2010年06月18日

痴漢はなくならない

先日生放送にて、痴漢冤罪に関することをお話しました。
やはり、実際にリスナーさんを通して様々な意見を聞いてみて新たに思うところがあったので、こちらの方で久し振りに記事を書いてみたいと思います。

自分は長いこと痴漢冤罪問題について考えてきましたが、どうにもこの問題というのは話が堂々巡りで結論はもちろんのこと、対策すら立てられません。
女性専用車両及び、痴漢冤罪問題において毎度見られる意見↓

「女性専用車両は痴漢冤罪対策になっている!」→「女性が皆専用車両に乗らなければ意味がない」→現状は女性は専用車両も一般車両も利用可、一方女性専用車両を導入して痴漢被害が増加した路線(05年警視庁調べ)もあり、対策としての効果も疑問。

「男性専用車両も導入すべき」→「ホモ乙wwwwwwwww」→5年以上前から男性専用車両についても要望があるにも関わらず導入の予定は無し。また男性に対する痴漢被害もあり、男性専用車両を導入したとしてもこのような被害が発生すると思われる。

更に、原田さんの件では車両以外で痴漢疑惑をかけられてしまいました。
最早電車内だけで考えていくべき問題から拡大していかなければいけないのかもしれません。

一方埼京線では車両内に防犯カメラを設置するといった試みが行われました。これには自分も賛成意見でありますが、実際の効果やコスト面等が今後気になってくるところです。


今回原田さんに対する警察の取り調べを聞いて、あまりにも一方的に決めてかかって精神的にも苦痛を負わせるやり方には激しい憤りを感じました。
これだけ痴漢冤罪事件が明るみになりながら、ろくに話も聞かずに慎重な捜査を行わない警察…現在取り調べ室の防犯カメラ設置が求められていますが、導入は行われていません。


あとよく聞く意見として「でっち上げる女や鉄道会社や警察にも非はあるが、もとを辿れば痴漢が悪い!」という意見もよく聞きます。
確かにその意見はもっともだと思います。
しかしこれだけは言えます。
痴漢は絶対になくなりません。

よく「男がいなくなれば世界は平和になって、戦争がなくなる」という女性がいます。
「アニメやゲームを規制すれば、少年による凶悪犯罪はなくなる」とかいうのもありましたっけ?
個々の問題点を無視して根源だけを断つという考え方があるから痴漢冤罪は起こるのではないでしょうか。
痴漢を一人でもなくすためには罪のない男性が犠牲になろうが仕方ない、そんな考えが伝わってきます。

このような論調をする人達にありがちなのが、ではどうしたらよいかという具体策を述べられないことです。
痴漢が悪いのはみんなわかってます。痴漢さえいなくなれば痴漢被害に遭う女性も、痴漢冤罪になる男性もいなくなるでしょう。では痴漢をなくすにはどうしたらいいでしょうか。
痴漢をなくす方法があるのならとっくにやっているわけです。
それが出来ないから様々な対策や議論をしているんじゃないんですか?

痴漢被害に遭うのは多くは女性です。
この問題は女性視点で考えて対策をとっていけば解決出来る問題と思われるでしょう。
しかし、痴漢冤罪によって男性が被害者となるケースが多発、また痴漢と疑われないために男性が電車内で必要以上に気を遣わなければいけなくなりました。
女性が一声「痴漢!」と叫べば男性の人生が終わってしまう、男性の人権問題と言えるところまで来ているところで、もう女性視点のみでは解決出来ない問題に発展しています。

この時点で「男が全部悪い!男が女性に気を遣うのは当たり前!」と叫んでらっしゃる方がいるかもしれません。

もちろん痴漢被害者の人権も守らなければいけません、そこは一言も否定していません。
しかし、痴漢冤罪被害もなくしていかなければいけないんです。

痴漢被害を受けて男性不信になったり、深い傷を負った女性もいるでしょう、一方で痴漢冤罪被害を受けて職も、家族も、人生も失う男性もいるんです。


さて、痴漢被害をなくすための最大の課題はやはり混雑の緩和でしょう。
現代人のストレスは仕事や家庭だけでなく、こうした人的ストレスも大きなダメージになっていると思います。
自分も満員電車によって体を壊してしまいました。

あまりにも簡単に言ってしまい、何も出来ない自分が言うのも申し訳ないですが、これだけ都市集中化し、文化や科学が発展していく中で、混雑の問題がいつまでも解消されないというのはやや時代遅れのような気がしてしまいます。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 解決法   2011年07月27日 12:44
本質的な意見ですね。そもそも犯罪というのをゼロにすることはできないのです。だから「痴漢冤罪は痴漢が悪い」という論法は、レイプがある限りレイプ冤罪対策をしなくてもいいという論法です。しかし、諸外国も日本も冤罪対策はもちろんやっているわけです。

具体的には政治家がリーダーシップをとって痴漢冤罪対策のマニフェストを作るべきだと思います。選挙の時でも。そうすれば、必ず国民は支持するでしょう。現状は警察も法律の壁があってどうしようもできないんじゃないかと思います。痴漢冤罪対策法でもないと。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔