2007年10月14日

歌舞伎座昼の部

木下順二作の「赤い陣羽織」は翫雀丈の小人物ぶりがおもしろい。また、錦之助丈はこういうとぼけた役が好きなんだろうかと思ってしまうほど、「ひと夜」の駄目夫役以来のノリのよさで笑わせてくれる(代官の赤い陣羽織を着たブロマイドがあまりに素敵(笑)だったので、思わず買ってしまった)。孝太郎丈も姫や傾城より合っていると思うが、ちょっとやりすぎているので賢しい感じがした。もう少しさらりとやった方が、かわいいんじゃないかと思う。話そのものはほのぼのと楽しいけど、これは歌舞伎なのか?という思わずにいられない。先月の「竜馬がゆく」といい、今月夜の部の「牡丹燈篭」といい、歌舞伎味のない芝居ばかり続くとさびしい気持ちになる。私は歌舞伎や歌舞伎舞踊を見たくて歌舞伎座に足を運んでいるので、新作であっても歌舞伎味を感じられるものを見せてほしいと思う。
「恋飛脚大和往来」(封印切・新口村)は藤十郎丈時蔵丈。いうまでもなく、忠兵衛は藤十郎丈の当たり芸のひとつだ。こってりとした色気、やわらかみと短気ぶりを自在に操るセリフを堪能した。今回は三津五郎丈が八右衛門を勤めている。上方味は乏しいのは仕方ないところだろうが、見事な「総すかん」ぶり。たしかにこんな男に身請けされるのはイヤだろうなと納得させられた。「新口村」はこのところ、仁左衛門丈が忠兵衛と孫右衛門の二役を勤めるバージョンを見る機会の方が多いが、やはり、忠兵衛と孫右衛門は別の役者が演じる方が物語の深みが出る。孫右衛門を演じた我當丈は少し大松島に似てきたかも。

gen96_cat at 23:48│Comments(0)TrackBack(0) theatergoing 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔