2007年05月02日

團菊祭夜の部初日

昨日は演舞場の吉右衛門祭昼の部を観劇後、歌舞伎座に移動。「女暫」が大好きなのと家元二段返しを見たかったのとで夜の部はこちらを選んだのだが、演舞場昼の部の終演が15時20分、歌舞伎座夜の部の開演が16時30分とかなり空いてしまった。
まずは羽左衛門丈追善の「女暫」。萬次郎丈は古風なところがある人だから、巴御前は似合うんじゃないかなと思っていた通り。なかなかよかった。あのよく通る独特の声も、巴御前という超人的な女性によく合っている。長男・彦三郎丈がウケ、太刀下には三男・権十郎丈。孫の亀三郎丈は腹出し、亀寿丈が太刀下、光丈が手塚太郎と一家が揃う。羽左さまもこの配役で「暫」やりたかったかも……と思ったりした。幕外の花道で萬次郎丈の口上がある。「兄弟三人揃って」というあたり、ちょっと涙腺がゆるんだ。
家元二段返しは松緑丈の「雨の五郎」と、三津五郎丈の「三つ面子守」。どちらも胸がすくばかりの気持ちよい内容だ。「雨の五郎」は花道の出はなく、セリ上がりで始まるバージョン。強さはもちろん色気もあって、美しい五郎だった。衣裳は彼の好みなのか、藤間流の決まりなのかは知らないが、雨の日に白のきものはキケン……とちょっと思う。ハネをあげないようにしてね。「三つ面子守」は三津五郎丈がびっくりするほどの美少女。踊りはもちろん、この人で悪いわけがない。大満足。
最後は「め組の喧嘩」。辛い別れをしなくてはならない辰五郎とお仲、又八は別として、喧嘩し放題の出演者たちはなんだかとても楽しそうだ。特筆すべきは四ツ車役・團十郎丈のピッカピカな美しさ。外題からして鳶に肩入れして観る芝居だと思うが、あまりの美しさについ相撲に肩入れしそうになった。倅・又八は虎之介丈。相変わらずの美少年ぶりで行儀もよく、芝居も達者。台詞がきっぱりしているのがよい。夫君と一緒に来ていた参議院議長も、お孫さんの立派な舞台に満足されたことだろう。

gen96_cat at 18:25│Comments(0)TrackBack(0) theatergoing 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔