ヒノキのリフォーム A様邸

2009年05月02日

やっぱりヒノキ。-9-

HP-9-1リビングです。
床はヒノキ、
壁は珪藻土
クロスです。
FSCのヒノキの
も棚受がなく
スッキリ。

素敵な木のベンチ
ソファとよく合う
快適な空間が
できました。




HP-9-2キッチンへの
間仕切戸を開くと、
ヒノキフロアの
スーッと通った
縦のラインで、
より広がりを
感じます。



HP-9-3朝日がまぶしいと
仰っていた窓には
遮光度の高い
ロールスクリーンを
取り付けました。




今回の工事にあたり、快適に心地良く暮らしたい
と話されていたA様。
「ヒノキの床は、濃淡がある今も素敵だけど、
マンションは艶が出て、いい飴色になっていて、
今からその変化が愉しみ。」とのこと。

そして「とっても快適に生活しています。」
と嬉しいお声を頂きました。




genbatayori at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月27日

やっぱりヒノキ。-8-

HP-8-1リビングの扉を
新しくしました。
ヒノキの羽目板が
入った框戸-かまち
ど-、四方を框という太い枠材で構成した重厚な戸です。

明り取りは軽くて強いアクリル樹脂。

そして…キッチンとの間仕切の両引戸には
すごいウラ技があります…


HP-8-3ジャーン!
アクリル樹脂が
下がります!!








HP-8-2仕掛けは…
バスの窓のように
なっています。

引戸は底に戸車が付き。
指1本で開閉できる
ほど軽々なので、
鍵もつけました。



赤ちゃんとワンちゃんが安全に快適に過ごせる
一工夫です。

後日談…ダイニングテーブルに座ると、お庭の
花や緑が額縁に収められた絵のように愉しめるから…
と美味しいお茶を淹れて頂きました。
今は牡丹が見事でした。


genbatayori at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月24日

やっぱりヒノキ。-7-

HP-7-1システムキッチン
(SK)です。
床上ぎりぎりまで
引き出せ、収納で
きる引出しタイプ。

以前よりSKの幅
を15cm短くしまし
たが、収納量は
これまで以上!
「まだ空スペース
があるのよ」と
引出しの中を見せ
て下さいました。

引出しの開閉もとても静かでスムーズ、また以前は
開き扉タイプで、重ねがちになっていた収納が、
今は引出しで細分化され使い勝手もとてもよくなった
と嬉しいお声も。

タイルにもヒノキにもよく似合う素敵なキッチンの完成です。

HP-7-2背面の壁に棚を設けました。
家具を置くより足元も
スッキリしていい。
と棚板のヒノキと共に
気に入っていただきました。
将来的に段数を増やせる
下地になっています。


genbatayori at 16:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月21日

やっぱりヒノキ。-6-

HP-6-1玄関・ホールの天井クロスを
貼り替え、この機会に照明を
ダウンライトにしました。

ロールスクリーンも新しく
しています。





HP-6-2廊下もダウンライトにし、
1箇所増設しました。








HP-6-3廊下からキッチンに入る
片引戸です。
キッチンの床が高くなるので
新しくすることに。
以前は壁と同じ突き板合板
の面材でしたが、将来的に
この壁をクロス貼にする
かもしれないということで、
貼替えができるよう廊下側は
木目調のクロス貼です。




genbatayori at 16:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月07日

やっぱりヒノキ。-5-

HP-5-2リビングの壁は
木目調の合板貼(写真上部)
から新たにクロス貼に
します。
既存の合板の上には
クロスを貼れないので、
下地となるベニヤを
上貼しています。

クロスは珪藻土壁紙、調湿などの効果があります。

HP-5-1壁に棚板を取り付けました。
柾目の美しいヒノキ無垢の
集成板はFSC※認証のものです。

重い物を置かない
飾り棚ということで、
棚受を使わず壁の中で
一工夫。
それでも30个離劵離は
見た目同様重いので、
しっかりと固定しています。

※適切に管理されていると認められた森林から
 生産された木材製品に与えられる認証。
 詳しくは…
 http://www.wwf.or.jp/activity/forest/sus-use/fsc/index.htm
 

genbatayori at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年04月01日

やっぱりヒノキ。-4-

6cf9adde.JPGダイニングキッチンの
床にもヒノキが貼られ、
システムキッチン(SK)が
取り付けられました。
工事はまだまだ続くので
養生されています。
全貌は完成後の
お楽しみに♪

壁のタイルは奥様の思い出深いお気に入りです。
ベース色に濃淡がある野菜のレリーフがかわいいタイル。
まだまだきれいなので、そのままいかすことになりました※。

今回、ダイニングテーブルとのレイアウトもあり、
以前は写真右側の窓枠まであったSKの幅を
15cm短くしました。そこで、
SKカウンターのところに無かったコンセントを、
タイルを取った部分に設けることが出来ました。
キッチングッズも電動が多くなったので、
この辺りにコンセントがあるととても便利です。

※既存のタイルをいかすには、
 いろいろな制約等がおこる場合があります。
 今回も既存のタイルは人気のシリーズですが、
 残念ながらA様邸と同じサイズはもう作られていません。
 補修が必要な箇所は類似品を貼ります。

genbatayori at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月30日

やっぱりヒノキ。-3-

ヒノキの床を貼っています。
1枚の床板の幅は12cm。
板の片辺の凹に、反対辺の凸をはめ込む
本核接ぎ-ほんざねつぎ-で、
しっかりと接合して貼っていきます。

HP-3-3写真は長辺方向も
本核接ぎになっている
部分です。
木は呼吸し調湿効果が
あります。
つまり湿気が多いと伸び、乾燥すると縮みます。
本核接ぎになっていることで、
縮んだ際に下地が見えるという心配がありません。


無垢の床材と大工さんの技のコラボを発見!
HP-3-1
大工さんが
床材裏面の一部を
削りだしました。
「・・・?」と思い尋ねると、
窓枠との数ミリの段差があるので、
その分を削っているとのこと。
無垢材だからできる技です。

HP-3-2ご覧下さい。
左の窓枠と右の
下地材の高低差に
ピッタリとヒノキの床が納まりました♪
(ちなみに間の溝は、配線スペースです)

genbatayori at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月26日

やっぱりヒノキ。-2-

94a6d6e9.JPGこの度の工事ではシステムキッチン(SK)も新しくします。
写真は既存のSKを撤去、
壁にあいた換気扇の穴です。
上の丸がこの間まで付いていたシロッコファンのもの。
下の四角は以前のプロペラファンのものです。


ところで、戸建の方がSKを変えられて
プロペラファンがシロッコファンになると
「引きが悪い」という声をよく聞きます。
プロペラファンは外壁に直に取り付ける直接排気式で、
換気量が多いためと思われます。
ちなみにシロッコファンはダクト排気式
(壁の丸は排気ダクトの穴です)。

それぞれに特徴があり、プロペラファンは外風に弱いので
戸建の一階に設置できる場合にはおすすめです。
但しファンとレンジフードのみのシンプルな
組み合わせ故に、デザインや色が限られています。

A様もやはり引きの悪さを感じられていて、
今回はプロペラファンを選択されました。

genbatayori at 18:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年03月24日

やっぱりヒノキ。-1-

A様邸のリビング・ダイニングキッチン(L・DK)
のリフォーム工事をお届けします。

以前和室の天井にヒノキを取り入れられ、
ヒノキの心地良さを実感頂いているA様。
その後マンションの全面改装をさせて頂いた時は、
床を全面ヒノキ貼にさせて頂きました。

そして今回、ご自宅L・DKを改装するにあたり、
床は是非ヒノキにと決めて下さっていました。
「やっぱり、快適に心地良く暮らしたいですから。」
と奥様の嬉しいお言葉です。

genbatayori at 18:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
Recent Comments
Recent TrackBacks
QRコード
QRコード
訪問者数