2007年11月07日

ティファニー展

4eab8e44.jpg目黒の東京都庭園美術館で「世界を魅了したティファニー 1837-2007」を観る。ティファニーの歴史を代表するジュエリーが約200点展示されていて、それはそれは楽しい。とくに創業からアール・デコ期に至る作品がたくさん出品されているのだが、同じくアール・デコ様式のこの美術館でそれらを見られるのだから嬉しい。
出展されている作品のうち20点を朝日新聞のサイトで見ることができるが、そのなかではファヴリル・グラスにエナメルを施し、ファイヤーオパール、ダイヤモンドなどをあしらった香水瓶と、持ちにくいんじゃないかと思うほどびっしりと花模様が彫られた18金製の柄に小さな時計をはめ込んだパラソルが特に印象に残っている。アール・デコ期には煙草入れや財布のように明らかに日本趣味を見て取れる作品も多い。半貴石も自在に使いこなしているのもおもしろく、金や、エナメルを施した金の台にペリドットやムーンストーンをはめ込んで、驚くほど美しいジュエリーに仕立てている。特にムーンストーンがゴージャスな大人のジュエリーになっていたのはびっくり。あれなら私も帯留に欲しいと思ったのが2つくらいあった。

gen96_cat at 23:59│Comments(8)TrackBack(1) accessories | culture

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ティファニー 1837−2007  [ 京の昼寝〜♪ ]   2007年11月10日 08:52
世界を魅了したティファニー 1837−2007The Juwels of TIFFANY東京都庭園美術館       11月4日(日)    HP  「東京都庭園美術館」  初めて東京都庭園美術館を訪れました 庭園も綺麗だとは前から聞いていた...

この記事へのコメント

1. Posted by ずず   2007年11月08日 08:23
素敵な展示会ですね。HPを見ると12月半ばまで開催されているようなので、なんとか都合をつけて見に行きたいですが、、行けるかなぁ。
2. Posted by 源九郎   2007年11月09日 00:15
>ずずさん
庭園美術館は目黒ですから、池田重子さんのお店も覗けますし、12月半ばまでなら六本木でフェルメールの絵も見られますし。ぜひぜひお出かけくださいませ。
3. Posted by katokyo   2007年11月09日 06:29
源九郎さん、おはようございます。
昨日の昼休みに源九郎さんがリンクされているサイトを見てすごいなあ...って思っていました。香水瓶、複雑な色合いでとても綺麗ですね。
ヒカリモノにあまり興味のない私ですが、NHKの日曜美術館でこの展覧会が紹介されていた時、庭園美術館とこの企画はとてもあっていそう、きっと素敵な雰囲気だろうなあって思っていました。
4. Posted by 源九郎   2007年11月10日 02:42
>katokyoさん
あの香水瓶、レプリカでもいいから欲しいです。ガラスの複雑な色合いと、オパールのメラメラ具合がすごくいい感じで合ってました。香水瓶は他にもいくつか展示されていたのですが、朝日新聞のサイトに載っているのが一番素敵だったと思います。
ヒカリモノの展覧会は、「これだけの石を使って、この値段はお得ですよ。ローンの金利はうちが負担しますから」などと食い下がられる心配もなく、心ゆくまで眺められるので天国です。逆に、食い下がられるのも覚悟なら「指輪はめ放題天国」というのもあるのですが…
5. Posted by a8e   2007年11月11日 01:06
十数年前に同じ庭園美術館で催されたルイス・コンフォート・ティファニーの展覧会に行きましたですよ。
ステンドグラスをあしらったランプに憧れたものです。
宝石類はさておき(笑)、ステンドグラスもあったりしたのですかのぉ。
あったならば久しぶりに行ってみたいかも。

目黒は区立美術館の企画もよかったのですが、最近はどうなんだろうか?...と思ったりして。
6. Posted by 源九郎   2007年11月11日 12:26
>a8eさん
残念ながら、今回はステンドグラスはなくて、ほとんどすべてが宝石類でした。ご希望に近いのはファヴリル・グラスの香水瓶かなあ。あとa8eさんの興味を引きそうなのは、最近のフランク・ゲーリーとのシリーズあたり? ただ、少ししかなかったし、新しいものだからお店でも(セールス・トーク付きで)見ることができますが。
目黒区立美術館は地元に根ざした企画が多くておもしろいですね。今やっている馬と美術の展覧会は、目黒競馬場開設100周年記念らしいです。
7. Posted by ずず   2007年12月13日 19:15
先週の土曜日、ティファニー展と鳥獣戯画展をはしごしてまいりました。
鳥獣戯画展はすごい人で、なかなか展示物に近づけませんでしたが、ティファニー展の方はゆっくり見ることができました。
最近のティファニーにはあまり興味がないのですが、少し古い時代のものは結構ツボにはまるものがたくさんありました。
8. Posted by 源九郎   2007年12月26日 21:25
>ずずさん
遅レスすみません。
やはり、少し古い時代のものの方がおもしろいですよね。最近のは量産品みたいな感じだし。
大丸ミュージアムで「ベル・エポックの輝き」という展覧会をやっているようなので、それも見に行きたいです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔