2005年09月01日

備えあれば

e273505e.jpg今年の初め頃だったろうか。友人が「地下足袋を買いたい」というので、浅草の祭り用品店「あだちや」に行った。ひとくちに地下足袋といっても、最近ではスニーカーのように底にエアーを入れた「エアージョグ」なんていうのもあって、地下足袋も進歩してるのね〜と驚く。なんでも、神輿を担いで長時間駆け回るのに向いているそうだ。長時間歩けるなら防災用にいいかもと、一足買った。何しろ、編集部から自宅まではドア・トゥ・ドアで2時間かかる。万が一、何かで電車が止まってしまったときにも自分の足で帰れるような支度はしておいた方がいい。家には老親と愛猫が待っているのだ。
以来、徐々に用意の品は増え、今では、

●懐中電灯つきの発電ラジオエスケープ」(ケータイの充電もOK)
●もんぺ(銀座の津田屋にはこんな柄入りしかなかった。巣鴨に行くべきだろうか)
●地図(『震災時帰宅支援マップ』にしたかったが、我が家は遠すぎて載っていない)
●水とアクエリアス
●クラッカーとチョコ菓子
●手拭い(去年の「きもの日和」のノベルティ。今年もやるそうだ)
●救急キット(編集部引っ越しの際に廃棄されかかっていたもので、元はDVDの付録)
●小さい折畳み傘
●ポケットティッシュ(サラ金が配ってるやつ)

などを詰めたリュックを、編集部のデスクの下に放り込んである。水と食料はときどき入れ替わる予定だけど、ほかに必要なものはなんだろう? ビニールシートとか?
家にはソーラーパネルつきの発電ラジオ「マルチパワーステーション」と、エアー入りではない普通の地下足袋だけは用意した。近いうちに愛猫用の食料と洗濯ネット(キャリー用ケージの代わりになる)も入れたリュックを準備しようと思っている。何かのときに少しは役立つかもしれない。

これを読んで、「きもの着てる酔狂な人の話なんて、関係ないし〜」と考える人もいると思う。まあ、間違ってはいないが、歩きやすい履物を用意しておいた方がいいのは、誰しも同じだ。特に女性はハイヒールの靴や、サンダルやミュールで家まで帰れるものか、考えてみるといい。そういう状況になったとき、地面が平らでいつものように歩けるとは限らないのだ。スニーカーなどの歩きやすい履物と靴下くらいなら、大して高くもなければ場所もとらないのだから、デスクの足元に置いておけば安心なのでは?


gen96_cat at 13:23│Comments(14)TrackBack(0) everyday thing 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ラリホー   2005年09月01日 19:08
おお、非常持ち出し袋。
会社には置いてないけど、自宅には置いてます。
スニーカーを会社に常備しておくのは大賛成です。

ついでに入れておくと良さそうなもの。
・軍手、または皮手袋
・ホイッスル(閉じ込められた時とか、大声が出ない時に)
・アルミのレスキューシーツ
・アーミーナイフ
・ナプキン
・ロープ
・ビニル袋
・ライターまたは防水マッチ

そしてできれば、ヘルメット

着物女にヘルメットというのも何かとは思うのですが、
やっぱり頭は保護してあげたいの。
(ちょっとと言うか、かなり見てみたいし・・・)




2. Posted by 紅鹿   2005年09月01日 19:20
えら〜い。すご〜い。うちは何も備えてないよぉ。
彼氏が阪神の被災者だったから、前は押入れいっぱいに避難グッズが詰められてたんだけど。中にはストーブと灯油まであったよ(電気・ガスが止まったとき、暖をとったりお湯を沸かしたりするためらしい)。
災害時にどうやって持って逃げるつもりなんだろうね。
でも、「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」で、グッズも年々処分されて、今では非常食ひとつありませ〜ん。
3. Posted by 源九郎   2005年09月01日 19:20
具体的なアドバイス、ありがとう〜>ラリちゃん
本文には書いてないんだけど、発電ラジオがブザー音も出せるタイプなので、笛は大丈夫そう。あと、アーミーナイフはなぜかハンドバッグにいつも入ってます。軍手とビニール袋、ライターは、家から持ってきておくわ。レスキューシートは買わなくちゃ。

>ちょっとと言うか、かなり見てみたいし・・・
いや、そういうことになったら「ピース♪」とかして写真撮ってる場合じゃないんで、ご期待に沿えるかどうか……
4. Posted by 源九郎   2005年09月01日 19:25
紅鹿さん、いらっしゃいませ〜
ストーブと灯油ですか。阪神の場合は真冬だったし、必需品だったでしょうね。聞いた話では、東京が震災に遭った場合、いわゆるライフラインの復旧には軽く1週間はかかるだろうって話だから、そういう備えがあれば心強いですね。
なんか最近、よく揺れるじゃないですか。そんなわけで、ちょっと心細くなってきたもので用意してみました。
5. Posted by リリー   2005年09月01日 22:02
わたしも発電ラジオ欲しいなぁ〜。
どこで売ってるの?
ヘルメットはすでに常備品に入ってます(^^)
呼子は突然生き埋めになったとき用に常に首からぶら下げとく必要があるので、
呼子の根付などグッドかもです。
6. Posted by 源九郎   2005年09月01日 22:14
なるほど、笛は首から下げておかないといけないのね。今、編集部でIDカードをぶら下げさせられているので、そこに付けておこうかしら? ものによったら、ケータイ・ストラップ代わりにしてもいいかもね。
発電ラジオは本文のリンク先サイトで買えないかな? 私は編集部近くにある「エコノミカル・ショップ」(ぶっちゃけ質屋だ)で買いました。東急ハンズでも見たことあるけど、リリーさんの行動範囲にはないかしら。
7. Posted by nao   2005年09月01日 23:59
欲しいなーと検討中なのが、デリオスという簡易ろ過器。手で絞るだけで、300mlの水を約30秒程で浄水するそう。

防災グッズをどこに置いておくか、に一番頭を悩ませています。
家なら、枕元?それとも家屋が倒壊してからも取りにいけるように玄関先のどこかとか?
8. Posted by 源九郎   2005年09月02日 00:31
私は枕元派です。家の中で一番長い時間を過ごす場所がいいのでは、という理由。家にいる時間の七割近く寝てるか、ベッドの上で猫と遊んでるんだもん。
デリオスはテレビショッピングか何かで見た覚えがあるなあ。あれは本当に役立ちそうですよね。
うーん、リュックに入れたいものリストが、どんどん長くなっていく。
9. Posted by えったん   2005年09月02日 00:45
いざというときといざというときが重なった場合、
生理用品がないとすごーく困るらしいですよ!
おおぴらに「ほしい」といいづらいものだし・・・
10. Posted by 源九郎   2005年09月02日 00:57
あ、なるほど。ラリホーさんが書いてくれた「ナプキン」って、そのことだったのね。ハイキングじゃあるまいし、紙ナプキン……?とか思ってた。さっそく用意しておきます。ありがとう♪>えったん
11. Posted by ぼたん   2005年09月02日 12:00
確かにオフィスから自宅まで歩いて帰らなきゃ行けなくなった時には
地下足袋とまでは行かなくてもスニーカーくらいは常備しておかねばね〜
しかも底がある程度厚くなければ!
春先の震災で隣のビル1Fにあるスタバの表側ガラスが全壊し 普通の靴では危険な状態でした
12. Posted by ちか   2005年09月02日 12:23
今気付きましたが「防災の日」にあわせてのトピックだったんですね〜。さすが。もんぺ姿ちょっと見てみたい。
13. Posted by 源九郎   2005年09月02日 22:04
>ぼた姐
よく考えたら、非常事態なんだから、私もきものにスニーカーでよかったんですよね。どちらにしても、もってないから買わなきゃいけないんだけど。
たしかに、福岡の地震では、窓ガラスがなくなったビルの写真や映像をよく見ました。歩きやすいだけじゃなくて、底が厚めというのも大事みたいですね。参考になります。ありがとうございました。
14. Posted by 源九郎   2005年09月02日 22:06
>ちかさん
忘れがちなことなので、自戒の念をこめて書きました。ちかさんも用意しようね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔