THE BLOG IS AYAKA

皆さんこんにちは! わたしは彩香といいます! わたしニューハーフです(性同一性障害). ブログでは,わたし自身のことを主に書いている以外にも,車・洋ゲーム・警察人事と不祥事を取り上げてます. 中国が好きで中国語が得意です! 是非見て下さいね!

わたしニューハーフです(性同一性障害).

中国語が得意で英語と韓国語も少し話せます.

中国が好きです!



5
日本では

ポリスカーのカタログは警察関係者以外は閲覧と入手は出来ませんがアメリカではFORDのHPにポリスカーが紹介されているコーナーがありますし誰でも入手も可能でカタログが堂々とDL出来ちゃいます.

実際に各自動車メーカーのカタログをDL出来る個人サイトがありその中にFORD POLICE INTERCEPTERもありました.

流石は自由の国です.

日本でそれをやると一発でサイトがクローズさせられます.

悪用防止のためという被害妄想がある日本のポリスとは異なります.

悪く言ったらジャパンは自由の制限があるように思えます.

何でもダメみたいな感じがあります.

こういう所でも文化の違いが実感できます.

5
image

image

image

1935年に販売されたクライスラー社の自動車.

知ったきっかけはVIDEO GAME「LA NOIRE」でした.

登場人物の一人である

ヒューゴ・モラーさんの愛車です.

既に80年が経過していますがYouTubeの動画には元気に走行している姿が観れます.

ヤッパ

アメリカ車は頑丈で長持ちするのですね.

アメ車は壊れやすいと言われていた(風評被害です)のは日本の環境が厳しいからです.

エアフローは以前行ったDRIVING AUTOMOBILE MUSEUMに展示されています.

昔のアメ車は車体が大きいので室内が広くてシートもフカフカでした.

カタログがDL出来たので早速観てみたところファミリーカーではなく富裕層向けに販売していたようです.

5
image

アメリカで販売されているピックアップトラック.

ロサンゼルス来て初めて知った車種.

タンドラやタイタンよりカッコ良くて,アメリカのライバル車にひけを取らないと思います.

リアのデザインがシボレー・アバランチ風です.

ただあまり人気がないみたいでタンドラやFORD Fシリーズやシボレー・シルバーラードほど見かけないです.

売れない理由は価格が高くサイズが小さい(充分大きいと思います)ため荷物が沢山積めないからとのことです.

最近新型が出ましたので今後どうなるか気になります.

5
アメリカの自動車メーカーのWEBからカタログがDLできるのはすごく良いと思います.
アメリカのトヨタやホンダ等も可能です.

ENGLISHの勉強にもなりますし役立ちます.

5
image

image

image

キャデラック・エスカレードEXT

キャデラック・エスカレード

シボレー・アバランチ

エクスプローラー・スポーツトラック

リンカーン・ナビゲーター

最近気になるお車です.

5
伊勢志摩サミット終了で115人が人事異動 /三重
毎日新聞 2016年6月24日 地方版

 県警は24日付で伊勢志摩サミット終了に伴う人事異動を発令した。サミット対策課が解散するなどして、115人が異動する。サイバー犯罪対策課にサイバーセキュリティー対策係を新設する。【井口慎太郎】

県警人事(24日)

 警備部参事官(中部管区警察局)森本善信▽同部警備対策監(サミット対策課長)西久保陽▽機動隊長(警備企画課次長)北林正司▽中部管区警察局(機動隊長)稲葉幸弘▽総務課公安委員会事務室長(警備1課管理官)川口克彦▽情報管理課次長(サミット対策課次長)高橋哲也▽警務部監察官(同課総務対策官)岡田賢治▽警備企画課次長(伊賀署副署長)片山雅彦▽同課管理官(サミット対策課警護対策官)野浪成人▽鈴鹿署事件指導官(警備企画課警備特別捜査室長)松岡善則▽伊賀署副署長(警務部監察官)竹尾和也

5
県警 /青森
毎日新聞 2016年7月2日 地方版

県警人事(1日付)

 【警視】警務部首席参事官、八戸署長事務代理(総務室長)佐々木重喜▽総務室参事官、総務事務推進課長事務取扱、総務室長事務代理(総務室参事官、総務事務推進課長事務取扱)酒井徹▽八戸署副署長(八戸署副署長、八戸署長事務代理)河村俊彦

5
北海道・帯広署員の酒気帯び運転
「過去にも飲酒運転」 当て逃げ警官供述 2人懲戒免
毎日新聞 2016年7月9日 北海道朝刊

 北海道警帯広署の巡査2人が飲酒後に当て逃げ事故を起こした事件で、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕された帯広署地域課巡査の大高一勢容疑者(20)=帯広市東12南7=が「過去にも飲酒運転をしたことがある」との趣旨の供述をしていることが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 釧路地検帯広支部は8日、大高容疑者を道交法違反(酒気帯び運転、当て逃げなど)の罪で、同乗していた帯広署地域課巡査の友田圭寿馬(かずま)容疑者(20)=同=を道交法違反(酒気帯び運転同乗など)の罪で釧路地裁帯広支部にそれぞれ起訴した。

 道警は8日付で両被告を懲戒免職処分にしたと発表した。道警監察官室の白井弘光室長は「言語道断の背信行為。組織を挙げて再発防止を徹底し、信頼回復に努めたい」とのコメントを出した。

 起訴状によると、大高被告は6月19日午前4時20分ごろ、帯広市の国道241号交差点で、乗用車を酒気帯び運転。信号待ちの乗用車に衝突し、逃走した。友田被告は大高被告の乗用車に同乗。2人は、住んでいる警察寮に戻った後、落としたナンバープレートを探そうと別々の車を運転し、事故現場付近に戻った。

↑このページのトップヘ