

NINAGAWA十二夜 初日

二年ぶりの再演となった、「NINAGAWA十二夜」(前回の感想はこちら)の初日昼の部を観てきた。初日らしいグダグダ感がないなあと思っていたが、よく考えたら先月博多でやっているのだから当たり前か。
冒頭の遭難シーンで主膳之助(セバスチャン)が波にさらわれるところは前回はなかったように思うが、これはわかりやすくなってよかった。が、それ以外はほぼ前回通り。演出サイドは前回よりテンポがよくなったといっているらしいが、それはあまり感じなかった。ただ、暗転が以前ほどくどく思われなかったので、そのあたりを工夫されているのかもしれない。
菊之助丈演じる獅子丸(シザーリオ)は、前回よりも琵琶姫(ヴァイオラ)の性根をのぞかせる場面が多かったように思う。それはそれでおもしろいのだけど、ちょっとやりすぎているかも。前回の方がさりげなく、また琵琶姫の慎み深さが感じられたのに残念だ。大篠左大臣(オーシノー公爵)役の錦之助丈は前回と比べて、ずいぶん役者ぶりが大きくなった。前回は「こんな若造が左大臣で、しかも恋わずらいで仕事もしてないみたいだし、この国大丈夫か?」と思ってしまうところがあったのだが、今回は無理なく左大臣になっているのでびっくり。彼の飛躍は5月演舞場でも感じるところがあったが、同じ役で見比べるとよりはっきりとわかる。前回、松緑丈が怪演を見せた安藤英竹(サー・アンドリュー)役は、翫雀丈。ちょっと足りないというより、少し間抜けで気障な勘違い野郎という感じで役作りをしていた。
前回疑問に感じた吹き替えは、今回もやはりマスクを使用している。これはこういうやり方なのだと納得するしかないのだろうが、吹き替えが正面を切っているのはどうにも居心地が悪い。なんとなくバツが悪くてつい目をそらしてしまうので、ここだけはなんとかしてほしい。そしてもうひとつ不満なのは、織笛姫(オリヴィア)のモノローグ。ただ突っ立って台詞を喋っているだけという感じで、本当にもったいない。せっかくすぐそこに柱があるんだから柱巻きを入れてみるとか、クドキとしてやってもらいたい。
序幕で麻阿(マライア)役の亀治郎丈が捨助(フェステ)役の菊五郎丈に「天下無敵とはどこで使われた言葉か知っているのか」と尋ねる場面では、てっきり「川中島」くらい言ってくれるかと思って期待してしまった。千穐楽では言ってくれるかな?

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) theatergoing 

2007年07月05日

その後のDel Rey カフェ

仕事帰りに銀座に出たので、Del Rey Café des Délicesに寄ってきた。先日寄った際に、ラスト・オーダーが20時30分に繰り下げられているのに気づいたので、夜の雰囲気も見ておきたいと思ったのだ。店に着いたのは20時15分くらいで、ラスト・オーダーぎりぎりのタイミング。2階には少し人がいるようだが、1階のカウンターは誰もいなくてパティシエ独り占め状態だった。
今日も3種盛りを注文。先日の桃のシャーベット&シャンパンが素晴らしかったので、これを入れた3種でお願いしたところ、ペリカンマンゴーのマンゴープリンと、モンキーバナナのパウンドケーキが出てきた。ペリカンマンゴーはフレッシュの果肉も添えられていたが、マンゴープリンの方が断然美味しい。ねっとりと濃厚なのに、甘みはとてもさわやかだ。なんでもタイの宮廷料理人から教わったレシピだとか。モンキーバナナのパウンドケーキには生クリーム、アイスクリームが添えられていて、香ばしいスライスアーモンドとカラメルソースがあしらわれている。このカラメルソースの香ばしさ加減が絶妙で、バナナやアイスクリームの甘い美味しさを引き立ててくれる。最後はエスプレッソで締めて極楽気分。この時間帯ねらいは、結構いいかも。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) sweets 

2007年07月04日

和柄ショーツ

f3667db5.jpg友人たちと出かけた箱根の温泉で見つけた、和柄のショーツ。あまりにカワイイので、つい3枚も買ってしまった。和雑貨のほか、和柄シャツなどのアパレル製品で知られる京都くろちくの製品だ。同社の楽天ショップによれば20種類の柄があるらしいが、温泉で見たのはそのうちの半分くらいだっただろうか。白地に青の「豆絞り」がかなり好き。豆は豆でも、大豆ではなく緑豆かな?というくらいの小さい点々がいい。幼児用のキャラクター柄パンツと同じで、染料が乗っているところは少しごわっとする。なのではき心地はあまり期待しない方がいいけど、洗っているうちに多少しなやかになる。白地の柄(豆絞りとえんどう豆、それに花筐梅くらいだろうか)を選ぶといいかも。

gen96_cat at 00:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0) kimono 

2007年07月03日

手湯

10bdbeda.jpg箱根2日目に友人が「黒玉子を買いたい」というので、箱根登山鉄道、ケーブルカー、ロープウェイを乗り継いで大涌谷へ行った。決して高所恐怖症でも、閉所恐怖症でもないのだけど、このロープウェイがものすごく怖かった。あまりの怖さで写真を撮るゆとりもなかったくらい。大涌谷へは山をひとつ越えていくのだけど、その山頂をはさんだところがかなり長距離にわたって支柱がないので、箱ごと空中に放り出されたような恐怖感を味わえる(というわけで、今後、私が大涌谷へ行くことはないかもしれない)。
大涌谷から帰りのロマンスカーの発着駅である箱根湯本駅へは、芦ノ湖まで行って遊覧船で反対岸に行くか、ロープウェイで来た道を戻るかしかない。船は酔ってしまうので、ロープウェイで戻る道を選択。ケーブルカーで強羅駅に着いて、あたりを散策していたところで目に入ったのが、この手湯。足湯はあちこちで見るけれど、これは珍しいかなと思って使ってみた。湯温がかなり高いので、そうそうつかってはいられないけれど、ロープウェイに乗っている間にかいた手の汗が落ちてさっぱりといい気持ち。

gen96_cat at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) bathing