「超本能で描け!」現代絵師団主宰・高木正臣

現代美術家としての日常の創作活動で感じたことや、芸術・美術にたいする考え、主宰する現代絵師団の活動の紹介など。

IMG_20181218_212439IMG_20181218_205835IMG_20181218_172719_BURST001_COVERIMG_20181215_202953IMG_20181215_203038IMG_20181218_110225IMG_20181215_203112IMG_20181218_080826IMG_20181218_080855

IMG_20181207_212030IMG_20181207_211942IMG_20181207_211820IMG_20181207_211542sIMG_20181207_212421IMG_20181207_212600IMG_20181207_212527IMG_20181207_212448IMG_20181207_212347IMG_20181207_212256IMG_20181207_212108IMG_20181207_211856IMG_20181207_211715IMG_20181207_211628IMG_20181207_211315IMG_20181207_211240IMG_20181207_212710IMG_20181207_212635

ある化粧品メーカーのCMで、聞き違いでなければ、「美しさは力強さを生む・・・」みたいなコメントがありましたが、「美」は生成の結果であって、ほとんどが必然的偶発(日本語になってませんが)によって顕在化してくるのではないのかと思う。生成される存在がたまたま「美」であったり、「醜」であったりするので、「美」又は「醜」が何かを生じさせるのではないのでしょう。

ですから「力強さは美を生む・・・」でしょ。

始めに「美」在りきで、そのつまり「イメージ」を追いかけて作り上げていっても、「美の見立て」にしかならない。・・・です。

余談になりますが、表現上、○△□や層(レイヤー)の概念を利用することは「技術的」なことの一つであると捉えていますから、あくまで生成の為の手段です。


そんなことを思念しながら制作する今日この頃なのです。

IMG_20180903_161340_20180923231415IMG_20180903_161421_20180923231330IMG_20180906_142736_201809232313549月23日新作2

このページのトップヘ