新築 神戸・K様邸

2004年08月05日

K邸新築工事。はじまる〜26〜

6caa1a92.jpg2階に上がって来ました。

写真は主寝室からフリールーム・
子供部屋を望んでいます。

写真手前、フリールームは12畳。
奥の子供部屋は、今は
一続きの9畳ですが、
2箇所の開口が有るように、
将来は個室にすることを見越してレイアウトされています。
〈情報紙Wing vol.18をご参照下さい〉

フリールーム南側は、掃出しの開口2箇所に
バルコニーが続き、眺望も風通しもバッチリ!
見学会当日もK様のお子様に限らず、
皆キャーキャー!ワイワイ!!
走り回り、転げ回るまさにフリールーム、
子供たちが元気になる部屋です。

主寝室には1畳×2箇所と階段上の
デッドスペースも収納に活用。
階段を挟んで反対側にはウォークインクローゼットもあり、
収納力もたっぷり。

プライベートスペースの2階もまた、
間取、部屋毎の目的にあった広さ、そして
収納とK様のこだわりが伺える空間になっています。


K邸新築工事をお伝えして参りましたが、
今日で最終回です。
ひのきや自然素材をふんだんに使った、
こだわりの素敵なK様邸が完成しました。
このホームページに書ききれなかった
工事の様子〜完成までをまとめたPOPを
くにけんエコルームにご用意しております。
お気軽にご来社下さいませ。

genbatayori at 18:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月30日

K邸新築工事。はじまる〜25〜

377bf53c.jpg洗面脱衣室です。

鏡はひのきでフレームを作った
オリジナル。
照明はリネストラランプ、
あたたかみのある光色の
直管形の白熱ランプです。
洗面化粧台は巾120cmの
ワイドタイプ。
たっぷりの収納力があり、その分視線の行き易い上側に、
シンプルでお洒落な組合せが実現出来ました。

床はひのき、壁・天井は珪藻土です。
水の飛散や、湯気などの湿気がこもる
スペースだからこそ、
特に脱衣室にはおスゝメアイテムです。

浴室はシステムバスです。
床は話題の速乾タイプにプラス
冷たさを感じにくくした新商品。
システムバスは防水性が高く、
特に排水機能が優れ建物の耐久性を持続させます。
またバリアフリーなどの機能性や
工期が短いことも魅力です。

在来工法に比べて、プランの限定や少し狭くなる
ということはありますが、
近頃は壁の薄いもの、デザイン性や
組み合わせの自由度の高いものもあり、
冬の室内は温度変化が少なく、
高齢者にも優しく重宝されます。


genbatayori at 18:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月24日

K邸新築工事。はじまる〜24〜

94906a8f.jpg和室です。

窓の下、高さのある
ひのきの寄せ巾木が
お洒落です。

床の間は、床柱が杉の磨き丸太。
棚・床・框-かまち-はひのきです。
同じひのきでも無垢、節の有無、
集成のされ方などで表情も様々、
強度やその特性などを活かして適材適所に
使用されています。

正面の押入とその右側面が収納です。
階段下もデッドスペースにすることなく、
フル活用しています。

リビングとの間仕切戸4枚は、
太い敷居にそれぞれの溝があり、
一つに重ねられるので開口が広く取れます。(写真左)

右側、ひのきの大黒柱はFSC※の森から来ました。
足元にはロゴマークの焼印があります。
※森林管理協議会(FSC)による国際森林認証制度

天井の杉板貼り
〈5月28日〜その14〜をご参照下さい〉など、
和室一間にもアイデア・趣向…etcが満載です(^_-)

genbatayori at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月20日

K邸新築工事。はじまる〜23〜

513b9c36.jpg
建具もひのきです。

間仕切戸・収納の戸はすべて
「フラッシュ戸」です。
芯材にひのきの羽目板を前面
または両面に貼り付けた板戸です。

写真は和室から玄関を望んでいます。
手前の和室の引戸が両面ひのきのフラッシュ戸、
そして右奥が玄関とLDKの間にある
「額縁入フラッシュ戸」で、
ガラスがはめ込まれていることで
明り取りにもなり、人の気配もわかります。

また、洗面室やトイレは、
戸の上部に小さな額縁が入っていて、
電気の点消灯が外からわかるデザインになっています。

2階にはオーダーならでは?の
巾165cm×高さ200cmの引戸もあり、
開けていても閉めても圧巻の存在感を発揮していました。
ちなみにこのフラッシュ戸、
想像以上に軽く開け閉めが出来ます。
でもひのきの持つ重厚感やインテリア性が高く、
皆さん「ひのきの家」に一層納得です。


genbatayori at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月15日

K邸新築工事。はじまる〜22〜

c78336d8.jpg
システムキッチンは
オーダーです。

扉・引出し・背板・側板・台輪
※‐だいわ‐まで、
ステンレスの天板以外すべてにひのきが使われています。
※床に設置する組立て枠。

写真右、シンクの下は台輪が有りません。
奥様のご希望でフローリングのままになっています。
キャスター付きなど「フラットだから使い良い物」を
仕舞われるとのこと。

小引出しと扉のみのあえてシンプルな収納の形は、
奥様自身で使い勝手の良いように工夫されるためとか。

近頃は、システムキッチンがダイニングから
見えないレイアウトも多いですが、
以前設置頂いたお客様に
「見せたくなるキッチン」という名言も頂いた
このひのきのオーダーキッチンは、
ひのきの抗菌効果など理にもかない、
奥様のご希望もかなう『才色兼備?なキッチン』です。


genbatayori at 18:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月10日

K邸新築工事。はじまる〜21〜

3d9411c5.jpg
K邸が完成しました(^O^)v

2月の地鎮祭から約5ヶ月。
内覧会では沢山の方に
ご来場頂きました。


まず入って驚かれたのは「内玄関」?!
K様のご希望が形になった一つです
〈情報紙Wing vol.18をご参照下さい〉。

写真は玄関ドアから玄関・内玄関を望んでいます。
玄関と同じテラコッタ風タイルの土間づくりが2畳と、
コートなども掛けられる1畳の収納
(写真正面:ひのきの引戸部分)。
自転車などは直接外から入ることが出来、
外遊びのおもちゃや石ころ・どんぐりなど
お子様の宝物たち、その他玄関周りに有ると
便利なものも充分置いておくことが出来る
ミラクル収納です。

このスペースがあれば表玄関はスッキリ。
ひのきのオーダー靴箱も素敵な演出に
一役買っていました。





genbatayori at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月02日

K邸新築工事。はじまる〜20〜

7c81a400.jpgLDKの天井も珪藻土仕上です。

写真はライト位置がよくわかる、
珪藻土塗装前のものです。
お部屋の長辺方向にひのきの化粧板が貼られています。
アクセントにもなり、
また穴の部分にはダウンライトがはめ込まれ、
この化粧板とあいまって、
お部屋をよりスッキリと見せてくれます。

K邸もいよいよ完成!
ひのきのオーダーシステムキッチンや
建具も取り付けられ、
お披露目を待つばかりとなりました。

    〜お知らせ(^O^)/〜
7月3・4日(土・日)の完成内覧会では、
このHP「現場たより」でご紹介してきました
工事の様子をより詳しくまとめたPOPをご用意しています。
お気軽にご来場下さいませ。

genbatayori at 18:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月29日

K邸新築工事。はじまる〜19〜

b2693d79.jpg1階内装(壁・天井)も珪藻土です。

下地材結合部にはメッシュ(寒冷紗)のテープを貼ります。
その上から外壁同様、
下塗り剤(白い部分)、
珪藻土の追っかけ塗りで
仕上げます。

珪藻土は調湿・消臭・有害物質の吸着など、
室内を心地良いきれいな空気にし、
今注目のマイナスイオンも放出してくれます。
家族の集うLDKに最適です。

2階はクロスを貼っています。
再生紙と木のチップから出来た「オガファーザー」です。
調湿機能も備わっていて、
何より子供部屋には材質・優しい光の反射・感触、
そして上から塗装をかけられるため、
模様替えや汚れにも安心です。

珪藻土と同じ下地材ですが、
結合部には凹凸を埋めるパテを塗ります。
この一手間の工程でクロスの仕上りが
ピシッと平らに決まります。

    〜お知らせ(^O^)/〜
7月3・4日(土・日)の完成内覧会では、
このHP「現場たより」でご紹介してきました
工事の様子をより詳しくまとめたPOPをご用意しています。
お気軽にご来場下さいませ。

genbatayori at 18:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月24日

K邸新築工事。はじまる〜18〜

ee05e4d1.jpgトイレに設備機器が設置されました。
タンクレストイレを採用。
タンクがあるものより
10cmは奥行が短くなり、
前面を広く使えます。

内装の床と腰板、
扉ももちろんひのき。
壁と天井は珪藻土です。
見た目にもオシャレな雰囲気ですが、
ひのきの消臭・抗菌効果や珪藻土の
調湿・消臭・空気清浄効果など、
トイレに求めたい効果もまるまる得られる
一石二鳥!一挙両得!!なトイレです。

以前トイレをひのきの床にリフォーム頂いたお客様が、
「ひのきの床に目がいくようになり、
一呼吸つける『くつろぎ』空間に生まれ変わった」と
仰って下さった事が思い出されます。
ひのきの板目が持つ“1/fゆらぎ”や
木肌の持つやわらかな光沢もこの快適さの一つです。

家の中で最も小さな個室であるトイレの
「居心地がいいかどうか」は結構大きな問題ですよね。


genbatayori at 18:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年06月17日

K邸新築工事。はじまる〜17〜

83e15ff6.jpg外壁の仕上塗装が始まりました。

〈その12〉ではモルタル塗りまでを
ご報告しました。
その上にシーラー(モルタルの
アク止め)を塗り、
珪藻土の下塗り剤、そして仕上げに珪藻土を2度塗りします。

写真、「鏝‐こて‐」より左側は1度目の仕上塗り、
右手から2度目の仕上塗りをしています。
1度目が乾かない内に塗る「追っかけ塗り」です。
右側が真っ平に塗られて行っていることがよくわかります。

塗装中の色は茶褐色ですが、乾くともっと白くなります。
珪藻土外壁は通気工法との併用で建物が長持ちになり、
また塩害や酸性雨にも、耐火性も強いスグレモノです。

genbatayori at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: