2010年09月06日

国家試験前の勉強ですんなり回答できる問題においても全ての選択肢を根拠に基づいて切っていく勉強は絶対にしたほうがいい。

クエバンやアプローチでは古い問題でも沢山掲載されており、問題を選択肢を吟味するまでもなく回答できる問題も多いが、最近の問題はそうはいかなくなってきている。

必修問題においてそのような問題が多くなってきている。

本番ではいつもは見ない選択肢にも目がいってしまい頭から離れなくなる。

検査を選ぶにしても治療を選ぶにしても全ての選択肢をしっかりと根拠をつけて切っていく作業をしておかないと本番では迷うことになる。

私はTECOMのSELECTという国家試験のカコ問を勉強しやすい順番に並び替えて選択肢が「全て選べ」となっている問題集で前半は勉強していたが、この意図が今はよくわかる。

「2つ選べ」「3つ選べ」では正確な理由をつけることなく選択肢を自分が吟味していないことに気づく。

問題文における患者の状況を正確にイメージして「次の検査」や「次の治療」を考えて「惑わせるための選択肢」にあえて目を向け、本番の前に「この検査でもいいのではないか?」「この治療でもいいのではないか?」と正答以外の選択肢を疑いながら勉強しておかないと、正確な理由の下に選択肢を切っていくことはできない。

本番ではいつもなら選ばないはずの選択肢から目が離れなくなるからである。

 

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general



generaldebrigade at 23:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月27日

流れを覚えるべきだと思う。

治療と経過と合併症そして緊急措置の対処方など、国試問題を読んでいて出題者の先を読んでいく必要があると思う。

既出問題の流れは疾患ごとに暗記しておくことが重要。

せっかく莫大な既出問題が出揃っていて、診断の方法から治療の流れまでストーシー仕立てで用意されているのだからこれを覚えておくと臨床の現場に出てから慌てることがなくなる。

国試の既出問題のストーリーは実は自分の経験地を高める宝だということに働き始めると気づく。

 

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general



generaldebrigade at 21:25コメント(12)トラックバック(0) 

2010年08月20日

必修問題を着実に正答していくことには鑑別診断を漏れなく列挙し、そしてそれを一ずつ切っていけるかどうか、が鍵です。

QBやアプローチの解説部分を読み始めればすぐそのことに気づきます。

しかし、大抵、読んでる暇はありません。

問題を解いていて答えが分かったら解説はすっ飛ばすor正答の選択肢の解説しか読まずに前へ進むことが多いでしょう。

それぐらいしなければ全教科を解き終わった状態で本番を迎えられないのですから仕方ありません。

しかし、解説の冒頭部分などにある鑑別診断とその切り方を脊髄反射で思い浮かべられるかどうかが本番、そして働き始めてから大事になります。

まず本番から。

本番では全ての選択肢に疑心暗鬼になります。

そして普段は消費しない時間を使ってしまうことになります。

最近の臨床問題は長文化していますから、この予想外の消費時間は思考の精度に大きな影響を及ぼしてきます。

キーワードだけで解ける問題は急速に減っています。

そこで症状から鑑別診断が漏れなくできている状況であると、いつもどおりの精神状態を保てます。

とにかく解説文の鑑別診断を熟読することをおススメします☆

二つ目は医師になってからです。

とにかく根拠に支えられた鑑別診断を列挙できない研修医は新しいステージへと進ませられません。

鑑別診断を思いつけない研修医など患者を任せられませんし、必要な検査をオーダーすることもできません。

患者さんと話をしていてもいちいちオドオドすることになるでしょう。

病態を考えて、鑑別診断ができれば安心して患者さんと話すこともできますし、患者さんとその家族に安心感を与えることができます。

カルテに向かっている時間も短くて済みますし、帰宅する時間も早まるでしょう。

充実した生活にもつながります。

そして病院見学の学生がついても恥をかかなくて済みます。

とにかく鑑別診断(D/D)です。

これがきっちり出来れば怖いものはありません。

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 06:18コメント(4)トラックバック(0) 

2010年08月16日

必修問題の難化が激しい。

そのように感じた。

どのように難しくなっているか。

必修問題に普通の臨床問題が採用されている、ということである。

過去問の必修問題を解いていて思った。

以前の必修問題は明らかに優しい問題が並んでいた。

癒し系問題が羅列していた。

特に必修問題に神経を尖らせることなく、禁忌を踏まないことだけに集中していればよかった。

しかし最近、必修の3点問題において、普通の臨床問題のレベルと変わらない問題の比率が高くなってきている。

それでいて合格ラインは昔と変わらず80%の絶対基準である。

これが必修が難化したと感じる理由である。

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 

 



generaldebrigade at 17:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月12日

前回のエントリーで昨年度、テコムの質問ページを利用して質問しまくっていたんですが、利点しかありませんでした。

今になって改めて思うことは「学生のうちに質問しまくっていたほうがいい!」ということです。

学生の立場というものは便利です。

「学」んでいる立場なわけですから、「お金」をはらっている立場ですから、どんどん質問できます。

どんなにアホな質問であっても一時の羞恥を感じるだけで質問しても教えてくれます。

これが「医師」になって「お金」をもらっている立場となるとなかなか質問がためらわれることになります。

特にネットで質問できる上記したようなシステムは顔を合わせる必要もないですし、時間を選ばないのでガンガン質問できます。

一週間に50通くらい質問するのもザラでした★

ちょっとでも納得できないことがあるとその旨を質問すると病態整理から説明してくれた回答が返って来ます。

私は全ての質問への回答をプロバイダーからもらったメアドに返って来るようにして大切に保存していました。

このメールには質問への回答とマッチングでしか利用しないようにして大切にしていました。

何度も思うのですが、学生のうちにどんな些細なことでも質問していたほうがお得です☆

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 19:57コメント(6)トラックバック(0) 

2010年08月10日

皆さんはクエバンなどを解いて分からない問題があったときどうしていますか?

解説を読めばいいのですが、それでも腑に落ちないこともあると思います。

そのときにどうすればいいのか。

友達に聞くのが一番早いです。

しかし、その説明・理解があっているのかどうか分かりません。

先輩は忙しそうだし、大学受験のときと違って先生に聞くのもなかなか難しい状態が医学部の勉強にはあります。

そこで私が使っていた方法。

まずTECOMの模擬試験を受けるのです。

現在の自分の相対的位置が分かるのが一義的な模擬試験の意味ですが、そればかりではありません。

「オマケ」がついてくるのです☆

模擬試験に各々についてくるパスワードです。

TECOMのサイトの模擬試験のタグをクリックしてみましょう。

「国試既出問題質問受付」というコーナーがあります。

そこで分からない問題、納得いかない解説を質問できるようになっているのです♪

ここを徹底的に利用しました☆

クエバンの問題番号が分かっていないといけないのですが、これに付随して関連した知識について質問するとそのことについて教えてくれます。

答えてくれているのは現場の臨床の医師らしいです。

私はここでイヤーノートを読んでいて腑に落ちない知識をガンガン質問していました。

イヤーノートは病態が書かれていないので質問をガンガンしていくととても暗記しやすくなります。

ここを利用するのはかなりお得です☆

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 19:57コメント(2)トラックバック(0) 

2010年08月09日

私は三苫先生のネット授業を軸に勉強を進めていました。

まず、そこで先生がよく言っていたのが、

「これからの国試はワンベスト問題だ!これが合否を決めることになる。特に必修でワンベスト問題が増えているからです。

検査を選ぶ問題なんかで、いい選んでも良さそうな選択肢・つまり○が3あって、その中から◎を2つ選ばないといけない。

こういうよりよい選択肢を選ぶ力が試される!

それにはその疾患についての未来を予想する力が試されるし、患者さんの状態を正確に読み取る力が必要になる。」

と言っていたことが印象に残っています。

104回の国試もそうでした。

特に必修で軽くパニックになったのですが、良さそうな選択肢が多すぎる・・・という問題に本番ではぶちあたります・・・。

最近非常にこういう問題は意識的に作られているそうです。

そして三苫先生いわく、「明らかに意識的にこういう問題の比率は増やしている。」とのこと。

本番で、しかも必修でこういう問題に時間を使うとかなりテンパることになります。

百の言葉をならべてみても経験しなければ伝わらないと思います。

常に本番を意識して「まず」とか「次に」とか「確定診断のためには」とかいう文字を意識して覚えておかねばならないと思います。

必要な検査、必要な知識は知っている状態を前提で問題が作られています。

より優先順位を明確にして覚えておかないと本番はホントに怖いです。

次に、三苫先生がよく言っていたのが、

「問題文に明らかにいらない情報をいり混ぜている。

つまり問題文が長くなっている。

皆さんがセンター試験で英語の長文が年々長くなっていったのを覚えていると思うが、今、医師国家試験の問題文においてその傾向にある。

問題文が単純に長くなっていくことで考える時間が短くなっている。

試験会場に行く前にきっちりと疾患の検査・治療そして鑑別疾患とそのチャートまで頭で整理されていないと、決められた時間内に問題文から必要な情報を取捨選択できない。

つまり昔と違って今は、問題文と組み合って時点で正解できるかどうかはいくらあがいても不可能になってきている。」とのことでした。

 

では次回はちょっと裏技的な勉強法について。

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 22:47コメント(0)トラックバック(0) 

2010年08月08日

私にとっての国試は終わりましたが、なんか大学の後輩もここを見ていた人が結構いたらしく、あと大学の後輩以外の受験生にも私のなりの受験勉強アドバイスができるような気がするので、不定期ですが私なりの勉強アドバイスをしていこうと思います☆

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 05:28コメント(3)トラックバック(0) 

2010年04月19日

なんか心配をおかけしていたようですみません★

引越しをしたもので、プロバイダに再度ネットをつなげるようにお願いしたりでネット環境がしばらくなかったのでご報告がおくれました★

発表が3/29に発表があり、すぐに引越し、4/1からお仕事が始まってました。オリエンテーションが一日はあったのですが次の日から入院患者を持たされかなり病院内を奔走してました・・・。市中病院って忙しいんですよ・・・。大学病院なら始まって数週間は挨拶の練習やなんやらで仕事を始めるのはかなり後なのですが。

また時間をみて住民票を移したり、保険や年金の手続きやらなんやらで・・・。医籍登録もあったな・・・。歓迎会も沢山あったな・・・(ありがたいことなんですが)。

ということで、このBlogを完結させたいと思います。

大学二年の頃急に思い立ってから約5年間でしたが、このBlogに思いついたことを突発的に書いてみたり、色々と自分で調べて練った文章を書いてみたりと自分を成長させてくれたと思います。

やっぱ文章にしてみるって大事ですよね☆

自分の思考が整理されていくのは次へのステップへの重要なキーとなることが体感・温度を伴って認識できました☆

またここに帰ってくるか、他のBlogをはじめてみたりするか、またBlog自体をやるかどうかはわかりませんが、このBlogは自分にとって大切な場所でした☆

ありがとうございました☆

またどこかで☆☆☆

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 



generaldebrigade at 01:32コメント(6)トラックバック(0) 

2010年03月28日

http://www.youtube.com/watch?v=DH2yedr08VM 

長島☆自演乙☆涙の全試合KO制覇!

 

 「ここで負けたら、お前、タダのオタクになっちまうぞ!」‐。

MVPはそのセコンドですw

 

 

投票してください!クリックするだけです→http://www.student-blog.com/medi/ranklink.cgi?id=general

 

 



generaldebrigade at 19:01コメント(3)トラックバック(0) 
livedoor プロフィール
訪問者数

    Profile
    とも
    B型 蠍座 6年

    メンター:麻生太郎・羽生善治・野村克也・イチロー・古田敦也・松本人志・島田紳助・小林よしのり・斉藤孝・村山聖・津田恒美・宮本恒靖・宮崎哲弥・Gackt・飯野賢治・上原ひろみ・中田英寿・荒井裕樹・オシム・etc…

    メール:wowwowwow1107@yahoo.co.jp
    気軽にコメント。
    記事検索
    Categories
    • ライブドアブログ