2007年08月

2007年08月31日

公文協巡業西コース

923b20ac.jpg仕事帰りに川口まで足を伸ばして、錦之助襲名披露の巡業西コースを見てきた。
つい先日、苫舟の会で素晴らしい踊りを見せてくれた梅枝丈は、松江丈と「正札附」。筋書によれば、梅枝丈は「小学生の時、歌舞伎座で舞鶴を踊ったことがある」とのこと。いわれてみれば、ちびっこたちが舞踊三段返しをやったのを7年前に見ているが、あのときのおちびちゃんがこんな立派に……と感動してしまった。しなやかで品のいい所作は、見ていて気持ちがいい。松江丈はドンと踏み込むときにわずかに軸がぶれるところは気になるが、しっかり踊りこんできたことがわかる。幕開きにふさわしい内容だった。
普段の巡業なら次はお目見え口上だが、今回は錦之助襲名と松江襲名の披露口上。錦之助丈と兄・時蔵丈、松江丈と父・東蔵丈、それに披露の梅玉丈だけでもよかったのでは?と思うが、総勢9名と、巡業では珍しい大人数の口上となった。
「番町皿屋敷」は梅玉丈と時蔵丈のクールビューティ・カップル。梅玉丈の播磨は見るからに品がよく、喧嘩三昧といわれてもピンとこない。が、この品のよさがお菊に試された、裏切られたと知ったときの冷たい怒りにつながる、彼ならではの播磨だろう。時蔵丈のお菊は皿を数えるところがなんともうまい。3枚目まではガタガタと震えていた手が、最後の4枚目では落ち着きを取り戻している。本当に愛されていたことを知り、満足して死んでいこうとする彼女の覚悟が見えるように思った。気になったのが錦吾丈の十太夫。傷をつけたら命がないという大事な皿のわりに、扱いがぞんざいに見える。普通に腰の高さまで持ち上げて皿の両面を確認していたが、高さもあるし、すぐそばには脇差もあるしで、見ていてハラハラした。お仙とお菊に皿を戻す際も、皿を積んだ蓋を箱の上に乗せていたが、命にかかわるほどの皿の扱いとしてこれはどうなのだろう。
最後の「戻駕」は松緑丈の次郎作が小気味よいばかりの出来。錦之助丈もすっきりといい男ぶりが光っている。しかし、いくら最後にぶっ返って派手にするといっても顔見世的なこの演目では、襲名の錦之助丈が引き立たないのがちょっと気の毒に思われる。これが隼人丈の襲名披露で、父・錦之助丈と幹部の誰かが次郎作&与四郎で付き合うというならわかるのだけど。隼人丈も踊りの稽古に力を入れているのか、とくに手の表情はやわらかく美しくなった。が、背が伸びたせいで膝を折って踊っているのは辛そうだ。
川口総合文化センターリリアホールというところは初めて行ったが、ものすごく音が響くので驚いた。下座がとんでもない大音量で聞こえてくるし、人によっては台詞もくわんくわん響いて上から降ってくる感じ。何をするつもりで作ったホールなんだろうか。成人式?


gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) theatergoing 

2007年08月28日

苫舟の会

752f74bb.jpg宗家藤間流の「苫舟の会」に行った。目当てはなんといっても、梅枝丈壱太郎丈という、ともに十代の若さながら芝居も踊りも達者な二人。先日の一心會といい、宗家の会では若手の中でも意欲的でかつ実力もある人を起用することが多いので、ついそそられてしまう。
今回の出し物は黙阿弥作「女書生」の「夕立碑春電」を余所事浄瑠璃として使った「卯月夢醒死神譚(うづきのゆめさめしにがみばなし)」と、「関の扉」に逢坂山の関所の場に至るまでの話を入れて再構成した「新書小町桜容彩(いまようざくらすがたのいろどり)」の新作2本。会の名である「苫舟」とは宗家の筆名で、この会は彼の新作発表の場なのだそうだ。「卯月夢醒死神譚」は衣裳つき。新派女優の川上やよいを迎えて、不幸な生い立ちの芸者美代吉と彼女に一目惚れした死神のやりとりを芝居と踊りで見せる。あくまで芝居で見せる美代吉と、踊りを交える死神の対比がおもしろい。これが歌舞伎なら美代吉が身の上を語るくだりも踊りになるはずだが、どこまでも芝居で通しているところがミソで、「新派っぽい」仕上がりになっていた。最初と最後に登場する講釈師はいらないような気もするが、人力車や湯上り姿の芸者が登場するところも新派っぽさの内だろうし、宗家が二役で勤める死神と講釈師がともに美代吉に一目惚れするところもまたおもしろさだとも思う。が、宗家の芝居は見ていてこそばゆいというか……。踊りよりも芝居が勝つこの演目に関しては、作・演出に徹した方がいいのではないかと思った。
「新書小町桜容彩」は素踊り。前半は五位之助安貞(少将宗貞の弟)とその妻・墨染実は小町桜の精の物語で、傷を負って立てなくなった安貞(壱太郎)を乗せた車を引く墨染(梅枝)の姿は、小栗判官と照手姫を思わせる。墨染は桜の精でありながら人と契った罪を負って、自らの命と引き換えに夫の傷を治してほしいと祈願して身を投げる。すると安貞は足腰が立つようになり、積もった雪の上に書き残された遺書を読んで真実を知るという筋。ほとんど座りっぱなしの壱太郎丈が上半身だけとは思えない表現力で、妻への情愛や足腰が立たぬはがゆさを見せて驚かされた。墨染役の梅枝丈もしっとりと美しく、雪の上に遺書をしたためるため涙を指先に取るところが素晴らしかった。その後、安貞は黒主の手下に襲われて立腹を切るのだが、その際に自らの血で「二子乗舟」と書きつけた襦袢の片袖を斎頼の鷹に託す場面がある。さらに勘合の印をめぐる黒主と安貞の家来同士の争いがあり、黒主(勘十郎)が印を手に入れたところで小野小町(壱太郎)と宗貞(梅枝)がそれぞれ登場してだんまりに。やはり踊りのうまい人が揃うとだんまりはおもしろい。
後半はいつもの「関の扉」に近い内容だが、ここに至るまでを丁寧に描いたことで全体にわかりやすく、おもしろくなっていたと思う。ただ、小町はやや腰高で色気に欠けるきらいがあるように感じた。もっともこれは安貞が素晴らしかったので観る側も欲張りすぎていたせいかもしれないが、回を重ねればずっとよくなると思う。白のきものに赤い袴という拵えの小町は、それは本当に素踊りなのか?という気がしないでもないが、顔をしていないし、鬘もつけていないのだから素踊りなんだろう。また、素踊りだから顔を直すわけでもないのに、黒主が持つ大鉞がいつもの鏡つきだったのは、ちょっとおもしろかった。それにしても一瞬失神してしまったのは、返す返すも不覚である。もちろんつまらなかったからなどではなくて、前の晩に暑くてあまり寝られなかったせいなのだけど、すごく悔しい。ぜひとも再演、できれば衣裳つきでの再演を望みたい。
写真は「新書小町桜容彩」の幕切れで降った雪。時折、桜が降っているようにも見えたので、雪と桜と両方降っているのかな?と思って終演後に花道に落ちていたのを拾ってみたら、形は雪で色が桜になっていた。なるほど、どちらにも見えたはずだ。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年08月24日

掛け合い噺−すずめ二人會− 夏の巻

ce213845.jpg芝雀丈が落語家の林家正雀師と一緒に開催している「すずめ二人會」の第2回。会場は谷中の全生庵。昼の部と夜の部の2回公演だがあっという間に完売してしまい、午前の部が追加になったというので驚いた。私が見たのは昼の部。
前回の「芝浜」はどう評してよいものやら迷った挙句、感想を書き残さなかったが、今回の「真景累ヶ淵−豊志賀−」はおもしろかった。前回、芝雀丈が演じたのは「芝浜」のおかみさん1役。「化粧や鬘、衣裳をつけずに女性を演じるのは初めて」とのことだったが、「芝浜」のおかみさんは元々素顔に鬘を乗せたような拵えだし、衣裳は男物のように地味な色のもの。芝雀丈が男の着物のまま素顔で演じていても、視覚的な違和感は少なかった。が、今回の豊志賀は色年増。歌舞伎なら当然、白塗りのいい女の役だ。それを男の着物のまま、素顔で演じるのは素踊りのようなもので、視覚的な違和感はあってもそこを乗り越えるのが芸の力なのだろう。また、豊志賀のほかに彼女の恋敵となるお久や(一部とはいえ)夫の新吉ほかの人物まで演じ分けるのだから大変だが、観る側も張り合いがある。ついさきほどまで美しかった豊志賀が、病み衰え、嫉妬にさいなまれていくところはぞっとするような迫力があった(残念ながら「骨と皮」には見えなかったけど)。
帰りは乃池に寄って、穴子寿司をつまんできた。私のすぐあとから入ってきたご婦人が「すずめ二人會」の会場にいた方で、正雀師のファンだとのこと。お若いころ(戦時中)には歌舞伎もずいぶん観ておられたとのことで、当時のお話などもいろいろ伺い、楽しいひとときを過ごした。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0) theatergoing 

2007年08月23日

氷川会館 フロワベール

fd5b8ba0.jpg祖母を見舞った帰りに、川越の氷川会館へ。ここに入っているフロワベールというパティスリーは今年に入って母が見つけてきた店で、わりと気に入っている。が、川越駅から少し離れていることもあって、自分で店に行くのは今回が初めてだ。
シェフパティシエの林正明さんは、写真からするとかなり若い印象だが、2006年ワールド・ペストリー・チーム・チャンピオンシップに日本代表チームの一員として参加、準優勝を果たした実力者。ラベイユはこの店の代表作で、海外のコンクールで賞を獲っているという。はちみつムースの香ばしい甘さがオレンジクリーム&紅茶のガナッシュと絶妙のバランスで、一度に3個くらい食べたいほど美味しい。今回は新作のアヴリーヌを買ってきたが、ヘーゼルナッツのクリームをチョコレートムースが包み込んでいて、濃厚な味わいを堪能した。これまでに2回食べたフロマージュ・キュイは1回目と2回目で少し味が違ったのが気になってはいるが、焼き菓子も含めてどれも美味しいし、とくにナッツの使い方がうまいなあと思う。
川越よりももっと家に近いところに地元では有名で、かつとても美味しいパティスリーがあるのだが、客商売とは思えない横柄なオーナーシェフに嫌気がさして、もう何年も行っていない。少し遠くはなるが、地元に美味しいパティスリーを発見できたのは嬉しい。

gen96_cat at 22:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0) sweets 

2007年08月22日

稚魚の会・歌舞伎会 合同公演(A班)

4fcc7494.jpg稚魚の会・歌舞伎会 合同公演の初日を観てきた。まずはA班による「寺子屋」と「乗合船」。
「寺子屋」は寺入りから。ここがあるとないとでは小太郎のけなげさの伝わり方がまるで違ってくるが、実際には寺入りからやることは稀。こういう会だけに、寺入りからの丁寧なやり方は意義深いと思う。竹本はなんと喜太夫。この公演では浄瑠璃方も若手が出演するものと思っていたので、ちょっと嬉しい驚きだった。松王丸役の竜之助丈は首実検でも息子への思いがにじみ出ていて、非常によかった。首を見る直前の目を閉じた顔には、「源蔵は小太郎を切ったのか?」というよりも、「小太郎は本当に切られてしまったのか?」との思いが、強く出ているように思われた。
「乗合船」は角兵衛獅子2人と鳥追い女が入っているバージョンで、こういうやり方は初めて見た。今回の新演出なのか、それともこちらがもともとのやり方なのかわからなかったが、幕切れで船に乗った人々を宝船に乗った七福神に見立てているといわれるのだから、本来は7人の踊りのはず(とはいえ、8人バージョンはよく観る)。今回は8人バージョンに上記3人が加わって計11人だったが、こういうところはパンフレットに解説があればよかったかなと思う。
ところで「乗合船」の開演前に、ものすごく久しぶりで常磐津の家元を見かけた。まさかご出演!?と焦ってしまった。思い過ごしでよかった。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年08月21日

久しぶりにデカアタマ

dbbfe29b.jpg昨日パーティに出た際、久しぶりにプロの手でヘア&メイクをしてもらった。今回はホテル・ニューオータニの美容室。少し高めの位置でシニヨンにしてもらったところ、美容師さんが長すぎる髪を持て余したのか、不思議なぐるぐる模様が後頭部にできていた。これが素敵な仕上がりで、パーティでもなかなか好評だった。
プロにセットをお願いすると、これでもかというくらい逆毛を立てられ、ヘアスプレーを使われる。そのおかげできっちりまとまるわけだけど、スプレーでがっちり固まった髪を後でほどくのが大変。これが面倒で、つい自分でテキトーにまとめてすませてしまうこともあるくらいだ。ところがこのスプレーを簡単に落とす方法があると、担当の美容師さんが教えてくれた。なんでも芸者さんから聞いた方法だそうだが、使うのはトリートメント剤のみ。乾いた髪にトリートメント剤をつけてもみこむようにしてから流すと、スプレー剤はつるっと落ちてしまうという。するとメイクさんも「ヘアブラシをきれいにしたいときは、トリートメントを使ってます」とのこと。理屈はわからないけれど、トリートメント剤がスプレーの粒子の間に入り込んですっきりはがすのではないかという。
さっそく、母が使っているラックスのスーパーリッチシャイントリートメントで試してみた(私のはもうちょっと高いので、もったいなくて使えなかった)。トリートメント剤をつけてもみほぐすようにすると、バリバリに固まって張っていた髪がすぐにやわらかくなったのでびっくり。逆毛を立てていた部分もほとんど絡まずにすっきりとほぐれた。すっごく便利。これまでクレンジングシャンプーで頑張って落としていたのが嘘のようだ。こんなに簡単に落とせるなら、プロにセットしてもらう機会をもう少し増やそうかな。

gen96_cat at 19:22|PermalinkComments(8)TrackBack(0) kimono | beauty

2007年08月20日

パナマ5号

50e83450.jpgといっても、今度は履物ではなく袋物。ヤフオクでこれを見つけたときは「パナマのクラッチバッグなんて、すぐに汚れたり傷んだりしそうだなあ」と思ったのだけど、よく考えてみたらパナマ素材のバッグを持ち歩くような季節に、そう何度もパーティに出るとも思えない。大事に使えば一生ものだろうと落札してみたが、やはり出番は少なく、購入後2か月あまりがたってから初お目見えとなった。足元もパナマ4号で揃えたので、かなりの贅沢気分だ。
バッグは細い繊維を使って丁寧に編まれていて、留め具は珊瑚製で流水に金魚のモチーフ、マチの部分は革張りと、なかなか凝ったつくり。大切に使おうっと。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) kimono 

2007年08月16日

小学生のための歌舞伎体験教室

ed79f322.jpg去年も観に行った、伝統歌舞伎保存会主催の小学生のための歌舞伎体験教室。今年も同僚の愛娘が出演するので声をかけてもらい、国立劇場小劇場で観てきた。
演目は去年と同じ「寿曾我体面」(ただしショートバージョン)。去年は3班だったが、今年は参加希望者が多かったとのことで4班に増えていた。発表会も午前と午後で2班ずつに分けて行うという。去年は並び大名を演じた同僚の愛娘は、今年は喜瀬川役。彼女が出る午前の部の切符を取ってもらったが、午後の部の3班で1人欠員ができて梅丸丈が化粧坂少将役で出演するというではないか。なんでも、傾城役の子は4班全員で一緒に稽古をしているそうで、「梅丸くんはとっても丁寧なんだよ〜」とのこと。行くならそれも見たいと思い、急遽、午後の部の切符も手に入れて4班すべて見ることができた。
去年も感じたことだけど、子供たちが本当に一所懸命。このひたむきさにはそれだけで感動させられる。技術面でも、カンの声まできちんと出ている五郎がいたり、見事な所作を見せる舞鶴がいたりして、なかなか見ごたえがあった。もともと歌舞伎が好きで何度か観ているのかもしれないし、去年も体験教室に参加(パンフレットを照らし合わせてみたところ、結構いるようだった)しているのかもしれないけれど、すごく上手で驚いた。小学生なのにやけに色っぽい少将とか、(写真でしか知らないけど)若いころの成田屋そっくりに見える五郎とかもいて、ビジュアル的にも楽しい。
また、午前の部、午後の部ともに、奇数班の発表後には松江丈がスライドを使って、体験教室の全貌を解説。それによれば別口で開催された「歌舞伎ワークショップ」では、今年は梅枝丈が「京鹿子娘道成寺」の一部を踊ったらしい。うーん、それは見たかった。2つの班の発表が終わると、指導にあたった講師陣(梅玉丈團蔵丈時蔵丈歌昇丈芝雀丈など)が登場して、修了式。種太郎丈、梅枝丈、萬太郎丈の姿も見える。同僚に聞いてみたら、彼らはよくお手伝いに来ていたのだそうだ。
ただ、ひとつだけ残念だったのは、おもに祖父母と思われる高齢者の観覧態度。かわいい孫がどこにいるのか確認したい気持ちはわかるけど、上演中に「あれがそう?」「化粧しちゃうとわからないねえ」と大きな声で確認しあうのはいかがなものか。孫(子)の姿を見たい、声を聞きたいのは自分だけではないということを考えてもらいたい。子供たちはとても素晴らしかったので、本当に残念だった。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing 

2007年08月12日

悲しき初体験

fd5ddd9f.jpgこのところブログをさぼりぎみ。というのも、1か月ほど前に初体験した出来事でちょっとやる気をなくしていたからだ。
最近はSK-IIのエアータッチファンデーションを愛用しているのだけど、徹夜で麻雀をするならもっとカバー力のあるタイプがいいだろうと、その日だけ、去年使って気に入っていたファンデを使った。帰宅後に洗顔をしたときに、ちょっとざらつきがあるなとは思ったが、一晩中化粧していたのだから少しくらいは荒れることもあるだろうと大して気にしなかった。ところが翌日になっても、そのざらつきが取れない。さらにその翌日になったら顔中にぶつぶつができて、石鹸がしみるような刺激さえ感じるようになった。こんなこと、生まれて初めてだ。
これはマズイと、いつもの美人院長のところに駆け込んだところ、「ファンデにかぶれたんじゃない?」とのこと。ほんの半年前まで愛用していたものなので意外だったが、徹夜で弱っていたからではないかということで、ステロイド剤と保湿ローションを処方してもらった。ステロイド剤のおかげでほんの4〜5日でぶつぶつも消えてすっかりよくなったが、化粧品でかぶれたのは初めてのこと。それからしばらく、ちょっと怖くて化粧をしたい気分ではなくなってしまった。
といって、すっぴんで人前に出ていい年頃ではない。美人院長に相談したところ、写真のノンケミカルの日焼け止め(資生堂2e(ドゥーエ))を薦められた。「これを塗るとかなり白くなるから、あとはお粉をして口紅すれば、ちゃんとお化粧してるように見えるわよ」とおっしゃる。ホントかなあと思いつつ試してみたら、案外イケる。なのでほぼ一月、この超手抜き方式で過ごしてしまった。もう少し涼しくなるまで、この方式で切り抜けちゃおうかな〜と思ってる中。

gen96_cat at 20:49|PermalinkComments(2)TrackBack(0) cosmetics 

2007年08月03日

Harry Potter and the Deathly Hallows

c27a5381.jpgついにベールを脱いだ、「ハリー・ポッター」シリーズ最終巻。いち早く読んで、「××が死んじゃったの〜」なんて話をしようと思ったのに、「バラさないでよ!」といって誰も話を聞いてくれない。感想を言い合う相手もいなくて、ちょっと残念だ。せめてここで思い切りネタバレを……なんてことをしたら恨まれてしまいそうなので、ネタバレしない程度に感想をば。
このシリーズを原文で読んだのは今回が初めてなのだけど、絶対に原文の方がおもしろい。一応は児童書なので複雑な構文が出てくるわけではないし、大学生ならほぼ問題なく読めるだろう。わかりにくい単語といえば魔法用語くらいだが、これまで邦訳で読んできた人なら、だいたいのところはわかるはずだ。なにしろ長いので、本の分厚さを見ただけでひるんでしまう人も多いだろうが、まだ夏休みもあることだし、ポッタリアンは邦訳を待たずに原文を読んだ方がいいと思う。とくに、ハリーって癇癪持ち?と思って読んできた人には原文をオススメしたい。
邦訳ではハリーの母リリーはペチュニアおばさんの姉ということになっているが、7巻にははっきりと「『リリー、やめてよ!』と、二人のうちの年上の方が金切り声をあげた」と書かれていて、ペチュニアおばさんが姉、リリーが妹だとわかる。たしか訳者が著者に確認をして、3巻からリリー姉、ペチュニア妹と訳されてきたはずなのだけど……。どちらが姉でも大した違いではないけれど、第1作が出されたときに「もう最終巻を書き上げて金庫に保管している」といっていただけに、著者本人に確認をしたことがどうして覆ったのか不思議だ。


gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) reading 

2007年08月02日

一心會

日本橋公会堂で宗家藤間流の一心會を観る。全席自由なので朝の11時45分くらいに会場入りしたのだが、1階はすでにほぼ満席で、やむなく2階へ。途中の幕間で1階に空席ができたのを見つけて移動した。切符が完売なのは知っていたが、席を確保するのも大変なくらいの賑わいに驚く。内容はというと昼夜ともに非常に充実していて、ほとんどハズレなし。これで2500円はお得なんてものじゃない。
最初の「鶴亀」は宗家藤間流の女性4名による踊り。なかなかの美人揃いで、踊りにも品格が感じられて素晴らしかった。次の「林燗」は初めて見る演目で、集めた落ち葉を焚いて燗をつけた酒を酌み交わすうちに怒り上戸と泣き上戸が喧嘩を始め、笑い上戸が仲裁に入るという筋に、曽我兄弟の仇討話を絡ませた常磐津舞踊。なかなか楽しい演目なので、いずれ本興行でも取り上げてほしいと思う。
昼でよかったのは亀寿丈の「一人景清」。実はこれまで彼については顔の輪郭などからいかつい印象があって、女形じゃない方がいいんじゃないの?と思っていた。しかし素踊りで男性(景清)パートと女性(阿古屋)パートを見比べると、明らかに女性パートの方がよい(男性パートがダメダメという意味ではない)。いかつい印象は化粧の工夫で解消できると思うので、頑張ってほしい。
昼の最後の「吉野山」は、宗家の静に種太郎丈の忠信。歌舞伎とは雰囲気の違う踊りの会への客演、しかもトリで宗家と二人の舞台で大役・忠信を勤めるということで、常ならぬプレッシャーがあったのか、種太郎丈がものすごく緊張しているようだった。そのためいつもの精彩に欠けてはいたものの、時折見せたキレのよさに資質の高さがうかがわれる。本人にとっては不本意な出来であったかもしれないが、18歳という年齢を考えれば立派な舞台であったと思う。
夜の部は松江丈玉太郎丈の親子による「五條橋」から。松江丈がこんなにも頼もしく見えたのは初めてだ。いい表情をしていた。「浮かれ坊主」を素踊りで見るのも初めてだが、袴つきの願人坊主というのがなんとも奇妙でおかしかった。
梅丸丈が踊った「雨の五郎」も実に立派。芝居ではいつも達者なところを見せてくれる彼だが、踊りの方も素晴らしいので驚いた。途中、手紙をうまく半分にたためないアクシデントがあったが、それに動じることもなく堂々と踊りあげた舞台度胸のよさにも感心させられた。
夜の最後は亀三郎丈の「船弁慶」。彼がピン(あるいはシン)で踊るのを見たことがないので実力のほどはわからないが、謡であの美声が聞けるのが楽しみだった。それ聞きたさにこの会に来たようなものなのだ。普段ほとんど立役ばかりのせいか、静の間はかなりぎこちなかったが、後半の知盛は実に立派。静では裏声を使わずに地声を高めにとり、知盛になってからはしゃがれたような味のある、迫力のある声に。この声での謡や台詞は、期待に違わぬ鳥肌ものの素晴らしさだった。踊りもきちんとしていて好印象。弁慶の祈祷で苦しめられるところでは、通常は苦悶の様を表情に出すものだが、彼はそれをこらえようとする表情に見えた。もっと外に出した方が、知盛の霊が抱く怨念が伝わったのではないかと思う。

gen96_cat at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) theatergoing