2007年11月28日

資生堂リップクレヨン

d9ad51f6.jpg以前からしつこく紹介している、太めのリップペンシル。リップライナーとリップスティックを兼用できる手軽さが魅力で、きちんと引いた輪郭を完全に同色のリップスティックで塗りつぶすわけだから、仕上がりもとても美しい。ただ、リップペンシルのように削らなくてはいけないので、どうしても無駄が出るし、多少の手間もかかる。ダーマトグラフのように紙巻にして、紙を剥がして使ったらいいかも?など、いろいろ考えていたところ、夏ごろ資生堂から「くり出し式」でシャープナー不要のオートマティックリップクレヨン(税込価格2415円)が出た。
売り場で実物をチェックしたところ、5色あるうちのLC3は手持ちのLip Fusionにかなり似た色だし、LC1とLC2はヌードカラーで地味すぎ、LC5は逆に明るすぎというか派手すぎ。その中では青みのない自然な赤のLC4が、日常使いによさそうなので買ってみた。ただし、控えめな赤なので、きもの用しっかりメークにはちょっと物足りない。きもの女にとってはあくまでデイリーユースの色だ。
さて、肝心の「くり出し式」の使い心地。ラインを引くとき以外はクレヨンを寝かせて使い、先端部が丸くならないように気をつけている。それでもどうしてもシャープナーで削った先端部のようには細くならないのでラインはややぼやけるし、それがそのまま仕上がりの差になっている感じはする。普通のリップスティックを紅筆を使わずにつけるよりはずっときれいだけど、シャープナー使用のリップクレヨンには及ばない、というところ。とくにヌードカラーのLC1とLC2は、もう少しシャープなラインが引けないときれいに塗れないんじゃないかな。でも、削る手間がいらない分は楽だし、手早く(ある程度)きれいに仕上がるのも便利。色の選択肢が少ないのが難点だけど、気に入った色があれば買いだと思う。

gen96_cat at 21:36│Comments(0)TrackBack(0) cosmetics 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔