2005年09月22日

和紙のボディタオル

9d9f953a.jpg昨日買った、「まかないこすめ」のレポ。第一弾は和紙タオルだ。これは文字通り、和紙の繊維を織り込んだボディタオル。綿と和紙の混紡みたいな感じらしい。表側は荒めのパイル状、裏は平織り状なので、ゴシゴシ洗うには表側、そっと洗うには裏側と使い分けることができる。
紙というわりに、手触りは意外としなやか。しかし、紙っぽいパリパリしたところもある。湯をたっぷり吸わせるとやわらかくなるが、パリパリした触感は残っていて、肌へのマッサージ効果が高そうだ。痛くない程度の刺激があって気持ちいい。今、使っている絹のボディタオルもいいのだけど、ときどきもう少し刺激がほしいなあと思うことがある。その点、これはぴったりだ。
しっかり濡らせば泡もよく立つし、逆にタオルをすすぐときの泡切れは早くて、なかなか使い勝手がいい。できればあと10センチくらい長さがほしいところだが、現状でもかなりの厚みがあって絞りにくいので、これくらいが限界かもしれない。お店の方の説明によると一年くらいは充分にもつという話だったが、たしかにこれならそれくらいもちそうだ。

ところで話は変わるけど、日産セレナのコマーシャル(お父さんが小さな馬を連れてくるやつ)が気になって仕方がない。あれって、馬泥棒さんなんでしょうか?

gen96_cat at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) cosmetics | bathing

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔