趣味空間 YI様邸

2008年12月01日

みんなにやさしい住まい-15 神戸市/自然素材・リフォーム

HP-15-22階ホールの階段開口と
壁との間は、
丁度いい本箱スペースです。

工事が完成した際
奥様が、
「壁が白くなったから
絵とか飾りたいわ」
とのお話。
「竹久夢二はちょっと
寂しいかしら…。」
「本箱の上にカウンターを取付けては いかがですか? 
絵にあわせて 季節の小物を飾られても素敵です。」
「それはいいわね〜。 荷物が片付いたらお願いするわ。」

ということで、ヒノキカウンター取付けました♪
6ebdea53.JPGこのカウンターを
一枚置くだけで、
本箱の天面を自在に
使えるだけでなく、
白い壁面と本箱に
一区切りでき、
カウンターより上の空間をいかして、
素敵な演出をお愉しみいただけると思います。


Y様邸のおたよりは今回で最終回です。
部屋の役割と、そこに求めるものを
明確にお持ちだったY様ならではの、
快適な2階が完成しました(^o^)v

genbatayori at 14:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月25日

みんなにやさしい住まい〜14〜

923a9054.JPG


HP-14-2






洋室です。
壁を珪藻土、床はヒノキです。
ウィンドウトリートメントも
ドレープカーテンをロールスクリーンにしました。

通常、室外側にレース、
室内側にドレープ生地が一般的ですが、
カーテンボックスをいかし、
室内側をレースカーテンにしました。

奥様が求められたオーガンジーの
やわらかな質感とやさしい色、
ロープのタッセルも素敵です。

この洋室はリラクゼーションルームとして、
お嬢様が使われることもあるので、
和室同様遮光度の高いロールスクリーン
生地にしています。

Y様より…明るく暖かで、とても快適な空間になり、
      昼間は、この部屋で過ごすことが多くなりました。
      休日には皆で、ランチをして、のんびり
      寛いでいます。

とまたまた嬉しいお話を伺いました。
ワンちゃんネコちゃんもお気に入りだとか♪

genbatayori at 13:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月20日

みんなにやさしい住まい〜13〜

HP-13-2740b7233.JPG










和室です。
襖や畳表も張替え、
壁は珪藻土を塗りました。
そしてこの二間続きの和室は、
ウィンドウトリートメントも新調しました。

13-3以前は横型ブラインド
でしたが、(下写真)
風にあおられること、
昼間は特に目隠しとしての必要はないが、
西日対策が出来れば。
また寝室にされているので、
隙間からの光が気になる。というご要望から、
上左の写真のように遮光度の高い
ロールスクリーンになりました。


genbatayori at 13:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月17日

みんなにやさしい住まい〜12〜

1e51e937.JPG
開口を新しくした
洋室の引違戸(奥)と
和室の片引戸(手前)です。

ヒノキの羽目板を
使って作りました。
羽目板は壁や
天井に使う他、
このように建具にも
使用します。

ところで、この羽目板の
ピンク色の部分はヒノキの中心部、赤身といい、
白っぽい部分は外側で、白太(白身)と呼びます。

HP-12-2このやわらかな色合いの
グラデーションも素敵
ですが、無垢の素材は、
年月と共に、だんだん
全体が飴色に変化して
いきます。
Y様もくにけんエコルーム
のようなべっ甲色になるのが
楽しみと仰ってました。

genbatayori at 10:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月14日

みんなにやさしい住まい〜11〜

7903ef03.JPG


2階ホールです。

床はヒノキフロアー、
壁と天井は珪藻土塗です。

珪藻土の壁や天井は、
光を柔らかく反射し、
とても明るい空間に
なりました。

以前と印象が全然違うわね。
と奥様も喜ばれています♪

階段正面のトイレ扉は、
和室・洋室の開口を新しくするのに併せて
ヒノキの羽目板を使い新調しました。

HP-11-2
天井です。
照明の全てが
ダウンライトになり、
スッキリとした印象です。

genbatayori at 18:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月11日

みんなにやさしい住まい〜10〜

ea67da0a.JPG
完成したY様邸を
お届けしていきます。

コルクが貼られた階段です。
上り下りの際のクッション性
も良く、足ざわりもやさしいの
で、とても感じがいい。
という嬉しいお話です。
ワンちゃんが、リズムよく
先導して登っていきます。

またコルクのあたたかな色合いで、
玄関ホールの印象も随分変わりました。

genbatayori at 13:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月08日

みんなにやさしい住まい〜9〜

aab53cb0.JPG

ルーバー窓が取付けられました。

従来、窓の工事は、
壁を組み立てる工程の中で
早い段階に取付ける作業になります。

なので、窓全てを交換するとなると、
窓の取付け工事より後工程になる、
内壁や外壁も傷める大工事になります。

でも大丈夫。
壁に組み込まれている窓枠は既存のままで、
その枠に新たな窓枠をかぶせる工法で、
壁を傷めることなく窓を新しくすることが出来ます。
窓は一回り小さくなりますが、今回のように、
引違いをルーバー式にするなど、
窓の形式を変えることも可能です。

これでY様がご希望だった、
視線を遮りつつ、風や光が取り込めるようになり、
ウィンドトリートメントに求めた条件が、
窓でクリアされました。

genbatayori at 11:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年11月05日

みんなにやさしい住まい〜8〜

560da104.JPG
和室の入口、ホール側の
壁に片引き戸の枠が
取り付けられました。

リフォームは、このように
新たに木製の枠などを
設けたりすることも
多々あります。

例えばこの和室の入口。
ホール側の木部は濃い目の茶色が
塗装されています。
和室側は白木のままですが、
年月を経てべっ甲色になっています。
今回新しい部分が更に加わり、
和室入口の戸を閉めると3色の木部が見えます。

そこで、新たな白木部分は
べっ甲色に似せてオイルステインで着色します。
オイルステインはいわゆるペンキとは違い、
透明感のある塗料ですので、
木目を活かして色をつけることが出来ます。

これで工事をした新たな部分も、しっくりと馴染みます。

genbatayori at 18:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月30日

みんなにやさしい住まい〜7〜

ee06aec0.JPG洋室の二つの入口開口と
その間の壁が撤去され
(〜5〜参照)、
引違い戸用に
新たな開口が
設けられました。

写真右側の新しい
木組みは、新たにできる
壁の下地です。

その間柱の間に上から垂れてきている白い配線は、
照明のスイッチです。
壁の移動に伴い配線をしなおしました。

壁や床、天井を工事する時は、
照明やコンセントの位置・数など配線を見直せる機会でもあります。

genbatayori at 12:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年10月21日

みんなにやさしい住まい〜6〜

c346fec0.JPG2階ホールの窓です。
今は引違い窓にブラインドが
かかっています。
当初、ブラインドを
別のウィンドトリートメントに
変える予定でした。

ご希望や変更されたい理由を伺ったところ、
風は通したいので、窓は開け放したいが、
お隣と互いがよく見えるので、
ウィンドトリートメントは必要。
ただブラインドは風が強いとあおられ、
音もするので別のものを…。
とのお話でした。

結果、この窓に求められている条件をすべて満たすのは、
トリートメントより、ルーバー窓!
ということで、窓自体を交換します。

genbatayori at 14:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
訪問者数