2007年10月30日

巡業 松竹大歌舞伎

9dc13d01.jpgこのところ梅枝丈萌えが止まらない。古風な美貌でほんのりした色気があり、芝居も踊りも達者で程がよい。その彼が「吉野山」の静御前を勤めるというので、巡業の松竹大歌舞伎初日(午後の部)を観てきた。忠信はこれまた若手有数の踊り手である亀治郎丈。会場の浅草公会堂は花道設置が可能なはずだが、今回は花道を設けずに壁際に仮花道をつくっていた。ちょっと残念。
「袖萩祭文」は以前に亀治郎の会でやっているそうだが、私は初見。袖萩が立派な鼈甲のバチを持っていたので驚いた。9月に観た玉三郎丈の「阿古屋」でも感じたのだけど、彼らが普段出しているキンキン高い声よりも、役で歌っているときの声の方がやわらかみがあって好きだ。段四郎丈の石芯省が大きく立派で、この父と娘が死なねばならぬことがよくわかる。
さて、目当ての「吉野山」。梅枝丈の静は「ご愛妾の色香」というまではないが、仇にならない、品のある色気を感じさせる。いつもながらの丁寧で程のよい踊りぶりだが、初日ゆえかやや硬さもあるように見受けられた。前回の巡業で踊った「正札附」は千穐楽に再見したら見違えるほど素晴らしくなっていたので、今回も後半にもう一度……という気分になりかけている。地理的に行けそうなのは府中だけど、平日なのが悩みどころだ。亀治郎丈の忠信は、これでもかといわんばかりにケレン味たっぷり。すらりとした体型以外は、猿之助丈にそっくりだった。
ところで他でも指摘されていたことだが、この会場のスタッフには上演中の態度を考え直してもらいたい。「袖萩祭文」で客席がしーんとなって見守っている娘おきみ(今回はダブルキャストで、私が見たのは谷口可純ちゃん)の見せ場で、外のロビーからずっと話し声が聞こえていた。しかも数人でどっと笑う声まで聞こえるのだから、唖然とするほかない。客席の扉が二重になっているので油断しているのだろうか。いい加減にしてもらいたい。

gen96_cat at 23:59│Comments(0)TrackBack(0) theatergoing 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔